ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 古生物学 > トピック一覧 > 【質問】ヒトとイエスズメの共通...

古生物学コミュの【質問】ヒトとイエスズメの共通祖先は?

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

哺乳類と爬虫類の共通祖先って、哺乳類なのでしょうか?爬虫類なのでしょうか?両生類なのでしょうか?

コメント(6)

ヒトは、哺乳類の代表として。イエスズメは、恐竜の定義にも登場する爬虫類の代表として、名前を使ってみています。

かつては、魚類→両生類→爬虫類→哺乳類、というような進化を説明されていて、鳥類だけが説明もされず謎のカテゴリーでしたよね。
最新の研究だと、哺乳類は爬虫類とは別の進化をたどったとされているみたいで。
調べていたら、爬虫類の進化の系統はなんとか良いところまで見つけられたのですが、哺乳類のほうが追いかけられないんです。

ユーステノプテロン→アカントステガ(ほぼ両生類)→イクチオステガ(ガチ両生類)→なんやらかんやら5000万年経過→ヒロノムス(無弓類、最初の爬虫類)→ペトロラコサウルス(最初の双弓類、爬虫類)

これが爬虫類の流れらしいんですが。
哺乳類のご先祖、最初の単弓類アーケオシリスの出現がヒロノムスの数百万年後のようだけど、どこからどう分岐したのかわからなくて。

ヒトとイエスズメのもっとも近い共通祖先Xが存在するのは間違いないはずです。そのXが、哺乳類なのか、爬虫類なのか、両生類なのかがわかれば、疑問は解消されると思うんですが……。
趣味人なもので、ここまで集めた情報は、ネットと簡単な入門書が頼りです。専門書は、難しくて手が出ませんでした(^_^;)。書店で軽くページをめくって、そっと元の場所に戻しました。
ユーステノプテロン→パンデリクチス→ティクターリク→アカントステガ→イクチオステガ

ってのも、ここ数日でどうにか頭に入った流れです。
……忘れそう(^_^;)。
種の特定はできなかったけど、少しわかってきました。

「恐竜は滅んでいない」著 小林快次
2016

で、爬虫類と哺乳類が別々に進化したことが軽く触れられていました。

「古生物たちの不思議な世界」著  土屋健
2017

では、両生類から爬虫類が分岐、両生類から単弓類が分岐して哺乳類へ進化、と踏み込んで書いてありました。

http://www.seibutsushi.net/blog/2007/12/361.html

ここのサイトでも、両生類から有羊膜類が発生し、そこから爬虫類と単弓類がそれぞれ発生したと触れられています。

なので、ヒトとイエスズメの一番近い共通の祖先である生物Xは、少なくとも両生類の仲間かその派生に当たる有羊膜類らしい、ということが突き止められました。

なんでそんなことがわかったのかが、不思議です。なにかしら根拠になる化石が出てるってことだと思うけど。
追ってゆっくり調べてみますが、ひとまず一番の疑問はひとつ解消されました。

知れば知るほど、自分が何も知らないんだということを思い知ります。
両生類と爬虫類、両生類と単弓類をつなぐ手がかりがやたら少ない理由も、わかりました。

石炭紀に脊椎動物の化石がほとんど出てこない時期があって、それを「マーローの空白」とよぶんですね。
なぜそんな空白時期があるのかは、よくわかってないみたいですが。手元の書籍やネット検索では、途中の手がかりがほとんど出てこないのは、このためだったんですね。
ユーステノプテロン



パンデリクチス



ティクターリク



アカントステガ



イクチオステガ



いろいろあった石炭紀



ディスコサウリスクス
とか
シームリア
とか
(爬虫類に近い両生類)



謎の有羊膜類のご先祖



ヒロノムス(無弓類)



ペトロラコサウルス(双弓類)

または、

謎の有羊膜類のご先祖



アーケオシリス(単弓類)

というような流れなのかなと。
それぞれ直系の祖先かどうかの精度は怪しいものだけど、その種類の仲間にミッシングリンクをつなぐのがいてそうだ、ということなのだと思ってます。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

古生物学 更新情報

古生物学のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。