ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > サクッとポエム、呟いてみ♪ > トピック一覧 > ポエム【※レス厳禁】

サクッとポエム、呟いてみ♪コミュのポエム【※レス厳禁】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

出来れば【○タイトル○】付きで投稿して下さいね♪

※転用・コピペは厳禁(※盗作の持ち込みも厳禁)
※レスしたい場合は【雑談コーナーでね。】
※あとは自由に、気楽にどうぞ♪

コメント(20)

【空】

雨が止んだ

雲の隙間から日差しが見えそう

ほらね♪眩しいねぴかぴか(新しい)

押し付けがましいセリフだけど

言わずには居られない

…この前の空、綺麗だったね

どーでも良い事なはずなのに

言わずには居られない

大切な空なんだよ

僕にとっては…
もしも、この世界に神が存在するとしたら、

…人類が今になるまで存続出来たはずがない…
【エレメント】

美味しい料理

楽しい遊園地

素敵な洋服

刺激的な空間

酔いしれるひととき

幸せの瞬間

心地よい睡眠

大切な あの人

忘れたくない 思い出

思い出したくない絶望

未来の希望

これからの私


水を飲もうかな
毎日

毎日

泣きそうになりながら

働く

なのに

泣く…って、なんだっけ…

思い出せないくらい

涙の出し方

忘れちゃって…

泣きそう

泣けない

涙…

残ってないのかな…


ま、いいか

もう少し

頑張る




大切な瞬間まで


貯めてみる
綺麗だったら

こんなに笑わないかも

可愛かったら

こんなに優しくない

自信があったら

言いたいこと我慢しない


何も無いから誰にも負けないように笑ってみる

してもしなくても変わらない

何もしないより今の方が後悔は少ない

明日も明後日もきっと笑ってる


何も無くて良かった

何も無いから見えたんだ
明日へかける橋

いくつもの場所を繋ぐ橋

毎日 毎日橋をかけたらいつの間にか

陸になり 丘になり

心地好い風が吹いた

そうして今日も生きている
【希望の種】


希望の種を

一粒

君にあげるね

一粒しか

持ってないけど

君にあげるね

毎日

毎朝

心の中で

お水をあげて下さい

きっと希望の芽が出てくるよ


僕は大丈夫

希望の種

たった一粒しかない

希望の種

君にあげたら

いつの間にか増えてた

君が

希望を育てること

僕の希望


希望の種を

二粒

君にあげる

今度は

君が誰かに

沈む夕日を見ていても
寂しくない
また明日になったら
「おはよう」って出てくるでしょ。

あなたが今日涙を流していても
大丈夫って思う
また明日になったら
「昨日はごめんね」って言うでしょ。

今日眠れなくても
辛くない
また明日眠小僧がお休みしてるだけだから。

今未来が見えなくても不安はない
だって今日もずっと笑えてたから
今は未来と繋がってるもん。


歴史から見たら
人の命なんてほんの一瞬

ほんの一瞬でも眩しいほどに
光輝けばいい

朝起きれば時代は変わる
目を覚ませば私が歴史を変えている

命は保護するものじゃなく
燃やすもの

それなら長く生きるより
長く残るものを残す
そこには籠があり
あなたの大好きなものが
計り知れないほど溢れていて

星の数より多くのその大好きなものは
ありがとうという度に増えていくんだ

ねぇ 知ってる今見えている星の数より
今はまだ見えぬ星の方が多いって

あなたがつく嘘もあなただから
それは本物で
いつかそうなると信じてる

いつかいつか叶うって
耳をすまして
私の声の温度を確かめて
今の気持ち分かるかな
言葉では伝わらないの

目を開いて
この目の奥私から溢れ出している
何かを感じて
この身一つでは伝えきれないの
【なごり指】


君と手を繋いだ

君のために花を持って来た

君の頬に触れた

君の身体に触れた

君の涙を拭った

君と 握手をした

君に 手を振った

僕の涙を 拭った


じっと手を見ながら

指を動かしてみるけど

触れた感触も記憶も

呆気ないくらい 残ってない


ただ、この指が ここに居て

静かに時間だけが流れてる
『同心』

少し毛ばだったスポンジ
お皿は洗えなくなった
お風呂に移動される
そして再び黒ずみ
網戸を洗うものとなり
やせ細り子削ぎ落とされても
まだ玄関の掃き出しに身を滑らせる
あと、1日あと1回
私はその姿を見ても捨てられない


20年前に買った服
一張羅んのように毎日羽織る
色があせる10年
人目につかぬところでひっそりと
その着心地を楽しむ
肌に触れる感覚
少し薄くなった生地が肌に馴染み
寝間着にしても尚手放せぬ


1時間前に入れたコーヒー
その香りは弱まり苦味が口の中を渋くする
温かいお湯を足してはまた飲み
淹れたての感覚が少し甦る
最後にカップに残った香りさえ
身体に取り込む

ものでさえ自分の身に重ね合わせ
喜び、切なさ、を感じる。
何一つ捨てられぬ
永遠にそのまま寄り添って

ログインすると、残り7件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

サクッとポエム、呟いてみ♪ 更新情報