ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > クリスチャンへの疑問質問! > トピック一覧 > 雑談、意見交換はこちらへ 其の...

クリスチャンへの疑問質問!コミュの雑談、意見交換はこちらへ 其の弐

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

「雑談、愚痴、ひとり言、意見交換はこちらへ」トピが

>「J」は「Jesus」の「J」です。

で終わってるのがステキなので、そのままにしておきたくて、其の弐、勝手に作りました。

コメント(522)

>>[482]
大変前向きな回答をありがとうございます。
すごく残念なのですが、このコミュニティは「クリスチャンへの質問疑問」なので、クリスチャンが回答することになっています。そうしないと、質問される方が混乱するからです。ごめんなさいね。
他宗教が与える言葉と、キリスト教が与える救いの言葉と、似ているところもあるでしょう。以下、別トピでお答えします。
ここは、雑談トピなので、雑談の範囲で、質問者に誤解を与えないよう、お気をつけてご発言くださるよう、お願いたします。【管理人より】
>>[479]

いっぺんに神から救いの手のごときものが伸ばされてきて、自分の心がきれいさっぱり、ほっとできるようになる、と想像するのはあくまでも人間の側の想像であって、神をそんな超能力を持った擬人化された存在として考えるのではなく、
私たちの一切の苦しみから救う力は、私たちの内部では真心や理性としても働いているのだと考えることがとても大切だろうと思います。

自分の抱えている苦悩、問題に応じて、自らの真心や理性を最大限ふりしぼって、それに対応してゆく時、
苦悩や問題を生み出してしまった自分への深い反省や、人間的に大きな成長が実現されてくるのだろうと思います。
>>[479]

以下、カトリックの見地から申し上げます。

ヒトの根源的な良心の声に従って生き抜くことにつき、それが絶対的に正しく価値あることを神側から啓示したものが「福音」といえますので、

良心の呵責=「罪」の意識を抱えた場合、あくまで再発を誓う前提で何らかの償いを為して解消すべしというものが模範回答。その意で、近道はないといいますか。

むろん、
教義上で呵責を覚えるべき事項というものは、実際には様々な要素を吟味して判定されますので、良心の呵責を覚えたからといって、それが償うべき「罪」とは必ずしもなりません。

ただ、
ご質問にある「不貞」に関しては、強制されて為したものでない限り、それは償うべき「罪」になります。が、一方で、正直に相手に「不貞」を打ち明けて償いを敢行するにせよ、却って相手を苦しませることが確実視される場合、当人における呵責は解決されようとも、隣人愛の観点で新たな罪が生まれるだけになり、根本的な解決に至らないことになります。

したがって、
「不貞」に関しては、当該事実を重く受け止め、その再発防止を誓うための「告白」と、自らに科す償いとして何らかの誓約が不可欠と察しますが、当該「告白」内容それ自体を相手に聞かせることは、場合によっては避けるべきかと。

むろん、
その結果として自身にモヤモヤした気持ちが消えぬにしろ、それは相手に対する償いとして抱え続ければよいことになりますが、

いずれにせよ、キリスト教自体、厳密には、現世における平安や至福感を獲得することを目的にしているものではない訳です。
補足しますと、
たとえ現世で苦しむ羽目になったとしても、犯した罪に対して真摯に反省し、少しでも良心に恥じぬ者にならんとして精一杯これ良心的に生き抜こうとする指向に留まる限り、神は必ずや当人を報いるという信条が核にある訳です。

すなわち、
厳密には、誘惑に傾かないことor罪を犯さないことではなく、たとえ(神に対して)罪深い存在であれ、良心的に生き抜こうという指向こそが肝要、といいますか。
>>[480]
苦しまなくていいんだよ。には救いを感じます。

今日、本屋でドレ画の新訳聖書を買ったのですが、イエス・キリストの御姿がとっても癒しに見えました笑。
>>[481]
私は現在とある仏教協会に所属しておりますが、キリスト教的アプローチ、心理学的なアプローチ、さまざまな方法を探って行こうと思っています。
>>[484]

勿論、聖書に書かれているような、イエスが触ったから病気が治ったとかそんな非科学的な解決法などは望んではいません。心療内科に相談に行ったほうが早いかも知れませんね。
 
科学的な心理療法も試してみます。
>>[486]

私はいわゆる、人から後ろ指を指されるような事をするのはもう、懲り懲りです。

今は良心的にしか生きる気はしません。

ありがとうございます。
近年、全世界的な規模で、キリスト教徒の数が激減しているという話題が取り沙汰されて久しいですが、ひるがえって我が国においても、少子高齢化の波に抗えずに、キリスト教徒は減少の一途をたどっています。

しかも、その流れは、国内のキリスト教会のみにとどまらず、既存の伝統仏教や戦後、急速に台頭した新興宗教の信徒数も軒並み右肩下がりとなり、いよいよ宗教離れに拍車がかかるばかりとなっています。

いわゆる「日本人の心の所在」とでもいうか、その落ち着くべき先は、どこにあるのか、そして今現在、日本人の内なる宗教心が満たされているからこそ、もはや既存の宗教組織というものを必要としなくなったのか、その辺りの消息について、詳しい方からのご意見をお聞きしたいです。
>>[491]

こんにちは(^_^)通りすがりのゴンです。

長い間クリスチャンをして居ますが、教会には通っておりません。

世界規模でキリスト教徒の数が減って居るのですか?本当ですか?そうは思いませんよ(^_^)

先日書店で手にした大辞典では、世界人口の増加と世界の宗教分布と大体の人数が出て居ましたが20年ぐらい前と比較して減って居る宗教は有りませんでしたよ(^_^)

どちらの統計ですか?
>>[491]

それから、日本人の内なる宗教心って、何の事ですか?

どの様な宗教心なのですか?(^_^)
>>[491]

日本人の心の中なぞ空っぽ。
落ち着く先などあるわけがない。
むしろ良く今まで日本人が社会を存続させる事が出来たもんだ。

世界七不思議の一つですな。
日本人か日本らしさを失うとき、
世界にとって目出度い日になるでしょうな。
>>[492]

それは貴方がキリスト教年鑑などで水増しされた数字を鵜呑みにして、バカ正直に間に受けているから、そう思うだけの話しです。

表面上に記された統計の背後にある「実質的な信者数」との差異は歴然としているという 、ごく当たり前の事実も分かっていないのですね。

それよりも、まず教会に行って、その目でしかと確かめてみてはいかがですか?

ろくすっぽ教会にも通っておらず、ただ書物に印刷された文字や数字のみを額面通りに受け入れる愚昧さから一日も早く脱却されますように。
>>[494]

その行き着いた果てが、パワースポットやパワーストーン、あるいは、ひところ流行った江原啓之に代表されるインチキイカサマ詐欺師による霊能モノなのかもしれませんね。
>>[495]

アジアの民主主義国家のなかでは、まだしも日本はマシな方だと思うのですが……たとえばお隣の韓国のような熾烈な超学歴至上主義ならびに閨閥や出自で人生が決まる固定化された社会構造の国よりも、日本の方が、よっぽど風通しがいいような気がします。
>>[498]

今、カルトが増大して、
オウムだったアレフにすら新規信者が集まる状況なのが、
全てを如実に語ってる。

日本人は弱くて無能なのに自惚れ過ぎ。
>>[499]

シルバー民主主義による世代間格差が全盛で、
事実上、立法権が官僚に簒奪され、
中世レベルの司法しかない人治国家が、
東アジアの弱小国家より上で、何か嬉しいんですか?

本来なら、比べてる時点で恥。
日本も堕ちたもんだ。

今までは比べる対象が西欧やアメリカだったろうに、
今では日本のカーボンコピーみたいな国よりマシと嬉しがるレベルとは。
>>[497]

おはようございます(^_^)
貴方は、お若い方ですか?(^_^)

宗教がどんなものかを一般的な大衆の中の、個人の目から考えた(語った)事が有りますか?

多くの信徒は熱心になる事を求めて居るのでは有りませんよ。

努力して一般生活を送る上で、人生の悩みや不安、やがて訪れる死と死後へ恐怖への備えの為に、自分の心の拠り所として、身内の宗教や他の宗教を考察した上で自分のアイデンティティーとして選択するのです。(^_^)

ですから多くの日本人は除夜の鐘の時しか神社に行かなくても仏教徒と名乗り、

海外でもクリスマスとイースターしか参加しなくても、クリスチャンと自称するのです。

受け取る宗教団体も、その様な人を含めて信徒数と計上するのです。(^_^)

その計上方法は昔も今も変わらないので、宗教者の数は減っていないのです(^_^)。
分かりますか?(^_^)

そして、貴方の言う宗教者の実質ですが、教会に毎週通っている信徒でさえ、キリスト教の真理を理解せず、品行方正が一番と思っている人を、貴方は実質的な信徒だと思われるのですか?(^_^)

まあ、私は教会にも行かず、罪の誘惑にも弱いダメ信徒である事は事実ですけれどね〜(^_^)
>>[506]

大丈夫ですか?

貴方が定義された事に疑問が有る事の内容をコメント差し上げたのですが、

私の言う事がわからなかったのでしょうか?
よーするに、日本はもうダメだ、と。
>>[507]

あなたに対して、すでに497で返答しています。

これに付け加えることはありませんので、あしからず。

以上。
>>[509]

私と話したくないのは自由ですが、

貴方の返答は、全く的外れだと

わかって頂けなかったようですね〜(^_^)

賢いような物言いですが、頑張って下さい。
>>[508]

けれども我々は「日本丸という泥船」の運命共同体から免れることは出来ませんね。
>>[511]

…僕は、可能なら国籍離脱を考えてますけどね。
ルターが牧会した教会は現存しているのでしょうか?
>>[513]

ルター派発症の地ザクセンは、
近世で、ザクセン王がポーランド王の地位を望んでカトリックに改宗したため、
カトリック地域になりました。

プロイセンや帝政ドイツの時代には、ルター派は改革派と合同されて、ドイツ福音主義教会になってます。

まして、ザクセンはその後東ドイツとして無神論国家になりました。

残念ながら、現存の話は聞きません。

ヴィッテンベルグで、ルターが牧会していた教会は、
ルター遺跡群として、世界遺産になってるようです。
(注…正確には、アウグストがポーランド王を望んだ時は、
ザクセン王国ではなくて、
ザクセン選帝侯国)
>>[514]

親切かつ丁寧に教えていただき有り難うございます。

後にザクセンが共産化されたとはいえ、ルターの興した信仰発祥の地にプロテスタントの血脈が途絶えてしまったのは、まことに残念というか、ちょっぴり寂しい気がしないでもありませんね。

ただし、今やルターの残した精神的ないし霊的な遺産が世界の津々浦々にまで拡がっていることに思いを馳せた時、それもまた可なるべしかな、というか感もします。
キリスト教あるいは聖書がもたらしたさまざまな表象を自分の心の育成や浄化のためにゆるやかに解釈したり使用したりすることはありうべきことでしょうが、それがただまったくの操作的な概念使用へと遊離したり、まったく別の神話や物語をつくるようになったら、それは新しい別の宗教か運動だと考えるべきですね。
>>[518]

そうです。
そうやって出来上がったのがキリスト教です。


キリストの教えから剥離した全く別の宗教がキリスト教です。
キリスト教はイエス教ではなくてパウロ教だし。

ユダヤ教徒のナザレのイエスの言葉そのままなら、
異邦人である日本民族は救済されない。
ナザレのイエスは、「私は失われたイスラエルの家にしか遣わされていない」と断言してるし、
カファルナウム近郊のヘレニズム都市には立ち寄りもしてない。

福音書だけなら、ナザレのイエスは割とバリバリのユダヤ・ナショナリスト。

パウロが異邦人向けの教理を主張してなければ、
ナザレのイエスは、ヒレルやラビ・アキバ程度の、
ユダヤの高名なラビ、ぐらいの知名度でしかなかったでしょうな。
もっとも、パウロが心優しく憐れみに満ちた人物かと言えば、明らかに違う。

パウロ書簡、特に第二コリントなんかに顕著だが、
割と短気で激情家。
また、使徒行伝でさりげなく触れられているが、
同行者とあまりうまくやってない
(ルカの「私たち」資料のお陰で、ルカがずっとパウロと一緒にいた印象が強いが、
そんな証拠は全くない)。

カレン・アームストロングが、「キリスト教は戦乱の時代にはうまく機能するが、
平和の時代にはうまくいかなくなる」みたいな事を書いていたが、
都市型で理性よりは感情優先の宗教のままでは、
日本まで福音は来なかったでしょう。

ログインすると、残り483件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

クリスチャンへの疑問質問! 更新情報

クリスチャンへの疑問質問!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済