mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 河川敷道・堤防道

河川敷道・堤防道

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年11月12日 18:39更新

河川敷道・堤防道が好き。
あるいは必要、利用法を考えたいと思われる方のコミュニティです。


-----☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----

太古の昔から、人は川の近くに丘に住まい、川と共に生きていきました。
風力や人力によって川を遡り、多くの人や物を運ぶ道として活用されてきました。
洪水に備え農業や工業や生活に活かすという意味の、「治める」という漢字からも水は古代から大切にされていたことが分かります。

大地の神・大地の女神たちは、冥界に住まうなどという恐ろしい顔を持つ一方で、川を司るという一面を持っていました。

しかし、近代化、経済活性化、洪水・水難対策という名目の元に、コンクリートで固められ、汚染が進むと共に蓋をされたり、埋め立てられたりしてきました。

そして、都市の気温は上昇し、埃や花粉は空中に浮遊し続けるようになりました。
健康のために走る道は、車の排気ガスで満たされています。
都市に住む人は鼻を使わなくなりました。

河川敷を人や自転車が走り、堤防道を車が走る。
確かに川に近付く事で、水に纏わる事故は増えるでしょう。
しかし、街中の道に車両が溢れる事に寄る接触事故は、決して少なくないはずです。

川沿いに吹き抜ける風を受けながら歩いたり走ったりするなどのスポーツをしたりする事は、近年増え続ける、生活習慣病を改善する事にもなるはずです。

近年は、脱ダムを目指す、洪水対策、治水事業として、河川敷を広げるという方法も検討されています。

同じ道の本数と、堤防を別々に作るのであれば、1つに纏めた方が安上がりではないでしょうか?

自然による健康を享受できるのが、高速道路通勤やヘリコプターを使用できる人しかいないという事がないように、川を活かして何かできることは無いでしょうか?
河川敷の風景を楽しみつつ、そういうことも考えられたらいいですね。

-----☆-----☆-----☆-----☆-----☆-----

○リンク
自然豊かな淀川をめざして
http://takatsu.ocec.ne.jp/kenkyukai/rikabu/yodogawa001.htm

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2006年7月7日

3979日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!