mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 塚原卜伝

塚原卜伝

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年6月24日 13:59更新

塚原 卜伝(つかはらぼくでん)とは、塚原高幹(つかはら たかもと、延徳元年(1489年) - 元亀2年2月11日(1571年3月6日))は、日本の戦国時代の剣豪。天真正伝香取神道流の流れを引く剣術流派、新当流(鹿島新当流)の開祖である。

名前
諱は高幹。名字は塚原。通称は新右衛門、あるいは土佐守、土佐入道とも。号は卜伝、朴伝とも書く。

略歴
延徳元年、鹿島神宮の神官である卜部覚賢(吉川覚賢)の子として常陸国(現在の茨城県)の鹿島に生まれる。幼名は朝孝。後に時期は不明だが、塚原安幹の養子となり、名字が塚原となる。同時に名を高幹とした。

実父からは鹿島古流(鹿島中古流とも)を学び、義父からは天真正伝香取神道流を学んだ。さらに松本備前守からは、奥義「一の太刀」を伝授されたという(卜伝自身が編み出したという説もある)。やがて武者修行の旅に出て、己の剣術にさらに磨きをかけた。三十九度の合戦、十九度の真剣勝負に望みながら、一度も負傷しなかったと伝えられている。よく知られている真剣勝負に川越城下での梶原長門との対決がある。

弟子には諸岡常成や真壁氏幹、斎藤勝秀ら一派を編み出した剣豪がいる。また、足利義輝や北畠具教にも剣術を指南したという。特に北畠具教には奥義である「一の太刀」を伝授したとされている。

小幡景憲の著とされる『甲陽軍鑑』などに記述される琵琶湖の船中で勝負を挑まれた際、うまく相手を言いくるめて小島に置き去りにした話など、好んで講談の題材とされ、食事中、勝負を挑んできた若い頃の宮本武蔵に斬り込まれた際、囲炉裏の鍋の蓋を盾にしたとする逸話などが卜伝に帰せられる。しかし宮本武蔵は塚原の死後に生まれており(五輪書によれば、寛永20年(1643年)に60歳とあり、1584年生まれになる)史実ではない。

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%9A%E5%8E%9F%E5%8D%9C%E4%BC%9D" より作成


 トピックやイベントなど、参加者が自由に作成して利用して下さい。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 130人

もっと見る

開設日
2006年7月7日

4177日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!