ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ガルシア 中日ドラゴンズ > トピック一覧 > 2018年 今日の活躍(公式戦...

ガルシア 中日ドラゴンズコミュの2018年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(17)

ガルシアでかした 6イニング2安打1失点 来日初登板!初先発!初勝利!
2018年4月5日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040502000118.html

 新助っ人のガルシアが投げて、打って、走っての大車輪でチームの連敗を4で止めた。来日初登板で初勝利に加え、プロ初安打で初打点もマーク。「ヒットなんてガキの頃にしか打ったことないよ。全力疾走でヒットになって良かったし、日本で初めての試合で勝ててうれしい。でも一番うれしいのはチームの連敗を止められたこと。絶対自分が悪い流れを止めるんだ、という気持ちで投げていた」と初めてのお立ち台で胸を張った。

 なかなか直球の制球が定まらず、5回までに5四球を与え、再三のピンチを背負った。それでも、得意のチェンジアップや縦に割れるスライダーで効果的にバットを振らせた。6回1死、坂本勇に右前打を打たれるまでは、打球を外野に飛ばせずノーヒットノーランペース。「普段なら四球が重なると焦ってしまうが、ビシエドや朝倉コーチがマウンドに来て『落ちつけ。次の打者に集中して行こう』と言ってくれたことで、気持ちをコントロールできた」と感謝した。

 トレードマークの金髪モヒカンは目を引き、カメラを向けられるとおどけてナゾのポーズを取る。陽気でファンキーなカリビアンだが、野球に向き合う姿勢は真剣だ。「向上心が強くて、何でも聞いてくるし、何でも受け入れようとする」と朝倉投手コーチは感心する。

素揚げ中日−巨人 6回表2死一塁、岡本を二ゴロに仕留めたガルシア(中嶋大撮影)=ナゴヤドームで
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
今季初勝利です!!
<< 作成日時 : 2018/04/04 22:24 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_3.html

1回裏1死一、二塁、ビシエド選手の右前タイムリーで1点を先制。
先頭打者、大島選手のヒットからチャンスを作り先制となりました。
先発はガルシア投手、ジャイアンツ打線をノーヒット、無失点に抑えていきます。【写真】
4回裏無死、福田選手が中越えの二塁打でチャンスを作ると
4回裏2死一、三塁、ガルシア投手の放った打球はサードへ、しかし一塁へ全力で駆け込みます。【写真】
判定は「アウト」でしたが・・・
リクエストの結果セーフとなり追加点、笑顔を見せるガルシア投手【写真】
6回表に1点を返され、なおもピンチが続きましたが後続を抑えグラブを叩くガルシア投手。【写真】
7回からはリリーフ陣が奮闘、まずは又吉投手がきっちり3人で抑えます。
7回裏2死二塁、高橋選手が今日も三塁打を放ちます、これがダメ押しのタイムリー三塁打に!
8回表には鈴木博志投手がナゴヤドーム初登板、ホームのファンが見守る中、三者連続三振にとる鮮烈デビューをします
9回は田島投手が抑えてゲームセット!!開幕からの連敗を止め4−1で勝利です!!
いやいや、良かった〜、さぁここから巻き返していきましょう!! 【写真】
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 
今季初勝利です!!
<< 作成日時 : 2018/04/04 22:24 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_3.html
ガルシア、先発2連勝 崩れず5イニング5安打1失点
2018年4月12日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018041202000120.html

 カリビアンの踏ん張りがチームを3連勝に導いた。ガルシアが来日初登板初先発から2連勝。5イニングを5安打、1失点でまとめた助っ人左腕はピンチを乗り切った安堵(あんど)感に浸った。

 「5回にバタバタしてコントロールに苦しんだけど、1失点で抑えられて良かったよ」

 招いた試練は自らの力で乗り越える。最大のピンチは5回だった。1死二塁で山田に外角の真っすぐを右前に運ばれる先制適時打を許した。さらに安打と四球で1死満塁も、狙い通りに青木を投ゴロ併殺打に打ち取った。試合展開を左右しかねない場面をしのぎ、思わずグラブをたたいて感情をあらわにした。森監督は「最終的にはあそこで1点に抑えたのが、ウチの勝ちに結び付いた」とうなずいたように、左腕の粘りが直後の猛攻と勝利の伏線になった。

 竜の外国人投手で来日初登板初先発からの2連勝は2リーグ制後、2000年のバンチ、13年のカブレラ(ともに3連勝)以来3人目だ。

写真:中日−ヤクルト 5回表1死満塁、青木を投ゴロ併殺に仕留め喜ぶ先発のガルシア=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 
逆転で3連勝です!
<< 作成日時 : 2018/04/11 21:57 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_6.html

中日ーヤクルト2回戦、先発はガルシア投手です、序盤の3回まで1安打無失点に抑えます。
1回表無死、山田哲選手の打球を好捕したアルモンテ選手
5回表に1点を先制されますが、その裏1死一塁、ノーヒットに抑えられていたハフ投手から平田選手、高橋選手の連打でチャンスを作ると・・・
5回裏2死満塁、代打で登場の阿部選手が左中間を破る走者一掃のタイムリー二塁打で3−1と逆転に成功!
攻撃はまだまだ続き、5回裏2死二塁、大島選手が中前にタイムリーを放ち4−1
大島選手のタイムリーで生還した阿部選手、ガルシア投手とベンチでタッチを交わします。
5回裏2死二塁、京田選手も続き、中前にタイムリーを放ち5−1
最後はアルモンテ選手、ライトスタンドへ2号2ランを放ちます。一挙に7得点、嫌なムードを払拭しました。
6回表に2点を返されますが、8回裏、アルモンテ選手のヒットからビシエド選手がタイムリーを放ちダメ押し、8−3とします。
最後は岩瀬投手が締めてゲームセット、笑顔で岩瀬投手を迎えるガルシア投手
粘投のガルシア投手は2勝目、逆転タイムリーの阿部選手は初のお立ち台、そしてアルモンテ選手は今日も打点を挙げ、これで4試合連続!!チームも2カード連続で勝ち越しを決めての3連勝です。
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
逆転で3連勝です!
<< 作成日時 : 2018/04/11 21:57 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_6.html
あと一歩及ばず。
<< 作成日時 : 2018/04/18 22:00 >> 球団公式公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_8.html

中日ー阪神4回戦
1回裏に大島選手、京田選手の連打などで満塁のチャンスを作ります。
1回裏2死満塁、亀澤選手が放った打球はサードへのゴロ、一塁へヘッドスライディングをしセーフとなりタイムリー内野安打に
先制のタイムリー内野安打にVサインの亀澤選手
先発の柳投手は5回まで3安打、無失点に抑えていきますが・・・
6回表、阪神打線に捕まってしまい4失点、勝ち越しを許しイニング途中での降板となってしまいます。
6回裏2死一、三塁、右前にタイムリーヒットを放つ亀澤選手、1点をかえし2−4。
二番手で6回表途中から登板したガルシア投手、7回表に満塁のピンチとなりますが無失点で切り抜けます。
9回裏無死、内野安打を放ち猛打賞の亀澤選手
9回裏1死三塁、藤井選手が左犠飛を放ち3−4としますが、あと一歩及ばず・・・
ガルシア3連勝 「タナキクマル」から7奪三振
2018年4月23日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018042302000092.html

 金髪モヒカン男が「タナキクマル」をぶった斬った。先発ガルシアが広島が誇る1〜3番を無安打に抑え、7三振を奪うスーパーピッチ。7回まで2失点、10奪三振の好投で、球団では2000年のバンチ、13年のカブレラに並ぶ来日初登板からの先発3連勝をマークした。

 「上位の3人を抑えることができれば勝てると思っていた。塁に出るとしつこいしね」

写真:中日−広島 3回表2死一、三塁、菊池を三振に仕留め、雄たけびを上げる先発のガルシア(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
逃げ切って3連勝!!
<< 作成日時 : 2018/04/22 18:14 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_11.html

中日ー広島6回戦、ファンクラブスペシャルゲームの先発はガルシア投手です。初回三者連続三振にとる立ち上がりを見せます。【写真】
2回裏2死三塁、福田選手が左越えにタイムリー二塁打を放ち先制
2回裏2死二塁、大野奨選手が左越えにタイムリー三塁打を放ち2−0とします。
3回裏2死一塁、モヤ選手が放った打球はレフトへ・・・ここでカープの守備が乱れ
一塁走者の大島選手が一気に生還、追加点に沸くドラゴンズベンチ
4回表に2点を返され迫られますが、ガルシア投手が粘り、7回を4安打2失点、10奪三振の好投を見せました。【写真】
8回は鈴木博投手、今日もきっちり抑えます。
9回表1死、安部選手の大飛球を大島選手がフェンスギリギリでキャッチ!!ヒヤリとしました
最後を締めた田島投手、福田選手と笑顔でタッチを交わします。
ガルシア投手は負けなし3勝目、福田選手はファンクラブスペシャルデー、選手会長スペシャルの試合で先制タイムリーを放ちました!!【写真】
ナゴヤドームでカープに3連勝です!!
富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート
ガルシア奮投 7イニング無失点も竜新記録お預け
2018年4月30日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018043002000096.html

 球団記録更新は次回にお預けだ。先発・ガルシアは7回まで100球投げて散発5安打、無失点と好投。大島、福田のソロ2発の援護をもらって、勝ち投手の権利を持って降板した。

写真:7イニング5安打無失点と好投した先発のガルシア(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ガルシア投手が好投も
<< 作成日時 : 2018/04/29 18:13 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_13.html

中日ーDeNA5回戦 先発はガルシア投手です、ウィーランド投手と投げ合いとなり0−0で試合が進みます。【写真】
好捕の大島選手を迎えるガルシア投手、バックも守ってピンチを切り抜けます【写真】
0−0のまま試合が進みますが、6回裏、ついに待望の先制点!!大島選手がライトへ今季1号ソロホームランを放ちます。
7回裏には福田選手にも一発、2−0とします。
8回表に登板の鈴木博投手、このまま・・・と思っていたのですが・・・今日は苦しいピッチングとなってしまい2点を失います。連続無失点もストップ、プロ初の失点になってしまいました。
リクエスト判定になりましたが判定はアウト、勝ち越しだけは阻止します。
自信の勝利が消えてしまっても、ベンチで声を出し、鼓舞し続けていたガルシア投手、同点で踏ん張った鈴木博投手を迎えます。【写真】
試合は延長戦へ突入しますが10回表に2点を勝ち越されてしまいゲームセット、2−4で敗戦に
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ガルシア、5イニング7安打4失点 来日初黒星
2018年5月6日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050602000109.html

 勝ち頭の勢いが止まった。乱れた制球を修正できなかった。開幕から3連勝中だったガルシアが来日初黒星。普段は陽気な左腕もさすがに肩を落とした。

 「コントロールで一番苦しんだ。自分の持ち味を一つも見せることができなかった」

 マウンドに上がった直後から制球がおぼつかない。1回に先頭の上本から3者連続四球で簡単に塁が埋まった。5月に入って無安打だったロサリオに適時打を浴びて2点を失った。その後もボール先行の苦しい投球が続き、計7四球。近藤投手コーチは「あれだけ四球があるときつい。本人もチームも苦しくなる」と嘆いた。

 先の塁を奪われたことも自らを苦しめた。3度許した盗塁がすべて失点につながった。3回無死一塁では、糸井の一塁ゴロでベースカバーに入ってつまずいた。右足を気にするしぐさも見せて一瞬ヒヤリとさせたが、続投した。7イニングを無失点に抑えた前回4月29日・DeNA戦(ナゴヤドーム)の好投から一転、別人のような5イニング7安打4失点。丁寧な投球ができず「次の登板までに自分のコントロールで投げられるように練習したい」と前を向いた。

写真:阪神−中日 3回裏無死一塁、糸井の一ゴロでベースカバーに入り、転倒するガルシア(左)。手前はビシエド=甲子園球場で(黒田淳一撮影)

ガルシア4勝、人生初完封
2018年5月13日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018051302000107.html

 最後の1球はしっかり低めに投げた。9回1死一塁、ガルシアが辻に遊ゴロを打たせ、併殺完成。さばいた京田とグラブタッチすると、満面の笑みに白い歯が輝いた。中日の助っ人投手の完封は2011年8月のチェン以来7年ぶり。チーム勝ち頭でリーグ3位の4勝目を完封で飾ったが、驚いたことに完投自体がアマチュア時代を含めて初めてだという。

 最大のピンチは8回1死満塁。2回以降、二塁も踏ませなかった。初めて三塁まで走者を進められ、迎えた打者は4番・ゲレーロ。初球、内角高めへの149キロで三ゴロ併殺に打ち取ると、ど派手なガッツポーズで何度もほえた。

 「7回に『いけるところまでいこう』と言われた時に9回まで投げたいと思った。満塁で4番を迎えた8回が一番苦しかったけど、ポジティブに考えて全力で投げた。ホントにうれしい」

 森監督直伝のチェンジアップが組み立てを変えた。来日初登板だった4月4日巨人戦(ナゴヤドーム)のチェンジアップの比率は全投球の10・6%だったが、この日は20・9%。7日の福井での練習中に森監督が直々に握りを伝授。この日はもともとの握りと合わせ2種類のチェンジアップを駆使して、巨人打線に的を絞らせなかった。

写真:巨人−中日 完封勝利し、ウイニングボールを手にナインとハイタッチして喜ぶガルシア=東京ドームで(中森麻未撮影)
 キューバでの子どもの頃はボクシング、サッカー、陸上などさまざまなスポーツをやっていたが「ボクシングは痛いし、サッカーは走る距離が長くて苦しい。消去法で野球が残った」と笑う。根性なしなコメントと裏腹に、野球をやるために21歳の若さで数カ月かけて亡命した。
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
カリビアンパワーで逆転です
<< 作成日時 : 2018/05/19 17:42 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_7.html

中日ー阪神10回戦、先発はガルシア投手です。初回に1点を先制されてしまいますが、その後は無失点に抑えいきます。【写真】
6回裏無死、京田選手が右前打で出塁、そして二盗も決めます。
6回裏1死二、三塁、ビシエド選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ちます
2点タイムリーとなり2−1、一気に逆転です。
6回裏1死二塁、モヤ選手も右前タイムリーを放ちます
ビシエド選手、モヤ選手の連続タイムリーで3−1
ガルシア投手は2回以降は三塁を踏ませず2安打1失点、7回でマウンドを降ります。【写真】
8回から鈴木博投手が登板、ピンチとなるも無失点に抑えました。
9回は田島投手が締めてゲームセット、ガルシア投手と抱き合います。【写真】
カリビアントリオの活躍で逆転勝利!!
逆転タイムリーのビシエド選手、5勝目を挙げたガルシア投手、貴重な追加点を挙げたモヤ選手【写真】
明日も勝ってカード勝ち越しを決めましょう!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
カリビアンパワーで逆転です
<< 作成日時 : 2018/05/19 17:42 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_7.html
ガルシア5勝 見せた修正力 初回いきなり2四球も2回以降完璧7イニング2安打
2018年5月20日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052002000110.html

 決して大崩れすることはない。先発したガルシアが低めの両コーナーに真っすぐとチェンジアップ、スライダーを巧みに投げ分け、虎打線を翻弄(ほんろう)した。「立ち上がりはバタバタだったけど、2回以降はバランスを意識して修正できたよ」

 1回は俊介、植田を連続四球。来日初黒星をきっした5日の阪神戦(甲子園)が頭をよぎった。このときも3連続四球からロサリオに痛打。だが、同じ轍(てつ)は踏まない。糸井を一ゴロ、ロサリオを高橋の好守に助けられ二ゴロ、そして糸原を三振。なんとか切り抜けた。

 「体が前に突っ込まないように、後ろに残すように」。2回からは呪文のように自らに言い聞かせた。度々、森監督から再三指導されていたポイントだ。「ちょっと言ったら、自分で直せるようになってきた」(朝倉投手コーチ)と抜群の修正力を発揮。目の前の打者を丁寧に打ち取り、凡打の山を築いていった。

写真:中日−阪神 4回表2死、江越の投ゴロを一塁へワンバウンド送球して舌を出すガルシア=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山
ガルシアが6勝 オレには鬼門…関係ない
2018年5月27日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052702000104.html

 ついに竜が鬼門を突破した。今季4戦4敗だったマツダスタジアムで26日、中日は7−6、1点差ながらも広島に辛勝。今季初勝利をあげた。先発、オネルキ・ガルシア投手(28)が来日最多の123球を投げ6イニングを3失点でチームトップの6勝目。試合の主導権を握り続けたのが大きく、打者陣も先制、中押し、ダメ押しと効果的に加点した。27日は交流戦前最後の試合。弾みをつけてパ・リーグとの戦いに臨みたい。

 最後は背筋がひんやり。でも、ようやく「マツダの壁」を破った。先発のガルシアが6イニング3失点と踏ん張れば、野手では大野奨が小技あり、適時打ありの2打点。肩でも盗塁を2度刺し、勝利に貢献した。「鬼門」を知らぬ新戦力に引っ張られた竜が、今季5試合目のマツダで初めてコイ倒に成功だ。

 9回は3点のリードが1点に縮まる同点危機を乗り切り、田島が何とか試合を収めた。疲労の色を残しながら、森監督が言葉を吐き出す。「面白いゲームだな」。それでも、昨季までの2シーズンで4勝20敗、今季も4戦全敗だった敵地での白星を手に入れた。

 何も知らなければ、苦手意識はない。チーム最多6勝のガルシアが涼しい顔で振り返る。「マツダ? そういうのは気にしない。この前(完封した12日)の東京ドームのような雰囲気だと感じていたよ」。最後の関門は6回だった。1点差とされ、さらに2死一、二塁で菊池。ここまで6度の対戦で4奪三振、無安打に封じていた相性と信頼の続投に応え、三ゴロに仕留めた。

写真:広島−中日 4回裏2死満塁、ガルシアが菊池を空振り三振に仕留め雄たけびを上げる=マツダスタジアムで(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ガルシア 中日ドラゴンズ 更新情報

ガルシア 中日ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済