mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > リンダリンダ

リンダリンダ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年10月17日 15:55更新

STAFF 

 作・演出=鴻上尚史 
 音楽監督=後藤浩明 
 振付=上島雪夫

CAST

 ヒロシ…山本耕史
 マサオ…松岡充(SOPHIA)
 ミキ…馬渕英里何
 大場…北村有起哉
 荒川…大高洋夫
 アキコ…SILVA ほか 

【東京公演】
2004.11/16[火]− 12/5[日] シアターアプル
【大阪公演】
2004.12/9[木]− 12[日] シアター・ドラマシティ
【福岡公演】
2004.12/18[土]・19[日] メルパルクホールFUKUOKA




物語は「ハラハラ時計」という名前のバンドが壊れかけるところから始まる。

大手レコード会社からメンバーを引き抜かれた「ハラハラ時計」。
ドラムスは失意のうちに故郷へ帰った。
取り残されたのは、リーダーのヒロシ(山本耕史)とベースのマサオ(松岡充)、
マネージャーのミキ(馬渕英里何)。
「バンドに未来がないなら解散しよう」とマサオは言う。
「新しいメンバーを探そう」とミキは言う。
ヒロシの恋人(SILVA)は、音楽を続けるのがそんなに苦しいなら、
「パーッとやめて次のステップに踏み出そう」と、ヒロシに言う。

ヒロシはその場のデマカセ、「ロックは永遠の反抗、連続する抗議。音楽じゃなくて
も行動できることはあるんだ!」と息巻き、リーダーとしての責任と祈りを込めて物
騒な提案をする。
それは、海を閉め切った「あの堤防」に関するものだった。

連日、朝まで大騒ぎ。話し合っても何の結論もでない。
これでバンドは消滅するかという夜、意外な訪問客がやってくる。
近所の通報を受けた警官の大場(北村有起哉)だ。
職務質問などするその警官は、3人の話に目を輝かせる。
翌日、大場は「自分を仲間に入れてくれないか」、とやってくる。
そして、もうひとり。
3人の行く先々に現れる元活動家(大高洋夫)がいた。
「力を貸そう」と言う男を振り払う先に、その男はまたやってくる。

・・・物語はここから動き出してゆく。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 121人

もっと見る

開設日
2006年7月12日

3911日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!