ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 斗山(トゥサン)ベアーズ  > トピック一覧 > 2018年 シーズン速報 10...

斗山(トゥサン)ベアーズ コミュの2018年 シーズン速報 10月

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

レギュラーシーズンも残すは7試合で、斗山はすでに優勝と韓国シリーズ出場を決めています。

5 : ロッテ(社稷)
6 : LG(蚕室)
7 : キア(蚕室)
10-11 : SK(蚕室)
12:NC(蚕室)
13:KT(蚕室)


なお、10月13日のレギュラーシーズン終了後に上位5チームが出場するポストシーズンが開幕します(日時未定)。
斗山はポストシーズンの最後を飾る韓国シリーズに4年連続で出場を決めており、プレーオフ(レギュラーシーズン2位−準プレーオフ勝者)勝者と対戦します。

コメント(9)

5日のロッテ戦の予告先発はイ・ヨンハです!
5日のロッテ戦は雨天中止となりました。
6日のLG戦の予告先発はユ・ヒィグァンです!
6日のLG戦は先発ユ・ヒィグァンが5回表に2点を先制され、7回表に1点を追加されましたが、8回裏に1点を返すのがやっとで1-3と敗れました。

7日のキア戦の予告先発はイ・ヨンハです!
7日のキア戦は先発イ・ヨンハが1回表に1点を先制されますが、3回裏にパク・コヌとヤン・ウィジのタイムリーで2-1と逆転します。
4回表に2-4と逆転されましたが、6回裏にホ・ギョンミンのタイムリーで1点を返し、8回裏にホ・ギョンミンの犠牲フライで4-4の同点に追いつきます。
このまま試合は延長に突入し、10回裏にパク・コヌの本塁打で7-4とサヨナラ勝ちしました。

次の試合は10日のSK戦です。
10日のSK戦の予告先発はチャン・ウォンジュンです!
10日のSK戦は先発チャン・ウォンジュンが1回表に4点を先制されるも、2回裏にオ・ジェウォンのタイムリーで1点を返しました。
しかしその後追加点を奪われ、5回裏にパク・コヌのタイムリーで1点、7回裏に2点、9回裏に1点を返すも5-12で敗れました。

11日のSK戦の予告先発はイ・ヒョンホです!
11日のSK戦は先発イ・ヒョンホが2回表に2点を先制されますが、2回裏にオ・ジェウォンのタイムリーで1点を返し、5回裏にチョン・ミンジェのタイムリーで2-2の同点に追いつきました。
6回表からイ・ヒョンスンが登板し、7回裏にペク・ミンギの本塁打で3-2と逆転しました。
8回表にカン・ドンヨンが同点を許しましたが、8回裏にキム・インテのタイムリーなどで5点を勝ち越し8-2で勝利しました。

12日のNC戦の予告先発はユ・ヒィグァンです!
12日のNC戦は1回表にユ・ヒィグァンが2点を先制されますが、1回裏にパク・コヌのタイムリーで2-2の同点に追いつくと、2回裏にキム・ジェホの本塁打で1点を勝ち越します。
4回裏にヤン・ウィジの本塁打、オ・ジェウォンのタイムリーなどで3点、7回裏にチョン・スビン、ヤン・ウィジ、キム・ジェホのタイムリーなどで7点を追加し、13-2で勝利しました。

13日のKT戦の予告先発はイ・ヨンチャンです!
13日のKT戦は3-4で惜しくも敗れました。

14日、レギュラーシーズン最終戦のロッテ戦は5-1で勝利しました。
先発イ・ヨンハは10勝目で、これで最多勝のフランコフ(18勝)、イ・ヨンチャンとリンドブロム(15勝)、ユ・ヒィグァン(10勝)とチーム内に10勝以上の投手が5人と、93勝51敗、2位SKに12.5ゲーム差の大差で独走優勝した原動力となりました。
打線では44本塁打、133打点と打撃2部門で個人タイトルに輝いたキム・ジェファンが中心となりました。

今後10月16日にポストシーズンが開幕し、レギュラーシーズン優勝の斗山は韓国シリーズ(11月4日第1戦を予定)から出場し、2年ぶり6度目の優勝をかけてプレーオフ勝者(SK-準プレーオフ勝者)と対戦します。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

斗山(トゥサン)ベアーズ  更新情報

斗山(トゥサン)ベアーズ のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済