mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 竹内浩三

竹内浩三

竹内浩三

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年5月8日 08:45更新

伊勢の戦没の詩人「竹内浩三(たけうちこうぞう)」(1921-1945)のコミュニティです。どなたでもご参加ください!

■竹内浩三について
1921(大正10)年5月12日、三重県宇治山田市(現在の伊勢市)の裕福な呉服商の次男として生まれる。
彼は、背が飛び抜けて高く178cmぐらいあったそうだ。しかし、スポーツは苦手。手先は不器用だが、漫画を書くのが好き。寂しん坊で吃音でよく笑うクラスの人気者であった。戦争の時代にあって、現代の人間以上に自由さを持った青年。そして、文章を書く時にまったく推敲をしないという天性の詩人であった。

日本大学芸術楽部を繰上げ卒業し出征、1945年比島バギオにて、23歳で戦死とされる(戦死広報1枚となって姉のもとに帰ってきた)。
同人誌「伊勢文学」や、軍隊生活の中で綴った日記「筑波日記」などに、多くの詩や文章、そして友人や姉・松島こう子宛に多くの手紙を残す。

「骨のうたう」という詩で、死後有名になった彼であるが、本人は反戦を唱えた詩人ではなく、あの戦争の時代に「自由」に生きようとした一人の青年であった。

彼が今生きていたら志望していた映画監督になっただろうか?詩人になったであろうか?と人は言うが、姉・松島こう子さんは「彼は三重県鳥羽の島で、学校の先生か、古本屋になったんじゃないですか」と語る。音楽を愛し、恋に生き、みなに愛され、宮沢賢治や良寛を好んだ天性の詩人。

■関連ホームページ‘
「五月のように」伊勢の森さん作成HP
http://www.h4.dion.ne.jp/~msetuko/tkozo/index.html
2006年は生誕85周年にあたり、伊勢市協力のもとイベントも行われるそうです。

竹内浩三の詩/朗読 by 心尽
http://kokorojin.com/kozo/

NEW!(2007.1.1start)
筑波日記Podcast
http://tsukubanikki.kokorojin.com/
毎日配信・・・予定。

■書籍
「ぼくもいくさに征くのだけれど 竹内浩三の詩と死」稲泉連著
中央公論新社刊 2,200円
※史上最年少第36回大宅壮一ノンフィクション賞受賞作

「戦死やあわれ」竹内浩三/小林察 編 岩波現代文庫刊 1,000円

「竹内浩三落書き詩集 まんがのよろづや」よしだみどり編 藤原書店刊 1,800円

「竹内浩三全作品集 全一巻 日本がみえない」小林察 編 藤原書店刊 8,800円

「愚の旗 竹内浩三作品集」竹内浩三 成星出版刊(在庫わずが、上記の伊勢の森さんのHPから注文できます) 1,800円

有名な詩「骨のうたう」「五月のように」「三ツ星さん」「ぼくもいくさに征くだのだけれど」「金がきたら」「うたうたいは」「愚の旗」「鈍走記」「筑波日記」「白い雲」「麦」など

足跡帳♪
記念に一言書いていってください!ぜひぜひ!
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=10317987&comm_id=1126751

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 70人

もっと見る

開設日
2006年7月19日

3797日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!