ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 地域 > 私は静岡人です。 > トピック一覧 > 静岡県のニュースを書こう。

私は静岡人です。コミュの静岡県のニュースを書こう。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

私は、他県から来て、静岡のことをあまり知らないので、
ここに、静岡県のニュースを書いて勉強したいと思います。

そのニュースについての感想があれば、ここに書いてください。

コメント(81)

警察署の清掃員、大半が偽名 点呼すり抜ける 静岡

静岡県警裾野警察署(同県裾野市平松)が民間業者に委託している清掃業務で、作業員のほとんどが登録の名簿とは別人だったことが16日、署への取材でわかった。それぞれ登録上のネームプレートをつけ、署員による点呼の際にもなりすまして返事をしていたという。

さらに点呼時に作業員は9人だったが、終了時にはいつの間にか10人に増えていたという。署は「なりすまし」について、警備上の問題があるとみており、詳しい経緯や、これまでにも同様のことがなかったかについて業者から事情を聴いている。現場には署員が立ち会う決まりになっているため、「ものが紛失するなどの問題は起きていない」(同署)という。
「給食のご飯がアルミパック」は静岡だけ!? 静岡県民に衝撃

「給食のご飯が四角いアルミパックで出てくるのは静岡だけ」という衝撃の事実に、「マジで!?」と衝撃を受ける静岡県民が続出しています。

静岡県学校給食会に取材したところ、この方式は“個人別炊飯方式”と呼ばれており、「確かに静岡県で多く採用されていますね。一部ですが、他の県でもこの方法を採っているところがあるというのは聞いたことがあります」とのこと。ただ現在は、他県でもメジャーな「クラス別炊飯方式」(クラスの人数分をまとめて炊飯し、食べる時に器によそう方式)への移行が進んでおり、今でもこの方式を採っているのは、浜松市や藤枝市、焼津市などごく一部の地域だけなのだそうです。
<ペリー>黒船祭に子孫「これだけたたえられているとは」

静岡県下田市の「第78回黒船祭」が19日に始まり、1854(嘉永7)年の「黒船来航」で知られる米国海軍のペリー提督(1794〜1858年)の子孫が、来航記念碑の献花式に参列した。市観光交流課によると、子孫の参加は12年ぶり2回目。

 下田を訪れたのは、ペリーから6代目の元教師、ルイス・ホーン・ヒズロットさん(75)と7代目の教師、キャロライン・ニコルスさん(48)。ペリーが上陸後に日米和親条約付属協定の下田条約に調印した了仙寺で現在の住職を務める松井大英さん(59)やニコルスさんによると、ニコルスさんの叔父フレデリックさんも2005年に直系子孫19人で同寺を訪れ、黒船祭に参加したという。

 献花式では、ヒズロットさんとニコルスさんもそれぞれ夫婦でペリー像前に献花した。ニコルスさんは「これだけ遺徳をたたえてもらっているとは知らなかった」と話した。

 祭りは21日までで、ヒズロットさんは20日午後0時半から了仙寺で演じられる再現劇「下田条約調印」に、子孫で初めて出演する。【梁川淑広】
ガチャガチャからティーバッグ! 静岡・島田市の「緑茶化」が進んでいる

ティーバッグのカプセルトイを販売するガチャガチャ(カプセル自販機)が静岡空港(静岡県島田市、牧之原市)に設置され、ツイッターで「回したい」「ちょっとやりたい」などと反響を呼んでいる。

静岡県島田市が2017年5月18日、観光振興プロジェクト「島田市緑茶化計画」の一環で設置した。さすがは茶の名産地というべきだが、なぜカプセルトイだったのか。Jタウンネット記者は、市広報課に理由を聞いてみた。

その名も「ガ茶々」

同市の発表によると、ガチャガチャ「ガ茶々(ガチャチャ)」は静岡空港3階の土産物店「FSZ」の入り口に設置された。市と島田市茶業振興協会の3支部の青年部、大井川農業協同組合が協力して作った「コンセプトティー(ティーバック)」と「オリジナル缶バッジ」が1つずつカプセルに入っている。

市広報課の担当者によると、外国人の「ガチャブーム」の先駆けとなった成田空港のガチャ売り場に着想を得て、外国人観光客が余った小銭を使ってくれるだろうと予想して静岡空港に設置したという。


缶バッジは全25種類で、ガチャガチャは1回200円。

ガチャガチャが設置され、ツイッターには「ちょっとやりたい」「お茶ガチャ!かわいい」「オリジナルガチャいいなぁ。。。」という声が上がった。

ティーバッグは「深蒸し・火香(ひか)強」、「深蒸し・火香弱」、「浅蒸し・火香強」、「浅蒸し・火香弱」の4種類だ。

ガチャガチャの本体は、同市のイメージカラー「緑茶グリーン」で目立たせた。


広報課の担当者によると、同市随一の観光名所で知られる「蓬莱橋」(全長897.4メートル)と「島田市ばらの丘公園」にもガチャガチャを設置する方向で検討を進めている。
全国初の木造本格復元だった掛川城天守閣、なぜ鉄筋を選択しなかったのか?

今春、4選を果たした名古屋市の河村たかし市長が執念を燃やしている名古屋城天守閣の木造化。「未来の世代まで残せる市民の財産を」との首長そして政治家としての思いがあるようだ。そんな木造天守閣を全国で初めて本格復元したのは静岡県掛川市だった。掛川市はなぜ木造復元したのか? 天守閣木造復元の思いを探った。

 掛川城は、室町時代の1505(永正2)年に築城され、安土桃山時代、豊臣秀吉の家臣、山内一豊によって城郭と城下町の整備が行われた。しかし、江戸時代に起きた安政の大地震により天守閣や城門が崩壊、天守閣は再建されることなく明治維新を迎え、廃城令により建物の一部を残して撤去された。復元前は、天守台と堀の一部、安政の大地震後に再建された二の丸御殿など一部の遺構が往時の面影をとどめるにすぎない状態であったという。

掛川城を復元できないだろうかとの思いは、掛川市では昔から街づくりの施策として語られていたようだが、莫大な費用がかかることから現実的な取り組みにまで進展することはなかった。それが現実味を帯び始めたのは、昭和63年(1988年)に東海道新幹線の掛川駅を市民の力で誘致し建設したことだったという。

 新幹線の次は掛川城の復元だと気運が自然に高まっていったのだ。掛川市では昭和52年(1977年)から平成17年(2005年)にかけて、現在、日本茶業中央会会長や大日本報徳社社長などを務める榛村純一氏が7期28年間にわたり市長を務めている。

 榛村氏は、生涯学習を通じた街づくりを提唱し、生涯学習都市宣言をするなどして市の施策に取り組んだ。榛村氏の考えに共鳴した篤志家より掛川市に5億円もの寄付があり、多額の寄付金により掛川城復元は財政的にも現実的なものになっていったのだ。

 しかし、戦後、復元された城は、ほぼすべて鉄筋コンクリート製という時代であった。復元工事を議論する市議会全員協議会で当時市長の榛村氏は「本格的な木造天守閣の建設は全国でも初めてで、それだけに実施設計は難しく、工事費は鉄骨で行えば6億円位だが木造でやればその倍になる」と説明している。

 鉄筋の道をとらず、木造復元を選択した理由は何か? それは、最終的には榛村氏の思い、考えによるものであったと考えられる。榛村氏の家業は林業。掛川市森林組合長や県森林組合連合会専務理事を務め木の文化に強い思いがあった。

 榛村氏は、「木の文化によるまちづくりの意義と効果」と題した文章の中で、木の文化、木造建築にこだわる理由として、自身が林業や森林組合長をやってきたこと、環境問題、木造建造物の教育的、精神的な側面の3点を上げ、こうした自身の理念を集約したものが掛川城の復元だったと明かしている。

 しかし、その建設は、建築基準法にかかる問題への対処や津軽半島から材木を仕入れるなど大きな苦労があったようだ。また、天守閣の設計は、山内一豊が掛川城を模して建てたとされる高知城をもとに行われたという。

 掛川城は平成2年(1990年)8月から復元工事が行われ、平成6年(1994年)4月に竣工、一般公開された。木造復元から20年以上を経た現在、掛川城は地域のシンボル、観光資源として定着し年間14万人もの人が訪れている。

1メートルのトカゲ出没 静岡の田んぼ、捕獲失敗

31日午後2時40分ごろ、静岡市葵区瀬名川の田んぼに「体長1メートルくらいのトカゲがいる」と通行人の女性が110番した。駆け付けた静岡中央署員が捕獲しようとしたが逃げられた。

 同署によると、現場近くの男性が28日午前、オオトカゲの遺失物届を出していた。同署は出没した個体と同じとみている。外見の特徴から、トカゲはコガネオオトカゲと推定されるという。同署は「見かけても刺激せず、警察署に連絡を」と呼び掛けている。

 河津町の爬虫(はちゅう)類動物園「iZoo(イズー)」によると、コガネオオトカゲはインドネシア原産。全身が黄色く、黒いまだら模様を持つ。動きは機敏。毒はなく温厚な性質で人に危害を加えることはないという。
大腸がん検診、市町間で受診率に格差 静岡県内

女性のがん死亡原因1位である大腸がんの検診の受診率を巡り、県内市町間で格差が生じている。藤枝市が最高で55%だったのに対し、最低値は熱海市の18%だった。県平均は33%で全国平均(25%)を上回った。
 2014年度の国のデータを基に県がまとめた。市町の事業対象者における受診者の割合で、企業の検診を受けた人は含まれていない。

35市町のうち、50%を超えたのは藤枝市のほか松崎町(53%)。同市は受診者への案内通知に採便棒を同封して医療機関への申し込みの手間を省くなど工夫した上で、市民約千人に保健委員を委嘱し、啓発を図っている。

 40%台は13市町だった。全国平均を割ったのは函南町(20%)、静岡市(22%)など5市町。熱海市は同年度最も低かったが、検診無料化、受診期間や委託先の医療機関の拡大など利便性を高める施策で、16年度の受診者数は1・6倍になった。
 食事の欧米化や罹患(りかん)リスクの高い高齢者の人口割合の増加を背景に、大腸がんの罹患率は年々高まっている。女性のがん死亡原因では1位だが、死者数自体は男性の方が多い。比較的進行が遅く、初期の自覚症状も少ないとされる。体調に異変がないうちに、検診で早期発見することが生存率を高める鍵を握っている。
10日朝、愛知県新城市の東名高速で、乗用車が中央分離帯を飛び越えて観光バスと正面衝突し、乗用車の運転手が死亡、乗客ら45人が重軽傷を負った事故で乗用車を運転していたのは、浜松市東区の医師・伊熊正光さん(62)と分かりました。岡崎市内の勤め先に向かう途中、事故にあったとみられています。
医師が長年勤めた浜松医科大の関係者によると、医師は本来は小児科医で、天竜病院(同市浜北区)勤務などを経て50代後半で精神科医になった。5月の同窓会では現在の仕事の充実ぶりを語ったそうで、同期の男性は「温厚で仕事熱心、人付き合いも良かった」と話す。天竜病院の元同僚医師(45)は「持病などは聞いたことがない。頑張る人だったので疲れていたのかも」と推測した。
天竜川水系で“取水制限” 梅雨入りしたのに…雨少ない

梅雨入りしたにもかかわらず雨が少ない状況が続いています。天竜川水系では6月15日から取水制限が始められることになりました。  県によりますと天竜川水系では5月に降った雨の量が少なく、佐久間ダムの貯水量が6月13日の時点で44.2%まで落ち込んでいます。これを受け天竜川水利調整協議会は15日の午前9時から天竜川水系から上水道5%、工業用水10%、農業用水10%の取水制限を始めることを決めました。浜松市や磐田市、袋井市などが今回、節水対策の対象となります。県は一般家庭についてすぐに給水制限をするわけではないものの節水の努力をするよう求めています。 
 「海外で臓器移植した患者は受け入れない」との内規に基づき浜松医大病院(浜松市)が診療を拒んだのは、正当な理由がない限り診療を拒んではならないと定めた医師法に違反するとして、中国で腎移植を受けた静岡県掛川市の男性(66)が、大学に慰謝料など約190万円を求める訴えを静岡地裁に起こしていたことが13日、分かった。

 医療関係者によると、海外で移植を受ける患者は年間数十人に上り同様の診療拒否も相次ぐが、訴訟に至ったのは初とみられる。各地での拒否の背景には「こうした患者を診療すると罰せられる」との誤解が一部にあると指摘する専門家もいる。


梅雨空どこへ 静岡33.5度 16日、全国一の暑さ (2017/6/17 06:50)

 静岡県内は16日、広く晴れて昼前から気温が上昇し、静岡市駿河区の静岡地方気象台で最高気温33・5度を観測し、この日全国で最も暑くなった。同気象台をはじめ、川根本町31・2度、静岡空港(牧之原市坂口)31・1度、三島市30・9度、浜松市中区30・7度など計8カ所の観測点で今年の最高気温を記録した。
 静岡市駿河区の広野海岸公園では、親子連れらが園内の「ジャブジャブ池」で水遊びをする姿が見られた。

 県内では4月下旬から晴れの日が多く、6月7日の梅雨入り後も少雨状態が続いている。今後1週間もまとまった雨が降らない見込みで、同気象台は「少雨に関する県気象情報」を出し、農作物の管理などに注意を呼び掛けている。

安倍川に「瀬切れ」発生 空梅雨、生態系に影響懸念 静岡 2017/6/16

 静岡県内全域で雨が極端に少ない状態が続き、静岡市を流れる安倍川で6月上旬から、河道が途切れる「瀬切れ」が発生している。安倍川は河床の高い「天井川」で従来も渇水期に河道が分断することはあったが、梅雨入り後の瀬切れは「この半世紀で記録にも記憶にもない」(安倍藁科川漁協)という異常事態。関係者は漁期が解禁になったばかりのアユをはじめ、生態系への悪影響を懸念している。

瀬切れが起きているのは、同市葵区の狩野橋上流から安西橋下流にかけての2キロ程度の範囲。漁期中毎日、監視活動を行っている同漁協によると、11日に発生して徐々に面積が広がっているという。水たまりのように残った河道には体長10〜15センチほどのアユが数多く取り残され、助ける方策もないため鳥に補食されている。
 国交省が同区牛妻の安倍川近くに設置している観測所の雨量は、平年と比べて5月が38%で、6月に入ってからはわずか4%にとどまる。同省静岡河川事務所によると、現状は伏流水が十分あるため水利用に支障はないが、河川環境維持の観点から工業・農業用水で節水を呼び掛けている段階。

大井川水系で節水開始 少雨影響 (2017/6/20 07:41)

 大井川水利調整協議会は19日から、大井川水系の節水対策を始めた。上水道5%、工業用水10%、農業用水10%の節水率で取水制限する。一般家庭への給水制限はないが、節水を心掛けるように求めている。

 5月以降の少雨の影響で、ダムの貯水量が減少しているため。県によると、6月15日現在、大井川水系三つのダムの合計貯水率は37%で、1カ月前と比べて17%下がっている。

 井川、川根本町の両地点の5月降水量は観測史上3番目に少なかった。
 対象は上水道が島田、焼津、掛川、藤枝、御前崎、菊川、牧之原の7市。工業用水が島田、掛川、菊川、牧之原の4市。農業用水が島田、焼津、掛川、藤枝、袋井、御前崎、菊川、牧之原、吉田の8市1町。
避難準備 静岡県浜松市
避難に時間がかかる方は行動するよう自治体が求めています。対象世帯を確認してください。
浜松で19万7千人に避難勧告

 大雨を受けて、浜松市は市内を流れる釣橋川や馬込川、安間川などで氾濫(はんらん)の恐れがあるとして、21日午前11時すぎから北区三ケ日地区を皮切りに中区や南区、東区などの計7万8491世帯、19万7685人を対象に避難勧告を出した。同日午後1時までに、同市内で被害は確認されていないという。

金色のオタマジャクシ 裾野で見つかる (2017/6/22 08:07)

 裾野市麦塚の会社員飯塚光博さん(58)がこのほど、自宅近くの田んぼで「金色」のオタマジャクシを発見し、保護した。「日本一のカエル館」がある沼津市の水族館「あわしまマリンパーク」によると、突然変異などで色素が欠落した「アルビノ」と呼ばれるオタマジャクシで、見つかるのは珍しいという。

 妻の久美子さん(54)によると、金色のオタマジャクシを見つけたのは15日。17日と19日に1匹ずつ保護した。体長は3〜5センチで、うち1匹は足が生え始めた。「子供たちに見せたい」と21日に市立東小へ寄贈した。久美子さんは「とてもびっくりした」と話した。

 同パークによると、アルビノのオタマジャクシは目立つため、鳥などに捕食されることが多く、見つかることは珍しい。順調に成長すれば「金色」のカエルになるという。
21日の降水量は静岡市駿河区と清水区、菊川市などで200ミリを超え、浜松市中区でも182ミリを記録した。静岡市を流れる安倍川では、11日から藁科川との合流点の上流2キロ程度の範囲で瀬切れが起きていたが、干上がった河原に水が戻った。

一方、平野部と比べて山間地の降水量は少なく、大井川と天竜川の水がめを潤すには足りなかった。降雨後の22日の貯水率は、大井川の井川・畑薙第1ダム32%(前日比4ポイント増)、天竜川の佐久間ダム33・4%(同7・2ポイント増)で、いずれも平年の5割程度。二つの水系で実施中の上水道5%、工業・農業用水10%の取水制限は解除されなかった。
川勝静岡県知事3選 全域に浸透、溝口氏かわす

任期満了に伴う知事選は25日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属で現職の川勝平太氏(68)=連合静岡推薦=が無所属新人で五輪柔道銀メダリストの溝口紀子氏(45)を破り、3選を果たした。投票率は46・44%で、前回の49・49%を3・05ポイント下回った。県議会議員補欠選挙の投開票も同日、富士市、伊東市の2選挙区で行われた。

溝口氏は、川勝氏と田辺信宏静岡市長とのあつれきなどを問題視し、県政刷新を掲げて川勝氏に挑んだ。対話による県と市町の連携強化や母親目線での子育て支援、スポーツの振興などを訴え、県政批判票の取り込みを図った。独自候補擁立を断念した自民党県連の全67支部のうち21支部から推薦を受けたが、県東部、伊豆をはじめ各地で浸透しきれなかった。

■静岡県知事選開票結果
当833,389 川勝平太 無現(3)
 563,316 溝口紀子 無新

住みよい都市 御殿場が67位 民間の全国調査

 東洋経済新報社がこのほど発表した都市の「住みよさランキング」の2017年版によると、県内の市は御殿場市が最高の67位で、4年連続で上位50位入りを逃した。全国1位は6年連続で千葉県印西市だった。

 御殿場市は前年と同順位。菊川市146位(前年157位)、掛川市150位(同182位)が続く。浜松市は222位(同231位)、静岡市は358位(同334位)だった。

 ランキングは814都市(全国791市と東京23区)の「都市力」を、人口当たりの病院・一般診療所病床数や大型小売店店舗面積など15の公的指標を用いて▽安心度▽利便度▽快適度▽富裕度▽住居水準充実度として算出し、その単純平均を総合評価とした。
JR静岡駅前の広場で衣服を脱ぎ下着姿になったとして、静岡中央署は8日、公然わいせつの疑いで全て自称、沼津市青野、無職の女(43)を現行犯逮捕した。「暑かったから脱いだ」と話しているという

逮捕容疑は同日午後1時40分ごろ、JR静岡駅北口の駅前広場で下着姿になった疑い。
 同署によると、容疑者がブラジャーとパンツのみを身に着けて立っているのを通行人が発見し、静岡駅前交番に通報した。

知事と静岡市長“和解” 知事選後初、公の場同席 (2017/7/11)

 あつれきが取り沙汰されてきた川勝平太知事と田辺信宏静岡市長が10日、知事選後、初めて公の場で顔を合わせた。清水港整備で県と連携するアジア最大のクルーズ会社ゲンティン香港傘下のクルーズ船「スーパースター・ヴァーゴ」の清水港初寄港を歓迎する式典前の一幕。

田辺市長が川勝知事に歩み寄り、「市民、県民のために仲良くやっていきましょう」と声を掛けると、知事は「そうしましょう」と応じたという。
本間獣医科医院(本院・静岡県磐田市)は今年、ホームセンターなど21都府県の305カ所で狂犬病のワクチン接種を行った。料金は1回2千円(税抜き)。獣医師会の設定料金より3割ほど安い。「消費者サイドに立って、安全なワクチン接種を適正な値段でやっている」

 こうした動きの広がりに対して、獣医師会からは「国民の健康のための事業で、ビジネス感覚でディスカウント(値下げ)が広く行われている」といった批判が出ている。

 狂犬病のワクチン接種は、狂犬病予防法で義務づけられている。飼い主は同法に基づいて自治体に犬を登録。自治体は毎年4〜6月に集団接種を行い、登録された犬の飼い主に接種を呼びかける。自治体が集団接種を委託するのが各地の獣医師会で、料金は1回3千円前後がほとんどだ。

 この料金設定は、自治体の了解のもとで決められる。獣医師会にとっては重要な収入源で、その一部は獣医師向けの狂犬病の講習会など公益事業にも使われる。収入が減ると獣医師会が弱体化し、自治体による集団接種の実施に悪影響が出る、というのが獣医師会側の主張だ。

 実際、獣医師会の組織率は低下している。日本獣医師会によると、2004年の組織率は約88%だったが、14年は約69%に落ちている。

 一方で、獣医師会に所属していない獣医師らは、「集団接種ではなく、ホームセンターなど身近な場所で行えば、利便性が高く、飼い主は接種しやすくなる」と主張する。こんなデータがある。神戸市で11年に接種を受けた約5万9千匹のうち、約1万9千匹は獣医師会に所属していない獣医師が実施したという。
静岡で信金合併発表相次ぐ 浜松と磐田・しずおかと焼津


静岡県の浜松信用金庫(浜松市)と磐田信用金庫(磐田市)、しずおか信用金庫(静岡市)と焼津信用金庫(焼津市)が、それぞれ合併することが明らかになった。1日に発表し、いずれも2019年2月の対等合併を目指す。静岡県内には12信金あるが、4信金はいずれも上位で、人口減と低金利による将来の収益悪化に備えて再編を図る。

 浜松信金の3月末の預金量は1兆6063億円で県内トップ、磐田信金は7018億円で同4位。合併すれば、全国11位の規模になる。ともに県西部が地盤で浜松が59店舗、磐田は34店舗を有し、一部は競合している。名称は「浜松磐田信用金庫」とする。

 しずおか信金の3月末の預金量は8459億円で県内2位、焼津信金は5862億円で同6位。店舗数はしずおかが41、焼津が29でいずれも県中部を中心に展開している。両信金は1日午前に記者会見し、合併の方針を発表した。
富士宮市の住宅でトイプードルとみられる小型犬88匹を飼育する女性が自力での管理が難しくなったとして飼育を断念し、県と同市、動物愛護団体、静岡市獣医師会が22日、連携して、うち32匹を救出した。8月中に残りの犬も保護し、新たな飼い主を探す。

 県衛生課によると、女性宅でペットとして飼われていた犬が繁殖した。富士宮市が近隣住民から異臭や騒音の苦情を受けて改善を指導したが、女性は管理ができないとして飼育を諦めた。頭数が多く行政の保護施設の収容数を超えるため、県は同獣医師会を通じてボランティアに協力を呼び掛けた。
 22日に保護した32匹は静岡市駿河区のふくろう動物病院(鈴木淑剛院長)に運ばれた後、一時預かりを申し出た獣医師やボランティアら有志に引き取られた。運び込まれた犬は3〜8歳程度で、健康状態は比較的良好とみられるという。

 同動物病院には既に、SNSを通じて事情を知った全国各地の人から新たな飼い主の申し込みの電話が相次いでいる。残った犬も近日中に一時預かりをする予定で、いずれも新たな飼い主が見つかる可能性が高いという。鈴木院長は「終生面倒を見る覚悟を決め、愛情を注いでいただける方を見つけたい」としている。

 関係者は近く会合を持ち、飼い主決定の方針や今後の対応を調整する。同動物病院ではフェイスブックを通じて情報を発信している。
「すし万」162年の歴史に幕 常連客、名残惜しむ 掛川

掛川市掛川で江戸時代から営業してきたすし店「すし万」が30日、162年の歴史に幕を下ろした。安政東海地震(1854年)の翌年、被災した城下町で創業し、市内屈指の老舗として親しまれてきた。最後の営業日には多くの常連客が訪れ、閉店を惜しんだ。

5代目店主の遠藤康之さん(78)や板前の山本達治さん(66)が腕を振るってきたが、数年前から体力の衰えを感じて閉店を決めた。
静岡県伊東市の別荘地で7日から4歳の男の子が行方不明となっていたが、9日朝に発見された。頭の骨を折る大ケガをしているということだが、命に別条はないという。

9日午前9時前、怜輝くんは靴が見つかった場所から北東に600メートルほど離れた雑木林の斜面でうずくまっているところを発見されたという
静岡県沼津市にあった青少年向け自然体験施設の跡地(約9千平方メートル)を生かし、「泊まれる公園」として10月7日に新装オープンした宿もある。森の中に建てられたのは、室内にベッドを備えた球体型のテント。敷地内では自然体験やワークショップなどのアクティビティも計画されており、地元住民のほか、首都圏などからのレジャー客も呼び込む狙いだ。
日本語力や事業3年継続が要件 厚労省、外国人実習生に介護追加

開設3年以上の事業所を対象とし、実習生は入国段階で基本的な日本語を理解できる能力が必要とした。受け入れ人数の上限を常勤介護職員の総数までとすることも定めた。

介護現場の人手不足が続く中、ベトナムなどアジア諸国からの来日が想定されており、年明けに第1陣が入国するとみられる。
「ららぽーと沼津」2019年秋開業予定 静岡東部エリア初進出

静岡県沼津市に、静岡・東部エリア初進出となるリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパークららぽーと沼津」が2019年秋に開業する。

ハート買い物からグルメまで家族で楽しめる施設

同施設は、ファッション、雑貨、飲食、エンターテインメントなど、話題性の高い店舗を揃え、30代から40代のファミリー層をメインに、シニア・ヤング層まで幅広い世代の人が楽しめる施設構成を予定。

また、敷地内には3ヵ所、合計約5,000屬領价呂鮴鞍し、地域と連携したイベントが開催できる屋外イベントスペース、公共交通機関の発着場となる交通広場が整備され、さらに施設内には災害時の帰宅困難者待機スペース等も設ける。
ヘルシー志向 うまく商品開発 広がる糖質制限

ダイエットや糖尿病予防に役立つと話題の「糖質制限」。糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたもので、米やパン、麺類、甘い食べ物などに多く含まれており、血糖値を上昇させる。その摂取量を減らすのが糖質制限で、県内でも関連の商品・サービスが増えつつある。糖質を抑えた品々を扱う店舗に、最近の動向や開発経緯などを聞いた。

 インターネット販売を中心に、パンやスイーツなど二十五種類ほどを扱うのは、浜松市南区の「フレジュ」。小麦粉の代わりにふすま粉や大豆粉を、砂糖の代わりに人工甘味料などを使っており、一カ月で七十万〜八十万円ほどの売り上げがあるという。

 オーナーの高林泉哉さん(50)は、糖尿病で苦しむ友人から「おいしいものを食べたい」と相談を受けたことをきっかけに、二〇一〇年から商品づくりを始めた

当初は、ネット経由で遠方からの注文がわずかにあっただけというが、近年は地元からの注文が増え、ダイエットに役立てたいという女性や、糖質制限の考え方に賛同する医療機関からの問い合わせがあり、高林さんは「広がりと手応えを感じる」と話した。
浜松市のバス・タクシー券 軽度障害者向け廃止へ

今回の制度改正で、助成対象から外れるのは、国や市が軽度と判断する障害者。対象者は身体障害者手帳の五級・六級、知的障害者と発達障害者の療育手帳のB2・B3、精神障害者保健福祉手帳の三級。市障害保険福祉課によると、四月一日時点で、市内の手帳所持者は三万八千二百六十六人おり、うち対象となるのは約八千人とみられる。
■静岡県193.9人、全国40位 10万人当たりの医師数

 厚生労働省がまとめた2014年度末の医師調査によると、県内の医療施設に従事する医師は7185人。県内の人口10万人当たりの医師数は193.9人と12年度の前回調査時と比べて7.4人増加したが、全国40位の低水準にとどまる。人口10万人当たりの医師数は全国平均(233.6人)よりも39.7人少ない。地区別では、県西部が203.2人、県中部が192.3人、県東部が186.7人。八つの医療圏域別でみると、西部地域の240.6人が最多で、中東遠地域の134.5人が最も少ない。このほか富士地域の138.6人、志太榛原地域の154.8人などが目立つ。
地域枠の医学生1人に対して月20万円の奨学金が貸与される。在学6年間で計1440万円が支給され、卒業後、県内の病院で9年間勤務すると返済が免除される。
御前崎市の柳沢重夫市長は22日の定例記者会見で、同市に医師を紹介し、医師が市立御前崎総合病院などで1年以上勤務した場合、医師1人につき紹介者に50万円を支給する奨励金制度を創設することを明らかにした。こうした奨励金制度の導入は県内自治体で初めてとみられる。12月下旬から実施する。

同病院では医師不足のため、一部診療科を休診したり、当直体制を確保できずに夜間の救急車の受け入れを制限したりしている。県外では長野県や北海道などの自治体が同様の奨励金制度を取り入れているという。

御前崎市は医師などの確保に関して、同病院などに勤務しようとする医師や薬剤師に支度金を貸与する制度も設ける方針。医師には最大800万円、薬剤師には同150万円を支給し、一定年数を勤めれば、返済を免除する。
緑に映えるピンク色のキリギリスが、静岡県磐田市竜洋昆虫自然観察公園(同市大中瀬)で展示されている。同園では黄色いカマキリが脚光を浴びたばかりで、飼育担当の柳沢静磨さん(22)は「色鮮やかな生き物たちがやってきて楽しい」と話す。

このキリギリスはひと月ほど前に同園に持ち込まれた。成虫で、羽を除くと体長は4センチほど。柳沢さんによると緑色や茶色が多く、「ピンク色は見つけようとしても見つけられるものではない」という。

 黄色いカマキリは11月中旬に死んでしまったが、卵を産んでいて、柳沢さんは順調に育った場合、子や孫がどんな色になるのか楽しみにしているという。

ログインすると、残り45件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

私は静岡人です。 更新情報

私は静岡人です。のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済