ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 哲学が好き > トピック一覧 > 人を殺害する事が、許された世界...

哲学が好きコミュの人を殺害する事が、許された世界とは

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

近年までカトリックでは、自殺者の魂を教会で弔う事や祝福をする事を禁じていたそうです。
神によって与えられた命は、全うしなくてはいけない。
キリスト教、特にカトリックの世界では、当たり前とされてきた基本的な命の在り方と言えます。自殺も他殺も、神が与えたもうた命を奪う事には違いがありません。
しかし、許されている事例があります。
緊急避難的な殺人。カルネアデスの板です。
そして、尊厳死です。

人を殺害するのは、何があってもダメ。ダメなものに、理由など必要無い。
しかしダメなものは絶対にダメでは、哲学の出番はありません。

ここでは殺人が許されたある程度秩序のある社会を想定し、なぜ人を殺害するのがダメなのか、その問題点を明らかにしたいと思います。

コメント(80)

=======================
無人島で10人います。

10人はそれぞれ役割があります。
1日暮らしていくのもやっとの状況です。

その時1人が腕と足が怪我により再起不能の状態となりました。

その人のお世話に常に1人は付いていないといけません。

これからは8人で自給自足していきます。もしかしたらこれが2人3人と増えていくかもしれません。

怪我した人の処遇
あなた(達)だったらどうしますか?

========================
これは日本の縮図ではないでしょうか?
幸い日本は先進国でここまで鬼気迫った状況ではありません。

ですが、

脳死や身寄りもない精神疾患で社会復帰不可の患者など
これに当てはまりませんか?

その人たちをお世話する足りない医療従事者。
これに掛かる莫大な税金
家族の想いと家計事情
本人は実は殺して欲しいのはないかという思いやり(?)
色々な問題があります。

みなさんはこの方達を心の中では殺して良いと思ってますか?

最近、副官の「〇永遠化」が見るに堪えないので彼には自分取り戻しをしてもらいたいとおもう。
さて、このトピックはなんと副官が立てたトピックなんだが、今では考えられない。こういう素晴らしいトピックを立ててた頃があったんだねえ、副官にもww

「なぜ、人を殺してはいけないのか」

このテーマは永遠に答えが出ないように思えるがだからこそ普遍的なわけですな。面白い。まさに哲学コミュにふさわしいトピックです。私なりの答えを云えば、その答えなどないとなる。

トピ主がそれをコミュメンバに示唆しようとこういうトピを立てたのならそれは教務深い。いまは全くそれをしないトピ主のかつてのキレが垣間見えるのだ。
出された料理を食べてしまったら、料理は無くなってしまう。かといって食べる行為が責められるわけではない。なぜなら料理は残さずに食べてもらうことがむしろ本質的な喜びとして作り出されたものだからだ。
では生き物、特に人間はどうか。殺され、跡形もなく消し去られることを本質的な目的として作られたものだろうか。
食用のものとして、養殖された生き物や捕まえられた生き物はそういう面があるかもしれないが、人間に限って言えば誰かの食用のために生まれたのでもないし、跡形もなく殺害されるために生まれたのでもない。
もちろんここからは思想の問題でもあり、あらゆる生き物が他者に殺されるために生まれたんじゃないと言いうるし、人間だけを特別視するのは人間の身びいきだとも言えるだろう。
しかしまさに人間は、自分たちが可愛いから人間同士、殺し合うようなことは極力避けたいと考える。同じ人間に対して「こんちくしょう」という怒りが湧いた時には、極力殺害という手段にお互い訴えないようになだめ合う。
そしてそれでも他者を殺したり傷つけたりを故意に、意志的にやるような仲間は、隔離し罰するべきだと私たち人間は考えてきた。
わたし自身は弱い立場からころされたらいや、かわいそう。絶体やらないようにしよう。制裁がこわい。しかし、殺人はありなのでは?
お互いを積極的に殺し合うという性質を持った人間から構成される社会では論理的に存続できないからではないでしょうか。
倫理道徳的にダメなのではなく、論理的な問題だと思います。
『人を殺すことが許された世界』

誰がそれを許すのだろうか? 仮に国家なりが007に殺しのライセンスを与えたとする、そうするとボンドは殺人を「許された」ことになるのだろうか?

ここで論じているのは、そういう意味の「許し」なのだろうか? たぶん違うと思う。人を殺すことを許可する権利など誰も持っていない、神を除いては。たいていの宗教では人を殺すことは戒律で禁じられている。このような問題に頭を悩ませる必要などない。問題は無神論者だろう。

人を殺すことが許されているかいないか、それは、究極的には自分の胸に聴くしかないと思う。
赤穂浪士って英雄だけど彼らは人殺し集団だよね。
あれってどうなんだろうね。

人を殺してはいけない派の意見を聞きたいね。
>>[51]

人殺しをスポーツ感覚で楽しむ人たちがいる。

人を殺してはいけない、って命題?がいかに危ういかの象徴ですな。
>>[54]

そういうこと。
ていうか、人殺しはいけない村の人たちの主張が感情的すぎてつまらないねw
法があるからですね。人を殺害してはいけないのは殺害されたくはないというmajorityに法が機能しているのでしょうか。許された世界とは、の意味がわかりませんね。許されるというのは法の事でしょうか。でしたら許される世界とは法のない世界です。人を殺しても問われないのでしょう。でも殺されるかも知れません。
コメントをお願いします。ってことね
>>[56]

人類ってなに?

黒人は人類?
日本猿は?チンパンジーは?麻原尊師は?
>>[58]

法律に人殺したらいけないとは書いてないんだけど。
つか、それって大前提だからねえ、このトピは。
>>[63]

199条の「人を殺した者は、死刑又は無期若しくは五年以上の懲役に処する。」によって「いけない」とは書いていませんが「いけない」という判断をしているのだと思います。大前提は「許されるか?」この解釈にありました。法では許されません。神や仏などはわかりません。
>>[64]

違います。
人を殺してはいけない、というのは神の領分だからです。人が決めていい領分じゃない。だから誰にも説明できないんですよ。
>>[65]

だから神の領分の話で進めてしまえば私はわからないと言いました。
この世はそんな世界だよ! 病気で殺してきた(-.-)ノ⌒-~
子どもを下ろす、、、

この様な「言葉」の影に、苦しむ人もいます。

例えば、苦しむその影には、暴力もある訳です。
行っていることは可笑しなことでも、その人の「立場」に立たなければ理解し得ないこともあります。

カトリックの場合には、そういったことについてを「信者」に教育してるところはあるが、実はそういったことで思い悩むケースは、私のような立場のものたちのところに「相談」に来られます。(単立の牧師や伝道者の立場)どう言うことかと言えば、カトリックのような立場(伝統を重んじる教会)ですと、「相談」したその日から、もう既に教会にはいられない【雰囲気作り】があるのをヒシヒシと感じてしまうからです。

そんなことでは、たしなめる放が先に立ち、少しも「Being」(個人の個)、「素の部分」についてのカウンセリングもなく、ただ単に「行い」に対しての厳しい意見だけを前倒しにする。それで彼女たちは「教会での行き場」まで失う、誠にナンセンス。


そう言うことを、踏まえて言葉を添えていかないと、ダメではないかと感じるのです。


>>[76]

ただ単に、「殺人を許していいの?」と言うのはそういう意味からナンセンス。


かな?

ログインすると、残り59件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

哲学が好き 更新情報

哲学が好きのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済