mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > アンセット・オーストラリア航空

アンセット・オーストラリア航空

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月28日 18:48更新

2001年9月に運航停止となった、アンセット・オーストラリア航空をこよなく愛した人々のコミュです。

乗ったことのある人もない人も、思い出などのトピックで楽しみましょう!

アンセット・オーストラリア航空の詳細は、以下をご覧ください。
(Wikipediaの日本語版より引用)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82%A2%E8%88%AA%E7%A9%BA


アンセット・オーストラリア航空 (Ansett Australia または Ansett) は、オーストラリアの主要な国内・国際航空会社であったが、2004年現在清算中である。1999年から2001年まで、スターアライアンスに加盟していた。

1935年に飛行家で事業家のレグ・アンセット (w:Reg Ansett) により、アンセット航空 (Ansett Airways Pty Ltd) として創業された。 1937年に上場されたが、第二次世界大戦中はアメリカ陸軍航空隊に貸し切られていた。戦後、多数の航空会社を併合し、20世紀の後半、特に1980年代には最も繁栄した。しかし同社の出資事業は投資を回収できなかった。
2000年2月、同社を50パーセント保有していたニュージーランド航空がニューズ・コーポレーションの出資分を引き取り完全子会社とした。カンタス航空との競争、格安航空会社からの挑戦、ボーイング767型機の整備不良による運行見合わせは運転資金を不足させ、さらに機体の高齢化がのしかかった。またシドニーオリンピックの公式スポンサー権を取得したが、賢明でない投資と周囲からは見られた。アンセットは親会社であるニュージーランド航空の資金を食いつぶすようになり、ニュージーランド航空自体がニュージーランド政府の救済を受ける事態となった。

2001年5月13日、アンセット・グループは管財人の運営下 (voluntary administration) に入った。2001年9月14日早朝、管財人の決断によりアンセットは再建不能と判断され、航空機は子会社のものも含め運行を停止した。あまりに突然の運行停止・カウンター閉鎖のため、あらかじめ国際線のチケットを購入していた多くの人々に被害が及んだ。
連邦政府の債務保証を受け、2001年10月1日、オーストラリアの主要都市間の運行が再開された。これは「アンセット・マークII」と呼ばれたが、結局2002年3月4日、すべての運航は最終的に終了した。

なお、同社は1994年から2001年まで関西国際空港−ブリスベン・シドニー間の日本路線を運航していた。機材は当初ボーイング747が、2000年からはボーイング747-400が使用されていた。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 47人

もっと見る

開設日
2006年7月9日

4002日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!