ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 家族がノンクリスチャン。 > トピック一覧 > 親と違う神様を信じていることに...

家族がノンクリスチャン。コミュの親と違う神様を信じていることについて

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

はじめまして。最近凄く悩んでいます。30歳プロテスタントクリスチャンです。
私の実家の家族はもともと神社の家系で仏教&神社のおしえをとても大事にしています。
もともと私もこのおしえや仏教の行事が大好きで、とても大切に生きてきました。
大学の時親元を離れ、色々ありまして生きていくのが辛くなり、そんなときに神様に出会いクリスチャンになりました。
あれから10年。教会に通ったり離れたり色々ありましたが、今は教会に通っています。
ここ数年、私が大人になってきたということもありますが、親と同じ宗教を信じていないことがとても辛くなってきました。親は他宗教を絶対に認めないのでクリスチャンになったことは言っていません。というか口が裂けても言えません。
教会の生活も楽しいけれど、もともとクリスチャンではないのでみんなを家族と思うことは難しくなかなか家族のように分かち合うということが難しくて、どうしても温度差が出てしまいます。それにわが子の七五三などの行事だったり、同級生との厄年のことだったり、この年になると、私だけが違う神様を信じていることが本当に辛いし、みんなが当たり前にやること、私が親に当たり前にやってもらったことをわが子にしてあげられないのが辛いんです。子供も言葉や賛美を覚えてきて、親に色々言われたらと思うとそれも恐怖です。
一度教会の人に相談しました。でも結局私の悩み事態が理解してもらえませんでした。そのかたはクリスチャン家庭なので尚更かと思いますが…。
このコミュの皆さんは、家族はキリスト教の神様を信じていないと思います。
皆さんは、親御さんとの関係はどのようにされているのでしょうか?やはり皆さん親にクリスチャンになったことをしっかり伝えていらっしゃるのでしょうか。
私は神様が大好きでしたが、もう辛すぎてクリスチャンをやめたいとまで思うようになり、でもこれはきっとサタンの攻撃だと何とか神様と繋がっていようと毎日頑張っています。アドバイスお願いします顔(願)

コメント(41)

>>[1]
コメントありがとうございます!
隠しながら生きるのは本当に辛いです。
でも打ち明けることで、大変なことになるのはわかっているのでその方がもっと辛いです。
クリスチャンになって10年間、ここまで変わるか?というくらい試練だらけの人生を歩んできました。
その試練も結構重いものばかりです。
それでも感謝してきたつもりでしたが、私は幸せには感じられていません。だからこそ、家族にクリスチャンになって辛い思いをして欲しくないという複雑な思いもありますし、でもそれでは天国に行けないから私だけが救われているのがまるで自己中のように思ったり…。どうしてみんなのように幸せ〜感謝〜ってなれないのだろうと悩んでしまいます。ずっと神様に祈っているんですけど、時じゃないってことなのかな?解決はしてないです。
完全にクリスチャンとして失格ですね( ;∀;)

>>[2] うーん、クリスチャンになることは、この世で幸福が約束されていることではなく、与えられた試練を神様と一緒に乗り越えて行くことだと思います。とても辛いことを経験しながらも神様に信頼したヨブ記やエレミヤ、使徒言行録にヒントがあると思うので、読んでみてください!
>>[2] もし、辛くなったら
初めてイエス様を信じた時とか、信じたきっかけとか、神様がしてくださったことをかみしめる時間をもつといいんじゃないかと思います!
>>[4]
もっと聖書を読もうと思います。
私今までお祈りをしてもディボーションをしても
神様から答えを貰ったことがなくて…。
貰ってて気づいてないのかもしれないですが。
エナさんはどのように神様と交わっていますか??

>>[5] 私だったら神様どう思う?どうしたらいい?って聞いてみて、もしそれでもわからなかったら、聖書開いてヒント探します←
どのような歩み、家族、試練があっての上の投稿なのか、わかりませんが、私も試練続きで、なんだか証になってないと落ちこんでいますが、かえって躓きを与えてるかと…でも、神様の前で、一生懸命生きてきた結果ですので、「キリストを信じる人は、だれでも信仰の人アブラハムと同じように創造主の祝福を受けることができる。」(ガラ3:9)【創造主訳】の約束に信頼しています。訓練はあるけどね〜。結婚もして、子供もいるんだし、親に、クリスチャンであることは、言っておかないと、自分の子育て自体困ってしまいませんか?子供も、教会へは連れて行ってないのかな?それこそ、祈って、信仰の一歩を踏み出してみては、どうですか?同居なのかしら?よく、事情は、わかりませんが…
御家族の事、お祈りしていますか?神さまは絶対によい様にしてくださると思いますよ。^^
>>[6]
聖書を開いてヒントを探すのですね!ずっと今日の御言葉の箇所でディボーションをしていて、神様はどの御言葉からでもメッセージを伝えると言われていたので、ずっとそうやってきたのですが、もしかしたらそれが間違いだったのかもしれないですね( ;∀;)
御言葉を探してみます!
>>[7]
試練は洗礼式に教会の人と彼氏が浮気したり突然借金地獄でホームレス状態だったり債務整理もしました。夫(クリスチャン)からDVをうけ、夫の男性不妊で何年も治療したり、震災で実家や親友を失い、大好きだった会社(かなり大手)が倒産したり、妊婦のとき夫の浮気発覚するし、教会も仲間割れみたいなことが起きて事件になるし、色々ありすぎて思い出せないけど、不信仰の決め手となったのが二人目の出産のとき、私はこれが神様を疑う原因になったのですが、私は親も遠方で上の子を見てもらえないので出産が凄く不安で祈ってきたんですね、でも神様は答えてくれませんでした。タクシーのない地域なので陣痛の中自分で30分運転し一人で出産になりました。手伝いにきてくれるといった母も来ず、義父母も来ると言ったのに来ず、しまいには予定日を超過したから病院のベットが足りず、2泊で退院させられました。二人目は誰もお祝いもなく本当に悲しいお産でした。
あれから私は神様が私のために試練を与えているとは思えなくなったんです。むしろ呪われてると思うようになってしまい…。私は次から次へと来る不幸みたいな出来ごとが次はいつくるのかと怖いんです( ;∀;)それでも私賜物がいっぱいあるので、それを神様のためにって思っていたんですよ。ずっと…。でも親はそんな感じでしかも父は毒親です。だからそこで宗教争いをするのは非常にめんどくさい、でもそんな親でも親なんです。特に母親を悲しませたくないと思うんです。隠して信仰して行こうと思った敬意です。
遠方にいるので、子供も教会に一緒に行っています。帰省時とかに色々困るんですね。仏壇を拝まないと怒られますし、お墓もそうですし、神棚もあります。子供はストレートですから私が隠しても子供は口に出しますので…。少し対策に子供をキリスト教の幼稚園に入れることにしました。勿論親からは大反対をくらい…。でも家から近いし、費用も安いからと説得し渋々納得してもらいました。だから子供が突然祈ったり賛美しても幼稚園で習ったといえるんです。でもそれもすぐだめでしょうから…。そんなこんなを考えていたら私は不信仰だし、何かもかもめんどくさくて親の宗教に戻った方が人生幸せで色々悩まなくて済むって思うようになって…。そんな感じです、すいません長文になりました。
>>[8]
私も神様はよくしてくださるってずっと信じてきたんですけど、助けてくれるはずの神様、助けてくれないから不信仰になってしまい…。そんな感じなんです。
>>[11]

なるほど。^^ でも、それはさおりさんの時で物事を考えていませんか?神様が善しとされる時は最善の時なので、これを待つのがとても辛いのですが、信じて待つしかないんですよねぇ・・・。そして「うわ!」と感じる程の応えが来るんです。待つの、辛いですよね。信仰が試されますよね。さおりさんの信仰が強められますように神様にお祈りしていますね。(きっと強められるって気がしています。^^)
>>[10] 深刻なお話をこんなところでしてもよいのか、すみません。大変なことを聞いてしまいました。なんだか、とんでもない教会、環境にありますね。仏壇、神棚、お墓は、日本人の特に田舎は、共通の問題ですね…クリスチャンとして、証していくのがいかに大変か、大人の私でさえ悩むところです。事情を聞いてクリスチャンやめたくなる気持ち、無理もないと思ってしまいました(T_T)変なまがいもののクリスチャンの存在は、迷惑ですよね。親とは、一定の距離を持つことは出来ないのでしょうか?と
いうより、旦那も大丈夫?
親に話す時期もあるのかもしれません。自分でも、クリスチャンやめたいと思っているときに、話すのも、よろしくないようにも思います。子供から、バレるのもある意味ありでは?
頼りになる、牧師でもいればいいですが…、、クリスチャンやめたくなる気持ち、私も、分かります。でも、神様は、すでにさおりさんを選んでくださったから、確実に守ってくださってると思いますよ。
賜物ある故、サタンとの戦いも厳しいのかもね。
大したこと言えなくて、ごめんなさい。顔(願)‍♀
>>[10]

すみません、ココ、読んでませんでした。本当に辛い経験をされたんですね。そして今でも辛そうですね。実は最近私も「これでもか!」という程色々な事が起きていて倒れそうです。神に近付こうとすると、どこからともなく悪魔の仕業のような事柄が起きるんです。折れそうになりますよね。でも、「神は悪をも使って御計画を完璧になさる」と信じて踏ん張っています。辛いでしょうけど、一緒に頑張りましょう!お祈りしています。
>>[13]
教会は一人の人が色んな嘘の噂をたて始めたのがきっかけで、教会内で揉めたのですが、その人や噂を真に受けた人が離れたことで今は凄くいい雰囲気が流れています。夫のDVは今は年に数回にへりました。浮気は結婚当初の事を隠してるのが嫌になったそうで何年も経ってから伝えてきたんです。私にとっては裏切りに変わりはないし傷ですね。クリスチャンなので特にDVはやめれるように悔い改めてます。
親はほぼ毎日電話やlineでやり取りしてますし疎遠には出来ない状況です。私の地元は教会がなく熱心に仏壇や神棚を拝む人ばかりです。友人たちもそうで、その中で一人クリスチャンとして生きるのは本当につらいですね。牧師は新しく来た人で私の事をほとんどしらないと思います。信徒も多いのであまり話す事もないです。でもそれくらい距離があるから教会に通えているような気もします。
クリスチャンやめたいという気持ちを理解して貰える方に出会えて嬉しいです。教会には理解して貰える人がいないので…。でもきっとこの感情は世の中を知っているから出るのかなと思いました。神様を信じたいのに、どこか信じきれないこの中途半端な気持ち…。難しいですクリスチャンとして生きるのは。自分で言うのもなんですが、神様を知らなかった頃、私は賜物がいっぱいあったので高い人でした。クリスチャンになった日から突然低い人になりました。いや低すぎる人ですね(^o^;)いつか真ん中くらいになれるのかな…。全てから解放されたいです。私もクリスチャンっぽく喜んで生きてみたいです。


>>[14]
色々なことが連発するとほんと辛いですよね。神様に近づきたいのに神様が本当にいるのかも分からなくなるくらい…。
祈って頂けて本当に嬉しいです。教会の人に相談しても、は?みたいな顔されるのでいつもクリスチャンを演じているんですよね。
もう少し踏ん張ろうと思います。
過去にミクシイでどこかの牧師先生に迫害されたことがあるんです。私は私なりに精一杯神様のために生きているのに信仰がないって言われマイミクを切られたんです。今回もきっとそうなるかなと思っていたので、優しいコメントを皆さんが下さって本当に嬉しいです( ;∀;)


>>[16]
信仰がないってどういう意味でしょうね。信仰は自分で頑張って得るものじゃなくて、神様に強めてもらうものだと思います。自分を律して信仰を強めるのは人間には不可能ですよ。共に喜んでいきましょう!
さおりさん

こんばんは。
一通り、読ませていただきました。

本当に、苦しかったですね。がんばったんですね。辛かったですね。
読んでいて、こんなにも神様から離れないようにと、信仰を保とうとしている人がいるのかと
涙が出てきました。
一人での出産、私も一度ですが経験があるのでその不安や大変さ、
少しはわかるつもりではいます。
また、ご家族のことも、ほんとに大事にされているんですね。
その環境・状況下で、すばらしいと思います。

親の幸せは、子が幸せであること、のはずです。
先祖には敬意は払いますが、祈っても何もしてくれないし意味はありません。
また、いつか親は普通にいけば先に死にます。
私たちはそれまで我慢する、というのもおかしな話ですよね。
もしご両親に何らかの形でばれることがあっても、
「私の幸せのためだから。私が私でいるためだから」と言うだけは言ってみるべきだと思います。
決して感情的にならず、淡々と。

伝え続けることは容易ではありません。勇気もいります。それに、たしかにめんどくさい。
けれど、きっと「塵も積もれば山となる」形式で、
きちんとご両親の中にたまっていくはずです。
つっぱねられても、聞いた言葉は必ず脳に残ります。
できるだけさおりさんが傷つかないで事が進みますよう、お祈りします。

私も、ノンクリの家で育ちました。
親は、反対はしないけど賛成もしないという感じでした。今もそうです。
洗礼は、結婚してすぐにしました。もちろん事後報告(笑) ちなみに当時、夫はノンクリスチャン。
両親は、私自身が変わったことで少しずつではありますが、理解は示してくれています。
おそらく、教会のおかげでどれだけ私が幸せで、また恩恵を受けているか
ことごとくちらつかせるからだと思います(笑)

けれど、孫のこととなると「お宮参り」がどうとか七五三がどうとか、問題は山積み。
「端午の節句」や「七夕」などのイベントは、日本の伝統文化と思って楽しんでいます。
普通の日本人も、信仰なくてもクリスマスやらするじゃないですか。
やはり、ノンクリスチャンばかりの日本でやってくにはそれなりの「一般常識」が
子どもには必要だと思うので、それなりには経験はさせようかなと今は考えています。
かたくなに拒むと、不和しか生みません。
我が子も信仰をもつかどうかわかりませんし、自由にさせようと思っています。
もちろん、小さいうちは毎週いっしょに礼拝へ行きますが。

ノンクリホーム育ちのクリスチャンの子育て、なかなか大変ですよね。
ただ、子どもが小さいと特に、毎日があっという間に過ぎます。
いろんなことをしていると、後から「もっとああすれば、ああ言えばよかった」と思うこともあります。
そんな時、無意識な自分を支えてくれるのが深層心理や信仰だと思うんです。
いつも胸に聖書の言葉を抱いていたいものです。
おすすめは、好きな御言葉をトイレに貼っておくことです。覚えてしまえば、それは行動に出ます。

最後になりましたが、私はここの管理人をしております、空野夢子と申します。
この度は大事な告白をしてくださり、ありがとうございます。
なかなか健康な教会や牧師先生、いないものですねぇ。
これからもこのコミュでさおりさんと交わっていきたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

おはようございます。
私も、実家は真言宗ですが、聖公会に所属しています。
両親とは価値観が合わないので辛いですが、これも修行かと思い、耐えています。

「愛は全てを耐える」ですよね。
>>[17]
私が試練ばかりに目を向けて神様を見ていないからという感じだったと思います。
まだクリスチャンに成り立てのころだったので、しかも牧師先生にそんなことを言われてショックすぎました。勿論躓きました(^o^;)あのときも…。
よく考えればこの10年私はつまずいてばかりです。
試練のたびに躓いて、でもクリスチャンでいれたのは本当に奇跡かもしれないです。
>>[19]
おはようございます。
一人出産のご経験がおありなんですね( ;∀;)本当に寂しくて辛いですよねexclamation ×2夜中だったので陣痛も看護士さん助けてくれず、産まれた時もシーンとしていて…。
出産って喜ばしいことだよね?なんて考えてしまうくらい。あの時凄く悲しかったけどイエス様の気持ちも分かったような気もしました。イエス様が十字架にかかった時こんな気持ちだったのかな?だから我が神我が神どうして私をお見捨てになったのですか…。イエス様のように私も完全に復活が出来るといいのですが( ;∀;)
父が厳しい人で母は完璧主義、私は親に褒められた事がないです。何でも一番じゃなきゃダメだったし、テストも100点じゃなきゃ許されなかった。100点は凄いんじゃなくて、当たり前なんです親の価値観(^o^;)
親に褒められたくて生きてきました。今思えば賜物がいっぱいあるので、親の価値観についていけてしまうから余計に悪循環というか…。
それは今もそうで、だから私の幸せ願ってるかな?
自分達の幸せのために私がいるかもと思います。
無償の愛は親から子ではなく子から親だななんて思ってるくらいです。良く母と連絡を取り合うので、兄家族の孫に悩んでる時はちゃんと愛するようにと伝えています。御家族は無宗教なんですね!キリストの香りを放っていれば、御家族もいつか神様がいるのかもと思うようになりますね☆理解があるのは本当に羨ましいです!
良く教会で世の中の常識は捨てて神様の常識でいきましょうと言われると、罪意識が強くなって…。
私も一般常識は絶対必要と思っているので、実は日本の行事は一通りしてるんです。今日も七五三ですが、とりあえず神社にいき、ガラガラを慣らして写真撮影をするだけ。絶対に拝まない。でもこれもダメですかね。やらないのも両方の親にも、何でしないの?ってなるだろうし…。とりあえずやった風に写真と思ってました。私も子供の信仰は本人に任せようと思ってます。同じ考えの方がいて嬉しいです( ;∀;)私の教会では幼児洗礼があるのですが、受けてないのはうちだけなのでなんか肩身が狭いです。
でも私がしっかりした信仰がないのに子供に信仰をって変なのでそこは神様に委ねようと思っています。
少し大きくなったら日曜日は教会よりも部活動とかお友だちと遊んだりしてほしいというか私がそうしてきたのに日曜日は礼拝になんて言えません笑
やっぱり私がしっかり信仰を保っていないとだめですね( ;∀;)トイレに御言葉をはり、聖書ももっと読もうと思います。教会は色んな人がいるので人は見ず神様を礼拝するところと思うようにしています。
信徒がクリスチャン家庭育ちばかりなので、私は浮くのですが…。教会の雰囲気が好きなので頑張って通おうと思います。すいません。凄く長文になってしまいました〜!
>>[20]
おはようございますexclamation ×2
親との価値観やはり合わないですよね( ;∀;)
修行!そうですね愛をもって耐えなきゃないですね。
愛すること本当に難しいです。でも少しずつ私も愛せるようになりたいです。
>>[22]

さおりさん、そんなに大変なことがあってもちゃんと神様のことが考えられるなんて、
ものすごい信仰ですよ。自信もってください!!

あぁ……うちの親もさおりさんちと似たような感じでした。
97点でも、3点分のミスをかなり叱られる……。
勉強は、親のためにするものだと思っていました。
結婚して、ようやく少しはいい意味で解き放たれた感じです。

こう言ってはなんですが、さおりさんはきっと最高の親になりますよ。
されたらいやなこと、わかってらっしゃるんだから。
部活やら何やらで、お子さんが教会を離れてしまう日が来ても、
人生でつまずいた時、教会を思い出して「また行ってみようかな」と思えれば、
とりあえずはクリスチャンの親としてはいいんじゃないかと思っています。
そもそも、教会は引っ張っていくものでなく、神様に呼んでもらうものですからね。

お一人での出産、想像するだけで本当に辛いです。
だれかいても、しんどいのに。
かなりの試練を超えてこられたんですもの。
神様は全て知ってくださっていますよ。
これからを楽しみに生きていきましょうよ。

信仰は神様と人間一人の一対一のもの。
さおりさんのペースで、いいんだと思いますよ。


>>[23]

私の愛はひたすら耐える、アガペーです。ここは地の果て高知県、他人の話を聞かない人々が多く、いい修行になりますわ。
>>[24]
ずっと私は信仰が薄いと思ってたので、
クリスチャンらしくないし、でも嬉しいです( ;∀;)ありがとうございます!
空野夢子さんの親御さんも同じ感じなんですね。
子供としては期待をかけられることは苦しいですよね。常にそれを維持しないといけないし…。
自分がそういう風に育ったから、ふと気を抜くと親と同じことをしてしまうんです。
だから子供たちを褒めること、完璧を求めないこと、親の目線ではなく子供の目線に立って物事を考えること、これらを毎日意識して子育てしています。
でも子育ても難しいですね。だから今は両親の気持ちも分かります。
そうですね!たとえ子供たちが教会より部活や友達を選んでも神様が呼んでくれますね(^^)
私は世を歩いてきたからか、教会にくる中高生は凄いなぁって感心します。私はその頃部活に夢中だったので、子供たちにも夢中になれるものができるといいなと思います。教会では声を大にして言えませんが…笑
せっかくクリスチャンになったので、もう少し頑張りますexclamation ×2その先には楽しいクリスチャン生活をおくれるといいなぁ。
神様の前では包み隠さずありのままでいたいですね。信仰を失うよりは罪をおかすほうがいいですね。
>>[25]
アガペーの愛を実践出来るのは素晴らしいです☆
私はアガペーの愛にはほど遠いので、
でもその愛で人を愛せるようになりたいですね。
高知県ですか!一度行ってみたいです(^^)
やはり地方は頑固な人が多いんですかね。
私の地元は短気な人が多いですよ(ー_ー;)
>>[27]

毎日アガペーを実践してしまうほど、高知県民は攻撃的で、口が悪くて、しかも短気です。

許す、という事は勇気が要りますよね。
>>[26]

クリスチャンらしいって、なんだろう、と思います。
私は本を書いているんですが、作者の伝えたかったことと読者が受け取ったことでは
大きくいい意味でちがうことがあります。
人間のする小さなことでもこれだけちがうのですから、
神様の望んでおられることと私たち人間の想いはちがうはず。
クリスチャンらしいというより、イエス様のようになれるように精進していきたいですね。

私も、子や夫に投げかけた言葉を思い返して、どこかで聞いたことあるなぁと思ったら
母に言われていやだったことでした。おそろしいー!

うちの教会は、大切なことがあれば礼拝は休んでもいい、といった感じなんです。
だって、日曜にお仕事をされてる方、世の中にたくさんいらっしゃるし、
その方々がいないと世界は回っていかない。
だから、仕事にしても部活にしても、それをしながら神様が喜ばれることを実現すれば
それが礼拝になる、といった考えなんです。
でも、うちの教会でも「あの習い事は日曜日だから、教会あるから行かない」と自ら言っていた
小学生の男の子がいて、びっくりしました。

まぁ彼は誰に止められたわけでもないのでいいのですが、
やはり、自分が夢中になれることを見つけられるって幸せですよね。
神様に賛美するのもいいですが、賜物でそれができたら最高です!

さおりさん、おうちが近かったら会ってゆっくり話したいくらいですー!

お祈りしていますね。
>>[28]
高知の人も短気なんですね!
やはり、地方はそういう傾向があるんですね。
私の地元は漁師町なので、それはそれは気の強くて短気な人ばかりです。
許すって本当に難しいですよね!許したつもりでもいつもこころの中にモヤモヤしたものがあったり…。

>>[30]

許す事は確かに難しいのです。
「アッバよ、お許しください。彼らは自分たちが何をしているのか分からないのです」という言葉は深いと思います。
>>[29]
本を書いてらっしゃるのですか☆素晴らしいです!
私の教会には信仰が素晴らしい方が沢山いて
スーパーで買い物するのにも何を買ったらいいか祈りながら買い物する人や、1日のうちお祈りや聖書を読む時間が毎日六時間もある人、自分の欲はないのかなと思ってしまうくらい御言葉に忠実な人とか…。
私は日曜日教会に行くのがめんどくさくて、でも行くためにあえて賛美の奉仕をして教会に行かなければいけない状況を作っているくらいなのに、ほんとに素晴らしいなぁって。クリスチャンらしい神様に忠実な人がいっぱいだなって思ってるんです!
本心はわからないですけどね笑

私も良くありますよ!
自分が嫌だった言葉ほど人に放ってます。
言ったあとに反省ですよね\(__)

日曜日教会に絶対というわけではないんですけど
休むと、どうしたの?と聞いてくる方がいて
私の学びの先生でもあるんですが…。凄く嫌なんですよね。相手は風邪ひいたのかな?とかそんな意味っぽいんですけど、私は縛られてるように思えてしまって。その方は日曜日に神の家族に会えないことが凄く寂しいと言うんです。私にはその考えは全く理解が出来ないんですけど…。子供たちもなついているので、会えなくて寂しかったって言われるとなんかモヤモヤするというか苦しくなるというか( ;∀;)
教会の子供たちは素晴らしいですよね。
私にはそういう風に育てられる自信がないし、
変に首を突っ込むとまた完璧を求めてしまうと思うので、神様に委ねます笑

ほんとにクリスチャンのお友だちがいたら
いいのにって思います☆でもこうしてmixiで神様のお話が出来るのも感謝ですよね!
実は私、神様の事を初めて知った時自殺する数分前だったんです笑たまたまPCを開いていて知らない人から、神様があなたを救えと言っているってメッセージが来たんですよ☆その人が、見ず知らずの私に2ヶ月間毎晩朝まで神様の事を話してくれて今に至ってるんです笑出会いって不思議ですね!
お祈りありがとうございますexclamation ×2感謝です☆
私ものんくりゃんの両親です。気を使いました。七五三はお寺子供だけ連れていかれでも嫌とは言えずに・・・。

私はわかいころから家族 一人で礼拝でています。乳児祝式とか孫がかわいいから両親が来てくれたり
息子の洗礼式 母が来てくれたり。私たちの神様にたえする姿勢を親 旦那さんそしてわが子に見せればきっと
神様がいい結果導いてくれるからと信じています。
皆さんいろいろあるんですね。。

うちも実家のクリスチャンは私だけです。私はひたすら神様に祈ってます。
彼らが死ぬ前に目が覚めて救われますように、って。

母が父の23回忌を私の帰国時に合わせてお坊さんを呼んでやる、と言い出したので
困ったことがあります。最初は思わず合意したあと、あせって祈ったら答えをいただけたので
最終的には母を翻意させることができました。

私は去年クリスチャンになる前は散々神社仏閣めぐりしていました。何かに帰依した、
という感じはないものの、わりと熱心にお参りしていたのです。
日本で暮らしていたらもっと頻繁に行っていたでしょう。でも神様に会って悔い改めたときに
もう二度と神道の神仏など偶像崇拝はしない、と神様と約束しました。
なので家族との喧嘩や世間体を恐れてお参りに行く、という選択肢はありません。
私にとっては神様との約束を破るほうが怖いですし
偶像崇拝がどれほどヤバい罪なのかを知ったのでなおさらです。
偶像崇拝をきっぱりやめる、というのは
ほかの罪と比べたらずっと守りやすいことのように見えます。

私は母に仏教の矛盾点をたくさん挙げました。
たとえば、支払うお金によって戒名にランクがあること。
仏陀が始めた仏教は輪廻の輪から自由になることが救いでした。
だったらそもそも戒名の存在自体がおかしいし、
お金次第で戒名のランクが変わる、というのはさらに変ではないのか?
神社の中にお寺があったり、お寺の中に鳥居があるのは
珍しくはないがおかしくないのか。そもそも神仏和合がでてきたのは明治以降という話。かなり
政治的な意味合いがつよい。人間の歴史をみると政治と宗教が結びついてロクなことに
なったためしはない。何かはわからないが、裏があると思ったほうがいい。
日本ならではの心のやわらかさ、などとわけわからないことを言い放つ人もいるが
神さまがそんなに適当でいいのか?
それなら朱印帳を神社用と仏閣用に分けないといけないのはなぜか?

末代まで魂と救うという名目で永代経をすでにやっているのに23回忌だの7回忌だの
大金払って新たにやらないといけないのはどういうことか?
寺の金儲けのためだとなぜわからないのか?。。。とまぁ畳み掛けました。

実家の墓地は某寺の集合墓地なのですが、インドアで、見た目ロッカーが並んでるように
みえます。そんなところで、永代経をどうやって聞かせるのか?ときいてみたらスピーカーで
毎朝流してるらしい。それだったら永代経の金払ってない人も聞けるわけで、そういう人は
お金を払わなくても永代経をしてもらってることになる。
何千単位のお墓がある場所でどうやって区別つけるのか?と聞きました。
毎年墓参りするたびにお経をお願いしていたのですけど、支払う金額次第で詠んでくれるお経も
違うなんておかしいのではないか?と。母もちょっと目が覚めてくれたようです。

でも「お骨に手を合わせて。。」とも言っていたので
「骨に手を合わせて拝む意味がわからない。カルシウムの塊でしょう?
私が拝むのは神様だけだよ」と言ってしまいました。

>>[34]
このトピを作成したさおりと言います。プロテスタントクリスチャンです。
私も家族に誰もクリスチャンがいなく、毎日毎日悩みました。
でもこのトピで相談したあと神様が私に答えをくださったので、それを分かちあいできたらいいなと思います。
第一コリント10章23節〜11章1節に偶像崇拝に関してのみことばがあります。
私はずっと聖書に書いてある偶像崇拝の意味が分からなくて。
この世にあるものは全部神様が作ったものなのに…寺も神社も墓も、クリスチャンに取ってみればただの石や建造物であって、そこらじゅうにある家とか石との違いはなに?って。なのに、なぜそれを見に行って偶像崇拝になるのか…他教を避けることはそれらを意識しているから、相手の拝む対象を神だと認めているもんだよな…と思ってずっとモヤモヤしてました。教会(福音派です)で教えられることが全く理解出来なかったんです。
もうひとつ教会で教えられたこと、仏教のお葬式で焼香をしてはダメお墓参りもダメ、これも疑問しか無くて…そもそもお葬式のときくらい相手を思いやって焼香くらいすればいいのに、心はちがくても拝むふりでも相手は嬉しいんじゃないか、悲しい場でもっと悲しみを作るクリスチャン、愛なんてないなぁと…
葬式に行くのは良くて焼香はダメ?キリスト教にだってお墓はあるのに仏教の墓に行くことはダメ?こんな感じで疑問しか無かったです。
でもこの第一コリントのみことばから、イエス様をしっかり信じていれば相手を躓かせるような場合を除き一緒にお墓参りをしたって焼香をしたって構わないのだということ、偶像崇拝だからと拒否ってノンクリスチャンといさかいを起こすことよりも、神様の栄光を表すためにそれに付き合うことも大切なことなのだと、そしてそれが愛なんだと学びました。
信仰希望愛の中で最も大切なのは愛だよなって。

私はあれから、七五三もひな祭りも鯉のぼりも、実家のお盆もお祭りも適当に日本の文化として楽しむことにしました☆
実家の家族はノンクリだけど、本人たちが大切にしている宗教があるんだし別にそれでいい、私もイエス様を否定されるのは本当に嫌だから。ただ家族のためにお祈りだけして、神様の時を待とうと思い、そうしたら本当に心が自由になって、10年間何をここまで悩んでいたのか…ああでも聖書って面白いなと思った日でもありました(*´ω`*)笑

>>[33]
ずっとコメントに気づかず返信が遅くなりまして本当にごめんなさい( ;∀;)
ご両親が乳児祝式や洗礼式にも来てくださったのですね☆とても素晴らしいです!
何事も私たちがキリストの香りを放ち姿勢で福音を伝えることがとても大切ですね!
ご家族の救いのために祈ります♪
>>[35]


神様は善悪を裂く方で、イエス様がきたのもみんなとなあなあに仲良くするために来たわけでは
ありません。どこかは忘れましたがイエス様が来たのは父と息子、
娘と姑を喧嘩させるために来た、みたいなことと書かれてる聖句もあります。
神様は偶像崇拝のような大事な件で妥協されるような方ではないと
聖書を新旧通読して思いました。
それからマタイの19章の29節にも面白いことが書かれています。

偶像崇拝とは人の手でつくったものを拝むということ。神様以外のものを拝むことです。
富やお金を拝むのも立派に偶像崇拝ですし、どこの宗派とはいいませんが、
人の手でつくったものを拝んでいるのも立派に偶像崇拝かと。あの宗派は
オリジナルの十戒からご丁寧に最初の戒めを取り除いて別のものに置き換えていますね。
天使の形をしていようが、人の手で作ったものですから拝む対象ではない、ということです。
「神様」の像を人の手で作ることで神様を貶めているんです。
人の手では表現できないくらい神様は尊いのですから。

>この世にあるものは全部神様が作ったものなのに…寺も神社も墓も、クリスチャンに取ってみれば>ただの石や建造物であって。。。

だったら出エジプト記32章で、モーセが十戒を得ているときに弟のアロンが
金で鋳た子牛と祭壇をつくってイスラエル人たちに拝ませたことについて、モーセと
神様が激怒したのはなぜでしょうか?神様にいたっては民を滅ぼそう、とまで仰ってました。
ご自分で作ったものならここまで怒る理由がありません。ユダヤ人ではあるけど
上のロジックを使うなら金の子牛もただの鋳物にすぎません。

ということで、さおりさんの見解には賛成できませんが、さおりさんが納得し、
問題を解決されたのならよかったです。

私が偶像崇拝をここまで拒絶するのは自分が神様と約束して許されたから、であって
普通のクリスチャンが焼香する分には別に問題ないのかもしれません。
それはその方と神様との問題です。私にはわかりません。

私の母が23回忌の件で悲しんだか?
1週間ほど考えたあと、やらないことにした、といった母は結構すっきりした声音でした。
私と母は仲がよくて、お互いに言いたいことをオープンに言える関係なので
それもよかったのかもしれません。
仏教的なやり方を拒否したからといって故人を偲ぶ気持ちがないわけではない、と母も
わかってくれています。母にとって大事なのはそこなんです。
私がいないところで23回忌をやるのを反対するつもりはない、とは初めに伝えてあります。
そもそも本当の23回忌の時期は私の帰国予定より3ヶ月ほどあとの話でしたし。
最初は厳しいことを言わずに「私を待たずに父の命日にやったら?」と言ったけど
どうしても、というのではっきりと拒否せざるを得ませんでした。

少数派である以上、周りに否定されるのは当然ではないかと。
否定されたらいい気分はしませんがそれよりも神様を愛するほうが大事です。
いやな気分はお祈りでふきとばせるし、神様がその分祝福をくださいます。
はっきりと自分の立場を明確にすることで変な重荷を背負う必要がなくなります。
神様を怒らせるのか周りの人を怒らせるのか、ですね。

聖書は読めば読むほど一本筋が通ってるように思います。
頭もすっきりしますからもっと読みたくなってしまいます。
なんてことを思えるのはいくつか参考になるサイトを見つけたからでしょうか。。

別に議論をするためにきたわけではないので、これ以上は控えますね。
失礼いたしました。スルーしていただけたら幸いです。
私も家族で只1人のクリスチャンですスマイル
すばらしい事ですねるんるんだれもクリスチャンがいない家族もたくさんあるのですから。
選ばれている事に感謝しますわーい(嬉しい顔)
そして家族のために祈ることができますぴかぴか(新しい)
逆じゃなくて本当に良かったハート(鼓動)
>>[38]
日本でクリスチャンになれたのは本当に奇跡ですよね!
私はずっと、家族の誰かがクリスチャンになって私を神様の元へと連れてってくれるほうだったら良かったのにとずっと思って過ごしてきました。
きみたんさんの信仰は素晴らしいですねぴかぴか(新しい)本当にそのとおりで選ばれていることに感謝しなきゃないし、家族のために祈れるのはとても幸せな事ですね。
うちは幸いな事に夫がクリスチャンで、でも両方の実家はとてつもなく熱心に仏教と神社を信じているのでいつかみんなが救われる時の奇跡を見ることができるんだと、凄い祝福ですねるんるん
この世界は美しいですねスマイル
神さまが造られたからですよねぴかぴか(新しい)
それを認めずに一生を終えたら
神さまがいないところに行くのですから宇宙人

ログインすると、残り3件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

家族がノンクリスチャン。 更新情報

家族がノンクリスチャン。のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。