ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > そのまんま575で交心 > トピック一覧 > 老仁のそのまんま言葉遊び交心日...

そのまんま575で交心コミュの老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0809−11『 流れ星一瞬一生花長し 』

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体



★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★





★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r080903

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

       流れ星一瞬一生花長し

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



12r0809

正夢の浮橋焦がす旱星(遊呼)☆浮き橋なくも渡る瀬もあり

流れ星一瞬一生花長し

憂きも疎きも真砂の星か


空蝉や色即是空あるらしい(花人)☆虚仮の現身骸骨生きん

空蝉の空は謄謄空時空

有濾路無濾路も往来自在


黄金虫朝のしじまの背に光(木人)☆妙なる命しなやかに翔べ

一閃を知るや知らずや黄金虫

知らぬままなる世界を祈る


課長も部長も 文化の子だね サラ川くらいは ひとひねり

やっぱり実感 地獄が一定 味の深さは 苦の深さ

入選したら お祝いされて サラリーひと月 泡と消ゆ

サラ川の歓苦の情ココロ玉の汗

人の心は知らぬが仏


12r0810

地獄の釜も 時流に合わせ 年中無休を 宣しけり

お盆休みも 休みにゃならぬ 帰省の世話に 孫の守

ゆっくりしたいね 好きなあの子と 一生一度の 夢叶え

会いたくも会いたくなくも魂迎え

規制緩和さいつでもお出で


西瓜の種ついて届いた回覧板(風人)☆客の団らん香りと共に

一言の後は黙々西瓜食む

口拭う暇あらざればこそ

蟻の寄るすいかのばんこ夕まぐれ

闇が落ちれば夜回りに出る


12r0811

明日見る夢 ありやなしやと 閻魔に聞いても 知らぬ顔

路肩走って 綱渡り芸 災害痕は 地獄道 

祭り幹事で 徹夜の思案 地獄の釜も 君となら

地獄への道行き君の目の涼し

一休ならねど惚ける身上


無情かな風蝶草は雨の中(風人)☆蕭々とまた凛々と在り

風吹けば風蝶草の舞うみ空

われもいっしょに載せて翔ばんか

玄関のドアも手紙も炎ゆるかな(夢呼)☆心の火傷覚悟の訪問

片恋の今も変わらず秋の風

思いの熱さ募りゆくのみ





★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★



★★★ つけ句あそび交心w12r081002『 一言の後は黙々西瓜食む 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/123605

★★★ 都々逸で交心w12r081104『 地獄への道行き君の目の涼し 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://blog.goo.ne.jp/syo2377/e/3a170df31e89b32a57352cb4c018b3a0




★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


コメント(3)



★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★





★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0812ー14

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

      秋の風今だからこそ夢遊べ

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



12r0812

秋の風時には慟哭運び来る

知るや知らずや人の世の常


途切れなく 声 挙げるべし 水引草(空呼)☆隣の人に普段の会話

井戸水で水打つ暮らしそよぐ風

低きに寄れば相争わず


光る青蜥蜴ぴくっと動きけり(夢呼)☆吾を警戒するに及ばず

忽然と蜥蜴原始の情騒ぐ

怯えも好奇心も敏なる


気は急いて身体動かぬ盆用意(雪呼)☆何はなくとも来るものは来る

甲虫われも戻るよ汝が土に

生まれ替われば友だちならん


秋の風今だからこそ夢遊べ

死の間際まで心は自遊

秋の夜の独り善がりの五七五

風はなくとも命は動く


どうしてあなたは そんなにもてる この世の罪も 放免か

こっちで所帯 持ってはみたが 家もなければ 身もあらず

追い返されるに 決まっているが やっぱり肌が 恋しいよ

竜宮の常世に馴染み盆忘れ

時には娑婆の痴情懐かし


12r0813

ためらへるごとく岩間に滴りぬ(夢呼)☆その冷たさの心地よかりき

したたりの追憶老にあらたなる

失われたる時に帰るか

滴りやためらひながら刻む音(夢呼)☆重なる鼓動はじまりの時

滴りやためらいつつもたえなる音

汝れを知りたるその馴れ初めの


遠くより声援送るわが蜥蜴

吾より外は愛おしの君


12r0814

噴泉や蔵王に臨む茂吉歌碑(夢呼)☆独坐雄峰茂吉在りにき

苔むして茂吉碑独坐崩さざる

蔵王に向かい蔵王を凌ぐ


どんな小糸で つながれたのか あの世でまでも 籠の鳥

そっと寄り添う おまえの香り 今でもおれを くるわせる

きっとおまえが あれこれ手配 あの世からまで 老婆心

迎え火のまよわずまっすぐ走り来る

確かな香りこの抱き心地


絆のこるさ 比翼の鳥と 噂も高き 縁なれば

凌霄花比翼の鳥の一休み

連理の枝の絡みすぎるか


切って逝きゃんせ そういわれたら この世の縁 切りもしょう

彼岸より来た人在りと誰が知るや

切るも切らぬも痴情の沙汰よ


今一度火中の栗も拾わんか

念いはすれど足も動かず


飢えつつも秀句はいらず夏の星★一途に追うよ超人ビジョン

淋しさは飢えの子のまま旱星★母を求めて嬰児に帰れ

星涼しただ生きもうけ凡愚仁★嬰児のままに何時にも逝かん

夢みるはただにすずしき夜の雨★遊行時空に星降る如し

旱星菩薩の股間に抱かるる★かかる菩薩を念じて待ちぬ

甦れ今少年の春の夢★一途に追うよ超人ビジョン


母を待つ嬰の泣き声みんみん蝉(夢呼)★帰らぬ母を作らぬ世界へ

法師蝉母なるものの祈りの音

嬰児深き慈愛に眠れ





★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★



★★★ コミュ一休さんの詩を遊ぶ交心『夢閨162』w05『 旱星菩薩の股間に抱かるる★かかる菩薩を念じて待ちぬ 』w12r0814 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=71001647&comm_id=6043248


★★★ 優游575交心w12r081202『 甲虫われも戻るよ汝が土に 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/123663



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★





★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0801ー05

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

せみしぐれいくたび悔いし世なりしか

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



12r0801

夏草の古墳の小径今いちど

歩き語らん昔を今を


赤赤と二上山に夕陽落つ

ただしみじみと見るしみじみと

慟哭の二上山の夏落輝

定め無き身をいかで癒さん


w12r0802

空蝉が残る林のせみしぐれ(花人)☆虚ろな背なに来し方ありや

せみしぐれいくたび悔いし世なりしか

健気の蝉に切なさ学ぶ

空蝉の背中に少年時を遊ぶ

老の背中に空洞負うて


鷺草と翔ぶ夢今も失わず

極限までも観る力欲し


八朔の訪いうれし風揺れる(遊呼)☆晦日八朔習い覚えず

涼しさを手に載せ笑みを顔に載せ

恋し龍神雨降らせませ


w12r0803


起きなくたって 今日も終わるよ 明日も明日 風任せ

そこそこ生きて こそこそ死んで 草葉の露の 常ならむ

どんな努力を 惜しまずしても どんな功徳も 欲しがらず

酔芙蓉明日の風も気にならず

今日吹く風の今ここ嬉し

存命の歓喜分かたん酔芙蓉

森女に添いし一休偲ぶ


望月を頭上にもらい分かたんか万里の距離もまず一歩から

岩鼻に望月望む少年時

今宵岩場に心遊ばす


音だけの花火昔日想起さす

今ここのことただに好きかな

遠花火ただただ平和念じけん

戦火の受苦を繰り返すまじ

祈る祈る武器持たぬ世を遠花火

義足欲しがる子らに義足を


w12r0804


会えた記念に おでこにキッス 水仙の香は お預けさ

いつものあれを したくうずうず 早早帰宅 独り酒

気楽にやれる 菩薩は夢に かしこみかしこみ 山の神


蓮散華浄土の風の吹きぬけり(空呼)☆吾ちゅう微塵を振り払いませ

夕凪にはらりと散りぬ蓮の花

土中はいかなる風の吹くらん


吹き渡る風にゆらぎし蓮の露

風に任せる身にはあらねど


ひと月分の 食い扶持稼ぎ 遊び知らずの 妻孝行 

女房どのに 財布は任せ 不足は里に 泣きつかせ

明日の力も 妻子にもらい 会社にみごとに 吸い取られ

クビ伐る上司も切られ部下も 無念の涙 蝉しぐれ

されど健気に 我慢を重ね 孫子に夢を 預けけり

非力忠義の サラリーマンも 怒れば政府の 首も切る


銀河遠し極限の愛猶遠し

遠くの遠くは足下に帰る

看よ看よや吾なく君なく酔芙蓉

酔芙蓉吾在り君在り一如在り

蓮の露こぼるる憂き身の涙かな

問わず語りに時を忘るる


w12r0805


待って!死ぬ!ダメ! 本気になって やめてそそうを 咎められ

叱られてそれも嬉しき虫の声

捨てらるるまで遊び遊ばん





★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★



★★★ 優游575交心w12r080304『 遠花火ただただ平和念じけん 』 反吐
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/123250

★★★ 徒然575交心w12r080201『 鷺草と翔ぶ夢今も失わず 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://smcb.jp/_bt01?topic_id=1480505



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録 ★♪゜・。・。★





★ 老仁のそのまんま言葉遊び交心日録w12r0806

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――

     美味ゆえの酔いどれ船の愁思かな

――☆★☆―――――――――――――――☆★☆――



12r0806

美味ゆえの酔いどれ船の愁思かな

無明の蜜は避くべきもなし

風吹くままに声高らかに

咲え咲え命限りを小鬼百合


それは建前 本音はいつも 裏の土倉に 深仕舞

言葉がどうして 世相を煽る 愛と誠も 死語なりや

みんなそれぞれ 心に深く 愛と誠を 生きてるよ


和らぎの毒気ちょっぴり夏の宴

加齢の花の快調連鎖


慈悲慈愛もちつもたれつ秋の暮

肌の和みは母の懐

人間の煩悩喜劇蓮の花

死ぬ時誰も花となりけん


真なき言葉の軽さ浮雲の首相を晒す爆心地の念

掌に痕を刻みき原爆忌

理屈はいらぬ繰り返させぬ


喚く奴ほど 臆病者で 銭の切れ目で 地獄落ち

弱い奴ほど 飾りたがるが 弱いは命の 知恵の本

水のように流れて溶けて芋の露

刺し塞ぎてぞしか善けむとぞ


12r0807


サラリーマンに 聞いてみたいよ 夢の実現 ありやなしや

現場の人は 汗にまみれて 汗の香りで 結ばれる

ブルーがいなけりゃ 道路もできぬ ブルーいじめは 身の破滅

しか善けむ額の汗に恋の的

汗せぬ心 露と消えゆく


甲虫強い父さん連れて来い(まんま)☆強いを念じ弱いを守れ

不条理を知るがせつなや兜虫

朝に気がつく己の仮相


花野径老い耄れ愚仁独り往く

内なる花の蘇らんか


やわらぎの滴る富士を歩きたし

片手の拍手片手の愛語


戸口まで秋の来ている終日(隼風)☆待ちにし人の影さえ寄らず

閂の音して秋の添うて来る

今宵も虫の音を聞くばかり


ひとりよりひとりへ祈り原爆忌

よろこび一つ平和の灯し

平凡な暮らしに感謝ひろしま忌(ふふ)☆平凡が是平和の証

祈りひとつわれにもとどくひろしま忌

一つが一つ日々つながらん


12r0808

ストレス溜まる 名利も知らで 終日蝉を 聞いてをる

会社のために 身を粉に尽くし 家では娘の 冷たい視線

今度は自分が リストラされて ベンチで独り 涙ぐむ

蟻の列時に夢見るはぐれ雲

その行く末の濡れ落ち葉なる


天の花地には地の花今日の秋


秋立つや娑婆の種々虚仮の花

身体は在れど心は在らず


秋立つや一枝の花に知る勇気

あるがままなる命の姿


あの世にゃないぞ この世のものは 善きも悪きも 光りもの

企業戦士か 天下り豚か 糞して寝るは 犬も同じよ

今じゃ上から 雷落ちて 閻魔の眼は 逃さない

瘋癲も熱量浪費花木槿

土に戻って元素を返す


あさがおの精のころもに招かるる





★ 。・。・゜♪★ 老仁のそのまんまで交心日録 ★♪゜・。・。★



★★★ 一休さんの詩を遊ぶ0480w02『 咲え咲え命限りを小鬼百合 』w12r0805 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/123361

★★★ つけ句あそび交心w12r080802『 秋立つや一枝の花に知る勇気 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://shashin-haiku.jp/node/123490



★ 。・。・゜♪゜・。・。★ リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

そのまんま575で交心 更新情報

そのまんま575で交心のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済