ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 人権擁護法 人権侵害救済法案 > トピック一覧 > 最高裁判所へ人権擁護法案の違憲...

人権擁護法 人権侵害救済法案コミュの最高裁判所へ人権擁護法案の違憲審査をさせるため、陳情書の協力をお願いします

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

突然ですが、最高裁に人権擁護法案の違憲審査をさせるため、皆さんから最高裁判所に陳情書を送ってほしいのです。

陳情書の雛形をワード文書でUPしたいのですが、どうやればいいかよくわからないのでわかる方は教えてほしいです。

なお、これはあくまで最高裁に人権擁護法案の違憲審査をさせるための願いを全国から募る目的であって、僕個人の裁判に協力を求めるものではありません。
僕の裁判に乗っかって、何とか人権擁護法案の違憲審査をしてもらうため、全国から声を届けてほしいのです。

どうかよろしくお願いします。


事件番号
平成20年(オ)第152号上告事件
上告人  室井 孝洋
被上告人 水田美紀子
被上告人 谷村 慎介

最高裁判所第一小法廷
〒102-8651 東京都千代田区隼町4番2号

念のため、電話番号は03-3264-8111 内線2180、宮城 保書記官です。

コメント(64)

http://groups.yahoo.co.jp/group/JINKENYOUGOHOUANHANTAI/
に悪戦苦闘の末(笑)PDFファイルもUPしましたので、よろしくお願い致します。


カズさん>
そうですねえ、困ったことをしてくれました。



ROM人さん

ヤフーグループは、エラーになって参加すら出来ませんでした。
多分、私と同じくエラーになる方がいらっしゃる可能性があります。
「陳述書」の雛形は上記に書き込まれているものを参考とします。

合わせて、本店ブログにもアップしました。
http://kawasumi.iza.ne.jp/blog/entry/472588/
雛形も記載しました。

数多くの賛同者が集まるといいですね。
ROM人さん
ありがとうございます! (*^ー゚)b グッジョブ!!
さっそく、郵送します!!
kawaさん>
Yahooグループに入れない方は、僕のアドレスmlawex@yahoo.co.jpにファイル希望と書いて送って下さい。
添付してお送りします。
ブログありがとうございます!

はぐさん>
iruさん>
ありがとうございます!
よろしくお願いします!
buster21さん>
陳情書には決まった形式はないですからね、それで十分ですよ。

タカヤンさん>
もちろんそうです。
今回は人権擁護委員谷村慎介の脅迫という事件が起こってます。
セロ左衛門さん>
ありがとうございます!
とにかく最高裁に法案に注意を向けなければなりません。
だから、大量の陳情書が送られれば、最高裁も無視するわけにはいかなくなります。
よろしくお願いします!
どなたか、HPやブログにワードファイル、PDFファイルをアップして頂けないでしょうか。
僕も精一杯宣伝致しますので。
ROM人様

お手紙を書く、縦書きの雅な便箋でもよろしいでしょうか。当方、右足不肖に付き、雪の日の外出がこんななゆえ・・・。

今から書きます。
書いたら出します。
出したら報告します。

イベントの欄は使わせてもらえないのでしょうか?
正確な参加者人数がわかって、一括メールも出来ますし、よろしいかと存じ上げます。

実際に提出した方は、ROM人様宛にメッセージを出して、正確な数を把握できるようにして差し上げたらいいかと思います。

さて、私の10級で始め、10級でやめた書道の腕前を!!!!
罰さん>
前半について、最高裁平成7年2月28日判決の傍論なんですが、「在留外国人のうちでも永住者等であって居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったものについて、地方公共団体の長・地方議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を法律で講ずることは、憲法上禁止されてはいない。」と判決に関係ないことを言ってしまったせいで、外国人地方参政権を与えることは憲法が許容しているという許容説が有力になってしまったんです。
まさに致命的かつ余計な一言でした。

後段について、まず法務省が過去の人権侵害についても人権救済の観点から人権擁護法案の救済の対象にすると言っていること、人権擁護法案が出来れば僕の行為が婚約者に対する人権侵害と判断される虞があること、さらに人権擁護委員谷村慎介によって法廷で僕が脅迫されたことから、人権擁護法案の成立は僕にとって害が及ぶ可能性があり、なおかつ人権擁護委員の不当性について争える貴重な裁判になっているからです。
傍論でもいいですから、人権擁護法案が違憲との判断が出れば推進派はどうしようもありません。


ANEMONE@ゆリ待ちさん>
よろしくお願いします!
そうですね、イベントにした方がいいかも知れません。
平成20年(オ)第152号上告提起事件
上告人  室井 孝洋
被上告人 水田 美紀子
被上告人 谷村 慎介

             陳 情 書

                        平成20年2月 日
最高裁判所 第一小法廷 御中
               
陳情人                       

陳情人は上記当事者間の当該事件につき、貴庁に以下の陳情を申し立てる。
すなわち、上告人が上告理由書3のイ(16ないし19頁)で主張している、今通常国会に提出が予定されている人権擁護法案について、貴庁は何卒違憲審査をなされるよう、陳情人は強くお願い申し上げるものである。
かかる法律が一度成立してしまうと、表現の内容に着目して著しく制限がなされ、表現の自由に強度の萎縮作用が生まれるため、正当な政治的言論が出来なくなるようになり、民主主義のプロセスに重大な瑕疵が生じるのである。また、本法案が成立した場合、その法律を違憲と主張することすら人権侵害と認定されるおそれがあり、正当な批判すら出来なくなる。
よって、この法案は成立前に無効宣言がなされる必要性が非常に強い。
したがって陳情人は貴庁に上記違憲審査をなされたく陳情するものである。                       
以 上  





上記に日にちをいれて、名前、住所、捺印でOKですよね????

封筒に
〒102-8651 東京都千代田区隼町4番2号
最高裁判所 第一小法廷 御中


裏に自分の住所、Okですよね???
投函前の確認です。



バカでごめんなさい。
自分の意見も書きました。
ANEMONE@ゆリ待ちさん>
はい、陳情人の上に住所、陳情人の後ろに氏名押印でお願いします。
どうぞよろしくです。
かきおわったーーーーーーーーー!
郵便局はあと・・・・・・20ぷんだぁーーーーーーー!
配達記録、間に合いませんでした。
明日まで待つ?
それともいま80円切手でGO??

教えてよく知っている人。
ANEMONE@ゆリ待ちさん>
は、配達記録までは要らないですよ。
最高裁が隠すはずはないと信じてます。
お世話になってます!
これって期限はあるのですか?
いつまで必着ですか?

わたしも、勝手に自分のブログに書かせてもらいました。
しかし、ごくごく少数の方しか見に来ないブログですが(−−;
貢献はできないけど、気持ちって事で(^^;
iruさん>
度々ありがとうございます!
期限はまだわからないんですよ。
相手方の上告理由書すら届いてない状況でして。
スケジュールわかればご報告します。
悔いの無いよう自分が出来る事は全てやりますよ!

明日投函してきます。
皆様どうもありがとうございます!

罰さん>
いえいえ、僕の説明不足で申し訳ありません。

式♪@2・15さん>
よろしくお願いします!

TACさん>
まさにその通りだと思います。
こんな法律を僕らの世代に成立させられては、御先祖と子孫に申し訳がたちません。

怒りユイさん>
よろしくお願いします!

デンセンマンさん>
配達記録までして頂いて、非常に恐縮です。
相手がちゃんと目を通してると仮定すれば、
違う文章の方がよいかも知れないですねー。

仕事柄、アンケートの集計とかやった事があるのですが、同じ内容だと分かると
スルーしますよ。
セロ左衛門さん>
そうですね、同一人物が同一文章で送っても、裁判所は無視するかと思います。
「前回の陳情理由に加え、陳情人は以下の理由で人権擁護法案の違憲審査を望むものである。」
などとして、別の理由を追加すれば見てもらえるかも知れません。

怒りユイさん>
ありがとうございます!
赤面する唯一の動物さん>
ご意見ありがとうございます!
この陳情書は、平成20年(オ)第125号上告事件の上告人の上告理由書に関するものであり、裁判とは全く無関係な文書とは言えません。

したがって全く事件と関係の無い第三者が、陳情書を提出するのであるならば、事前に裁判記録を閲覧し、上告人の事件における主張に賛同できるか否か確認したほうがよいと思います。

裁判記録を最高裁判所で実際に閲覧するには、?裁判官が利用している最中で閲覧できない可能性があること、?閲覧制限がなされている可能性があることから、事前に、最高裁判所に、?ないし?を確認し、閲覧希望日を告げる必要があります。
陳情書の文書の性格について考えてみました。

人権擁護法案は未だ法律ではないことから、裁判所の違憲立法審査権を具体的審査だけでなく抽象的審査もできると解したとしても、違憲審査のしようがありません。

結局は、平成20年(オ)第125号上告事件の上告人の上告理由書に関する陳情書であり、本件事件における上告人を支援する文書になるだろうと思います。当事者と何の関係も無い第三者が当事者の一方を支援する文書を裁判所に提出する行為自体は行政裁判ではよくあり特に珍しいことではありません。しかし、本件事件は民事訴訟です。相手方はあくまでも国ではなく一般市民です。

訴訟では双方当事者が当然自分が勝つために死力をかけて戦います。相手方が、上告人が陳情書を提出するようインターネットで要望した行為について、名誉毀損やプライバシー侵害で勝敗にかかわらず訴訟戦術の一環として新たに訴えを提起する可能性は否定できません。

もちろん上告人は当然その覚悟はしていると思います。しかし、事件と関係の無い第三者にその覚悟はあるのでしょうか?具体的には相手方が、最高裁判所に対して陳情書の開示を請求する可能性があります。そうなれば相手方に自分の個人情報が知れ渡ることになるかもしれません。
更に、仮に訴訟に巻き込まれてしまえば、判決結果如何にかかわらず、いろいろと面倒くさい事務負担を負う可能性もあります。

以上から私は、本件陳情書を第三者が最高裁判所に提出する行為は、非常にリスクが高く、よほど上告人を支援する気持ちが無い限り、提出しないほうがよいのではないかと考えます。もちろん最終的には個人個人が判断すべきことだと思います。

なお、私は、人権擁護法案はとんでもない悪法であるとの認識をもっています。だからこそ、それを阻止するためには慎重に行動すべきであると考えます。決して阻止運動に水を指すつもりはありません。正直に私の陳情書に対する考えを述べたまでです。
みやこH20邂逅さん>
感想ありがとうございます。
OFF会でお話ししたように全て覚悟してのご協力願いです、よろしくお願いします。
あそびにんさん>
そこは計算の上なんです。
傍論や個別意見でポロリ、が最高裁は多いですからね。
今電話で確認したところ、双方上告棄却になったそうです。

ご協力頂いた皆様ありがとうございました。

今から、古賀誠らを相手に不作為請求訴訟を起こします。

そこで協力を頂ければ幸いです。

ログインすると、残り36件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

人権擁護法 人権侵害救済法案 更新情報

人権擁護法 人権侵害救済法案のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。