ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > イllu3○▼ィ > オバマ危険な正体!

ログインして参加する

このコミュニティに参加するにはログインが必要です。

オバマ危険な正体!

オバマ危険な正体! 2016年11月17日 10:35
mixiユーザーmixiユーザー
http://blog.livedoor.jp/matrix_zero1/archives/2109704.html
オバマ危険な正体 ロスチャイルド家 イルミナティ NWOの操り人形

偽善者オバマに騙されるな!
実態は自分の考えを持たないNWO イルミナティ
ロスチャイルド家 ロックフェラー家
影の政府の操り人形だ!

幼少期からCIAに洗脳されたCIA工作員だ!
両親とされる人物もCIA工作員の疑いがある!

ダメリカの陰謀暴露系サイトでは、クローン人間説もあり 
側頭部の大きな傷跡は脳の改造手術痕説も有る!

http://hillser.iza.ne.jp/blog/entry/2262212/
(※リンク切れ)

ビンラディン殺害は大ウソ報道 オバマ ヒラリー達の猿芝居!
いつも通り、米国の自作自演だろう。

拘束ではなく殺害となれば、証拠はなくなる。

そもそも2001年の同時多発テロ自体がダメリカ陰の政府 ロックフェラー
ロスチャイルド家 CIA イスラエルモサドの協働の猿芝居だといわれている。

それだけではない。
ビン・ラディンはブッシュのビジネスパートナーで米国CIAのスパイ
であるという常識は、
世界中の常識である。

前大統領や元大統領が経営している企業と深いつながりがあった。
このようなことについて、数日前にブログとmixi日記に書いたが、
丸でこれを打ち消すかのように今回報道が走った。

殺害されたのがイスラマバード郊外の自宅とあったが、これが本当だと
したら、10年間近くも時間がかかったこと自体おかしい。
そもそも国際指名手配犯が、わざわざ首都近郊まで身内と一緒にシャシャリ
出てくるか?
米国が今年アフガンから駐留米軍を撤退させることを予定しているが、
まるで有終の美を飾るかのように、タイミングを狙った話に過ぎない。

そしてしばらくし、アルカイダの報復措置報道が駆け巡った。
報道すること自体はたやすいこと。
カルザイ大統領も米国から送られてきたし、アルカイダ組織自体が
米国CIAが育てたグループだからだ。
こうやって世界中を無意味に恐怖へと向かわせる。

全国の皆さん、マスコミや米国の発表に騙されてはいけません。




オバマ危険な正体 (本の紹介)以下転載

彗星のごとく現れ、アメリカ新大統領に予定どおり当選したバラク・オバマは、ウォール街金融勢力と、狂気のロシア嫌い外交家ブレジンスキーによって育成された「洗脳大統領」である。
―日米のマスコミが身をすくませて報じないこの事実を、ベテラン調査記者が克明に報告。

著者について
ウェブスター・G・タープレイ
1946年マサチューセッツ生まれ。情報活動研究の専門家、歴史家。30年以上にわたり情報機関の秘密工作を徹底して調査、暴露してきた。CNN、フォックス・ニュース、Cスパンなど、数多くの報道メディアに登場している。
著書に『ジョージ・ブッシュ非公認伝記(The Unauthorized Biography)』、『9・11人口テロ(9/11 Synthetic Terror)』がある。

太田/龍
昭和5(1930)年、樺太生まれ。平成3(1991)年以降、全人類を世界人間牧場に収監しようと企図する超巨大権力による新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)構想の危険性を看破し、警鐘の乱打を続けている。現在、天寿学会、文明批評学会、週刊日本新聞、日本義塾主宰。海外の貴重文献を渉猟して日本に紹介する活動を精力的に展開し、著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


ロリコン、戦争犯罪者オバマ氏の膝の上に座っている幼女は誰ですか?
Who Is the Young Girl Sitting on Obama’s Lap? (LINK先 広告多くPC重くなるので要注意!)

http://obamas-lap.beforeitsnews.com/politics/2016/11/who-is-the-young-girl-sitting-on-obamas-lap-2859512.html





アルシオン・プレヤデス22−2
エリートによる必死の最後の行動:戦争、テロ、危機...
https://youtu.be/NfJGSNPrqRw @YouTubeさんから
地球の政治−経済の構造における徹底的な変化、私達にひどい害をもたらしている権力の主達の完全な破壊、正真正銘の社会、倫理、精神面での進化等がないうちは、私達の運命を決定する待機の時間は次第に耐えることがより困難になるだろう。

これは、私達に周波数の変化をもたらす新たな文明の創造のための深い変異−変化であり、先延ばしにできない。というのも、光子−光によって駆り立てられた私達のDNAの強力なコード解除−再コード化によるものであるからだ。光子は、軽いものと重いものとを定義するよう駆り立てる。すなわち中途半端な状態は消滅しつつあるのだ。

私達が抱える強力な抑制−無意識のために気づくのが難しいにせよ、各自がその日々の行いに基づいて立場を明らかにしつつある。つまり、現在理性やあらゆる種類の配慮、節度を失った何千もの人々に起こっているように、光に反するエイリアン達が望むまさにそのレベル−周波数−エネルギーに入るのか、 あるいは起こっていることの現実に目覚めていくか、なのだ。

彼らはできる限りのあらゆる手段を用いて、私達を捉え、沈静化し、さらにゾンビ化し、多くのことを私達に納得させようとあがいており、新たないわゆる改革や果たされない約束を提供していることを覚えておこう。その一方で、彼らはいつもの口実をもって都市を荒廃させ、罪のない人々を虐殺しており、その二重基準により、多くの不用心な人々を騙している。人々は、今なお全ての背後にあるものを知らない。しかしながら、それが民主党であれ、共和党、労働党、保守党、右派や左派、中道左派等の何であれ、政党は全て、帝国に完全に従うという同じ目的をもって忠実に働いていることを見出す人が日増しに増えている。そうして 一見よりカリスマがあり−革新的で−適応力のある新たな仮装をもって、突如として幻滅した者達や優柔不断な者達に向けた素晴らしい公約をもって出現するか、さもなければ別の党に移り、後には帝国のトップ層から発される命令に応じて、再び権力の座に上るのだ。要は、何が何でも明白な世界支配の下に絶対主義を維持することである。

衰退している統治者であるエリートとその追従者達は、もはや至る所でデモをおこなっている民衆の歓心を買うよりも、今や支配的な帝国の覇権から離れ始めている政治家達の歓心を買おうとして、あらゆる手段を講じてあがいている。

アルシオン・プレヤデス26−1
火星の生命と火星への旅の隠蔽、
オバマは火星に行った
https://youtu.be/fGRf9Ktp9Wc @YouTubeさんから
数えきれない紛争が世界的に増大し続けるのを回避するために役立ちたいというただ一つの目的から、この地球の市民として私達全員に影響する極めて深刻な事実について深い啓蒙を行おうと私達は試みている。

というのも、私達の唯一の住まいが危険にさらされているからで、関心を抱かないのは、自分自身や周囲の人々の行く末のために闘う人間の態度ではない。ここで重要なのは、私達がもっと関与し、私達に起こっており、日増しによりひどい形で締めつけがきつくなっている全ての事実について知ることだ。

言及したいのは、あらゆる方面から私達を破滅させようとするその欲求についてであり、ひどい貧困や不安、死や苦痛を生きることに私達を慣れさせている。その一方で人類はいつもながら、これを解決するために何もしていない。

だが、はたして全てがしかるべきように正しく公平な形で解決するだろうか、それとも私達はその必要かつ緊急な変革に至るために、苦しみ続けなければならないのか?

地球が強烈な変化を経験している困難な時を私達が迎えていると理解するのは重要だ。さらにはかつてないような形で、起源の判らない多くの船が月に出現しており、さらには奇妙な爆発も見られる。また火星とその無数の謎についても、何が言えるだろうか?

ビデオ制作 アルシオン

アルシオン・プレヤデス34−3:
FEMAのギロチン、著名人の複製−クローン、アクエンアテン−オバマ、ビヨンセ https://youtu.be/nWnzDrPCXbA @YouTubeさんから
2016/02/05 に公開
私達が知らせているのは、解決の望みが少しもない、ひどい地球規模の状況についてである。というのも、闇の力が前進し続けている上に、罪のない民衆や、また同じく彼らに賛同しない多くの国々も脅し続けているからで、彼らが求めているのは、世界をありとあらゆる方法で恐怖の下に置き、緊迫した状態にさせることであるからだ。

もしかして彼らが大いに模索している目的 − 意図は、至る所で私達を破壊しようとしているテロリズムを通して、私達を恐れや不安、恐怖の下に生きさせることなのか?その国民達に向けた、いつの瞬間にも起こり得る、差し迫った − 恐ろしい何かが準備されているのか?

だがこのことに加えて、もしかして、彼らがその達成を切望していた、名高い未来の模擬人間が既に進行しており、それを、広大な芸能界で見ることができるのか、それともクローン − 人工物にまつわる、何ら論理的意味を持たない、偶然の一致の一つの形にすぎないのか?

では、大物セレブのある者達は、本物であった、かつての別のオリジナルの人々のよくできたクローンであるとしたら、どうなるだろうか?

もしかしてオバマとその家族全員も、ビヨンセも、エジプト人のクローンであり、これらの信じがたいクローニングの事実は、他の名高いアーティスト達や、同じくまたその複製をもっていたアメリカの大統領や要人達にも起こってきたのか?

ビデオ制作:アルシオン


アルシオン・プレヤデス48:ドナルド・トランプ、エリートの戦略、社会の衝撃、NWO、株式市場の破綻 https://youtu.be/B47tfAqBuuY @YouTubeさんから

2016/11/15 に公開
****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が3つの部分に分かれています***

思いがけない形で世界的展望を変えつつある、デリケートな社会や政府および政治的な事実を日々感じ取ることができ、また警戒している必要がある。というのも、それらは世界的な権力者とその臣下達が、人類に対する社会的な断絶の陰謀を激化している出来事であるためだ。

大多数の人が至る所で起こっている多くの裏表のあるやり方やペテンを疑い始めているが、薄暗い闇の中から実際に統治している者達がその背後にいると知らずに、今なお政治家達を信用している。このことは、最近のアメリカの大統領選挙の結果において実証された。この選挙が、その後に控える他国の政府が従順にその手順に従うための指針を示すものとなる。

ごく間もなく、新たな思いがけないドナルド・トランプ大統領の任命をもって、約束された多くの物事が確認されるだろう。では、セレブ達を含む、止まないひどい動乱と社会不安に対する対応は、何でありうるだろうか?もしかして、念願の名高い新世界秩序を決定的な形で設置することなのか?新たな政府をもって、新たな戦略的変化が開始され、その一方で経済が恐慌に突入し、そうして新たな世界貨幣を創設するのか?

はたしてトランプは、大統領に就任するために独力で戦ったのだろうか、それとも、これはエリートの決定であり、外国人嫌いや人種差別、侮辱などの彼の態度は、次の段階へ進むために陰の政府自体が意図的に計画したものだったのか?

コメント(2件)

[1]2016年11月19日 12:28
アルシオン・プレヤデスビデオニュース新作57 英語版 

アメリカ大統領不正選挙 ソロスの陰謀 トランプも操り人形?

ヒラリーとオバマの犯罪
 ALCYON PLEIADES NEWS REPORT 57

https://youtu.be/xUYyTPrE9s8 @YouTubeさんから


オバマは性犯罪者か?
[2]2016年12月02日 17:42
Joe Biden: For Those Who Didn't Believe The First Video #PizzaGate

https://youtu.be/0s-cp7m2pEc
変態鬼畜ジジイ!
ダメリカ 副大統領 ジョー・バイデンは小児性愛犯罪者だ!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

イllu3○▼ィのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

イllu3○▼ィ

人気コミュニティランキング