mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Michael Hutchence

Michael Hutchence

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年4月8日 18:15更新

★★★はじめてこのコミュニティをご利用の方へ★★★

 コミュニティへの参加ありがとうございます。
 はじめましてのご挨拶、自己紹介は『★★★はじめまして★★★』のトピックへご記入お願いします。
 映画や音楽、雑誌記事などの情報、書籍、出版物に関する話題は『☆☆☆メディア情報☆☆☆』をご利用ください。その他の話題や交流、連絡事項は『★連絡帳★』へ。
 あとはご自由に「トピック」を作成でトピックを立てて利用してください。ただし、その際、タイトルに”★”や”☆”の使用、また、目立たせる為の過度な装飾は控えるようご協力お願いします。

・「★★★はじめまして★★★」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8182362&comm_id=1065100

・「☆☆☆メディア情報☆☆☆」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8182365&comm_id=1065100

・「★連絡帳★」
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=8182366&comm_id=1065100

*円滑にコミュニティが盛り上がるよう、マナーを守り、節度をもって、相手を思いやりながら書き込みをしましょう。
 なお、当方で不適切と判断したトピックならびにコメントは削除することもございますのでご了承ください。

★Michael Kelland John Hutchence マイケル・ハッチェンス

 1960年1月22日オーストラリアのシドニー生まれ。INXSのヴォーカリストとして、ヒット作を多く生み出し、1980年代から音楽シーンで活躍。ソロ活動では80年代初頭よりサントラ盤を中心に活動を行ない、89年には1stソロ・アルバム『マックス・キュー』をリリース。活躍が期待されたが、1997年11月22日に自殺、37歳の若さでこの世を去る。99年には彼を偲び、ソロ・ワークを集めたベスト盤『マイケル・ハッチェンス』がリリースされた。(『CD Journal』を参考)

☆INXS インエクセス

 1979年マイケル・ハッチェンス(vo)を中心にシドニーで結成。80年代のオーストラリアを代表する6人組ロック・バンド。80年アルバム『INXS』を発表。83年の『シャブー・シュバー』で世界デビュー。“ニューウェイヴを通過したストーンズ”と評され、86年のシングル「ホワット・ユー・ニード」のヒットを皮切りに、87年アルバム『キック』が世界的にヒットする。その後、97年ハッチェンスの自殺により活動休止。05年、米国のTV番組『Rock Star:INXS』にて新ヴォーカリストのオーディションを行ない、カナダ出身の男性ヴォーカリスト、J.D.Fortuneを加え新生INXSとして活動再開。(『CD Journal』を参考)

アルバム:

ソロ

・『Dog In Space』(1986)
・『Michael Hutchence』(1999)

INXS

・『INXS』(1980)
・『Underneath The Colors』(1981)
・『Shabooh Shoobah』(1982)
・『The Swing』(1984)
・『Listen Like Thieves』(1985)
・『Kick』(1987)
・『Inxsive』(1988)
・『More Kick』(1989)
・『X』(1990)
・『Live Baby Live』(1991)
・『Welcome To Wherever You Are』(1992)
・『Fullmoon Dirty Hearts』(1993)
・『The Greatest Hits』(1994)
・『Elegantly Wasted』(1997)

 Max Q
・『Max Q』(1989)

代表シングル:

・"Simple Simon"
・"The One Thing"
・"Original Sin"
・"What You Need"
・"Need You Tonight"
・"Devil Inside"
・"New Sensation"

コラボレーション/サントラ:

・"Speed Kills" and "Forest Theme" on 『Freedom』 Original Motion Picture Soundtrack (1982)
・"Sex Symbol" and "Jungle Boy" on Flame Fortune album (1985)
・"Under My Thumb" on 『Symphonic Music Of The Rolling Stones』 (1994)
・"Baby Let's Play House" on It's Now or Never: The Tribute The Elvis (1994)
・"The Passenger" on 『Batman Forever』 Original Motion Picture Soundtrack (1995)
・"Spill the Wine" on 『Barb Wire』 Original Motion Picture Soundtrack (1996)
・"Red Hill" on One Voice: The Songs of Chage & Aska (1996)
・"The King Is Gone" on 『The Heads - No Talking Just Head』 (1996)

DVD:

・『The Loved One〜INXS&マイケル・ハッチェンス ストーリー』[DVD+CD](2005)
・『I'm Only Looking★The Best Of INXS』(2005)

Movie:

・『Dog In Space』(1986)
・『Frankenstein Unbound』(1989)

Michael Hutchence

http://www.michaelhutchence.org/
(Michaelの父親、Kelland Hutchenceによる公式サイト)

http://www.michaelhutchenceinfo.com/
(Michaelの姉、Tinaによる公式サイト)

INXS

http://www.inxs.com/(新生INXS)

検索ワード:
Australia、Sydney、New South Wales、Hong Kong、California、France、Davidson High School 、Ella Fitzgerald 、Frank Sinatra、The Beatles、The Rolling Stones、Mick Jagger、Jim Morrison、Elvis Presley、Andrew Farriss、Garry Gary Beers、Jon Farriss、Kirk Pengilly、Tim Farriss、The Farris Brothers、Chris Murphy、Ollie Olsen、Todd Terry、Richard Lowenstein、Roger Corman、John Hurt、Brigit Fonda、Jenny Hunter Brown、Percy Shelley、AC/DC、Air Supply、Men At Work、Cold Chisel、Jimmy Barnes、Ray Charles、Pretenders、Chrissie Hynde、The Boomtown Rats、Bob Geldof、『Sex, Age & Death』、U2、Bono、"Wake Up Dead Man"、 Popmart、Duran Duran、"Michael You've Got A Lot To Answer For"、Rocking with the Royals、MTV Music Awards、チャゲ&飛鳥、奈良、東大寺、『AONIYOSHI』、布袋寅泰、Kylie Minogue、Helena Christensen、Paula Yates、Heavenly Hiraani Tiger Lily Hutchence、Ritz-Carlton Hotel、Johnny Depp、『Switch』、"Afterglow"

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 86人

もっと見る

開設日
2006年7月1日

3984日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!