ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 旅行 > お城めぐりしよう! > トピック一覧 > 御殿部

お城めぐりしよう!コミュの御殿部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

滋賀県在住の城郭ファン、ウォッカマティーニと申します。

このたび、管理人u1様のお許しをいただき、僭越ながら「御殿部」を創設させていただくこととなりました。よろしくお願いいたします。

城や陣屋において主が居住し、政庁としての機能を果たした御殿ですが、現存例が少なく、また、城の中でも天守、櫓、石垣や堀などの構造物に比べると地味な存在です。

しかし、近年は熊本城本丸御殿の復元が大きな話題となり、篠山城大書院、佐賀城本丸御殿など御殿建築の復元も増え、注目される要素となってきました。もちろん、二条城、高知城、川越城、掛川城などの現存例も極めて貴重です。

当部では、現存・復元を問わず、過去に存在したものも含め全国の城や陣屋の御殿建築について情報交換の場とさせていただきたいと存じます。もちろん、実際に訪れた方の報告や写真の投稿は大歓迎です。

浅学非才ではございますが、微力を尽くさせていただきますので、皆様のご参加とご協力をなにとぞよろしくお願いいたします。

なお、ご参加に当たり以下の点にご留意いただきたいと存じます。

※寺院における書院建築などは、もともと城にあったものを移築した場合を除き、原則当部の対象外といたしますが、比較や説明における例示や引用は可といたします。

※史実に基づかない現代の遊興・飲食施設目的などの建築例は対象外といたします。

まずは、私の訪れた中から投稿させていただきます。写真左から:二条城二の丸御殿、熊本城本丸御殿、柏原陣屋表御殿

コメント(567)

岐阜県の江馬氏館です。復元された会所で御殿とはまた違う物になってしまうかもしれませんが、居間や接客の間、武者隠しなどリアルに再現されていてとても良かったです。
武者隠しの開け閉めを比較しました。これでは壁の裏側に部屋があるとは気が付きませんね。
 広島県呉市下蒲刈(シモカマガリ)島の三之瀬本陣を復元した三之瀬御本陣芸術文化館です。武者窓と腰板だけは旧本陣の物が保存されていたため再利用されています。
広島県呉市下蒲刈(シモカマガリ)島の松濤園に復元された広島藩蒲刈島御番所です。

◆下蒲刈島の歴史
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927729194&owner_id=250900
+三ノ瀬御本陣跡
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=398257&id=76515606
+蒲刈島御番所跡
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=398257&id=76515989
◆松濤園
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927932370&owner_id=250900
福井市の瑞源寺の本堂です。
福井城の本丸御殿から移築したものです。奥にある書院も本丸御殿の遺構です。事前予約が必要なようで、外観のみですが。
福井城唯一の建物遺構として大変貴重なものですね。
愛知県奥殿陣屋。寺に移築されていた書院が取り壊しになった際に、改めて当初の場所に移築し直された物。内部は喫茶店や売店となり、資料室は別の場所なので楽しめるとしたら外見でしょうか。
槍などが端っこに飾ってありました。
兵庫県篠山城の復元された大書院。この城の代名詞みたいな物ですね(笑)
上段之間は中心地だけあって豪華でした。時代劇のロケで良く使われるそうです。影武者徳川家康とか。

【余談】
受付の人が若い男性ですが、本当に親切な人でずーと喋ってしまいました。雷雨の中訪問したのに丁寧に受け答えしてくれて「大書院に落雷したら嫌やで早くやんでほしいわー」と本気で心配してました。
なんかまた会いたくなる人柄でした。何せ帰りにはわざわざ出で来て見送ってくれたぐらいですから。感動!
 既出ですが、 大阪府豊中市の浄土真宗本願寺派甘露山報恩寺へ移築された摂津国麻田藩陣屋御殿表玄関〔豊中市指定文化財〕です。
 三間通しの広い式台をつくり、内側に十二畳の広間を設けています。正面には大虹梁をかけて中央に富士に霞をあしらった蟇股を備えています。
 なお移築の際、庫裏との取り合わせのため柱間装置が変更されている箇所が見られますが、内法長押・襖金具は当初のものが用いられています。
 特に、大虹梁の絵様などは江戸時代後期の様式を示し、小大名居館玄関遺構として貴重なものです。
 麻田陣屋については以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=398257&id=31851501&comment_count=7
名古屋城の本丸御殿です。
現在復元工事中で、2018年に完成予定です。
 東京都府中市の府中御殿跡です。
 天正18(1590)年の徳川家康の江戸入府と同時に創建され、江戸開府後は将軍が休憩や宿泊をする御茶屋として用いられていましたが、正保3(1646)年に焼失してしまいました。目ぼしい遺構は井戸跡のみです。
彦根城の表御殿です。博物館として復元されました。当初の御殿は本丸にあって天守と繋がっていましたが後に現在の位置に移されました。案内の方によると柱の一本に至るまで正確な資料が残されており、ここまで忠実に再現できたとの事。ちょうどひこにゃんがいましたw
佐賀城本丸御殿の御座間(藩主の居間)です。今日は他にお客さんも見当たらず、まったりと過ごしました。
【国名】山城国
【城名】二条城
【御殿】本丸御殿
煌びやかな二の丸御殿と比べて、質実剛健でした。
長野県、松代城の新御殿。通称、真田邸。
藩主の奥方の隠居場として築かれ、廃藩置県後はしばらく城主であった真田氏の私宅となりました。
現存する大名屋敷としては数少ない貴重な物。
【国名】琉球王国
【城名】首里城
【料金】820円也
【備考】世界遺産・日本百名城第百番
    正殿
掛川城の本丸御殿です。
数少ない現存する御殿でしたので、非常に見応えがありました。
 群馬県沼田市の高平の書院です。沼田城下から東方へ遠く離れた街道筋にあり、沼田藩主の領内見回りや鷹狩りの際の休憩所として利用されました。
 詳しくは日記を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945301571&owner_id=250900
備中・足守藩木下家の庭園、近水園(おみずえん)にある数寄造の吟風閣です。
6代藩主・木下きん定(「きん」は「八」の下に「白」)が、宝永5(1708)年に幕命により仙洞御所の普請をした際、余材を拝領して建てたとのことです。
大名の数寄文化を伝える遺産のひとつですね。
愛知県岡崎市の奥殿陣屋です。
江戸時代は大給松平家が治めた奥殿藩1万6000石の政庁でした。
近くの寺に移築されていた書院が、昭和60年に当地に戻され、ちょっとした観光スポットになっていました。
静岡県掛川市の掛川城です。
何年かぶりです。現存の御殿は風格がありますね。
ちなみに6月1日に名古屋城本丸御殿が追加公開されます。行ってみたいな目がハート
兵庫県姫路市 林田藩校敬業館です。小さいながらも随所に見どころがある建物でした。
>>[541]
宮内省管轄の二条離宮になった時でしたっけ?京都御苑内の桂宮御殿を移築したんですよね。
兵庫県たつの市 龍野城本丸御殿です。入場料無料でした。でもでも結構な作りでしたよ。
松代の真田邸です。
幕末の1864(元治元)年、9代藩主・真田幸教が、義母・貞松院のために造営した御殿で、明治以降は真田家の私邸となり、1966(昭和41)年に当時の松代町に寄贈されたとのこと。
大名の御殿建築として貴重な遺構であり、信州の山々を借景とした庭園も素晴らしかったです。
名古屋城本丸御殿の藩主が家臣らと私的な宴席を開いたとされる「対面所(たいめんじょ)」と、料理の配膳などに使われた「下御膳所(しもごぜんしょ)」が完成して6月1日から一般公開されました。

私は3日に行きましたが、あまり混んでいなかったのでゆっくり見てきました。
兵庫県、姫路城の千姫櫓。姫路藩主に嫁いだ家康の孫娘、千姫が暮らした櫓ですがここに通ずる百力下などと共に内部は女中や嫡子などが住む御殿造りとなっており、西ノ丸御殿の案内がありました。

千姫らが亡き後、西ノ丸の櫓群内部は食糧庫として扱われていたそうです。
名古屋城本丸御殿です。
工事中は2回も行ってるのに公開後は初めてです。
対面所、下御膳所は桧のいい香りわーい(嬉しい顔)
絵画も天井ももう夢の世界ですなぴかぴか(新しい)
信濃国・龍岡城の御殿でただ一つ残った御台所です。
三河奥殿藩主だった松平乗謨(まつだいら・のりかた)は、領地の大半があった信濃佐久郡に陣屋の移転を願って許可され、研究していた西洋式城郭の築城を実践して、田野口村に五稜郭を築きました。
濠と土塁で囲まれた五稜郭の真ん中に御殿が築かれましたが、城は小学校の校地となって、御台所だけが小学校の片隅に残されました。

ちょうど小学校が休みの日で校庭には入れましたが、御台所の内部の見学は市教育委員会に事前予約申し込みとのことで、中には入れませんでした。
和歌山城本丸にあった御台所が、和歌山市の光恩寺に移築されています。
名古屋城御殿
名古屋城御殿車寄せ
内部の様子
外観
 信濃国松本城の御殿跡です。フィルムが劣化していたため、お見苦しい写真でスミマセン。あせあせ(飛び散る汗)

左;古山地御殿跡(市立博物館内)
中;二の丸御殿跡土蔵
右;本丸御殿跡
彦根城楽々園(槻御殿)です。
江戸前期に4代藩主・井伊直興が造営し、江戸後期に拡張された井伊家の下屋敷です。
玄関や御書院は修理完了していましたが、地震の間は修理中でした。
三重県、田丸城の三之丸御殿奥書院です。

明治の廃城後に移築されて農家として利用されていましたが近年になって城跡の前に戻ってきました。内部見学には事前予約が必要との事。現在の三之丸は中学校になっています。
京都府、二条城。
二ノ丸御殿と本丸御殿の両方が残っているなんて流石です。故に国宝・世界遺産となっている。

本丸御殿は元が桂離宮からの移築建築物だったために二ノ丸御殿よりも質素な感じです。
 御殿じゃないんですが御容赦下さい。
 土佐国佐川領の郷校だった名教館です。玄関は高知県指定文化財です。
 詳しくは以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1958172031&owner_id=250900

ログインすると、残り528件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

お城めぐりしよう! 更新情報

お城めぐりしよう!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済