ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 旅行 > お城めぐりしよう! > トピック一覧 > 虎口部

お城めぐりしよう!コミュの虎口部

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

はじめまして、お城っていいですよね。
でも実は、天守閣より、お堀より・・・
虎口が好きなのです!
城主の思いを込めたしびれるような造形美とその進化論。
なにより、遺跡で天守や堀が残っていなくても虎口なら見て分かるという特典つきです。
そんなのが楽しいという仲間がいたらうれしいな、と思い、新参者ながら部を立ち上げさせていただきました。

ちなみに虎口とは、私の理解では「防御空間を兼ねた門の前後の通路」ですが、間違っていたら教えてください。

コメント(202)

> カラスさん

桜田門の桝形な中に圧倒的な兵数を、その高麗門を通せるか?
具足を付け武具をもって通るとなると二人が同時にはいれるくらい。
槍を持っていると前後の間隔があき、時間に対する侵入できる人数は限られると思います。

高麗門の脇の塀を乗り越えて来るような状況なら、それにあわせて兵力を集中させれば対応かのうですし、半蔵門から迎撃部隊を出し挟撃を謀るのもできます。

もし、第二次対戦のソ連の様にとにかく人海戦術で力攻めしてくる、城中から兵をまわせない、あるいは少ない人数で守らなくてはならない、江戸城の内堀まで攻めこまれる、そこまで悪い状況になっているのは、どうしょうもなく、あとは落城はないでしょうか。


桜田門を攻めるには、赤坂見附を通り抜けなくてはならず、見附を抜いても、武家屋敷に陣を構える城方との市街地戦。
それを抜けてやっと内堀に取り付けます。
そこまでで兵力はだいぶ消費してしまうでしょう。

赤坂から大兵力がやすやすと通ってしまう状況は、政治戦略的には負けてしまっているのではないかと考えられます。
>お奉行さん

ありがとうございます。

桜田門単体で考えてしまい、外堀の防衛ラインや周囲の門との連携を考慮しておりませんでした。


桔梗門や清水門と江戸城にはオープン型(勝手に名づけました)が多く見られるのは、江戸侵入前や外堀防衛ラインでの戦闘で、内郭に敵が侵入したときにはすでに消耗していることを前提に費用対効果の観点で簡略化された枡形ということになるのでしょうか。
To:カラスさん
簡略化しているのは、枡形そのものの防御力のみに頼る訳では無く、
更にその内郭からの鉄砲による掃射を想定しているからかと思われます。
桜田門で考えた場合、その内側に相当する郭(縄張り忘れたけど、西の丸かな?)
から、鉄砲なら充分殺傷能力の在る距離になっています。
(約80m程度)

掃射をするのでしたら、塀等は、かえって邪魔になりますから必要ありません。
また江戸城クラスの防衛線ならば、それも充分可能ですので。
桜田門の形状を絵にしてみました。

>桔梗門や清水門と江戸城にはオープン型

オープン型と書かれているのは、四方を囲まれている枡形虎口の1辺、あるいは二辺に塀により開放されている部分があるということですね。
定義をする場合は、例だけでなく、どの様な形態かをご説明があったほうが、例に書かれている門をご存知ないかたにもわかることになります。

158でご自身が書かれているとおり「渡し櫓と西の丸2方向からの射撃」と、
また185でboyackeyさんが書いている「内郭からの鉄砲による掃射を想定」
しているとおり、枡形虎口に侵入した敵兵を攻撃しやすくするため、
塀がありますと西ノ丸からの攻撃に死角ができてしまいます。

死角をなくす為、あえて塀をはずし、敵を見通せるようにして攻撃氏や安くする、攻撃的な守備形態と思います。

つまり、敵の攻撃に耐え抜くという思想でなく、攻め入らる事を想定し、その攻め入った相手をどう攻撃するのかを想定して造られていると思います。

もうひとつ、現在の桜田門の内側は広々とした広大な広場となってます。
しかし、江戸時代には老中格の大名屋敷が立ち並んでいました。
それらは小大名の陣屋程の機能をもっています。

もし桜田門を突破し西の丸にとりつこうにも、陣屋とかした大名屋敷からの攻撃にさらされます。

自分で書いていてなんですが、この防衛構想は感心をこえあきれるくらいしつこいですね(^_^;)
>boyackey@暮夜月さん
ありがとうございます。
そうですね。桜田門も清水門も開放している面に対し、上方から攻撃できるようになってますよね。
江戸城以外で、こういう枡形を見たことないのですが、他にもあるんでしょうか。
>お奉行さん
遅い時間にもかかわらず、丁寧に解説していただき、ありがとうございます。

非常に勉強になりました。

江戸城は家から近いので頻繁に通って、色々考えながら巡っていたのですが、まだまだ知らない事が多いようですあせあせ
To:カラスさん
ありますよ。
小田原城の馬屋曲輪の馬出門枡形が、そうですね。
二の丸側が、掃射を想定して、塀がありません。

現状では、関東大震災により二の丸側が、平坦面になってしまっていますが、
本来の石垣の高さは、もっとありましたので、上から俯瞰、掃射出来る造りです。
>boyackeyさん
そうですね!
銅門の狭間から馬出門を覗いたのを思い出しました。
大阪府能勢町の地黄(じおう)陣屋です。
地黄城とも呼ばれ、江戸時代、旧領に復した能勢氏の拠点でした。
現在、敷地は中学校になっていますが、陣屋というより城の構えで、テニスコートに通じる喰違虎口も立派なものでした。
 鶴丸(鹿児島)城本丸虎口です。
 鹿児島の歴史については以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=12504694&comm_id=194642
 北海道の松前城〔史跡〕〔北海道遺産〕です。
 松前城についての詳細は以下を御覧下さい。
◎城下町松前
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=74377129&comm_id=194642
*松前氏城跡
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=74378562&comm_id=398257

左;三の丸天神坂虎口
 城の東方の外堀の役割を果たした大松前川に面します。明治元年11月、土方歳三麾下の旧幕府軍はここから主力部隊を突入させました。
中;二の丸搦手虎口
 土方軍と松前藩兵の激戦が展開された場所です。搦手門守備隊長竹田作郎は門内に牽引砲を並べて開門と同時に斉射した後、直ちに閉門、次弾を装填してから再び開門する戦術を繰り返し、土方軍の進撃は足止めされてしまいました。そこで土方は銃の名手20人を選抜して搦手門前に並べ、開門と同時に一斉射撃を実施、砲手を屠って一挙に二の丸へ突入する事に成功し、以後は斬撃戦となったのです。
右;本丸寺町虎口
 城のウィークポイントでした。明治2年4月、城の西北の山中の間道を潜行した松前藩兵がここから本丸を急襲、一挙に天守閣奪回に成功したため、城の西方の強靭な立石野陣地に拠っていた松前奉行人見勝太郎以下の旧幕府軍は箱館への敗走を余儀なくされました。現在、この一帯の外堀は埋められて道路になっています。
広島県呉市下蒲刈(シモカマガリ)島の丸屋城跡本丸虎口です。

◆下蒲刈島の歴史
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927729194&owner_id=250900
◆丸屋城跡
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1927806962&owner_id=250900
岐阜県松尾山城。土塁で築かれた虎口がはっきり残っていて見所です。
岐阜県黒野城。虎口の跡です。かつては土塁で形成された虎口があったそうです。
 摂津国原田城の虎口です。後世の物かもしれませんが…。
 原田城については以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=398257&id=77098889
 播磨国妻鹿(メガ)城です。
 詳しくは以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1936506363&owner_id=250900
【国名】中国
【省名】江蘇省
【城名】無錫城
【感想】蘇州城は、紀元前508年に呉国王が城を築いたのがその始まりです。
典型的な枡形虎口です。
 土佐国中村城本丸虎口です。
 詳しくは以下を御参照下さい。

◎城下町土佐中村
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=194642&id=77698325
・中村城跡
 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=398257&id=77932385
【国名】琉球王国
【城名】首里城
【料金】820円也
【備考】世界遺産・日本百名城第百番
    
瑞泉門と漏刻門に囲まれた虎口です。
【國名】摂津國
【城名】大阪城
【門名】大手門
江戸城清水門

外枡形の櫓門を抜けると、さらに枡形的空間が続く堅固な構え。

(画像左:外桝形 右:櫓門をくぐって左折する桝形的空間)
某暴力団本部に見られるみごとな坂虎口
【国名】信濃國
【藩名】松本藩 六万石
【城名】松本城
【別名】深志城
【虎口】太鼓門
【国名】近江國
【城名】安土城
大手道を登ると黒金門の虎口があります。
二の丸への入り口であるこの虎口にあった門が黒金門です。
この門を境に信長の生活空間と天主などがあり、これより先は主郭構造です。
鉄板張りの黒金門で守られ、城内で最大級の石垣が築造されており強固に守られています。
姫路城、市の橋門内側です。中曲輪西部、中堀と船場川が並行している所の門。本来は中堀を跨ぐ変形枡形だったそうですが、近代の道路拡幅で南側半分は取り壊されてしまいました。平地の総構え遺構は失われがちですが、半分残っただけまし?でも、でも(>_<)
市の橋門内側は、戦後、野球場や公共機関などに使用されていましたが、現在は、駐車場や西御屋敷跡庭園(好古園)になっています。写真柵内の青い点は、剪定作業中の植木屋さん(^^)
【国名】美濃国
【城名】岩村城
【備考】日本三大山城
本丸虎口
【國名】 伊豫國
【藩名】 今治藩3万5千石
【城名】 今治城
【別名】 吹揚城
【築城】 藤堂高虎
【櫓名】 武具櫓
【備考】 日本三大水城
二の丸の表門の虎口。巨大な枡形や付随する多聞櫓によって厳重に守られていました。
 播磨国姫路城です。

左;三の丸桜橋虎口
中;二の丸葵の門虎口
右;乾曲輪はの門虎口
【国名】紀伊国
【城名】新宮城

石垣の虎口が完全に残っています。

左;本丸虎口
中;鐘ノ丸虎口
右;松ノ丸虎口

本丸・鐘ノ丸・松ノ丸は城山の上に東西に連続していて、鐘ノ丸・松ノ丸は他の城で言う二ノ丸・三ノ丸にそれぞれ相当します。
 信濃国松本城です。フィルムが劣化していたため、お見苦しい写真でスミマセン。あせあせ(飛び散る汗)

左;三の丸大手門枡形跡
中;二の丸太鼓門枡形
右;本丸黒門虎口
 土佐国佐川城の虎口です。

 佐川城については以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1958268829&owner_id=250900
播磨国赤穂城の本丸表門の虎口です。
 上総国佐貫城三の丸の虎口です。
 佐貫城については以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1959416607&owner_id=250900
 安芸国吉田郡山城の本丸虎口です。

 吉田郡山城の歴史については以下を御参照下さい。
 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1960388838&owner_id=250900
伊勢国松坂城の本丸虎口です。
二重三重の虎口になっていて、途中から本丸下段に出入り出来ます。
讃岐国・丸亀城の二ノ丸の虎口です。
三河国・吉田城の、本丸の「北御多門」の虎口です。
豊川の河流の方とつながる虎口で、豊川河流側は急な階段になっています。

ログインすると、残り162件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

お城めぐりしよう! 更新情報

お城めぐりしよう!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済