mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > アストレイブルーフレーム

アストレイブルーフレーム

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月13日 07:57更新

 なんかなかったんでとりあえず作成!wトッピクはご自由にどぞ!セカンドは別に含めようが含めまいがどっちでもいです。とりあえず好きな人はこいや!

 型式番号:MBF-P03
全高:17.53m 重量:49.80t
所属 サーペントテール
建造 ヘリオポリス(モルゲンレーテ社)
生産形態 試作機


<基本武装>
頭部75mm対空自動バルカン砲塔システム「イーゲルシュテルン」×2
ビームライフル
ビームサーベル×2
耐ビームコーティングシールド
<追加武装(フル・ウェポン等)>
M68 キャットゥス500mm無反動砲
M68 パルデュス3連装短距離誘導弾発射筒
8連装ミサイルランチャー
アーマーシュナイダー
スケイルシステム(水中戦用)装備時
六連装スーパーキャビテーティング魚雷発射管
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」×2

他多数
<パイロット>
叢雲劾

 ヘリオポリスで試作された3機のPO(プロトゼロ)シリーズの3号機。 通称プロトゼロスリー。 機体色から「ブルーフレーム」とも呼ばれる。 
 オーブ国が、自国のコロニー「ヘリオポリス」にて極秘裏に開発していた試作型モビルスーツである。地球連合軍から盗用したデータを元に作られており、軽量性に主点を置いた高機動性能をコンセプトとして設計されている。試作機ながらもその汎用性は高く、数多くのオプションを換装することで、あらゆる環境にて最大限の性能を発揮できる。形式番号のMBF−Pの意味は「Main・Battle・Figure-Prototype」の略であり、全3機製作されたアストレイシリーズの中でブルーフレームはその3号機にあたる。3機のアストレイシリーズは全てスペック検証用の実験であり基本的設計は同一であるもの、各機各々に違う開発思想が割り当ててある。ブルーフレームは3機の中でオプションとの関連性を特化した機体であり、一番汎用性に優れた機体となっている。

 P0シリーズは塗装や一部を除き基本的にほぼ同一の機体だが、各々のコンピュータ内に異なるOSやデータをインプットされており、本機の場合は専用オプション装備の設計データが多数登録されている。軽量化・高機動による被弾率の低減はブルーだけの話ではなくアストレイシリーズの開発コンセプト

 クルーゼ隊襲撃による混乱の中、ヘリオポリスにてジャンク屋のロウ・ギュールがレッドフレームと共に発見し、P0シリーズ破壊任務を受け同コロニーに潜入したサーペントテールの叢雲劾に譲られた。 彼はこの機体に強い愛着を持ち、以来あらゆる任務に使用している。通常は実弾系の火器を使用。殆どはザフト軍の物である。水中戦バージョンに追加装甲など装備した事もあり、もっとも実戦を経験した機種である。ちなみに海賊から”青いMS”と言われている。

  武装は頭部イーゲルシュテルン、ビームライフル、ビームサーベルと他の機体と共通だが、劾はビームのエネルギー消費量の多さを嫌い、ジン用のキャットゥス無反動砲やパルデュス3連装短距離誘導弾発射筒等といった実体弾武装を好んで使用していた。 また、機体に登録された設計データを元に製作された専用オプションや、劾自ら設計したパーツ等も任務に応じて装備された。 
 戦闘用コーディネイター、イレブン、セブン・ソキウス駆るロングダガー2機との戦いで損傷した後は、ロウ・ギュール、モルゲンレーテ社技術主任エリカ・シモンズの協力によって新たな機体「ブルーフレームセカンド」に生まれ変わった。

フル・ウェポン
ブルーフレームが多数の敵と戦うための実体弾の装備のセット。エネルギー消費が大きいビーム兵器の使用を抑える事で、長時間にわたって多くの敵と戦える。また、これらの武器は全弾撃ち尽くしたものから順次破棄することで、機体の軽量化を図れるようになっている。

後に機体の大破、改修が行われるまでのブルーフレームのメイン装備といえるものであり、イライジャ・キールのカスタムメイド・ジンとの連携でバクゥとジンからなる4個小隊を撃破した記録も残っている。

M68キャットゥス 500mm無反動砲
ジン用のバズーカ砲。背部に装着するウェポンラックに予備をマウントする事で、2本同時に携行できる。
M68パルデュス 3連装短距離誘導弾発射筒
ジンが装備する拠点攻撃用のミサイル。
8連装短距離誘導弾発射筒
背部のウェポンラックに装着されるミサイルポッド。発射されるミサイルの直径はパルデュスよりも一回り小さく、バクゥのものと思われる。
グレネード
対ビームシールドの裏側に1発装着されるグレネード。目暗ましにも使われる。

ハイスピード・ブースター
暴走状態の高速実験艦からデータを回収する任務の際に使用した、ブルーフレーム本体を上回るサイズを持つ大型ブースター。ブルーフレームのコンピュータに残されていたオプションではなく、高速移動艇等の高性能エンジンを組み合わせてこの任務の為だけに製作したもの。

このブースターを使用すれば小型高速艇を上回る推進力を得られるが、パイロットに掛かる負担はかなりのもので、コーディネイターである劾も長時間の加速により一瞬ではあるが気を失ってしまった。

コンプリート・センサー
劾に任務を依頼した企業が、ブルーフレームにあったデータをもとに製作したシステム。頭部ユニットを分析能力を高めたセンサー・ユニットに交換することにより、通常のMSよりも遥かに膨大な戦闘情報を収得できる。その分、かなりの電力を消費するため、長時間の使用はできない。

スケイル・システム
ブルーフレームの水中戦用装備。四肢に装備されたスケイル・アーマーの表面に極小のウロコ状のユニットが無数に並べ、これを振動させることで推力を発生する。横方向に推力を発生させることでスライド移動も可能で、背中に装備された水中用ジェットとあわせて、水中での運動性はザフトの水中用MSを凌駕するものがある。ただ、正規の耐圧殻を持たない為、比較的水面に近い深度での運用に限定される。

スケイル・アーマーは、位相をそろえた振動を起こすことで、ザフトの水中用MSが装備するフォノンメーザー砲を受け止め、威力を殺すこともできる。ただし、受け止めた部分にはわずかなダメージが残るため、あくまでも緊急時のみの使用法である。

この他、水中用装備には頭部パーツと交換する水中用センサーユニット等がある。

スーパーキャビテーティング魚雷
ブルーフレームの水中でのメインウェポン。6連装の専用銃から発射される。スーパーキャビテーティング魚雷は細かい気泡で魚雷全体を包み込み、速度を飛躍的に高めたもので、水中での航行速度は超音速に達する。ソナーの音響波を追い越して魚雷が到達するため、探知、回避は極めて困難である。
コンバットナイフ「アーマーシュナイダー」
対MS用のナイフ。水中に限らず劾が好んで使用する武器の1つだが、ビームサーベルの使えない水中で格闘戦を行うには無くてならない装備。ストライクに装備されているものと違い、折りたたみ式ではない。



関連コミュ
叢雲劾
http://mixi.jp/edit_community.pl?id=446065
イライジャ・キール
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1047681
レナ・イメリア
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1047728
ケナフ・ルキーニ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=672348
山吹樹里
http://mixi.jp/view_community.pl?id=672406
セトナ・ウィンタース
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1052002
ヴェルデバスターガンダム
http://mixi.jp/edit_community.pl?id=996027

こちらもアストレイ関係です☆
サーペントテール
http://mixi.jp/view_community.pl?id=349613

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 116人

もっと見る

開設日
2006年6月27日

4072日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!