mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > PC、インターネット > YouTube問題を考える

YouTube問題を考える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年3月28日 06:41更新

インターネットを席巻するYouTube等の動画投稿サイト。


1 click, 1 damage to the Japanimation.


このコミュニティは、現在のYouTube等の利用方法に疑問を投げかけ、より理性的な利用をするためにはどうすべきなのかを考えたくて作ったものです。


日本人が訪れる英語サイトでは不動の地位を有し、インターネットを語る上でYouTube等は必須のものとなりつつあります。ドラマやエンターテインメント番組、スポーツ、アニメなど、日本人向けコンテンツの多さはすなわち日本人ユーザーの多さを物語っています。

特に、アニメコンテンツのコメントを見ると、日本人以外からの熱心な要望や感謝の声、字幕付の熱烈な希望など、海外でのジャパニメーション人気が見て取れます。ジャパニメーションが日本の有力産業であることはもはや揺るぎのない事実なのでしょう。

しかしながら、YouTubeは上記のような日本の底力としてのジャパニメーションを食い荒らす存在にもなります。いや、今現在はそうなっている、と言えるでしょう。映像コンテンツを丸々そのままアップロードすることが横行し、数万アクセスを超えるコンテンツも多くあります。これらは作品知名度をあげるのに一役買う一方で、アニメ制作の大きな収入源となっているDVDのセルやレンタルに影響を与える可能性を秘めています。さらに、現在展開中のウェブ配信サービスの成長を妨げるものとなります(有料と無料のどちらを選ぶかは明らか)。

先行きの見えないYouTubeを頼り、有料だが確固たるプラットフォームの成長を阻害しているのが現状であると思います。

MADやPV、ネタは著作権の関係ではクロに近いですが、しかし、制作者に直接的なダメージを与えるものではないですし、むしろ、市場の成長促進の一助になるものであると思います。今YouTubeで問題になるべきなのは作品丸ごとアップロードです。

アニメ業界へのダメージはアニメ制作会社へのダメージであり、アニメ制作会社へのダメージはアニメ制作者へのダメージです。そして、アニメ制作者にダメージがいくということは、もっとも重要な要素である「人」にダメージを与えることであり、ひいてはジャパニメーションに大きな傷を残すことになりかねません。

クリック一つで見放題、しかも無料。
しかし、その陰には大きな犠牲が見え隠れしています。著作権がどうとか、権利がどうとか、そういう難しい問題はあとから勝手についてきます。今考えるべきは自分たちのツケは自分たちで払うことになるのだから、もう一度理性的な利用方法を考えるべきではないのか、ということです。




1 click, 1 damage to the Japanimation.



YouTube問題を考えませんか?




<検索用>
You / YouTube / ようつべ / アニメ / ドラマ / 著作権 / 問題 / ストリーミング / フラッシュ / 権利 / 制作会社 / アニメーター / 原画 / 労働 / 環境 / ニコニコ / 動画 / ドワンゴ / VEOH / mncast / stage6 /アンチ

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2006年7月5日

4217日間運営

カテゴリ
PC、インターネット
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!