ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学校 > ハロー通訳アカデミー > トピック一覧 > ☆第1次邦文試験(地理・歴史・...

ハロー通訳アカデミーコミュの☆第1次邦文試験(地理・歴史・一般常識)対策

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

普段から、地理・歴史の好きな方は別として、独学がつらい科目です。
みなさん、どうされていますか?

コメント(39)

私が2002年に受けたときは、まだ邦文試験は3次試験でした。
ハローでは、二次試験が終わってからの短期集中コース(1万円)が行われていて、私もそれに参加しました。

準備期間が一ヶ月しかない短期決戦で、ポイントを絞って集中して勉強できたと思います。
一夜漬けに近く、今ではかなり忘れてしまっているのも事実です。
受験生の方も、一次、二次が合格していない中で、三次試験の準備に気持ちが乗らないと言うこともあったでしょう。

それと比べると、今では一次試験の午後の部になってしまったので、まずは邦文試験をクリアしなければならないことになり、学生側の負担は増えたのではないでしょうか。

一夜漬け的学習には批判もあるでしょうが、一夜漬けできる能力は必要かも知れません。
実際にガイド業務をやるとなると、(地域限定通訳士を除けば)お客様の希望であちらこちら自分の知らないところも案内することになるでしょうから。
地理も歴史も大変です(>_<)
でも特に歴史で困っています。私は大学受験を世界史で受けたので日本史の参考書が手元に全くない&何を選んで良いかわかりません(>_<)

変に色々お金をかけるよりは、ハローの教材を徹底的にやるべきだとは思いますが、ハローの教材には本気で机に向かって内容を全てインプットしなくては!と、へんなプレッシャーを自分にかけてしまいます。
流れがわかり、簡単に読めて…と、いうものがあれば教えてください。
 一般常識なら「新聞ダイジェスト」がオススメです。過去の新聞記事を1か月分ずつまとめてあり、巻末には問題集がついてます。就職試験、特にマスコミ受験を意識した雑誌ですが、通訳ガイドの試験にも十分すぎるぐらい使えると思います。

 逆に言うと、試験対策として覚えこまなければと思い込むよりは何度も予想問題を解いたほうが早いかもしれませんよ。大学受験の時に聞いた分厚い参考書、問題集を何冊も相手にするより薄い問題集1冊を徹底的にやった方が効果的では?
昨年合格した者です。
地理でしたら、中学受験用の白地図がいいです。
ガイド試験の範囲はほぼカバーしていますし、
昨年初めて出題された産業関係も網羅しています。
日本史は河合敦著『ビジュアル版 早わかり 日本史』が見開きで1項目書かれていて、細切れの時間も使えるし、なにより面白くわかりやすかったです。
はじめまして。私も今年の試験目指して、つい最近勉強をはじめたところなのですが、JJ1さんお勧めの参考書を私もどこかで聞いて購入し、使っています。電車で30分だけ移動、とかといったとき1ページだけ集中して見ることができ便利です。ちなみに私が購入したのは『改訂版 スーパービジュアル版 〜(同じ)』だったと思いますが、これも写真や図で分かりやすくて良かったです。
出版年月日が一番新しいという点では
日本白地図ワークノート 小学高学年用 (むさし書房)
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31681368
をお勧めします。なんと言っても2006年4月発行です!
学研は評判が高いですね。
小学社会 白地図暗記の天才 基礎編
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4053018560/249-2187654-0193917
だけど、中学受験用なら、どれでもいいと思いますよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/249-2187654-0193917
どう思いますか?
5月から始まるマラソンセミナーについてなのですが・・・
今、通信で受講しているものですが、一般常識レベルも危ない私でして、レギュラーコースに加えて受けるものかどうか悩んでおります・・・今のところ、溜まってしまった教材をまずこなしてから思っていますが・・・各県の詳しい情報が満載である(らしい)ことや、基礎的なことから学べるというのも魅力です。レギュラーコースに加えて受講を考えていらっしゃる方いますか?
たあこさん ありがとうございます
まったく、おっしゃるとおりで、状況もとても似ています。とりあえず今できる基本的な教材にできる限り取り組んで、セミナーが始まるギリギリまで(自分の)様子を見てみようと思っています。
72時間のコースにせっかく投資しても、こなせないともったいないですし・・・ね。手を広げず授業をしっかりマスターしていくのか、それとも、これまでの教材をこなした上で、まだ余力(時間的、経済的、意欲)があって72時間を受講するのか・・ 検討しながら、毎日勉強を進めて行こうと思います。通信であれば(72時間)、申し込み期限は特にないですものね。
<日本地理の直前総まとめ>(1)です。 

●重要データ(数字は概数)
・日本の国土面積:37万3000km2 *北方領土を除く
・日本の人口密度:343人/1km2
・東京の緯度、経度: 北緯35度、東経139度
・日本最北端:宗谷岬(北海道) 北緯45度 *択捉島を除く
・日本最南端:沖ノ鳥島(東京都)北緯20度
・日本最東端:南鳥島(東京都) 東経153度
・日本最西端:与那国島(沖縄県)東経122度

●日本の世界遺産 
(文化遺産)
・法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)
・姫路城(兵庫県)
・古都京都の文化財(京都府)
・白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県、富山県)
・原爆ドーム(広島県)
・厳島神社(広島県)
・古都奈良の文化財(奈良県)
・日光の社寺(栃木県)
・琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県)
・紀伊山地の霊場と参詣道(三重県、奈良県、和歌山県)
(自然遺産)
・屋久島(鹿児島県)
・白神山地(青森県、秋田県)
・知床(北海道) [2005年登録]

●国立公園(過去3回以上出題されたもの) 

・阿寒国立公園:
わが国最大のカルデラ湖である屈斜路湖や、世界でも有数の透明度を誇る摩周湖がある。阿寒湖では特別天然記念物のマリモが見られる。川湯温泉など温泉も豊富。

・大雪山国立公園:
石狩山地の主要部を占める日本最大の国立公園。層雲峡・愛山渓・天人渓等、温泉も多い。

・釧路湿原国立公園:
釧路川に沿う釧路湿原を中心とする1987年指定の最も新しい国立公園。特別天然記念物のタンチョウが見られる。

・支笏洞爺国立公園:
羊蹄山・有珠山などの火山やカルデラ湖で知られ、周辺には登別温泉など豊かな温泉がある。

・陸中海岸国立公園:
宮古以北は典型的な隆起海岸で海岸段丘が発達し、高さ50〜180mに及ぶ断崖と岩礁景観が連続する。一方、宮古以南は陸地の沈降によってできた、わが国を代表するリアス式海岸である。

・磐梯朝日国立公園:
出羽三山(月山・羽黒山・湯殿山)に会津富士(磐梯山)、断層湖の猪苗代湖が見られる。

・日光国立公園:
滝や湖、高層湿原、山などの自然環境の他、多数の文化財を持つ二社一寺などの史跡にも恵まれる。

・中部山岳国立公園:
3000m級の高峰が連なる飛騨山脈一帯からなり、上高地・黒部峡谷などアルプス景観・渓谷美の頂点をなす。

・吉野熊野国立公園:
三重、奈良、和歌山の3県にまたがる国立公園。吉野山、瀞八丁、那智の滝など見所は豊富。2004年に公園の主要部が世界文化遺産に登録された。

・瀬戸内海国立公園:
世界的に有名な多島海景観を誇り、平家滅亡など歴史と伝説にも富む国立公園。1934年、雲仙天草・霧島屋久とともにわが国で初めて国立公園として指定された。

・大山隠岐国立公園:
中国地方最高峰の溶岩ドームがあり、歴史と伝説に包まれた諸島ならびに半島景観を誇る。

・阿蘇くじゅう国立公園:
東西約17km、南北約25kmの大カルデラと、草千里などの火山性高原で有名。

・西表(いりおもて)国立公園:
マングローブの林など亜熱帯原生林とわが国最大のサンゴ礁景観が広がる。域内には特別天然記念物であるカンムリワシやイリオモテヤマネコが生息する。

●温泉(過去3回以上出題されたもの) 

・登別温泉(北海道):
倶多楽(くったら)湖の西岸にある北海道を代表する一大歓楽温泉。11種類の泉質は世界的にも珍しく「温泉のデパート」ともいわれる。

・酸ヶ湯(すかゆ)温泉(青森県):
八甲田山の山腹900mの高原に開けた温泉。昔ながらの湯治場の雰囲気が残り、総ヒバ造りの「混浴千人風呂」と、地中から吹き出す蒸気で体を温める「まんじゅうふかし」が名物。

・東山温泉(福島県):
会津若松市郊外、湯川に沿った山あいの温泉。鶴ヶ城・会津武家屋敷・飯盛山などの観光名所にも近い。「会津の奥座敷」。

・和倉温泉(石川県):
七尾湾に臨む能登最大の温泉地。歴史も古く、今年で開湯1200年を迎えた。

・加賀温泉郷(石川県):
文化の香り高い北陸の地にあって、山中・山代・片山津・粟津の4つの温泉からなる温泉郷。

・白浜温泉(和歌山県):
有馬温泉(兵庫県)・道後温泉(愛媛県)とともに「日本三古湯」の一つ。円月島や千畳敷・三段壁などの奇勝にも恵まれる。

・三朝(みささ)温泉(鳥取県):
ラジウム含有量日本一の温泉。院政期文化で名高い三(さん)仏寺(ぶつじ)投入堂(なげいれどう)も三朝町にある。

・別府温泉郷(大分県):
「八湯」と呼ばれる8つの温泉からなるわが国を代表する温泉郷。湧出量(毎分約95000?で世界第2位)、泉質数(10種で日本第2位)、源泉数(約2850本で日本一)といずれも日本最大級。温泉の噴出口は「地獄」と形容され、「地獄めぐり」もできる。

・指宿(いぶすき)温泉(鹿児島県):本土最南端の温泉で、海岸4kmにわたって湧出。源泉数815は全国第3位。名物は摺ヶ(すりが)浜(はま)の「砂蒸し風呂」。

●観光地(過去3回以上出題されたもの)
 
・層雲峡(北海道):
大雪山の北東麓に位置するわが国屈指の大峡谷。高さ約150mの柱状節理の絶壁や奇岩怪石・滝が両岸に24km続く。

・定山渓(北海道):
札幌市の南西部、豊平川の上流に位置する温泉地。渓谷の両岸に旅館、ホテルが立ち並ぶ。「札幌の奥座敷」。

・函館(北海道):
戊辰戦争の最後となる戦いでは、榎本武揚、土方歳三らがこの地の五稜郭に立てこもって戦った。

・平泉(岩手県):
中央の貴族文化の地方に普及した典型例がこの地の中尊寺と毛越寺である。ともに奥州藤原氏の栄華を今に伝える。

・黒部峡谷(富山県):
黒部川上・中部にあるV字谷。花崗岩の断崖で、谷壁の高さは数百メートルにもおよぶ日本一深い峡谷。

・瀞(どろ)八丁(和歌山県・三重県):
熊野川の支流北山川の渓谷。吉野熊野国立公園の一部をなす。
・松江(島根県):小京都の一つで、小泉八雲ゆかりの城下町でもある。宍道湖の夕景の美しさは絶景。

・寒(かん)霞渓(かけい)(香川県):
小豆島の内陸部にある瀬戸内有数の景勝地。山頂からは瀬戸内海が一望でき、紅葉時はとりわけ美しい。

・耶(や)馬渓(ばけい)(大分県):
溶岩台地が山国(やまくに)川(がわ)によって浸食された渓谷で、岩石美・渓谷美が展開する。青の洞門、羅漢寺など見所も多い。

・平戸(長崎県):
1641年出島に移転されるまでの33年間、オランダ商館がここに置かれた。

・有田(佐賀県):
良質の磁器の生産で有名な町。その大部分が伊万里港から出荷されたため伊万里焼ともよばれるようになった。

・虹の松原(佐賀県):
日本三大松原の一つ。幅600m、長さ6kmにわたって白砂青松が続く。


●小京都(重要なもの) 

・弘前(青森県):
「津軽の小京都」。津軽リンゴとねぷた祭で有名。百石町・代官町・蔵主町といった当時をしのばせる町名が残る。

・角館(かくのだて)(秋田県):
「みちのくの小京都」。武家屋敷の姿を最もよく残す町といわれ、城下町は北に内町(武家町)、南に外町(町人町)、中央部に火除けと整然と区分けされている。

・高山(岐阜県):
「飛騨の小京都」。代官の居所であった陣屋跡や古い町並みがそっくり残る。春秋2回の高山祭でも有名。

・金沢(石川県):
前田家百万石の財力が築き上げた文化都市。今も町には当時を偲ばせる風情が残り、兼六園や武家屋敷など見所多数。加賀友禅、金沢漆器、九谷焼など伝統工芸の宝庫でもある。

・尾道(広島県):
背後の山が海の近くまで迫り、坂道が続く落ちついた城下町。「しまなみ海道」の本州側の玄関都市。

・津和野(島根県):
「山陰の小京都」。津和野川に沿って山に囲まれた静かな城下町。津和野城跡や森鴎外、西周の旧居がある。

・萩(山口県):
毛利氏の城下町として栄えた武家屋敷が残る史跡の町。吉田松陰など明治維新の志士を多く輩出した町としても知られる。

●ラムサール条約登録地(全33ヶ所中、主なもの) 

・釧路湿原(北海道)
・クッチャロ湖(北海道)
・琵琶湖(滋賀県)
・サロベツ原野(北海道)[2005年登録]
・阿寒湖(北海道)[2005年登録]
・風連湖・春国岱(しゅんくにたい)(北海道)[2005年登録]
・野付半島・野付湾(北海道)[2005年登録]
・尾瀬(福島県・群馬県・新潟県)[2005年登録]
・三方五湖(福井県)[2005年登録]
・中海(鳥取県・島根県)[2005年登録]
・宍道湖(島根県)[2005年登録]
・秋吉台地下水系(山口県)[2005年登録]

●日本ベスト3など 
・人口の多い都道府県:?東京都 ?神奈川県 ?大阪府

・面積の広い都道府県:?北海道 ?岩手県 ?福島県

・長い川ベスト3:?信濃川 ?利根川 ?石狩川

・高い山ベスト3:?富士山(静岡県・山梨県) ?北岳(山梨県) ?穂高岳(長野県・岐阜県)

・広い湖ベスト3:?琵琶湖(滋賀県) ?霞ヶ浦(茨城県) ?サロマ湖(北海道)

・深い湖ベスト3: ?田沢湖(秋田県) ?支笏湖(北海道) ?十和田湖(青森県・秋田県)

・大きい島ベスト3: ?沖縄島(沖縄県) ?佐渡島(新潟県) ?奄美大島(鹿児島県) *択捉島、国後島を除く

・日本三景: 松島(宮城県) / 天橋立(京都府) / 厳島[宮島](広島県)

・日本三名山: 富士山(山梨県・静岡県) / 立山(富山県) / 白山(石川県・岐阜県)

・日本三名園: 偕楽園(茨城県) / 兼六園(石川県) / 後楽園(岡山県)

・日本三急流: 最上川(山形県) / 富士川(山梨県・静岡県) / 球磨川(熊本県)

・日本三古湯: 有馬温泉(兵庫県) / 白浜温泉(和歌山県) / 道後温泉(愛媛県)
通訳ガイド国家試験
(第1次試験2006年9月3日実施)

<日本歴史の直前総まとめ>です。 
ご参考になさってください。

●メルマガ<通訳ガイド受験情報>の申し込みは下記へ。
 http://www.hello.ac/mailmag/index.php

●重要名数 
・三筆: 
嵯峨天皇 / 橘逸勢 / 空海 …弘仁・貞観文化(平安時代初期) *唐様

・三蹟: 
小野道風 / 藤原佐理 / 藤原行成 …国風文化(平安時代中期) *和様

・三管領: 
斯波家 / 細川家 / 畠山家 

・御三家: 
尾張家 / 紀伊家 / 水戸家

・御三卿: 
田安家 / 一橋家 / 清水家

・江戸の三大改革: 
享保の改革(徳川吉宗) / 寛政の改革(松平定信) / 天保の改革(水野忠邦)

・明治維新の三傑: 
西郷隆盛 / 大久保利通 / 木戸孝允

・国学四大人(うし): 
荷田春満 / 賀茂真淵 / 本居宣長 / 平田篤胤

・四天王: 
持国天 / 広目天 / 増長天 / 多聞天

・五街道: 
東海道 / 中山道 / 日光道中 / 奥州道中 / 甲州道中

●人物(過去3回以上出題されたもの)
 
【政治家など】
・聖徳太子:
飛鳥時代の政治家。593年推古天皇の摂政となり、冠位十二階や憲法十七条の制定、遣隋使の派遣などを行った。仏教を奨励して四天王寺や法隆寺を建て、経典注釈書『三経義疏』を著した。

・小野妹子:
飛鳥時代の遣隋使。607年の遣隋使として「日出処天子」で始まる国書を隋の煬帝に提出した。

・聖武天皇:
奈良時代の天皇。深く仏教を信じ、国分寺・国分尼寺や東大寺を建て、東大寺の大仏を造立。天平文化の黄金時代を築いた。

・桓武天皇:
奈良末期・平安初期の天皇。794年平安京遷都。健児の制を定め、勘解由使を設置し、坂上田村麻呂に蝦夷討伐を行わせた。また、最澄・空海を保護して新しい仏教を興させた。

・藤原頼通:
平安中期の政治家。藤原道長の子。3代の天皇の摂政・関白として、藤原氏による摂関政治の全盛期を維持した。平等院鳳凰堂を建立。

・源頼朝:
鎌倉幕府初代将軍。1180年、以仁王の令旨を受けて挙兵。石橋山の戦いでは敗れたが、1185年に壇の浦の戦いで平氏を滅亡させた。同年、守護・地頭を設置して武家政権を確立。1192年、征夷大将軍となり鎌倉に幕府を開いた。

・後鳥羽上皇:
鎌倉幕府に対抗して1221年承久の乱を起こすが敗れ、隠岐に流された。歌人としても優れ、『新古今和歌集』を編纂させた。

・北条泰時:
鎌倉幕府3代執権。承久の乱で功を立て、初代六波羅探題となった。1224年執権就任後、連署・評定衆を置いて合議制を制度化し、1232年には貞永式目を制定して執権政治の確立に努めた。

・北条時宗:
鎌倉幕府8代執権。1274年と1281年の元寇(文永の役、弘安の役)では元軍の撃退に成功。禅宗を信じ、無学祖元を招いて鎌倉に円覚寺を建てた。

・足利義満:
室町幕府3代将軍。京都室町に「花の御所」を造営。1392年には南北朝の合一を実現した。北山に金閣を建て、北山文化を現出。1401年明と国交を開き、勘合貿易を行った。

・足利義政:
室町幕府8代将軍。1467年、家督相続の争いから応仁の乱が起こると、1473年将軍職を義尚に譲り、東山に銀閣を建て、茶の湯・絵画などの芸術を好む隠居生活を送った。

・細川勝元:
室町幕府の管領。応仁の乱では東軍の主将として、足利義視らを助けて山名持豊の西軍と戦ったが、勝敗決せぬまま死去。

・織田信長:
安土桃山時代の武将。1560年、桶狭間の戦いの勝利により勢力を強め、1568年に足利義昭を擁して上洛。長篠の戦いで武田氏を破った後、中国地方の制圧に乗り出すが、1582年の本能寺の変で自害した。楽市・楽座の設置や関所の廃止などを行ったことでも知られる。

・豊臣秀吉:
安土桃山時代の武将。織田信長に仕え、信長の死後は明智光秀、柴田勝家を破って主導権を確立。1590年小田原の北条氏を滅ぼし、奥州征伐を行って日本全土を制圧した。2度の朝鮮出兵を行うが失敗し、1598年に病死。

・徳川家康:
江戸幕府初代将軍。1600年、関ヶ原の戦いで石田三成の西軍を破り天下の実権を握る。1603年、征夷大将軍となり江戸幕府を開いた。1614年の大坂冬の陣、翌年の夏の陣で豊臣氏を滅ぼし、幕府の基礎を固めた。

・徳川家光:
江戸幕府3代将軍。武家諸法度、参勤交代などの制度を整え、キリシタン弾圧、鎖国を断行して幕府の専制的支配体制を固めた。

・徳川吉宗:
江戸幕府8代将軍。享保の改革を実行し、幕政全般にわたる改革を行った。幕府中興の祖と言われる。米相場の安定には特に苦心し、「米将軍」と呼ばれた。

・松平定信:
江戸後期の政治家。徳川吉宗の孫。1787年、老中首座として田沼意次失脚後の幕政を担い、寛政の改革を行った。改革では囲米、寛政異学の禁、七分金積立、人足寄場の設置などを実施。

・西郷隆盛:
江戸末期・明治初期の政治家。明治維新の三傑の一人。薩長同盟の成立に尽力し、倒幕派の中心人物となった。明治政府では参議となり廃藩置県を断行したが、征韓論に敗れて下野。1877年西南戦争を起こすが敗れ、最後は自害した。

・小村寿太郎:
明治時代の外交官。第1次桂内閣の外相として、日英同盟を締結し、ポーツマス会議では日本側全権として講和条約の締結にあたった。1911年、日米通商航海条約に調印し、関税自主権の完全回復に成功。

・原敬:
明治・大正時代の政治家。1918年、最初の本格的政党内閣を組織し、「平民宰相」と言われた。1921年東京駅にて暗殺される。

【僧侶】
・鑑真:
唐の僧。盲目になりながらも6度目の渡航で来日。律宗を日本に伝え、東大寺戒壇院を建立。759年、唐招提寺を創建した。
・最澄:平安初期の僧。天台宗の開祖。比叡山に延暦寺を建立。山家学生式を定めた。

・空海:
平安初期の僧。真言宗の開祖。高野山に金剛峯寺を開き、真言密教を広めた。三筆の一人。『風信帖』は最澄への書状。

・源信:
平安中期の僧。通称は恵心僧都。『往生要集』で念仏による極楽往生を説いた。

・法然:
平安後期〜鎌倉初期の僧。浄土宗の開祖。専修念仏による往生を説いた。主著『選択本願念仏集』。

・栄西:
平安後期〜鎌倉初期の禅僧。臨済宗を初めて日本に伝える。京都に建仁寺を建立。主著『興禅護国論』『喫茶養生記』。

・親鸞:
鎌倉時代の僧。浄土真宗の開祖。師は法然。主著『教行信証』の他、弟子、唯円の編になる法話集『歎異抄』がある。

・道元:
鎌倉時代の禅僧。曹洞宗を日本に伝える。越前(福井県)に永平寺を建立。著書に『正法眼蔵』がある。

・日蓮:
鎌倉時代の僧。仏法の真髄は法華経にあると悟り、日蓮宗(法華宗)を開いた。主著『立正安国論』。

・一遍:
鎌倉時代の僧。時宗の開祖。踊り念仏により時宗の普及に努めた。『一遍上人語録』は法話を集成したもの。

・夢窓疎石:
鎌倉末期〜南北朝時代の禅僧。臨済宗の黄金期を築く。造園技術にも優れ、西芳寺や天竜寺の庭園を造った。

【芸術家】
・鞍作鳥[止利仏師]:
飛鳥時代の仏師。北魏様式の仏像が特徴。飛鳥寺「釈迦如来像」、法隆寺金堂「釈迦三尊像」が代表作。

・紀貫之:平安初期の貴族・歌人。『古今和歌集』の撰者。著作『土佐日記』。

・定朝:
平安中期の仏師。寄木造の手法を確立し、その作風は定朝様と呼ばれた。平等院鳳凰堂「阿弥陀如来像」が代表作。

・運慶:
鎌倉時代の仏師。剛健な写実主義が特徴。東大寺南大門「金剛力士像」、興福寺「無著像、世親像」が代表作。

・世阿弥:
室町初期の能の大成者。観阿弥の子。能楽理論書である『風姿花伝(花伝書)』を著わした。

・雪舟:
室町時代の画僧。日本の水墨画を完成させた。「四季山水図巻(山水長巻)」「秋冬山水図」は東山文化の代表作。

・宗祇:
室町後期の連歌師。正風連歌を完成。諸国を遊歴し、西行・芭蕉と並び称される。代表作は『新撰菟玖波集』。

・狩野永徳:
安土桃山時代の画家。織田信長・豊臣秀吉に仕え、大坂城などの障壁画を描き、狩野派の基礎を築いた。代表作は「唐獅子図屏風」。

・松尾芭蕉:
江戸前期の俳人。蕉風俳諧を確立。東北地方を旅し、多くの紀行文を残した。代表作『奥の細道』。

・島崎藤村:
明治〜昭和時代の詩人・小説家。「文学界」で浪漫派詩人として活躍後、自然主義を代表する作家となった。代表作は『若菜集』・『破戒』・『夜明け前』。

【学者】
・菅原道真:
平安前期の学者・政治家。894年遣唐使の廃止を建白。901年大宰府に左遷された。学問の神として知られる。

・新井白石:
江戸中期の儒学者・政治家。徳川家宣・家継の下で正徳の治を行った。著書に『読史余論』・『西洋紀聞』などがある。

・本居宣長:
江戸中期の国学者。国学四大人の一人。賀茂真淵に師事し、35年をかけて『古事記伝』を執筆した。

・前野良沢:
江戸中期の医学者・蘭学者。青木昆陽にオランダ語を学び、1770年長崎に留学。杉田玄白らと共に蘭書「ターヘル・アナトミア」を翻訳、『解体新書』と名づけた。

・杉田玄白:
江戸中期の医学者・蘭学者。蘭学の祖と呼ばれる。著書に『蘭学事始』がある。

・大槻玄沢:
江戸中後期の医学者・蘭学者。杉田玄白・前田良沢に学び長崎に遊学。著書に『蘭学階梯』がある。

・高野長英:
江戸後期の蘭学者。シーボルトに医学・蘭学を学び江戸で開業。1839年、蛮社の獄で処罰された。

・吉野作造:
大正・昭和時代の政治学者。1916年「中央公論」にて民本主義を主唱。大正デモクラシーの先駆となった。

【外国人】
・ザビエル:
スペインのイエズス会宣教師。1549年鹿児島に上陸し、日本に初めてキリスト教を伝える。

・ルイス・フロイス:
ポルトガルのイエズス会宣教師。1563年に来日、各地で伝道した後、上京して信長に謁見した。豊臣秀吉の禁教令で退去後、再来日。長崎で没した。著書に『日本史』がある。

・シーボルト:
ドイツの医師・博物学者。1823年来日し、出島の商館で勤務。長崎郊外に鳴滝塾を開き、高野長英らに医学を教授した。1828年シーボルト事件により国外追放。

・ペリー:
アメリカの東インド艦隊司令官。1853年浦賀に入港し、日本に開国を要求。翌年、日米和親条約を締結した。

・ハリス:
アメリカの外交官。1856年、初代駐日総領事として下田に着任。1858年、幕府と日米修好通商条約を締結した。

・モース:
アメリカの動物学者。東京大学で動物学を講義し、進化論の普及にも活躍。1877年、東京で大森貝塚を発見して日本考古学の端緒を開いた。

・ラフカディオ・ハーン:
ギリシア系英国人で作家・英文学者。1890年来日し、日本研究・紹介に貢献した。小泉節子と結婚後、帰化して小泉八雲と名乗った。著作に『怪談』などがある。

・フェノロサ:アメリカの日本美術史家。1878年来日。日本美術の復興につくし、岡倉天心と共に東京美術学校を創立した。


●事件・法律など(過去3回以上出題されたもの) 

【乱・戦争など】
・壬申の乱(672年):
大友皇子の近江朝廷側と吉野の大海人皇子とが皇位をめぐって争った内乱。大海人皇子が勝利し、後に天武天皇として即位した。

・承久の乱(1221年):
後鳥羽上皇による鎌倉幕府打倒の兵乱。幕府軍に上皇方は破れ、後鳥羽上皇ら3上皇が流罪となった。

・文永・弘安の役[元寇](1274年、1281年):
2度にわたる中国の元の日本来襲。暴風の助けもあり元軍は2度とも敗退。

・応仁の乱(1467〜77年):
細川勝元と山名持豊の対立に将軍継嗣問題と畠山・斯波家の家督争いがからんで起きた11年間の大乱。この乱により天皇や将軍の権威が完全に失墜し、戦国時代となった。

・島原の乱(1637〜38年):
キリシタン農民の一揆。天草四郎時貞を大将に3万8千人の農民が原城址に立てこもった。江戸幕府は12万人を動員し、半年の攻囲でようやく落城させた。

・蛮社の獄(1839年):
江戸幕府による洋学者弾圧事件。渡辺崋山、高野長英らがモリソン号事件を批判したとして逮捕され、処罰された。

・西南戦争(1877年):
明治新政府に対する不平士族最大の反乱。鹿児島の私学校生徒を中心とした士族が西郷隆盛を擁して挙兵し、政府軍に鎮圧された。

・日清戦争(1894〜95年):
朝鮮の支配権をめぐる日清両国の戦争。甲午農民戦争を契機に始まり、日本の勝利に終わった。下関で講和条約が締結された。

・日露戦争(1904〜05年):
満州をめぐる日露両国の戦争。日本軍の旅順攻撃に始まり、日本の勝利に終わった。アメリカのポーツマスで講和条約が締結された。

【法律・条約】
・貞永式目[御成敗式目](1232年):
北条泰時が定めた鎌倉幕府の基本法律で、日本最初の武家法。源頼朝以来の先例や武家社会の慣習を基準とした。

・武家諸法度(1615年〜):
江戸時代の武家統制のための基本法。1615年の徳川秀忠の元和令を初めとし、家光の寛永令で整備された。

・日米和親条約(1854年):
老中阿部正弘とアメリカのペリーとの間で締結された条約。神奈川条約とも呼ばれる。下田・箱館の開港、最恵国待遇の供与などが取り決められた。

・日米修好通商条約(1858年):
江戸幕府が米国総領事ハリスとの間に調印した条約。下田・箱館の他、神奈川・長崎・新潟・兵庫が新たに開港。領事裁判権を認め、関税自主権がないなど極めて不平等な内容であった。

・大日本帝国憲法(1889年発布、翌年施行):
通称、明治憲法。ドイツ憲法に範をとり、伊藤博文らの起草で欽定憲法として発布。天皇を元首とし国民を臣民と呼ぶ主権在君制の憲法。

・下関条約(1895年):
日清戦争の講和条約。日本全権伊藤博文・陸奥宗光と清国全権李鴻章が下関で調印。清は朝鮮の独立を認め、日本への遼東半島・台湾・澎湖諸島の割譲、賠償金2億両(テール)の支払いなどを承認した。

・日英同盟(1902年):
桂内閣の時に締結された、ロシアの南下策に対するイギリスとの同盟。

・ポーツマス条約(1905年):
アメリカのポーツマスで調印した日露戦争の講和条約。日本全権小村寿太郎、ロシア全権ウィッテ。日本は韓国に対する優越権、旅順・大連の租借権、南樺太などを得たが、賠償金は得ることができなかった。

・治安維持法(1925年):
加藤高明内閣の時に社会主義運動弾圧のために制定された法律。国体の変革、私有財産の否認を目的とする結社が禁止された。

・普通選挙法(1925年):
治安維持法と引き換えに成立した法律。女性の参政権を認めないなど不完全な普通選挙法であった。

・サンフランシスコ平和条約(1951年):
日本と連合国48カ国との間に結ばれた第2次世界大戦終結のための講和条約。日本全権は吉田茂。翌年、日本は主権を回復した。

●文化(特に重要なもの) 
【仏像】
・法隆寺金堂 釈迦三尊像(鞍作鳥作) 
  …飛鳥文化(飛鳥時代前期)
・薬師寺金堂 薬師三尊像 
  …白鳳文化(飛鳥時代後期)
・東大寺 盧舎那仏像[奈良大仏] 
  …天平文化(奈良時代)
・唐招提寺 鑑真和上像 
  …天平文化
・興福寺 阿修羅像 
  …天平文化
・東大寺法華堂 不空羂索観音像 
  …天平文化
・平等院鳳凰堂 阿弥陀如来像(定朝作) 
  …国風文化(平安中期) *寄木造の代表作
・東大寺南大門 金剛力士像(運慶、快慶、湛慶作) 
  …鎌倉文化(鎌倉時代)
・高徳院 阿弥陀如来像[鎌倉大仏] 
  …鎌倉文化

【建築物】
・平等院鳳凰堂 …国風文化
・中尊寺金色堂 …院政期文化(平安後期)
・円覚寺舎利殿 …鎌倉文化 *禅宗様[唐様]の代表的遺構
・鹿苑寺金閣 …北山文化(室町前期) *足利義満創建
・慈照寺銀閣 …東山文化(室町後期) *足利義政創建
・西本願寺飛雲閣 …桃山文化(安土桃山時代)

【絵画・絵巻等】
・平家納経 …院政期文化
・源氏物語絵巻 …院政期文化
・伴大納言絵巻 …院政期文化
・鳥獣戯画 …院政期文化
・四季山水図巻[山水長巻](雪舟) …東山文化
・唐獅子図屏風、洛中洛外図屏風(狩野永徳) …桃山文化
・風神雷神図屏風(俵屋宗達) …寛永期の文化(江戸初期)
・紅白梅図屏風、燕子花図屏風(尾形光琳) …元禄文化(江戸前期)
・弾琴美人(鈴木春信) …化政文化(江戸後期)
・婦女人相十品(喜多川歌麿) …化政文化
・市川蝦蔵(東洲斎写楽) …化政文化
・富嶽三十六景(葛飾北斎) …化政文化
・東海道五十三次(歌川広重) …化政文化

【書物・歌集等】
・『古事記』(稗田阿礼、太安万侶) 712年 …天平文化
・『古今和歌集』(紀貫之など) 905年 …国風文化
・『往生要集』(源信) 985年 …国風文化
・『源氏物語』(紫式部) …国風文化
・『枕草子』(清少納言) …国風文化
・『新古今和歌集』(藤原定家など) 1205年 …鎌倉文化
・『方丈記』(鴨長明) 1212年 …鎌倉文化
・『平家物語』 …鎌倉文化
・『風姿花伝[花伝書]』(世阿弥) …北山文化
・『奥の細道』(松尾芭蕉) …元禄文化
・『読史余論』(新井白石) …元禄文化
・『古事記伝』(本居宣長) …化政文化
・『西洋紀聞』(新井白石) …化政文化 *洋学の範疇に入るので化政文化に分類される。
・『解体新書』(前野良沢、杉田玄白) …化政文化
・『蘭学階梯』(大槻玄沢) …化政文化
・『群書類従』(塙保己一) …化政文化

●寺社・遺跡(過去3回以上出題されたもの) 
【寺社】
・法隆寺(奈良県):
7世紀初めに大和の斑鳩に聖徳太子が建立した寺院。斑鳩寺ともいう。金堂・五重塔など法隆寺式伽藍配置の西院と、夢殿・伝法堂の東院に分かれる。

・唐招提寺(奈良県):
759年鑑真創建の寺。金堂は天平建築の遺構。講堂は平城宮の朝集殿を移したもので奈良時代の宮殿建築唯一の遺構。

・興福寺(奈良県):
藤原氏の氏寺。藤原鎌足の私寺山階寺が前身。藤原不比等により奈良に移された。

・天竜寺(京都府):
1339年足利尊氏の創建。夢窓疎石が開山。京都五山第1位。

・竜安寺(京都府):
京都市右京区にある臨済宗の寺。枯山水の代表的石庭があることで知られる。

・西芳寺[苔寺] (京都府):
夢窓疎石の作庭で有名。上段が枯山水で下段は池泉回遊式庭園。

・延暦寺(滋賀県):
大津市比叡山にある寺。785年最澄が初めて草庵を結び、788年一乗止観院(比叡山寺)を創立。

・建長寺(神奈川県):
1253年北条時頼創建。蘭渓道隆が開山。鎌倉五山第1位。

・円覚寺(神奈川県):
1282年北条時宗創建。開山は無学祖元。鎌倉五山第2位。舎利殿は禅宗様[唐様]の代表的遺構。

・永平寺(福井県):
曹洞宗の大本山。道元が開山。

・中尊寺(岩手県):
平泉町にある、奥州藤原氏の初代清衡が造営した寺。光堂とも称される金色堂は中尊寺創建当初の唯一の遺構で、国宝に指定されている。

・厳島神社(広島県):
宮島町にある平家一門の尊崇した神社。平清盛ら一族が奉納した「平家納経」は国宝。

・東照宮(栃木県):
日光にある徳川家康を祀る神社。1617年創建。権現造の代表的遺構で、特に極彩色の彫刻で飾る陽明門が有名。

【遺跡】
・大森貝塚(東京都):
大田区と品川区の境にある縄文時代後期の貝塚。1877年アメリカ人モースが発掘。

・吉野ヶ里遺跡(佐賀県):
県東部にある弥生時代の日本最大の環濠集落遺跡。

・登呂遺跡(静岡県):
静岡市南部にある弥生時代後期の遺跡。水田跡が発掘された。

・大仙陵古墳[仁徳天皇陵](大阪府):
堺市にあり、百舌鳥古墳群の中心。日本最大の前方後円墳で5世紀くらいの築造。
私は普段から地理も歴史も得意ではないのですが、独学で今年の邦文試験に全部合格しました。地理は中学受験用の白地図を2冊使いました。国立公園などに関するものはハローのまとめは役に立つと思います。

歴史もまさか写真の出題があるとは思わなかったのですが、普段から文化史は写真を見ながら勉強していました。

やるべきことをこなしていけば独学でも十分大丈夫だと思います。私の場合、難関なのは語学の方なので、こちらも地道にやるべきことをこなしていこうと思っています。
たぶん、地理は一番合格しやすいと思います。
ハローの教材だけ全部やったら、
大丈夫です。
なぜなら、わたしが、出来たから、、。
それ以外は、全滅でしたが、、(笑)

なんか、面白いくらい、学んだことが、生かされました。

それくらい、、いい教材なんですね。


でも、他が、、、
みなさんそれぞれに得意分野が違っていて面白いですね。
私は昨年の試験は日本史不合格でした。地理は得意なので問題ありませんでしたが。一般教養はなんとかかんとかとりあえず合格でしたが、ヘンな試験でしたねぇ。教養?と思えるようなクイズ番組並の難題山積みでした。この科目がいちばん対策が難しいかも。

日本史は何から手をつけて良いのかすらわからないぐらい苦手なので、とりあえずハローの邦文対策受講してから考えようと思います。
 一般常識は、新聞を読むことと、普段から色々とアンテナを張り巡らしておくことを心がけていました。
 地理は国立公園と年間気温と雨量のグラフを重点的に覚えました。LOVE LOVEさんが24でおっしゃっているように地理は点を取り易いと思います。
 私もハローは受講してませんが、模試だけ受けに行きました。
LOVE LOVEさん
今年の一般常識は点を取らせる問題と難問奇問にはっきりと分かれているような印象を受けました。点を取らせるほうの問題はそれほど難しくないので基本的なことをやっていれば十分だと思います。

ただ同様の傾向が次年度以降も続くのかどうかは不明ですが、問題全体が難問奇問ということはないと思いますので、点を取るべきところで外さないことがポイントだと思います。難問奇問は受験生みんなにとっても同じですから。
質問します。

18年度の地理の試験

1番の問9の写真ですが、正答以外に、?〜?の写真は、それぞれどこの写真でしょうか。

同じく、地理3の問5にも写真があります。

?〜?の写真の名前は何でしょうか。

今後もこういう問題が出るようなら、社会科の図説を眺めることが勉強になりますね。
LOVE LOVEさん

>一般常識の基礎勉強の参考書は何を使いましたか?

私はハローの1年間コースやマラソンコースを受講したことがないしハローの一般常識のテキストも見たことがないので申し訳ないのですが何ともいえません。私が使ったのは、新聞ダイジェストで出しているものですがあまりお勧めでもありません。

ハローの予想のように、今年度は想定の6割に比べて地理は平均点が高かったでしょうし、歴史、一般常識は平均点が低かったでしょうから、次年度の出題傾向や難易度も今年と同じかどうかはわからないと思います。

正直なところ、一般常識の基礎勉強はしていなかったのでその参考書も持っていないというのが本当のところです。
朝日新聞のロスト・ジェネレーション、フランスあたりでも
Working Poorが問題となっているようなことをどこかでチラッと見ました 税制も変わるしやっぱり一般常識対策には新聞を読むことも大事ですね
私は歴史が一番苦手です。
42時間マラソンは2年前に買ってそのままにしていたのですが
正月休みにちょっと聞きなおして見ました。教本として使っている地理検定の本は細かいので地理対策には問題なさそうです
バチモン学者さんへ

お答えいたします。

1番の問9
?釧路湿原
?松島
?木曽駒ケ岳のカール
?青島(宮崎)の鬼の洗濯板です。

3の問5
?浅草の浅草寺
?出雲大社
?不明 わかる方は教えてください。

来年合格を目指して勉強をはじめました。

皆様よろしくお願いいたします。
はじめまして
いつも読ませていただいて参考にさせていただいています。
ハローさんのマラソンセミナーのテキスト(地理・日本史・一般常識。白地図)を購入して自力で先月から頑張っています。
実は、「地理」の年間降水量と気温のグラフを見分ける問題がどうしても苦手でして、なにかよい本を御存知でしたら教えていただけたら助かります。

ログインすると、残り19件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ハロー通訳アカデミー 更新情報

ハロー通訳アカデミーのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済