ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 相棒〜警視庁ふたりだけの特命係 > 相棒15 第5話「ブルーピカソ...

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

相棒15 第5話「ブルーピカソ」

相棒15 第5話「ブルーピカソ」 2016年11月08日 14:06
mixiユーザーmixiユーザー
2016年11月9日(水)よる9:00〜9:54
第5話「ブルーピカソ」

転落死を遂げた画家の死因は自殺か他殺か? 数十億円の絵画ブルーピカソが事件を呼ぶ

ある休日、右京が亘と訪れていた絵画のオークション会場でちょっとした騒ぎが起こる。出品されていた三上史郎(斉藤陽一郎)という画家の絵画に、三上自身が「こんな駄作に価値はない」とオークションを拒否する騒動を起こしたのだ。その夜、三上が歩道橋から転落死する。伊丹たち捜査一課は、自殺と他殺の両面から捜査を開始。すると、画家としての三上の育ての親といわれるオークション会社の社長・磯田(坂西良太)と三上の間に確執があったことが判明する。事件に興味を持った右京は、亘と共に磯田の会社を訪れる。すると、磯田と社員の貴和子(森尾由美)が言い争う声が耳に入る。聞けば、持ち込まれた“ブルーピカソ”の真贋鑑定で意見が対立しているという。ブルーピカソとは、友人の自殺を目の当たりにしたピカソが、青い絵の具で暗いタッチの絵ばかりを描いていた“青の時代”と称される作品群のことで、持ち込まれた絵画が偽物だという磯田に対して、貴和子は本物の可能性が高いと主張しているという。実は、その持ち込まれた絵画というのが、いわく付きの作品で、8年前に贋作とすり替えられ、ずっと行方不明になっていたものらしい。そんな中、三上が転落死する直前、歩道橋で何者かと争っていたという目撃情報が飛び込んでくる。さらに右京は、すり替え事件の舞台となった画廊で、三上がかつて個展を開いていたことを突き止めて…!?

8年前のブルーピカソすり替え事件と画家の不審な転落死に意外な関係.
名画をめぐる時を超えた因縁に迫る

           
ゲスト:森尾由美
脚本:坂上かつえ
監督:藤岡浩二郎

コメント(6件)

[1]2016年11月10日 07:33
自分の体調とかも関係するけど、すうっと入ってくる相棒の回と、なんとなく違和感のある相棒がある。
体調関係なく、脚本家、監督で違う!というのは、相棒ファンの人たちも気づくことだ。
でも、色々な相棒があっていいと思う。
色んな脚本家が、色んな相棒を作って欲しいなぁ。
今回は、2時間のサスペンスドラマのテイスト(それを、むりやり2時間に圧縮した感じ)だったが、脚本家の経歴を調べたら、やっぱり・・・。
ということに気づけるのも、相棒の楽しみ。
[2]2016年11月11日 21:55
>>[1] 「違和感あり」に1票!
[3]2016年11月14日 18:36
横浜の港での大団円。人物の立ち位置、カメラワーク、最後に、汽笛がなって、カメラがズームアウト。全くサスペンスドラマでしたね。でも、相棒の出自だって、サスペンスドラマ。こんな回があってもいいと思いました。前々回の崖の上もそうでしたし・・・・・。あの、クレーンでの撮影は、見事でした。ドローンのようでしたけど・・・。
[4]2016年11月14日 18:44
ああ、それと、喫茶店のマスターが、前に、魚のトロフィーで殺された芸能ジャーナリストだったので、なんか怪しいと、ひっかかりつつ、「コースターを調べてください」で、CM、おやおやと思ってたら、まさかの肩透かし、こんなフェイクも、楽しいですね。
[5]2016年11月20日 17:20
出張で見られなくて、ようやく録画を見ました。なるほど、確かに2時間ドラマテイストでしたね。でもそういう回もありだと思います。元々土曜ワイド劇場ですから。
久しぶりに森尾由美をしっかりと見たような気がします。そして、怪優・堀内正美さん。2ドラには欠かせない方ですし、今期の朝ドラにも出ていましたね。
[6]2016年11月21日 22:49
>>[5]

森尾由美なつかしい.


ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

相棒〜警視庁ふたりだけの特命係のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

相棒〜警視庁ふたりだけの特命係