mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > リリアン・テュラム

リリアン・テュラム

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月2日 16:12更新

フランス代表 リリアン・テュラム
彼のコミュがないので、作ってもいいですか?

生年月日:1972年1月1日
身長/体重:182cm/75kg
所属クラブ:ユヴェントス(セリエA)
ポジション:DF

1972年にカリブ海に浮かぶフランス領、アンティーユ諸島の1つである同島で最初に生まれた.
幼少期はピアノにも親しみ、夢は牧師になること。
1981年、フランス本土パリ郊外にあるフォンテーヌブローに移り住み、サッカーを始める。
1988年、フランスの名門サッカークラブ、ASモナコによりスカウト。
1990年に同クラブでプロデビュー。
当時の監督アーセン・ベンゲルの指導の下、次第に身体能力の高さとマンツーマンの場面での勝負強さが注目され始める。
1994年8月17日のチェコ戦でフランス代表の召集を受け、初出場を果たす。
1996年にセリエA・パルマへ移籍し活躍。
1998年のフランスW杯では、予選リーグを通じて7試合2失点という強固な守備陣の一翼を担い、W杯初優勝を果たした。特に、準決勝のクロアチア戦において自らのミスにより先制された後、オーバーラップにより挙げた貴重な2ゴール(2-1で勝利)をあげた。
2000年にオランダ・ベルギーで開催されたEURO2000でも守備の要として貢献し、優勝。
2001年、ユヴェントスへ移籍し、同年優勝を果たす。
2002年、日韓W杯にフル出場するも、予選敗退。
2004年、EURO2004終了後、代表引退を表明。
翌年、ドイツW杯欧州予選に苦しむフランス代表の救世主として、モンペリエで行われた国際親善試合コートジボアール戦にてジネディーヌ・ジダン、クロード・マケレレと代表復帰した。
自身は負傷交代したものの、チームは3-0で勝利。その後苦しみつつも予選を1位で通過した。
2006年、ドイツW杯予選リーグトーゴ戦において、かつての盟友マルセル・デサイーの持つ代表出場記録を塗り替え、歴代1位となった。

代表、クラブの活躍から右サイドバックのイメージが強いが、実は本人は「センターバックが一番力を発揮できる」と公言している。
近年はクラブ、代表とも念願のセンターバックでのプレー。体力の衰えが心配されることもあるが、パルマ所属時代からコンビを組むイタリア代表の名DFファビオ・カンナヴァーロをして「別の惑星から来た選手」と言わしめた実力はまだまだ健在である。

ピッチ外でも、同化推進委員会に属するなど、頭脳明晰な面も持ち合わせる。
2005年、パリ郊外を中心として発生した暴動に対し一定の理解を示す発言をするなど、フランス国内における影響力は弱くない。スポンサー契約はナイキ社。

2006年、ドイツW杯大会期間中に、大会終了後に現役を引退することを表明した。

Wikipediaより

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 193人

もっと見る

開設日
2006年7月12日

3883日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!