mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 大阪ダイバンズ

大阪ダイバンズ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年1月14日 20:01更新

ブラインドサッカー、大阪ダイバンズのコミュニティーです
ホームページは⇒http://www.daibans.com/

☆☆☆一緒にパラリンピックを目指しませんか☆☆☆

 2004年アテネパラリンピックでブラインドサッカーが正式種目となりました。
パラリンピックをめざしてみんながんばっています!
 しかし、人数不足もあり練習も難しいのが現状。この夢の実現には新人選手・サポーターの力が必要不可欠です。
「選手希望の方・応援してくれる方・コーラー(ゴールの場所を声で教えてくれる人)・手引き(見えない選手の誘導)・練習中にフェンスなどへぶつからないよう選手に危険を知らせてくれる人…。」
一人でも多くの方々の熱い声援、そして参加をお待ちしています。もちろん見学者も大募集中!興味をもたれた方は、お気軽に練習や試合を観に来て下さい。
明るくて個性豊かな選手たちがおまちしております♪
飲み会だけ参加もぜんぜんオッケーです♪

そして、自由にピッチを駆け回っている選手とともに、ゴールを決める喜びを味わってください!


−−−<練習日時>−−−
【平日】
月曜日:19〜21時 大阪城公園
金曜日:19〜21時 大阪城公園又は長居公園
【休日】
第2日曜日:13〜16時 明石のグラウンド
※見学ご希望の方は、以下にご連絡ください!
井上 e-mail:nobu00nqou@yahoo.co.jp


−−−<2008年の予定>−−−
1月12日(土)・13日(日) 第6回視覚障害者サッカー日本選手権 あり
2月16日(土) まさみちゃん送別会
2月17日(日) 関西ONEリーグ その1
3月 2日(日) 関西ONEリーグ その2
3月22日(土)・3月23日(日) 2008年交流合宿
3月29日(土) お花見
3月30日(日) ブラインドサッカー紹介
4月20(日) こなもんカップ 第1節(神戸)
4月25日(金) おっちー送別会
5月4日(日) 西日本選手権 フレンドリーカップ2008 福岡大会
6月 こなもんカップ 第2節(京都)
9月 こなもんカップ 第3節(大阪)
9月 フレンドリーカップ2008(大阪)
11月頃 第7回視覚障害者サッカー日本選手権


−−−<歴史>−−−
2002年11月
大阪でブラインドサッカーチームが誕生
(当時名:西日本セレクターズ)

2003年3月
第1回日本視覚障害者サッカー選手権大会 優勝
(当時のチーム名:西日本セレクターズ)

2003年10月
「大阪ダイバンズ」とチーム名を変更

2004年3月
第2回日本視覚障害者サッカー選手権大会 4位

2005年1月
第3回日本視覚障害者サッカー選手権大会 準優勝

2005年10月
第4回日本視覚障害者サッカー選手権大会 優勝

2006年10月
第5回日本視覚障害者サッカー選手権大会 3位

2008年1月
第6回日本視覚障害者サッカー選手権大会 5位


☆フレンドリーカップ2005・2006・2007(西日本リーグ)大会All優勝☆


−−−<チーム名の由来について>−−−
昔チームメイトにベトナム選手がいました。
かっこいい動物にしようということで、出たものが空の王者鷲!
ダイバンは、ベトナム語で「ワシ」という意味です。
○天イーグルスみたいな感じですね☆


−−−<チームの分析!!>−−−
ダイバンズのスタイルは、日本代表監督も兼任する風祭監督らしい、個の力を活かした明確な戦術が底辺にある。

ドリブルを多用した攻撃で、どこからでもゴールに迫ることができる確固たるスキルを備えている。同時に、バランス感覚に秀でた選手が多いため、一人が攻撃参加した後方を他の選手がカバーするという補完性にも優れている。

中でも日本代表MF落合選手には注目。
滑らかなドリブルと精度の高いシュートが持ち味で、心身ともに屈強な選手だ。ムードメーカーとしてもチームには欠かせない。

彼をはじめ、ずば抜けた守備力を持つキャプテン山口選手やオールラウンダー福本選手らは、2006年に行われたアルゼンチンでのワールドカップを経験した猛者。経験値では他の追随を許さない。

そしてもう一人、今年に入ってメンバーに加入した中尾選手の天才的な感覚は一見の価値あり。生まれてこの方、サッカーをしたことがない19歳の若手DFは、2007年6月の西日本フレンドリーカップ最終節、兵庫戦でデビューを果たしたばかりの新鋭だ。
疾風のごとく相手ボールを奪い、堅実に味方へパスを繋ぐ、GKにとってはこの上なくありがたい選手。
「自分でもよくわからない」というほど、まだ感覚を確立できていないものの、見る者に興奮と感嘆を与えてくれる、将来が楽しみな逸材だ。

個性的な選手が多いゆえに、それぞれが孤立してしまう部分が弱点と言えるが、過去の実績と、選手個人が蓄えてきた経験値はやはり全国屈指。
「すごい」と思わせるプレーはもとより、そのプレーの向こう側にある、彼らの持つ確かなサッカー観を、是非とも肌で感じていただきたい。

上記分析はメルマガからの引用文です 著者:杵川 希



★2008.4.6更新

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 36人

もっと見る

開設日
2006年7月12日

3909日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!