ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > ダーウィンが来た! > トピック一覧 > スクープヒョウの親子巨大ナマズ...

ダーウィンが来た!コミュのスクープヒョウの親子巨大ナマズを狩る

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

今日の舞台はアフリカボツアナのチプティ川が舞台。
今回の驚きのスクープは、彼らのヒョウにとっては未知の獲物ナマズ

ちなみにこのスクープに出ていたのは、3匹の親子
お母さんと娘ナイナと♂のレオ

子供達はとっても好奇心旺盛で、それによって成長していきます。
今回お母さんはナマズを見るだけだったのですが、
オスのレオは恐れず、好奇心だけでナマズをゲット!
なんとこのナマズだけで、3頭は無事に歓喜を乗り超えました。

そして、雨季、ナイナは別れの時期を迎えました。
お母さんに突然追い出されて1人で厳しい環境を生きねばなりませんでした

でも、大型の牛の仲間(名前忘れた(^^ゞ)を見事仕留めて
無事肉にありつけました。
これからも頑張って来て欲しいです。

コメント(8)

こんばんは。今回は次の真田丸が気になりながら観ていました(笑)

正直言って、ナマズを捕ることくらいたいしたことないと思っていたのですが、ちゃんとひげじいが突っ込んでくれました。ああいった野生の動物がいままと違う獲物を捕らえて食べるっていうのはものすごいことなんですね。

昔、アメリカシロシトリっていう毛虫が外来種として日本に入ってきて大発生したのを思い出しました。
なんでも当初鳥などが獲物として認識できず大発生、しかし数年経つと鳥も『こいつ、食えるぞ』というのを学習して、食物連鎖に組み込まれました。

今回のナマズを捕るっていうのも、ヒョウ全体に広がっていくのでしょうかね?
戦中、食糧難の時期に動物園ではライオンに肉ではなく鯖を与えていたらしいですから、「食べられる」とわかると食べるものなんですねぇ。
うちの亀さんたちも、豚肉の赤身が大好きですけど、自然界では食べる機会ありませんからね。

あと、ヨーロッパオオナマズが鳩を食べていた回も思い出しました。(^^)
子離れの厳しさが切なかったです。
頑張ってほしいです。ナイナにこれからも・・・
>>[1]  そうですね。受けkついで
いってほしいですよね。たら、ライラがちょっとかわいそうでしたが、ちゃんと獲物がゲットできるようになってよかったです。てか、そっか、オスは受け入れなきゃいけないから、それでレオには無関心だったんですね
何はともあれ、厳しい中で元気に過ごしてほしいです。
>>[2] 本当に、「あ、これうまい」って分かったらなんでも食べちゃうんですね。
ちょっとびっくりしました。確かにナマズなら川に入ればいくらでもゲッできるから乾季間は困りませんしね。
さて、ライラがどうなっていくがちょっと心配ですs。
>>[3] あ、ナイナだった。今までの人tゴメンナサイ(-_-;)
ま、まあ何はともあれ、元気でいてほしいですね
猫だって魚取りするし、ヒョウが魚を食べても別に不思議は…と思っていましたが、そうか、もともと餌ではなかった物を食べ始めるのは結構ハードルが高いんですね。若者の好奇心が発端だったのは興味深いです。幸島のサルが塩水で芋を洗うようになったのも、とある若いメスが始めたのがきっかけだったとか。
次回は猫ですか。岩合さんの美しい映像を楽しみにしています。
>>[7] 来週が楽しみですね。私もネコ大好です、。家に巣があるみたいで

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ダーウィンが来た! 更新情報

ダーウィンが来た!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。