ホーム > コミュニティ > 音楽 > REDЯUM >  長期連載〜HISTORY O...

長期連載〜HISTORY OF REDЯUM(8)〜「1s...

長期連載〜HISTORY OF REDЯUM(8)〜「1st MAXI発売。」 2006年09月04日 00:37
mixiユーザー mixiユーザー
記念すべき1st MAXI SINGLE「REDЯUM」が完成した。

全ての工程が終了して朝方家に帰るまでに車の中で何度も何度も聴いて4人で握手を交わした。


そしてジャケットの打ち合わせや、衣裳合わせが始まる。
デザイナー、スタイリスト、いろんな人と会い自分達のアイディアを伝える。


数日経ってスタジオに現れた剛はドレッド頭になっていた。
「おおーーー」
3人は驚く。
「どぉ?いいでしょ?」
恥ずかしそうに笑う剛。




それからいくつもの音楽雑誌の取材を受けようやく1999年5月26日全国発売の日となった。




4人は都内のタワーレーコード主要店に意気揚々と向かった。

「並んでるかな?」
「だいたい早いとこで前日には並ぶからあるはずだよ!」


緊張しながら店に入り「R」の欄を探す。
「あった!!」


自分の作った音楽がCDとなって全国の店に並んだ瞬間。
この喜びは一生忘れられないだろう。


「すげぇ・・・」
俺はとにかく感動した。
上京してからいろいろあった事を思い出していた。

まだ始まったばかりだがとにかくスタートできた事に安堵した。




そして誰が買うのかを見届けたくて俺達はしばらく「張り込み」をした。


気付かれないようにわざと「R」のコーナーを離れ遠巻きにチラチラとアイコンタクトをする4人。


「あ!あの人手に取った!!」
YUMIが小声で囁く。


俺達はCDを手に取った男性の後ろに立ち「買え買え買え」と念を送った。


「よし!レジに持って行くよ!」
SOTOさんが後を追う。
俺達もそれに着いて男性がレジで購入するのを見届けて店を出た。







1stを発売してからも俺達は下北沢CLUB 251、渋谷屋根裏を交互に月1回のペースでライブを行った。

この頃から急激に動員が増え始める。
5〜10人だったお客さんが毎回100人を超えるようになった。



全てブッキングライブだったが「ただハコ企画でやるのも面白くないし自分達でタイトルを決めてやろうぜ!」って「MARDER FROM MARS」「IN HEAVEN,EVERYTHING IS FINE」「SHADOW TIME」「NIGHT PEOPLE」などイベント名を「勝手に」考えてフライヤーを刷った。




「毎回動員も増えつづけてるしそろそろワンマンやりませんか?」

ある時ライブハウスのブッキングの人に言われた。
「いやまだまだ・・・そんな力ないですから」
と俺は断った。

やろうと思ったが何か一つ心にひっかかる事があって乗り気ではなかった。
その「ひっかかり」が後日明らかになる。

「REDЯUMのライブに行けばSUGIZOに会えるってネットでファン同士で盛り上がってるらしいよ」
ある友人が言った。

予想は的中した。
確かに1stを買って熱心に聴き込んでライブに足を運んでくれてた人もたくさんいただろうが大多数がSUGIZOさんを目当てに来ていたのだ。

「しょうがないんじゃない?だって東京ドームでやってる人を下北のライブハウスで見れるんだよ?」
って友人はなだめてくれた。

確かにファン心理からしたらこんな嬉しい事はないだろう。

ただ必死に作った音楽を汚されたような気になって非常に落胆した。

事実ライブが終わり楽屋にSUGIZOさんが来ると入り口に人だかりができる。

「俺は勘違いをしてたのか・・・」
自分達の音楽を聴きに来てくれてるとばかり思ってた。

悲しくてしょうがなかった。





そのジレンマとは対象的にREDЯUMとSUGIZOさんの関係はどんどん深くなっていく。
頻繁に会い音楽の話ばかりをして夜が明けた。





1stを発売してからすぐに8月に発売される「GRAND CROS 1999」に参加するためにスタジオで曲作りに励んだ。


参加アーティストは土屋昌巳、JBKなど剛が泣いて喜ぶメンツが並んでいた。

俺達は後に代表曲となる「涙」を急ピッチで仕上げレコーディングに挑んだ。

1曲という事もあり楽器隊はほど1テイクでOKを出し、なるべくYUMIに費やす時間を増やした。

結果「涙」はメンバー自身も非常に満足できる仕上がりとなった。

















コメント(5件)

[1] 2006年09月03日 22:25
mixiユーザー mixiユーザー
GRAND CROSS 1999がなければREDЯUMを認識することもなかったかも。
[2] 2006年09月04日 20:36
mixiユーザー mixiユーザー
僕はルナシー好きな子の1人でしたが
京都のお店で確か視聴して即購入しました。

たぶん、音楽的にスギゾーINORANが好みの人の
耳にピタッと来るものがあった人も多いのでは?
ついでにスギゾーに会えるなら行ってみようって
感覚の人もいたかもしれないけど、
僕は別に関係なく好きでした1st。

ちなみにSpeed-iDも好きです。
あと黒百合姉妹とかZOAとかも。
今でもよく聞いて歌ってます。
[3] 2006年09月04日 20:39
mixiユーザー mixiユーザー
ちなみに高校生のときに
猛烈にPORTIS HEADにはまってました。
[4] 2006年09月04日 22:04
mixiユーザー mixiユーザー
当時放送していた、インディーズ番組のランキングコーナーでROOMを聴いてCD屋に走った時を思い出しました。
ほんの5秒くらいしか流れなかった音に釘付けになりました。
[5] 2006年09月04日 22:57
mixiユーザー mixiユーザー
僕がREDЯUMを知ったのは、まさに「涙」でした。
今も一番よく聴いている大好きな曲です。

トピックにコメントするには、まずこのコミュニティのメンバーになる必要があります。

REDЯUM