ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 日本女声普及協会 > トピック一覧 > 女声のレッスン

日本女声普及協会コミュの女声のレッスン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

女声のレッスン 一回目
 一般女性の方もMTFさんや女装子さんも新しいマイミクさんになってくれてまるで満開のお花畑のようになりました。もちろん今までのマイミクさんもいてくれていますよ。
 それで「お姫様が一杯になっちゃった」と喜んでいます。
 ところでそんなお姫様の中には「女声が苦手なの」とか「もっと高音が出せないかしら」とお悩みの方もおられるかと思い、声の魔法使いの僕が『女声のレッスン』を始めちゃいました。
 でも一人一人にお話しするのは大変だからこんなコミューを作ることにしたんです。
 MTFの方には「もともと身体が男だから」なんて方もおられますね。
 そんなとき僕はこう言うんです。
「貴女の心は女性が満開でしょう。でも僕は女性の心は半分だけなんですよ。半分は男性の心なんですからね。それでも女声は出せるのですから貴女もがんばってくださいね」

 それでは女声の話からスタートとましょう。
 猿の仲間では雄も雌も似た声で鳴いていますね。どうして人間だけが男女の声が違うんでしょう。
 三千万年前に私たちの祖先は類人猿でした。男女というか雄雌で声は大して違っていなかったはずです。
 五百万年前の猿人になっても変わりませんでした。ずっと女声だったということですよ。
 男女の声の違いが現われたのは百八十万年前に原人になってその後に肉食を始めた頃なんです。
 最初は猛獣の食べ残しの肉を食べました。でもそのうちに狩をして新鮮な肉を手に入れるようになったのです。
 その狩が男声のルーツなんです。
 狩の道具も無い時代、最初の狩はどうやつたのでしょうか。
 獲物を徐々に崖の上まで追い詰めて最後に投石しつつ大歓声で崖から突き落としたのです。火さえ手に入れていなかった原人はそうするしかなかったのです。
 でも大歓声をあげるのは一瞬で、追い詰める時間はとても長かったはずです。
 そんなときにも仲間同士の会話は必要でした。でも獲物に聞こえるとよくないのでできるだけ低音にしました。
 また狩をしたのは大人の男性でした。女性たちには集団で子育てしていましたから狩に出かけられなかったのです。
 そんな時代がきっと百五十万年以上も続いたのでしょう。大人の男性の声はどんどん低音となったのです。
 男性でも子供は高音でしょう。大人の男性の声が低音なのは狩が原因なんですよ。
 もちろん女性はずっと女声でしたね。
 だから声つまり女声は自然で、男声は作られたものだから、たとえ男性でも女声を出すことに無理はないのです。男性でも歴史的に見れば男声を出していた期間は短く女声で長い時代を生きていたのですからね。
 そんな女声を出すために必要な条件はたった一つ『女性の心』なんです。僕には男性の心もありますがそれを使ったら絶対に女声は出せないのです。
 高音の声でも男心を使ったらボーイソプラノになっちゃうんです。
 つまり女声って女性の心をどう表現するかだけなんですよ。
 いかがでしたか。
「でも出せないわ」とおっしゃる貴女。技術的なことは次回からお話しますから大丈夫ですからね。

 それから女声についての疑問はここではなく『女声のSОS』に書いてくださいね。

 女声のレッスン 二回目
 最初から高音の可愛い声って無理なんですよ。声帯が受付ないからです。
 高音を出そうとすると決まってオカマ声になります。オカマ声からの進歩はないから辞めてね。
 それでどうすればよいかというと小母さん声の獲得を一番の目標にすればいいのです。
 小母さん声がダメならお婆さん声でもいいから声を女性領域にするんですよ。そして少しづつ声の年齢を下げていけばいいだけなんです。
 前回も申しましたが、元々は男女は同じ声つまり女声だったから、そうすることって自然なんですよ。男声の方がイレギュラーなんですからね。
 高音=女声 低音=男声 なんて思っているでしょう。勘違いなんですよ
 細い声=女声 太い声=男声 それが正しいのです。
 また 高音=若者の声 低音=年配者の声 というのが正しいのです。

 ここで少しだけボイトレのやり方をしますね。
 上手くならなくてもいいから女声ってどんなのか分かりますからね。
 女性は『ソ』か『ラ』の声を使っています。その声の高さを確認してくださいね。楽器でもいいし、PCでも音を出せますからね。
 僕は『ラ』を使いました。
 僕がやったボイトレはこんなに簡単ですよ。
「ラ〜ラ〜ラ〜〜」と息の続く限り出します。そして小休止してまた繰り返すのです。
「ラ〜ラ〜ラ〜〜」が30秒続くようになったら合格です。
 それまでは続けてくださいね。
 今の僕は45秒くらい続くようになっています。
「こんな簡単なことでいいのかしら」とおっしゃるかも知れませんね。
 だがボイトレなんてこんなものでいいのです。高額な費用を払うなんて無駄ですからね。それにみんな簡単なことならどこでもいつでも出来ますからね。それに何回以上続けないといけないってないものですからね。
 ただし、合格して続けて欲しいものです。30秒が1分以上も続けられるようになるでしょうから。
 
 ボイトレだけじゃ楽しくも無いから歌も歌いましょう。
 貴女の好きな低音女性歌手の歌を探しましょうね。僕は昔の人だけれど低音で有名な松尾和子さんにしました。この人は歌謡曲ですが、本当は声の練習には演歌が最適で2番目が歌謡曲なんです。
 演歌のルーツは川上音二郎のオッペケペー節なんです。明治時代の自由民権運動家だった音二郎は演説をしましたが当時の人たちには理解できませんでした。それで演説内容を歌にして庶民に理解させたのでした。
 だから演歌とはもともと演説文を歌に合わせたものです。だから会話に近いはずですからね。
 さて、そんな歌でも高音過ぎると思うこともあるでしょう。また大好きな曲が高音だったりしますね。そのときは無料ソフトを使って低音にしましょう。でも下げすぎると男声に聞こえるまで下げるのはNGですよ。
 参考までに僕の使っているソフトを教えますね。Hayaemonという名で窓の杜というサイトから手に入れられますよ。もちろん無料です。

 最後に男声と女声に関してメカニズムの違いを話しますね。
 女声は胸式呼吸で出すから自然体で遠くまで届く声なんです。
でも反対に男声って腹式呼吸で自然じゃないんです。遠くまで届かないから腹筋を使って声を飛ばすんですよ。
 歌の先生に「腹筋を使って声を出しましょう」という人がいます。演歌を教えたりしている人です。そんなことをしていたら女声なんて出せないですよ。
 それでは男声の防止策を話しましょう。ベルトかウェストニッパーでウェストを締めるようにしましょう。そうすると腹筋は使えなくなりますからね。  
 ちょっと息が苦しくなったとしても数日で慣れますよ。こんなやり方で呼吸法が女性特有の胸式呼吸になりますからね。またそれでウェストの括れも作れまれますからプロポーションの点でもいいかも、
 高音化は簡単ですよ。歌う歌のキーを少しづつ上げるといいのですよ。でも歌っている歌を変えたり別の歌手に変えてはいけませんよ。声帯が驚いちゃいますからね。
 女声が出せると楽しいですよ。僕は男性から申し込まれて女性の声で4回デュエットしましたから。もっとも女性からも申し込まれて男性の声で4回デュエットしましたけれど。
 素敵な女声で歌って人気者になっている自分を想像してイメージトレーニングもしてくださいね。
 このレッスンはまたまだ続きますから。

 女声のレッスン 三回目
 最初に歌い始めた低音歌手の歌がキーを下げないで歌えるようになった頃落とし穴がやってきます。
 車の免許取立て時期にはどこへでも出かけたくなるのと同じです。
「私は女声が出せるわ。るんるん」なんて言いかねない状態ですね。
 でもまだまだなんです。ここからがレッスンは本番になります。
 女声初心者運転者ではこんな失敗をします。
1.可愛い声で歌いたくなる。
2.女らしい色気をある声を出したくなる。
3.黄色い声も出ると勘違いする。
4.女声の会話も出来ると思ったりする。
5.皆んなに自分の女声を聞かせたくなる。
 でも待ってください。まだまだなんですからね。
 やがて全部出来るようになりますから安心してください。

 さて、声を出す目的ってなんでしょう。
 自分が声を出して楽しむ為じゃないのです。話相手に情報や感情を伝達するためなんですよ。
 動物の世界でも声はあります。危険を仲間に伝える声。仲間に救助を求める声。食料が見つかったという連絡の声。求愛の声などですね。
 求愛の声って雄が中心ですが雌も返事をしています。声に出したりボティランゲージだったりしますが。
 人間には他にも様々な伝達情報がありますね。
 でも、聞き違いって起きるでしょう。
 それって話し手のミスよりも聞き手のミスが大半なんです。
 聞き違いって原因は耳なんですよ。
 人間には外界とやり取りするいろんな器官がありますね。肛門と身体の皮膚以外は全て顔にあります。
 その中で一番劣っているのが耳なんですよ。
 一番大切なのは口です。食物を摂取しないと生きられませんし、呼吸もしないと死んじゃいますからね。
 二番目に大切な器官は目です。美味しい食物を目で探す必要と、素敵な恋愛対象を見つけるためなんですよ。
 余談となりますが目を中心に化粧する人がいるでしょう。それは間違いではないのですが口元の化粧を忘れてはいけないのですね。つまり次が目の化粧なんですよ。
 男性は可愛い美人が好きですよね。僕もですが。それには理由があるのです。男性は妊娠も出産も出来ませんから本能的に健康的な若い女性を求めるのです。
 女性を裸にしては調べられないから顔で健康度を見ようとします。
 特に栄養摂取のための口と食物選択のための目が重要観察場所となります。
 化粧方法は若く見えるナチュラルメイクが一番もてちゃいますからね。色っぽいのは次点ですから。
 それから恋愛対象の相手の浮気封じにはまんねりの化粧でなく少しづつ変化をさせることです。何人もの女性を演じるのがいいのですからね。
 ちょっと脱線しましたが、口や目に続いては舌ですね。腐敗物を感知するためですね。
 だから耳はこれらの器官よりは劣っているのです。
 つまり声については発生音を正しく聞けているか怪しいのです。それに話し手は身体全体で音を共鳴させているから余計に良い声に聞こえるんです。特に耳の中には共鳴装置がありますからね。
 つまり話し手は自分自身に聞こえる声と聞き手に聞こえている声とは違っているとの認識が必要なのです。もちろん大切なのは後者の声です。
 そこで話し手が聞き手に聞こえる声を知るにはどうしたら良いのでしょう。簡単です。録音して聞けば良いだけです。
「そんな声を聞いたら愕然とするわ」とおっしゃるかも知れませんね。
 でもそんな声が本当の女声の実力なんですからね。
 録音して聞き直して歌い直す日々が続き実力はアップします。でもまだ公開の時ではありませんよ。親しい友人だけなら良いでしょうけど。

 次にすることは歌の教師選びです。でも音楽教師に師事することではありませんよ。
 低音歌手を卒業して普通か高音の歌手に切り替えるということなんですよ。
 僕は藤あや子さんを選びました。ここでは将来の会話が目的なら演歌歌手がいいのです。出来るだけ本格的歌手を選ぶといいですよ。
 石川さゆりさんとか牧村三枝子さんとか小林幸子さんとか長山洋子さんなんかがお薦めです。レベルは高いけれど美空ひばりさんもいいですよ。
 僕が藤あや子さんを選んだのには理由があります。あの人の私生活を知っていますか。とっても男性的なんですよ。
 ティシャツにサングラスしてジャズなんか聴きながら高速道路を突っ走るそんな女性なんですよ。和服姿の女らしさは全て演技なんですからね。
 つまり男らしい女性が女らしい女性を演じているのです。それで音楽教師に選ばせてももらったのです。
 藤あや子さんは高音だから最初はきつかつたのです。でもキーを下げたりはしません。今までのレッスンで訓練しましたからね。
 藤あや子さんの声を聞きながら真似をするんです。ですから全曲は同じ様には歌えません。途切れ途切れの歌になります。でも徐々に繋がり下手でも一曲歌えるようになりました。
 僕が藤あや子さんの歌で最初に歌ったのは『うたかたの恋』でした。徹底的に真似る為に一万回という目標を立てて実行しました。一万回は聞くのと歌うのとを合わせてですよ。
 こんな女歌も英会話なんかと同じで最初は聞くのが中心です。またオーディオプレーヤーで聞きながら散歩しました。そのうちにカラオケに変更してね。
 一万回の練習完了までは他の歌を歌わないようにすると効果的ですよ。
 一曲目を終えたら二曲目に入ります。でも教師である歌手を変更してはいけません。
 女児が母親から女声を教わるのと同じ原理ですからね。
「二曲目も一万回歌わないといけないの」という質問がありそうだからお答えしますね。
 二曲目は五千回くらいで充分です。三曲目なら二千五百回くらいでマスターできますよ。
四曲目以降は半分づつに減って行きますからね。
 でもまだ先生とした歌手の歌を辞めてはいけないのです。この大切な女歌が女声の資産となるからです。
 他の歌いたいなら先生とした歌手の別の歌にしましょう。
 僕は藤あや子さんの歌を50曲くらいは歌えますからね。
 別な歌手に移ってたり、演歌から歌謡曲それにポップスなどジャンルも変えるのは少し待ってくださいね。

 さて男児は母親から女声を聞いているのにどうして女声が出せないのでしょうか。実はそれには理由があります。
 女児も男児も関心があるのは母親です。
 女児は「お母さんのようになりたいわ」と行動するのです。
 ところが男児は「お母さんに好かれたい」と行動するのです。つまり母親が大好きな父親のようにすればお母さんに好かれるのに違いないと思ってこうどうしているのです。だから女声を聞いても男児は女声を練習なんてしてないのです。

 ここまでで一応は女性の声が普通に出せるようになります。そこで男性からデュエットの申し込みをされたりしますよ。でもまだまだなんですからね。
 この頃から女性の嫉妬に遭います。でもこの程度で満足してはいけません。
「一般女性を凌ぐ声を手に入れることを目標にしましょう」と申し上げたいのです。
 一般女性と同等の女声ならには認めてもらえませんからね。
 そうです。厳しいけれどこれが本物の女声レッスンですからね。

 もちろん課題は残っているから女声レッスンはまだ続きますよ。
 まだ達成できていないことがあるからですね。
 若々しく可愛い声で歌うこと、色気をある声や黄色い声も出せること、それに女声で普通に会話も出来ることなんかが残っていますからね。
 ここでティブレイクです。面白い声をお聞かせしましょう。
 邪道かも知れませんが僕は一人で男女の声で歌いましたね。一人デュエットです。また無謀にも一人で四人の声で歌うこともしました。
 皆様にはお薦めしませんけどこんな声です。
 童謡の『故郷』です。
 http://sound.jp/koenomahoutukai/duet/index81.htm
 ちなみに僕の日常会話は低めのテノールですが。
 これからね女声のレッスンを続けてくださいね。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

日本女声普及協会 更新情報

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済