mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 愛を歌おう

愛を歌おう

愛を歌おう

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年6月9日 22:08更新

『愛を歌おう』という素敵な歌があります。

2003年3月から歌い続け、CD・パンフレットを無料配布しています。

渋谷ハチ公前から響かせた愛の歌は全国各地に広がり
路上でイベントで学校で施設で合唱されています。

『愛を歌おう』のビデオを視聴できます。
http://www.youtube.com/watch?v=qMrlX_dO4wQ

『愛を歌おう』のHPです。
http://aiuta-peace.net/

ビデオの視聴、楽曲・CDジャケット・配布用パンフレットの
ダウンロードができます。

愛を伝えて下さい。あなたの大切な人に。
まだ見ぬあなたといつか愛を合唱できる日を願っています。


『愛を歌おう』 作詞・作曲 YASS

きみのことが好き(きみのことが好き)
言葉も邪魔なほど(きみのことが好き)
世界が迷っても(きみのことが好き)
ずっときみが好き

出逢えてよかった(逢えてよかった)
きみがいてよかった(信じてよかった)
悲しい時代だけど(逢えてよかった)
生まれてくれてありがとう

小さな地球(ほし)の 大きな空へ
僕たちなりの 愛を 愛を 歌おう

戦争はいらない(愛があればいい)
神様も歌おう(愛があればいい)
きみを想うだけで(ただ想うだけで)
しあわせになれる

同じ時代の 同じ季節に
同じ想いで 愛を 愛を 歌おう

小さな地球(ほし)の 大きな空へ
僕たちなりの 愛を 愛を 歌おう

未来へつなぐ 愛を 愛を 歌おう
奇跡を願い 愛を 愛を 歌おう
Lalalalalalala 愛を 愛を 歌おう


『幸せの手紙』(CDのジャケットに表示)

大切な人を思い浮かべながら聴いてみてください。
口ずさんでみてください。
もし何かを感じてもらえたなら
あなたの大切な人に
このCDをダビングして渡してあげてください。
この曲が僕たちの手の届かない
あなたに届いている事を願ってやみません。


2003・3・20米国によるイラク侵攻が始まった夜
ミュージシャンのYASSが『愛を歌おう』を創作し
翌々日から渋谷ハチ公前で仲間と歌い始めた。

僕はその数日後
米国大使館前で『imagine』を歌った後に
ハチ公前でこの歌に出逢った。

優しい気持ちになる歌詞
みんなで合唱できる楽曲
みんなで合唱している愛のエネルギー
に魂が悦びで打ち震え
その場で衝動的にギターを持って飛び入り参加し
歌い始める。

共感した仲間たちがボランティアで
スタジオレコーディングを行う。

スタジオもこの歌と活動に共感した
ギタリストのCHARが無償で提供してくれた。

スタジオレコーディングは
僕にとって今生では初めての経験で
本当に楽しく感動した。

アコースティックギター、ベース、ドラムス
コーラス、手拍子、足踏み、エンジニアにいたるまで

みんなが魂を込めて
心をひとつにして
それぞれの最高の表現を発露する。

そこには曰く言い難い
創造のエネルギー
よりよき最高のものを創らんとする
妥協のない全力を尽くすエネルギー
調和・共振のエネルギー
愛のエネルギー
人間が本来持っている
大いなるものと繋がるエネルギーが生まれ

没我、没頭、三昧の境地の中
世界で唯一つの歌を紡ぎ出し
創造した。

それぞれの想いが
ひとつの歌に調和し結晶した。

人類は各々のトラウマを乗り越えて
個性の優れる方面で
止むなき独創的な表現を発露し
心を合わせ
調和し
大いなるものと繋がり
真・善・美を創造する。
そのことを改めて実感した。

後日完成したCDを初めて聴いた時
感動の涙が溢れ続けた。

この歌に共感した人が自由にCDをダビングして
この歌の輪が広がっていくことを願いとした
CDの無料配布にも共感。

日比谷野音やピースパレードや集会や路上で歌い
CDを無料配布する。

少なくとも歌っている時
本人は優しい気持ちになっている。

聴いている人も
一緒にあるいは別の機会に歌うことによって
優しい気持ちになってもらえることを願っている。

そしてあちこちで創られた優しさの輪が
家族に、恋人に、友達に、共同体に、日本中に、世界中に
広がっていくことを願っている。


信州・安曇野にいた時は
たったひとりで
松本駅前の路上で歌い始めた。(写真参照下記?)

老若男女いろんな人が足を止めてくれる。
聴いてくれる。話しかけてくれる。
一緒に歌ってくれる。CD・パンフレットを持って行ってくれる。

高校の教師が話しかけてきて
草の根で平和のために自分ができることを
実践していると評価してくれた。

高校生が涙を流して
直面している悩みを相談してくることもある。
全身全霊を傾けて、誠実に
相手の立場に立って
相手の立場を想像して対話をする。
相手の魂の奥にある答えを映し出す鏡になる。
相手が自分の本質・自分らしさ・自分の使命
自分の役割を自分自身で見つけ出し
「いってきます」と宣言する。
「いってらっしゃい」と肩をたたく。
僕は本当に生きていて良かったと感じる。

松本の高校生から
手話で『愛を歌おう』を歌っているとのメールを頂いた。
ボランティアで施設を訪問し
皆で手話で合唱しているとのこと。
僕は心から生きていて良かったと感じる。

想い続ける心
願い続ける意志
誠実な地道な努力を継続していたからこそ
他者が自分の居場所を感じる瞬間、共時性、セレンディピィティが生まれ
想像力をもって、他者の物語に同伴し
緩やかに感情的方向性を重ね合わせる、共感説得が可能となり
さらには、全ての共感者に居場所を与え、皆で合唱しようと努力する
責任感、実行力に繋がっていった。

松本駅前の路上で始めた『愛を歌おう』の共感の輪は次第に広がった。
共感者から請われて
信州大学キャンパスで合唱し
パルコ前のフリーマーケットで合唱し
アースデイ安曇野2004で合唱した。(写真参照下記?)

さらに、アースデイ松本2004の主催者、関係者の共感を得て
ステージのラストをつとめることになった。
共感者のコーラス、ドラムス、パーカッションも参加してくれた。
できるだけ共感者を巻き込み、皆に居場所を与えて、合唱した。
アンコールを受けて、さらなる共感者を、ステージ上に巻き込み
大合唱となった。(写真参照下記?)

写真参照???
http://ameblo.jp/wearetheuniverse/entry-10067478203.html

その後も、毎年、アースデイ松本では、『愛を歌おう』を合唱している。

松本でたったひとりで蒔き始めた愛の種は
立派に根付き、美しい花を咲かせている。


愛を伝えて下さい。あなたの大切な人に。
まだ見ぬあなたといつか愛を合唱できる日を願っています。


いつかすべてを愛しく感じられるまで君と歩いてゆく
いつかすべてを等しく感じられるまで君と歩いてゆく


ひとりひとりが源

ひとりひとりの愛が
周りを愛しくしていく

その愛が世界中のあちこちに点在し
ひとりひとりの愛の波紋が
響き合いつながっていく

線となり面となり
河となり海となり
空となり大地をおおう

地球が愛に満ちて光を放つ
宇宙が愛に満ちて光を放つ

人を変えることはできない
変えることができるとすればそれは自分自身

ひとりひとりが源
今ここから
あなたから
わたしから

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 27人

もっと見る

開設日
2006年7月7日

3807日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!