ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > 高橋幸治 > トピック一覧 > サスペンスの高橋幸治さん

高橋幸治コミュのサスペンスの高橋幸治さん

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

NHK銀河テレビ小説、日テレ火曜サスペンス劇場、テレ朝土曜ワイド劇場などなど・・・
サスペンスドラマにも多数出演していた高橋幸治さん。
その役は犯人役・犯人と思わせて違う役・刑事役・・・と多岐にわたっています。

ここではそんなサスペンスドラマの高橋幸治さんについて語っていきましょう。

ネタバレ多数ですので、くれぐれもご注意を!!

コメント(43)

>>[1]

ついに待っていました!!ついに幸治先生のトピで初のサスペンス分野誕生ですね!また幸治先生の新たな違った分野の演技やストーリーを堪能できるとは、嬉しいものです^^


幸治先生が数多く出演されて1970年代〜80年代でのサスペンスドラマはあまりく知らない(当時心ついたか、誕生していなかった)ので、ファンとしては是非興味があり、知りたいものです。

あまりDVDも発売されていないので・・・・

楽しみですぴかぴか(新しい)


>>[3]

井上靖さん原作、幸治先生&酒井和歌子さん主演のドラマ「崖」はこちらのコミュニティに出会って初めて存知あげました。

当時は、NHKの朝の連続ドラマがあったように、「崖」のドラマが放送された「銀河テレビ小説」という夜の連続ドラマの枠があったのですね! 興味深いものです。


そしてこ「崖」のドラマを興味があって調べるうちに、ついに7月にAmazonサイトで本を購入しました。
本は絶版だそうで、今は電子書籍版でご覧になることができます。


井上靖さんの一番の長編小説であり上・下巻に別れ、1冊約500ページあり、読破するのに2ヶ月ほどかかりました。

しかし非常に読みやすくある程度のスピードで読め、かつ美しい文体で先が気になる小説のあらすじを追う愉悦はもうわくわくしてしまい、心から楽しかったです。あんなに心から楽しかった本はもう何十年ぶりという感じです。 後半になるほど、話の展開にのめり込み、そして読後感のさわやかな作品となっています



主人公の記憶を取り戻すことで、過去の自分と記憶を取り戻していく自分との折り合いをどうつけていくのか、記憶とともに喪失された愛・憎しみ・裏切りの行方は・・ サスペンスタッチでどんどん井上ワールドに引き込まれていきます。この『崖』は、人間の運命を考えさせる、壮大なドラマです。人間のすばらしさを語り、そして明るく話を閉じるのはなんだか晴れやかな清清しいものを感じさせてくれますねぴかぴか(新しい)

私から言うのもなんですが、是非お奨めです!
写真は井上靖さんの「崖」の本です。アマゾンサイトで古本が販売されています。
amzon
URL: https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%E5%B4%96+%E3%80%80%E4%BA%95%E4%B8%8A%E9%9D%96


左の写真は文庫本、右の写真はハードカバー本です。作品を読んでいる時は、電車等で持ち歩きするには文庫本で、家で読む時は見易いのでハードカバー本と、2週類を購入し併用して読んでいました。


>>[1]


Q.現在NHKアーカイブスに残っているのかいないのか。 残っているなら是非とも見たい作品です。

A.はい、私も「崖」の本を読んで以来、とても素晴らしい作品で感銘を受けたので、今年の9月に「どうしてもドラマも見てみたい」という思いに駆られ、NHKアーカイブスのサイトでダメもとでリクエストして投稿してみたんです。

するとNHKアーカイブス側からご丁寧な下記の内容のお返事を承ったのです。
「さて『崖』ですが第23回だけが発掘映像として保存されています。名作のようですが、まだ1話だけしかなく残念です。全30話分が発掘されますように!」

NHK様のコメントに対してなんて律儀であり難いものだと思いました。現在NHKで[崖」は30話のうちの1話分(第23回)しか保存されていないとのこと、残念なものです。でもこちらの唯一残存している1話分が残っているんですね。私も是非こちらの第23回だけでも見てみたいものです。

作品[幻化」(1971)のようにDVD化して欲しいものです。
>>[19] 大楠道代さんは鈴木清順監督の大正ロマン三部作の全てに出演しており、なかでも「陽炎座」の品子は映画史に残る名演ですね。謎の女の役がよく似合い、冷たい色香のようなものがまさしく陽炎のようにめらめらと立ち昇る。一度見たら忘れられない女優さんです。品子に憧れて私は時々ロケ地である琴弾橋を訪れます。
>>[19]

「崖」の新見まさ子役であった女優 大楠道代さんは、あのアパレルメーカー・ワールドから独立した、BIGIブランドをデザイナー・菊池武夫さんと一緒に立ち上げた大楠裕二の奥様だったとは!
存知あげませんでした。

今はではデパートでも入っている有名なブランドですね。

友人が大楠さんの同じ出身学校だったのですが、まだ彼女が若いせいか知りませんでした・・・。


女性方の前では言いにくいのですが、私が安田道代さんを初めて観たのは、中学の頃に土曜の深夜に放映されていた映画(セックスチェック、第二の性)でした。
安田さんが綺麗だったかどうかというより
ただ、ショッキングな印象でした。
それから数年後に、大楠道代さんを観たのは三國連太郎さん作品の親鸞・白い道でした。親鸞の奥さんを演じていらっしゃいましたね。
最近、とは言っても10年以上前かな。
北野武さん監督の座頭市で拝見したくらい。地味な印象ながら、なかなか存在感ある女優さんですね。
>>[18]

ええっ!ドラマ「崖」の最後の場面は幸治先生扮する山代が入水自殺する場面とは!原作では、自殺しようとする決意のことは書いているのですが、その場面が海であるという設定はなかったような気がするのですが・・・。ドラマと原作では多少場面展開が違うのが面白いです。

山代が自殺しようとする海の場面のセットもスタジオ内のものだったのでちょっとしょぼかったのですねあせあせ(飛び散る汗) あれだけ見事な大物キャストたちなのに・・・セットがしょぼいのはすごく勿体無いものですたらーっ(汗)

原作では、主人公・山代が新見まさ子をだまそうとしてだましきれず、あの日自殺を決意してその前に新見まさ子の江戸川公園の上にある崖の家に行こうとして、その崖を最短距離の方式をとって雑木林の中を登ろうとして足を踏み外して転落したまま記憶喪失、その後は意識回復、つかさが水先案内人になって徐々に記憶を取り戻していくという感じで物語は展開しく感じです・・・




全然、話がそれるのですが、前回
大楠道代さんと歌手のりりぃさんは似ていると書き込むつもりでした。

先ほど、ネットニュースで知り驚き。

りりぃさん、亡くなられたそうです。

高橋さんと縁があったか分かりませんが。

合掌
うわ、結構面白そう。
大空さん、こういうドラマは定番でしたね。
幸治先生のサスペンスの第2弾は「わらの女」(1977)ですね、こちらのドラマのテーマを待っていました!

こちらのドラマはフランスの作家が原作をベースに潤色したものとは初めて知りました。

しかも創元推理文庫から出ている原作本の帯「わらの女」が大空さんと幸治先生の写真が映っているものをつかささん、お持ちなのは素晴らしいです。こちらの本の赤の帯の二人の写真はどんなシーンなのでしょう。大空さんが幸治先生を何かの理由で責めているシーンなのでしょうか?想像力を掻き立てるものです^^


しかも作品「わらの女」は映画でもイギリスでも1964年に製作され、ショーン・コネリーとジーナ・ロロブリジーダが出演されていますね。ジーナ・ロロブリジーダはイタリア人で特にブリンナーとも共演したこともあります。(映画「ソロモンとシバの女王」(1958・アメリカ)にて)


幸治先生役の藤城が、「崖」(1975)の山代よりもさらに完全に悪役のレベルに達してしまっていて顔色一つ変えなさそうな冷徹な役柄なのですねたらーっ(汗)(徹底したクールさに戦慄を覚えるとは・・・なんとも恐ろげや・・・)

>優子は最期に藤城に助けを乞う際、「少しも私に愛情を持たなかったのですか?」と聞きますが、
藤城はけんもほろろ。
←なんとも優子の切ない大切な気持ちをそこまでしなくても・・・と思ってしまうものです。
>>[34]
ドラマ「わらの女」(1977)はNHKアーカイブスでは20話のうちの10回話、約半分もの量の作品が保存されているのですね。沢山保存されていて見ごたえがありそう。

『崖』(1975)は30話のうちの23話の1回分しか保存されていなかったです。

是非ともDVD化を切に願っております!
>>[36]

高橋さんとは関係ないけど
ソロモンとシバの女王、DVD持ってます(笑)
ジーナさんなら、ノードルダムに出てくるジプシー女ですねexclamation ×2

ログインすると、残り30件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

高橋幸治 更新情報

高橋幸治のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。