ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 月1映画DVDレビューリレーの会 > トピック一覧 > (第3回Bチーム選定映画)ジャ...

月1映画DVDレビューリレーの会コミュの(第3回Bチーム選定映画)ジャッカルの日

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

ジャッカルの日
1973年
英仏合作
監督 フレッド ジンネマン
出演 エドワード フォックス
ミシェル ロンズデール

あらすじ
フランスの反政府組織から、シャルル・ド・ゴール大統領暗殺を請け負った正体不明の殺し屋ジャッカル
警察機関が知り得た情報はジャッカルという暗号名のみ
今ここに、ジャッカルと西欧官憲の静かなる闘いが幕を開ける

ひとこと
まず、かなり古い作品なのと、おもいっきり自分好みに走った事をお詫びします
原作はフレデリック フォーサイスの同名小説です
後年、ブルース ウィリス、リチャード ギア出演でハリウッドリメイクされました
本作を楽しめた人は上記の作品もオススメします

コメント(13)

見ました!!
日頃ハリウッドのどーん!ばーん!なアクションを多くみるので、こういうじわじわ進む作品は久々に観た気がします。

内容は、、、私は苦手なタイプでしたが(笑)
ジャッカルがカッコいい!!( ゚д゚)
あと銃がカッコいい!!d(*´ェ`*)
的を吊るしてライフル撃つとこ好きです(。>∀<。)

自分チョイスだとなかなか観ない作品に触れられるのはこのコミュのいいとこですよね!ヽ(*´∀`)ノ
初めて観ました。
淡々と綿密に暗殺の準備をすすめていくジャッカル。。。突発的な出来事も必然にかえて、ただただ目的の為に、男も女も魅了する術も駆使して着実にターゲットに近づいていく様は、悪とわかりながらもつい成就を想ってしまいました。
銃をコンパクトに改造するのも、購入したバッジも服も、最後にピタッと符合するのがシビれる!

対するルベル警視も、コードネームだけからじりじりと包囲していき。。。情報は紙ベースですよね、あの時代。。。すごい。

プロフェッショナルな者同士の対決は、とてもクールで迫力がありました。
結局、ジャッカルとは何者だったのか?最初の1発が当たってたら?
失敗した暗殺者は名もなく屠られ、哀しくも切ない。

上質な作品でした。素晴らしすぎてリメイク版を観るのはコワイような(^-^;
elowさん、ありがとうございます。生きてるうちに観れてよかったです^^
課題映画観賞しました。
今回で2回目になります。
リメイク版のジャッカルも観てますがこちらの方が好きです。
ジャッカルが大統領ドゴールの殺害方法、武器の調達、身分の偽造、人殺しなど派手なBGMも無く、淡々と進む物語にどんどん引き込まれていく。
途中からルベル警視との頭脳戦がとても面白く手に汗握る展開だった。
1回目観たときは、ラストのジャッカルが暗殺に失敗しルベル警視に殺され、事件が収束する展開があっさりとしすぎて呆気にとられたが。ジャッカルが積み上げて来た物が一つのミスで全てが白紙なる様子が、この演出が正解だと思いました。
2回目もとても引き込まれて観れました。
紹介して頂きありがとうございます。
私も鑑賞しました^^
けっこうマニアックな選定でしたね

とりあえず、見はじめの印象はこの人達やたらタバコ吸うよな、と
なんか移動するだけのシーン多くね?でしたw

政治的な話はよく分からないし、外国人の顔と名前が一致せず
ドラマ的な事が起こらないまま淡々と進んでいくので
「最後までもつかな^^;」と序盤は少し不安がよぎりました

ただ話が進んで行くにつれ、要は逃げる側と追う側を過剰な演出抜きで
ドキュメンタリー的に観せてるんだな、と理解できると
ぐっと映画に入り込んで行きました

特に、やり手刑事が出てきてからの主人公と警察の一進一退は、
デスノートのLと月を彷彿させるほど引き込まれました

よく分からなかったのが
最後、なぜ刑事はあの部屋に主人公が潜んでるってわかったんですかね
警備の人に何か聞いてたから、それで分かったんだろうけど
老人に変装した主人公がそこまで怪しまれる感じではなかったし、
あんなに人がいる中で簡単にわかるもんなんですかね
そこはスッキリしなかったかも

けど普段はこんな古い映画を見るこ事はほぼ無いので
貴重な経験をさせてもらう事ができました^^

上でちーさんも書かれてましたが、普段見ないような映画との
出会いも、この会の醍醐味ではありますねw

ありがとうございました!
>>[5]
多分、警戒エリアに立ち入った者が片足の老軍人だけで、彼の向かった先の最上階の窓のみ開いていたからなんじゃないかなーと疑問に思わず観てました^^;

私がひっかかったのは、なんでこの状況でサウナへ直行?。。。ナルホドそういうコト。。。と(゚д゚)!
男にも女にもハニートラップしかけられる暗殺者、スゴイ。。。
僕も以前WOWOWでうろ覚えですが三谷幸喜さんのお気に入り映画一挙放送?みたいなキャンペーンの一本として見たのと数年前に午前10時の映画祭で見たことがあります!

個人的にこのようなハードボイルド系は好きでオープニングでの白文字でいきなり
THE DAY OF THE JACKALと道路を走る映像とともにバーンっと出た瞬間に名作確信した記憶があります。
ビシッとした衣装で暗がりの中で依頼者から聞かれた質問にただ一言ジャッカルと答える姿に心打たれない男はいないでしょう。
ノーカントリーみたいなサイコぽさではなく
あれもあれで不気味で魅力的ですがまさに暗殺者、殺しのプロという姿をスタイリッシュに演じた主演の俳優さんの功績は大きいなあと思います。
久々に見て改めて面白いなー!と思いました。
すっごい渋いチョイスありがとうございました!
>>[6]
なるほど、ちょっとスッキリしましたw
サウナのくだりは、さすがにそんなに簡単にそっち系の人引っかからんやろ^^;とは思いましたがw
>>[7]
初レビューですね^^ありがとうございます
この映画好きな感が伝わってきましたw
>>[9] ありがとうございます!またよろしくお願いします!
>>[8]
そうかー確かに!
それだけハンパないフェロモン出てたってコトで(^-^;
みなさんご視聴、ご感想ありがとうございます
ネット配信もされていないマイナー映画なのでセレクトミスかな…とも思いました
みなさんのレビューを拝見しただけで満足した自分がいるのは否めません

観る人によっては、なんだ、あれだけ引っ張って結局失敗かよ、つまんねーの!とも受け取れるでしょう
音楽はないし、フランス人なのにみんな英語しゃべってるし、殺害シーンもクローズアップされませんしね

実行までの入念で緻密な準備、繊細かつ大胆な行動、公文書に残らない裏歴史、勲章も授与されない影の英雄、こういったものに魅了されてしまいます
初代ターミネーターとはまた違う悪のヒーローとも考えられます

原作ありきの映画なので、映画だけだと色々腑に落ちない点があったと思います
ハリポタほどではありませんが、原作の世界観をかなり忠実に映画化したと断言できます
原作小説を読めば、幾つかの疑問は解消されます、原作は映画の二倍面白いです

ジャッカル曰く、私の最大の武器は正体を知られていない事なのです
初めて観賞しました。
これは正統派サスペンスだと感じました。

暗殺者ジャッカルが現れ、着々と準備を時間とお金をかけて行っていくのですが
それがリアルで彼の冷酷非情なまでの暗殺者としての優秀さを物語っています。
特に無駄な会話もなく音楽もなく淡々とシーンが進んでいくのがさらにそれを際立たせています。

対して、捜査側の警視は、少ない情報から確かな捜査と考察で一歩一歩ジャッカルに迫っていく。
“Jackal”をフランス語に直すと“CHACAL” 
チャールズ・ハロルド・カルスロップという名を足がかかりに捜査はさらに進展していく。
そして、ルベル警視が暗殺の現場に至るのがジャッカルとはまた違った優秀さを感じました。

プロフェッショナルな者同士の闘いが迫真的でした。

しかし、結果的には暗殺計画は未然に防がれたのですが、最後奇妙な事態が起こっていました。
チャールズ・ハロルド・カルスロップ本人が家に戻ってきたというのです。
結局、ジャッカルの正体は全くの不明、彼の遺体は墓地へと埋葬された。

ジャッカルと名乗る男は確かに存在していたが、彼の存在を裏付ける情報が一切ない。
彼はこの世から自分に関する情報を消し去っていたのか、それとも・・−−
と想像を膨らませられました。

全体を通して綺麗に緻密に話は進んでいくのですがはじめからおわりまで我々が観た”彼”は一体
なんなのだったのだろうかという余韻を残させました。

1970年代の古い映画ですが、とても深みのある展開でした。
とても楽しめました、ありがとうございました。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

月1映画DVDレビューリレーの会 更新情報

月1映画DVDレビューリレーの会のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済