ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ガルシア 中日ドラゴンズ > トピック一覧 > 2018年 今日の活躍(公式戦...

ガルシア 中日ドラゴンズコミュの2018年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(46)

あと一歩及ばず。
<< 作成日時 : 2018/04/18 22:00 >> 球団公式公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_8.html

中日ー阪神4回戦
1回裏に大島選手、京田選手の連打などで満塁のチャンスを作ります。
1回裏2死満塁、亀澤選手が放った打球はサードへのゴロ、一塁へヘッドスライディングをしセーフとなりタイムリー内野安打に
先制のタイムリー内野安打にVサインの亀澤選手
先発の柳投手は5回まで3安打、無失点に抑えていきますが・・・
6回表、阪神打線に捕まってしまい4失点、勝ち越しを許しイニング途中での降板となってしまいます。
6回裏2死一、三塁、右前にタイムリーヒットを放つ亀澤選手、1点をかえし2−4。
二番手で6回表途中から登板したガルシア投手、7回表に満塁のピンチとなりますが無失点で切り抜けます。
9回裏無死、内野安打を放ち猛打賞の亀澤選手
9回裏1死三塁、藤井選手が左犠飛を放ち3−4としますが、あと一歩及ばず・・・
ガルシア3連勝 「タナキクマル」から7奪三振
2018年4月23日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018042302000092.html

 金髪モヒカン男が「タナキクマル」をぶった斬った。先発ガルシアが広島が誇る1〜3番を無安打に抑え、7三振を奪うスーパーピッチ。7回まで2失点、10奪三振の好投で、球団では2000年のバンチ、13年のカブレラに並ぶ来日初登板からの先発3連勝をマークした。

 「上位の3人を抑えることができれば勝てると思っていた。塁に出るとしつこいしね」

写真:中日−広島 3回表2死一、三塁、菊池を三振に仕留め、雄たけびを上げる先発のガルシア(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
逃げ切って3連勝!!
<< 作成日時 : 2018/04/22 18:14 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_11.html

中日ー広島6回戦、ファンクラブスペシャルゲームの先発はガルシア投手です。初回三者連続三振にとる立ち上がりを見せます。【写真】
2回裏2死三塁、福田選手が左越えにタイムリー二塁打を放ち先制
2回裏2死二塁、大野奨選手が左越えにタイムリー三塁打を放ち2−0とします。
3回裏2死一塁、モヤ選手が放った打球はレフトへ・・・ここでカープの守備が乱れ
一塁走者の大島選手が一気に生還、追加点に沸くドラゴンズベンチ
4回表に2点を返され迫られますが、ガルシア投手が粘り、7回を4安打2失点、10奪三振の好投を見せました。【写真】
8回は鈴木博投手、今日もきっちり抑えます。
9回表1死、安部選手の大飛球を大島選手がフェンスギリギリでキャッチ!!ヒヤリとしました
最後を締めた田島投手、福田選手と笑顔でタッチを交わします。
ガルシア投手は負けなし3勝目、福田選手はファンクラブスペシャルデー、選手会長スペシャルの試合で先制タイムリーを放ちました!!【写真】
ナゴヤドームでカープに3連勝です!!
富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート
ガルシア奮投 7イニング無失点も竜新記録お預け
2018年4月30日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018043002000096.html

 球団記録更新は次回にお預けだ。先発・ガルシアは7回まで100球投げて散発5安打、無失点と好投。大島、福田のソロ2発の援護をもらって、勝ち投手の権利を持って降板した。

写真:7イニング5安打無失点と好投した先発のガルシア(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ガルシア投手が好投も
<< 作成日時 : 2018/04/29 18:13 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_13.html

中日ーDeNA5回戦 先発はガルシア投手です、ウィーランド投手と投げ合いとなり0−0で試合が進みます。【写真】
好捕の大島選手を迎えるガルシア投手、バックも守ってピンチを切り抜けます【写真】
0−0のまま試合が進みますが、6回裏、ついに待望の先制点!!大島選手がライトへ今季1号ソロホームランを放ちます。
7回裏には福田選手にも一発、2−0とします。
8回表に登板の鈴木博投手、このまま・・・と思っていたのですが・・・今日は苦しいピッチングとなってしまい2点を失います。連続無失点もストップ、プロ初の失点になってしまいました。
リクエスト判定になりましたが判定はアウト、勝ち越しだけは阻止します。
自信の勝利が消えてしまっても、ベンチで声を出し、鼓舞し続けていたガルシア投手、同点で踏ん張った鈴木博投手を迎えます。【写真】
試合は延長戦へ突入しますが10回表に2点を勝ち越されてしまいゲームセット、2−4で敗戦に
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ガルシア、5イニング7安打4失点 来日初黒星
2018年5月6日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050602000109.html

 勝ち頭の勢いが止まった。乱れた制球を修正できなかった。開幕から3連勝中だったガルシアが来日初黒星。普段は陽気な左腕もさすがに肩を落とした。

 「コントロールで一番苦しんだ。自分の持ち味を一つも見せることができなかった」

 マウンドに上がった直後から制球がおぼつかない。1回に先頭の上本から3者連続四球で簡単に塁が埋まった。5月に入って無安打だったロサリオに適時打を浴びて2点を失った。その後もボール先行の苦しい投球が続き、計7四球。近藤投手コーチは「あれだけ四球があるときつい。本人もチームも苦しくなる」と嘆いた。

 先の塁を奪われたことも自らを苦しめた。3度許した盗塁がすべて失点につながった。3回無死一塁では、糸井の一塁ゴロでベースカバーに入ってつまずいた。右足を気にするしぐさも見せて一瞬ヒヤリとさせたが、続投した。7イニングを無失点に抑えた前回4月29日・DeNA戦(ナゴヤドーム)の好投から一転、別人のような5イニング7安打4失点。丁寧な投球ができず「次の登板までに自分のコントロールで投げられるように練習したい」と前を向いた。

写真:阪神−中日 3回裏無死一塁、糸井の一ゴロでベースカバーに入り、転倒するガルシア(左)。手前はビシエド=甲子園球場で(黒田淳一撮影)

ガルシア4勝、人生初完封
2018年5月13日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018051302000107.html

 最後の1球はしっかり低めに投げた。9回1死一塁、ガルシアが辻に遊ゴロを打たせ、併殺完成。さばいた京田とグラブタッチすると、満面の笑みに白い歯が輝いた。中日の助っ人投手の完封は2011年8月のチェン以来7年ぶり。チーム勝ち頭でリーグ3位の4勝目を完封で飾ったが、驚いたことに完投自体がアマチュア時代を含めて初めてだという。

 最大のピンチは8回1死満塁。2回以降、二塁も踏ませなかった。初めて三塁まで走者を進められ、迎えた打者は4番・ゲレーロ。初球、内角高めへの149キロで三ゴロ併殺に打ち取ると、ど派手なガッツポーズで何度もほえた。

 「7回に『いけるところまでいこう』と言われた時に9回まで投げたいと思った。満塁で4番を迎えた8回が一番苦しかったけど、ポジティブに考えて全力で投げた。ホントにうれしい」

 森監督直伝のチェンジアップが組み立てを変えた。来日初登板だった4月4日巨人戦(ナゴヤドーム)のチェンジアップの比率は全投球の10・6%だったが、この日は20・9%。7日の福井での練習中に森監督が直々に握りを伝授。この日はもともとの握りと合わせ2種類のチェンジアップを駆使して、巨人打線に的を絞らせなかった。

写真:巨人−中日 完封勝利し、ウイニングボールを手にナインとハイタッチして喜ぶガルシア=東京ドームで(中森麻未撮影)
 キューバでの子どもの頃はボクシング、サッカー、陸上などさまざまなスポーツをやっていたが「ボクシングは痛いし、サッカーは走る距離が長くて苦しい。消去法で野球が残った」と笑う。根性なしなコメントと裏腹に、野球をやるために21歳の若さで数カ月かけて亡命した。
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
カリビアンパワーで逆転です
<< 作成日時 : 2018/05/19 17:42 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_7.html

中日ー阪神10回戦、先発はガルシア投手です。初回に1点を先制されてしまいますが、その後は無失点に抑えいきます。【写真】
6回裏無死、京田選手が右前打で出塁、そして二盗も決めます。
6回裏1死二、三塁、ビシエド選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ちます
2点タイムリーとなり2−1、一気に逆転です。
6回裏1死二塁、モヤ選手も右前タイムリーを放ちます
ビシエド選手、モヤ選手の連続タイムリーで3−1
ガルシア投手は2回以降は三塁を踏ませず2安打1失点、7回でマウンドを降ります。【写真】
8回から鈴木博投手が登板、ピンチとなるも無失点に抑えました。
9回は田島投手が締めてゲームセット、ガルシア投手と抱き合います。【写真】
カリビアントリオの活躍で逆転勝利!!
逆転タイムリーのビシエド選手、5勝目を挙げたガルシア投手、貴重な追加点を挙げたモヤ選手【写真】
明日も勝ってカード勝ち越しを決めましょう!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
カリビアンパワーで逆転です
<< 作成日時 : 2018/05/19 17:42 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_7.html
ガルシア5勝 見せた修正力 初回いきなり2四球も2回以降完璧7イニング2安打
2018年5月20日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052002000110.html

 決して大崩れすることはない。先発したガルシアが低めの両コーナーに真っすぐとチェンジアップ、スライダーを巧みに投げ分け、虎打線を翻弄(ほんろう)した。「立ち上がりはバタバタだったけど、2回以降はバランスを意識して修正できたよ」

 1回は俊介、植田を連続四球。来日初黒星をきっした5日の阪神戦(甲子園)が頭をよぎった。このときも3連続四球からロサリオに痛打。だが、同じ轍(てつ)は踏まない。糸井を一ゴロ、ロサリオを高橋の好守に助けられ二ゴロ、そして糸原を三振。なんとか切り抜けた。

 「体が前に突っ込まないように、後ろに残すように」。2回からは呪文のように自らに言い聞かせた。度々、森監督から再三指導されていたポイントだ。「ちょっと言ったら、自分で直せるようになってきた」(朝倉投手コーチ)と抜群の修正力を発揮。目の前の打者を丁寧に打ち取り、凡打の山を築いていった。

写真:中日−阪神 4回表2死、江越の投ゴロを一塁へワンバウンド送球して舌を出すガルシア=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山
ガルシアが6勝 オレには鬼門…関係ない
2018年5月27日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052702000104.html

 ついに竜が鬼門を突破した。今季4戦4敗だったマツダスタジアムで26日、中日は7−6、1点差ながらも広島に辛勝。今季初勝利をあげた。先発、オネルキ・ガルシア投手(28)が来日最多の123球を投げ6イニングを3失点でチームトップの6勝目。試合の主導権を握り続けたのが大きく、打者陣も先制、中押し、ダメ押しと効果的に加点した。27日は交流戦前最後の試合。弾みをつけてパ・リーグとの戦いに臨みたい。

 最後は背筋がひんやり。でも、ようやく「マツダの壁」を破った。先発のガルシアが6イニング3失点と踏ん張れば、野手では大野奨が小技あり、適時打ありの2打点。肩でも盗塁を2度刺し、勝利に貢献した。「鬼門」を知らぬ新戦力に引っ張られた竜が、今季5試合目のマツダで初めてコイ倒に成功だ。

 9回は3点のリードが1点に縮まる同点危機を乗り切り、田島が何とか試合を収めた。疲労の色を残しながら、森監督が言葉を吐き出す。「面白いゲームだな」。それでも、昨季までの2シーズンで4勝20敗、今季も4戦全敗だった敵地での白星を手に入れた。

 何も知らなければ、苦手意識はない。チーム最多6勝のガルシアが涼しい顔で振り返る。「マツダ? そういうのは気にしない。この前(完封した12日)の東京ドームのような雰囲気だと感じていたよ」。最後の関門は6回だった。1点差とされ、さらに2死一、二塁で菊池。ここまで6度の対戦で4奪三振、無安打に封じていた相性と信頼の続投に応え、三ゴロに仕留めた。

写真:広島−中日 4回裏2死満塁、ガルシアが菊池を空振り三振に仕留め雄たけびを上げる=マツダスタジアムで(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
竜投危機 ガルシアも崩れた…5失点 尻に火!最下位と0・5差
2018年6月3日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201806/CK2018060302000102.html

 ガルシアよ、お前もか…。中日は2日、日本生命セ・パ交流戦の日本ハム戦(札幌ドーム)で投手陣が炎上。頼みの綱のオネルキ・ガルシア投手(28)が7回途中5失点、2敗目を喫した。交流戦5試合は投手陣崩壊で1勝4敗。借金は5に膨らみ、3日にも最下位転落の危機となった。

 竜投の上空に暗く、重い雲が垂れ込める。チーム勝ち頭のガルシアがいずれも来日最多の2被弾&5失点で2敗目を喫した。開幕ローテの陣容がガラリと変わりつつある先発陣。頼みの左腕も崩れ、投壊の足音が忍び寄ってきた。

 「あまり調子が良くなかったが、悪い中でも抑えないといけない」。ガルシアの落胆した顔には反省の二文字がにじみ出る。初回にバント安打、二盗と足で揺さぶられて3失点。同点の5回には大田に決勝弾を浴び、7回にはレアードにも1発を許した。

 「3回以降は自分のリズムだったが、本塁打を打たれてしまった」とガルシアが肩を落とせば、朝倉投手コーチも「あの(7回の)本塁打が余計だった」と指摘。試合前までの被本塁打がわずかに1本だった左腕が浴びた2発に投手陣の不安が浮かび上がる。

 グラつく先発ローテ。広島との開幕カードを託された小笠原、ジー、笠原が1軍を離れ、1日にKOされた柳もこの日に出場選手登録を抹消された。松坂、吉見、山井のベテランが年輪を感じさせているとはいえ、「投げ抹消」を駆使したやりくりが続く。働き盛りの大野雄は未勝利。この日2軍戦で好投した鈴木翔も、1度も2軍生活から抜け出していない。

写真:日本ハム−中日 7回途中、5失点で降板する先発のガルシア=札幌ドームで(小沢徹撮影)
泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔
完封勝利で3連勝!
<< 作成日時 : 2018/06/09 17:48 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201806/article_5.html

交流戦、中日ーソフトバンク2回戦、先発はガルシア投手です。【写真】
1回裏2死二塁、ビシエド選手の中前タイムリーで1点を先制
二塁から大島選手が生還し、先制のホームを踏みます
6回表に1死三塁のピンチとなりますが・・・中村晃選手が投ゴロ、ホームへボールをトスするガルシア投手【写真】
リプレイ検証となりましたが、妨害もなく判定通りタッチアウト!!ピンチを切り抜けます。
1点のリードを守り、無失点ピッチングを続けるガルシア投手【写真】
すると・・・6回裏に待望の追加点!!
福田選手の5号ソロホームランで2−0とします
8回裏1三塁、福田選手の左犠飛で三塁走者の荒木選手が激走を見せて生還、3−0とします
9回表もマウンドへ登ったガルシア投手、最後も3人できっちり抑えてゲームセット!【写真】
5月12日の巨人戦(東京ドーム)以来となる2試合目の完封勝利で7勝目を挙げました。
昨日の高橋選手に続き、今日は福田選手が「やりました〜!!」を連発です
「やりました〜」チームも3連勝です!!【写真】
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
完封勝利で3連勝!
<< 作成日時 : 2018/06/09 17:48 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201806/article_5.html
ガルシア、今季2度目の完封 竜3連勝 交流戦初勝ち越し
2018年6月10日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201806/CK2018061002000111.html

 昨季の日本一チームを投打で圧倒した。9日の日本生命セ・パ交流戦ソフトバンク戦(ナゴヤドーム)、中日は3−0で快勝。オネルキ・ガルシア投手(28)が今季2度目の完封で、ソフトバンクに今季56試合目で初の零封負けを食らわせ、防御率リーグトップに躍り出た。打っては、ダヤン・ビシエド内野手(29)が先制適時打、福田永将内野手(29)が中押しの一発、トドメの犠飛と2打点を記録。これで3連勝で借金は3、待望の5割ラインが見えてきた。

 この日の最速150キロストレートが、インコースにズドン。柳田の見逃し三振で、来日2度目の完封劇を締めると、ガルシアは満面の笑みで、女房役の大野奨をがっちりハグした。防御率1・96は12球団トップに返り咲き「そうなの? びっくり。でも、個人の成績よりチームに白星を付けることが一番」と、リーグ2位タイとなる7勝目の方を喜んだ。

 今季2完封は、12球団最多タイで、セでは巨人・菅野に次ぐ2人目。中日の外国人投手では2010年のチェン以来で、2リーグ分裂後の来日1年目に限れば1991年のアンダーソン以来27年ぶり2人目の快挙となる。

 大野奨は「きょうは真っすぐが強かったし、最後まで力もあった。前回は初めてのマウンドに苦労していたが、きょうは慣れたナゴヤドームで簡単にストライクが取れた」と証言。特に最も警戒していた4番・柳田には、初回からストレート主体で押していき、見逃し三振2つ、二ゴロ2つと仕事をさせなかった。

 三塁を踏ませたのも6回の1死三塁の一度だけ。続く中村晃を投ゴロに仕留め、本塁へトス。ピンチの芽を自ら摘んだ。

 来日1年目から活躍している陰には、同じ亡命キューバ人のビシエドの存在が大きい。「沖縄キャンプの時から、日本で活躍するためのアドバイスをいろいろもらった。コントロールを良くすること、ストライクゾーンで勝負するだけじゃやられるので、自分でコントロールしたボール球を投げることも必要だと教わった」。来日3年目で結果を残している兄貴分の経験談を、素直に受け入れる柔軟性もある。

写真:中日−ソフトバンク 今季2度目の完封勝利を挙げ、大喜びのガルシア=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔)
逆転勝利で3連勝!
<< 作成日時 : 2018/06/23 18:36 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201806/article_8.html

中日ーDeNA10回戦、先発はガルシア投手初回、2回と、立ち上がりで失点を許し0−2。【写真】
1番センターでスタメン出場、守備で好プレーを見せる藤井選手
藤井選手を迎えるガルシア投手【写真】
4回裏無死、この試合2安打目、右前打を放ちチャンスをつくる平田選手
4回裏無死一、二塁、アルモンテ選手の左前タイムリーで1点を返して1−2
5回表に本塁打で1点を追加され1−3とされますが、6回裏2死一、三塁、高橋選手の中前タイムリーで2−3
2死満塁から代打のモヤ選手が放った打球は左中間へ!!
走者一掃のタイムリー二塁打となり5−3、一気に逆転です。ベンチに向かってガッツポーズのモヤ選手
ガルシア投手は7回を投げぬき降板、粘投を見せました。【写真】
8回は祖父江投手、今日もきっちり無失点で抑えました。
9回は田島投手、3人で抑えてゲームセット!!
8勝目を挙げたガルシア投手と抱き合う田島投手。【写真】
リーグ戦が再開後、いいスタートです。チームも3連勝!!【写真】
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
逆転勝利で3連勝!
<< 作成日時 : 2018/06/23 18:36 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201806/article_8.html
ガルシア、セ界制覇 ナゴヤDで負け知らず 竜トップ8勝目
2018年6月24日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201806/CK2018062402000100.html

 ゲームセットの瞬間、相好を崩した。ガルシアはベンチを飛び出すと、一塁線まで駆け出しナインとハイタッチ。存分と勝利の味に酔いしれた。

 「立ち上がりから点を取られてしまったけど、何とか粘れたと思う。今日は四球が少なかったので、そこは良かったね」

 本調子ではない。それでも大量失点せず、しのいでいった。1回1死三塁でソトに右翼線適時打で失点。2回も2死二塁から高城に適時打で2点目を献上した。5回2死にはソトにソロを被弾。ただ、先発として大崩れしなかった。

 地道な作業の成果だった。19日の練習。ルイス通訳兼ブルペン捕手にスマートフォンでキャッチボールする姿を動画で撮影してもらった。練習を終えると画面をのぞき込み、腕の振りや体重移動を確認。「制球を修正するためだ」。この日歩かせたのは、4回の先頭・田中浩だけ。16日の西武戦(メットライフ)で自己ワーストタイの7与四球と大乱調だった制球を投球フォームの修正で改善し、勝ちのなかったDeNAからも白星を挙げて前半戦だけで「セ界制覇」を達成した。

写真:ヒーローインタビューでガルシアはスタンドからの声援に笑顔で応える=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ガル神話崩壊 不敗ナゴヤDで初黒星
2018年7月1日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201807/CK2018070102000113.html

 不敗神話の終わりはあっけなかった。この試合までナゴヤドームで8戦6勝で負けなし。防御率1・46と無類の強さを誇っていたガルシアが崩れた。

 初回、先頭の坂本勇に四球。犠打で簡単に1死二塁のピンチを招くとマギーに1ボール2ストライクから真ん中低めのスライダーを左中間にはじき返されあっさり先制を許す。さらに四球で2死一、二塁とすると、陽、中井に連続適時打。いきなり45球を費やしスコアボードに重い3点が刻まれた。

 2回にも1死から四球で走者を許すと味方の失策が絡みさらに1点を失う。ここまで2戦2勝だった巨人相手に最後まで狂った歯車はかみ合わず、先発では来日最短となる3イニングで降板。6安打4四球で4失点。9つのアウトを取るのに98球を要し「球が全て高かった」とうなだれた。

写真:中日−巨人 1回表2死一、二塁、中井に右翼線適時二塁打を打たれ、マウンドを蹴り上げるガルシア(中嶋大撮影)=ナゴヤドームで
泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔
鈴木博投手がプロ初セーブ
<< 作成日時 : 2018/07/07 18:52 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_2.html

中日ーヤクルト12回戦、先発はガルシア投手、初回の一、三塁のピンチを無失点で切り抜けます。【写真】
2回以降ノーヒットピッチングを見せヤクルト打線を抑えるガルシア投手、7回を投げ3安打無失点で降板【写真】
7回裏無死、先頭のアルモンテ選手がヒットで出塁、高橋選手が送りバントを決めチャンスを作ると・・・
7回裏1死二塁、平田選手が左越えにタイムリー三塁打を放ち2−0
7回裏1死三塁、ビシエド選手も続き、左翼線へタイムリー二塁打、3−0とし大きな追加点が入ります。
8回表には又吉投手、そして9回には鈴木博投手が登板します。
9回最後も無失点、完封リレーの3−0で勝利です!!そして鈴木博投手はプロ初セーブを挙げました!!
ガルシア投手は9勝目、そしてプロ初セーブの鈴木博投手、おめでとうございます!! 【写真】
中日ガルシア9勝目!左足つるも見せた先発の責任感
[2018年7月7日18時32分]
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807070000735.html

<中日3−0ヤクルト>◇7日◇ナゴヤドーム
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807070000735.html

 中日オネルキ・ガルシア投手がアクシデントにも負けず、9勝目を挙げた。

 4回2死から畠山に4連続ボールを投げたところで顔をゆがめた。左ふくらはぎをつっていた。急きょブルペンで2投手が用意するなどベンチもあわてさせたが、トレーナー室でストレッチをして回復。マウンドに戻ると坂口を遊ゴロにしとめ、その後も7回まで無失点を続けた。

 ヤクルト小川との投げ合いが続いたが、0−0で迎えた7回に先制の1点が入り、この回代打を出されたガルシアが勝ち投手の権利を得た。

 来日1年目で活躍を続ける左腕は「最近は自分の投球ができていなかったので、うれしいね。前半戦はすごくいい形で終われた。まだ半分残っているので一生懸命練習して、試合に出していきたい」と語った。

 森繁和監督は「途中で降りるのではなく、7回を投げきって帰ってくるところは、ほかの投手も見習ってほしい」と次々と勝ち星を稼ぐ助っ人をたたえた。

写真:中日対ヤクルト ドアラの祝福に笑顔を見せるガルシア(左)と鈴木博(撮影・前岡正明)
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ガルシア、9勝 初回ピンチ切り抜け 4回左脚けいれん克服
2018年7月8日 紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201807/CK2018070802000095.html

 “球宴御礼”の9勝目だ。7イニングを被安打3の零封。その直後の決勝点。球宴にも監督選抜で初出場が決まっているガルシアが、前半戦締めくくりとなる先発で粘投を続け白星を手にした。

 「チームメートに感謝したい。何とか自分のリズムで、良い投球をすることができた」。前回登板した先月30日の巨人戦(ナゴヤドーム)は、わずか3イニングで降板する大乱調。雪辱を期したマウンドだった。

 最大のピンチはいきなりやってきた。1回無死から連打で一、二塁。しかし、冷静だった。「調子の良いスライダーを軸にしていった」。山田哲にはそのスライダーとチェンジアップを多投して中飛。続くバレンティンと畠山にはチェンジアップと直球を決め球に連続三振で切り抜けた。

 4回には左ふくらはぎがけいれんし、ベンチ裏に下がるアクシデントも発生した。しかし、「トレーナーにストレッチをしてもらったら、投げることができるようになった」と涼しい顔。その後も落ち着いた投球でアウトを重ねた。

写真:中日−ヤクルト 1回表2死一、三塁、畠山を三振に仕留め、グラブをたたいてベンチに戻る先発のガルシア=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート
 
ガルシア投手が10勝
<< 作成日時 : 2018/07/18 22:11 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_6.html

中日ー広島15回戦、先発はガルシア投手です【写真】
ノーヒットピッチングを見せるガルシア投手、5回表にコーチ、トレーナーが突然マウンドへ!!一瞬ヒヤリとしましたが、その後も投球を続け、広島打線を抑えていきます。【写真】
7回表までノーヒット、無失点に抑えたガルシア投手【写真】
7回裏無死一、二塁、送りバントをきっちり決めた亀澤選手、一気にチャンスを広げます。
7回裏1死満塁、左前にタイムリーを放ちガッツポーズの松井雅選手、待望の先制点
7回裏1死満塁、ガルシア投手も自らタイムリーを放ちボルトのポーズ!!【写真】
チャンスは続き、2死満塁からは京田選手が2点タイムリーを放ち4−0、リードを広げていきます。
ノーヒットノーラン達成か・・・!?と思われたガルシア投手でしたが、8回表に初安打を許し残念ながら偉業達成とはならず、しかし8回を1安打無失点の素晴らしいピッチングで二桁勝利、10勝を挙げました。【写真】
5−0の完封勝利、連敗を止め、カープとの対戦成績も再び勝ち越しとなりました!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ガルシア投手が10勝
<< 作成日時 : 2018/07/18 22:11 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_6.html
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ガルシア、快投10勝 あと6人…7回までノーヒット
2018年7月19日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201807/CK2018071902000117.html

 中日のオネルキ・ガルシア投手(28)が18日の広島戦(ナゴヤドーム)で、ノーヒットノーラン達成まであと6アウトの快投を見せた。ガルシアは8回表に先頭打者の会沢翼捕手(30)に右前打を許し、中日投手12人目となるノーヒットノーランの快挙は逃したが、8イニングを被安打1の無失点で10勝目。打っても1安打1打点の活躍で同一カード3連敗を阻止し、最下位脱出に貢献した。

 大記録は目前で露と消えた。4点リードの8回無死、ガルシアが会沢に投じたこの試合105球目。はじき返された内角146キロは、二塁と右翼の間にぽとりと落ちた。広島側に初めて「H」ランプがともった。

 「7回から意識はしてたよ。(球宴でコンビを組んだ会沢なら)アウトになってくれると思ったんだけどね。残念ながら…。打たれた瞬間、ヒットだなと分かったけどすぐ切り替えられたよ」。人生初の無安打無得点試合は阻まれたが、頭を切り替えた。新井を遊ゴロ併殺打。堂林を二ゴロに打ち取りスコアボードに8つの「0」を並べきった。

 まさに独壇場。試合を完全に支配した。最速151キロの直球を軸に手元でわずかに変化する変化球を織り交ぜ、広島に的を絞らせない。初回こそ四球と失策で2死満塁のピンチを招いたが、2回から7回は1人の走者も許さない。5回に右脇腹がつったものの、イニング間にトレーナー室で処置を受け続投。快挙は逃しても8イニングを1安打2四球で無失点。完璧な内容でセ・リーグでは大瀬良に並ぶハーラートップタイの10勝目。中日では2015年の大野雄、若松以来となる2桁勝利だ。

写真:中日−広島 8回表無死、ガルシアは会沢に初安打を許し両手を挙げて悔しがる(中森麻未撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
中日ガルシア8回無失点10勝目、広島は打線沈黙
[2018年7月18日21時4分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807180000377.html

<中日5−0広島>◇18日◇ナゴヤドーム

 中日は今季9勝のガルシア、広島は同6勝の岡田が先発。ガルシアは3回まで無安打無失点。岡田も同2安打無失点で抑えた。

 ガルシアは4〜6回もそれぞれ3者凡退に打ち取り6回まで無安打無失点を継続。岡田も6回まで3安打無失点と投手戦が続いた。

 中日は7回、松井雅の適時打などで3点を先制した。ガルシアは8回に初安打を打たれたが、8回無失点で10勝目を挙げた。

写真:中日対広島 7回表広島2死、野間を投ゴロに打ち取り叫ぶガルシア(撮影・前岡正明)
中日ガルシア10勝!惜しいノーヒットノーラン逃す
[2018年7月18日21時11分]  日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807180000772.html

<中日5−0広島>◇18日◇ナゴヤドーム

 中日オネルキ・ガルシア投手(28)が、プロ史上79人目(90度目)のノーヒットノーランを惜しくも逃した。それでも8回を投げきり1安打無失点、8奪三振の好投で広島大瀬良と並びハーラートップタイの2桁10勝目を挙げた。

 快投を演じたガルシアと松井雅のバッテリーがお立ち台に上がった。「本当にいいピッチングができて良かった。捕手とうまくいった。(ノーヒットノーランは)7回から意識した。8回にヒットを打たれた後、気を抜かずに全力でいった。ゲッツーをとったとき何とかなると思い、次の打者にも全力でいった。(10勝)自分の良き人生の中で、初めて10勝したけどファンのおかげ。味方のおかげ。後半戦再開してチームが連敗していたので連敗を止められるように心掛けた」と声をはずませた。

 8回無死走者なし。無安打投球を意識していた左腕は、広島会沢に詰まりながらも二塁手の後方にポトリと落ちるこの試合初安打(右前安打)を許すとマウンド上で両手を広げ、無念の表情を浮かべた。

 快挙達成なら両リーグでは西武岸孝之投手(現楽天)の14年5月2日ロッテ戦以来、4年ぶり。セ・リーグでは、チームメイトの中日山井大介投手が、13年6月28日DeNA戦で達成して以来、5年ぶりだった。

 後半戦初登板となったガルシアにとって、初回が最大のヤマ場だった。2死走者なしから四球、投失、四球で満塁となったが、野間を一塁ゴロに打ち取りピンチをしのいだ。

 2回は会沢、西川、岡田を3者連続三振に仕留め波に取ると7回まで3人ずつで抑えた。5回途中には右脇腹を痛めるそぶりをみせたが、何とか乗りきった。9回こそ鈴木博志にマウンドを譲ったが、ガルシアがチームの連敗を止めた。

 打線も7回に広島岡田を攻め、1死満塁からガルシアを好リードする松井雅が左前適時打を放ち先制。なおも満塁からガルシアが自らのバットで左前適時打、京田も左前に2点適時打で一挙4点。8回にも堂上の右前適時打で1点を加点し試合を決定づけた。

写真:中日対広島 中日先発のガルシア(撮影・前岡正明)
ガルシア投手が7月初黒星に
<< 作成日時 : 2018/07/25 22:16
https://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_8.html

中日ーDeNA16回戦、初回に先制を許すも、2回裏無死一塁、大野奨選手が左中間を破る二塁打を放ち二、三塁のチャンスを作ります。
2回裏1死二、三塁、中前に逆転のタイムリーヒットを放った京田選手
先発のガルシア投手は2回以降無失点に抑えていましたが、5回表に痛い一発を浴びてしまい逆転を許します【写真】
7回裏2死、中越えに14号ソロホームランを放つビシエド選手、1点を返し3−4と1点差に追い上げるも・・・
以後得点を挙げることができず敗戦に
泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔
快勝で3連勝です
<< 作成日時 : 2018/07/31 22:04 >>  球団公式ブログより
https://dragons-camera.at.webry.info/201807/article_10.html

中日ー阪神14回戦、先発はガルシア投手、2回表に先制を許しますが・・・【写真】
3回裏無死二塁、武山選手の右前タイムリーで1−1の同点に
3回裏1死満塁から大島選手が中犠飛
三塁走者のガルシア投手に続き、二塁走者の京田選手も好走塁を見せ生還、3−1と逆転します。
5回表無死一、二塁のピンチを無失点で切り抜けたガルシア投手【写真】
5回裏1死三塁、ビシエド選手の中前に落ちるタイムリーで1点を追加、4−2と、貴重な追加点
7回裏1死一、三塁、藤井選手が放った打球は右中間へ!
ダメ押しの3ランホームランで7−2、笑顔でナインとタッチを交わす藤井選手
ガルシア投手は11勝目、最後を締めた鈴木博投手を笑顔で迎えます。【写真】
全員安打で7得点、今日のお立ち台は打のヒーロー、大島選手と藤井選手でした、快勝で3連勝です!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ガルシア、最多11勝 バンチ以来の竜外国人最多勝へGO
2018年8月1日 紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201808/CK2018080102000122.html

 ナゴヤドーム最強助っ人だ。ガルシアが中5日で先発すると7イニング2失点で11勝目をゲット。うち9勝は、本拠地ナゴヤドーム。2000、01年に8勝ずつ挙げたバンチを抜いて、中日の外国人投手では単独トップ。残り2カ月を考えれば、球団最多の吉見(11勝)超えも視野に入る。「9勝も挙げられたなんて、ドームにも感謝しなくちゃね。(ドームに強い理由を聞かれ)それはヒミツ。お客さんがいなければ勝ててなかったと思うよ」とファンに感謝だ。

 課題とされてきた立ち上がりは、コーチ陣から「初回から全力でいけ」とハッパをかけられ、わずか11球で三者凡退。だが、2回以降はなかなかリズムに乗れなかった。2回は1死から中谷とナバーロの連打で先制され、4、5回と先頭に四球を与えたことでピンチを招いた。「立ち上がりはうまくいったのに、途中はランナーを出したり点を取られたり。先頭の四球でイライラしても切り替えて、何とか踏ん張れた」と、7回までゲームをつくった。

 11勝は広島・大瀬良と並ぶハーラートップで、球団では00年のバンチ以来2人目となる外国人投手の最多勝が現実味を帯びてきた。中5日で週頭の火曜日に配置されたのは、大黒柱としてフル回転してほしいという首脳陣の信頼の証しだろう。

写真:中日−阪神 5回表2死三塁、陽川を空振りの三振に仕留め、雄たけびを上げる先発のガルシア=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山
ガルシア、大荒れKO 竜5連勝後3連敗…最下位転落 
2018年8月8日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201808/CK2018080802000124.html

 あぁ、頼みの助っ人左腕が…。中日のオネルキ・ガルシア投手(29)が7日、今季3戦3勝と得意にしていた広島戦(マツダ)に先発したが、初回から3点を失うなど4イニング5失点で降板。打線も広島先発ジョンソンを崩せず、2−6と完敗した。5連勝後に3連敗で最下位転落。酷暑を吹き飛ばす、スカッとした勝利が見たい。

 内弁慶ということなのか。チーム最多の11勝をマークしているガルシアが序盤に失点を重ね、ゲームプランは崩壊した。3戦3勝だったコイキラーが初めて土をつけられ、チームも5連勝後の3連敗で借金10。7日ぶりの最下位に転落した。

 「相手がファーストストライクから打ってきて、打球も打者にとって良いところに飛んでしまった。どうしようもなかった」。まさかの4イニングKOを喫した左腕はガックリとうなだれた。1回先頭の内野安打に始まり、1四球を挟んで4安打の集中砲火。リズムをつかむ前に捕まった。

 試合後の森監督もお手上げの表情だ。「立ち上がり? いつもじゃないの。立ち直れなかった? だから代えた」。報道陣との短いやりとりを終え、足早にバスに乗り込んだ。朝倉投手コーチも「立ち上がりが不安定なのが、いつもの課題」と声をそろえた。

 11勝のうち、本拠地では9勝を荒稼ぎ。その好相性ゆえ、優先ローテが組まれる。結果的に、ナゴヤドーム以外で登板したのは6月16日の西武戦(メットライフドーム)以来。“日本の夏”を肌で感じたマウンドも、初めてだった。

写真:広島−中日 まだ明るい1回から3失点を喫し、いらついた表情を見せる先発のガルシア=マツダスタジアムで(芹沢純生撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
逃げ切れず。。。
<< 作成日時 : 2018/08/14 22:38 >>
https://dragons-camera.at.webry.info/201808/article_8.html

中日ーDeNA18回戦、1回裏2死三塁、ビシエド選手の中越え2ランホームランで2点を先制します。
その後同点とされますが、3回裏1死一、二塁、アルモンテ選手のタイムリーで勝ち越し、1死一、三塁から高橋選手の中犠飛で追加点を挙げ4−2とリードを再び2点とします。
先発のガルシア投手、6回にも1点を失い4−3と1点差に詰め寄られますが、なんとかリードを守りこのイニングで降板【写真】
7回表無死一塁、送りバントの飛球に飛びつき、好捕した松井雅選手
同点とされ嫌な流れの中での登板でしたが、ピンチを絶ち、無失点に抑えた佐藤投手。
7回裏2死二塁、中前に5−4、勝ち越しのタイムリーヒットを放つビシエド選手。
2013年9月14日のDeNA戦以来の1番でスタメン出場した平田選手、勝ち越しのホームを踏み、笑顔でアルモンテ選手とタッチを交わします。
9回に登板のR・マルティネス投手、満塁から押し出しの四球で同点とされてしまいます。
その後勝ち越しを許し5−6、逃げ切ることができず敗戦に
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
ガルシア、12勝目スルリ 6イニング3失点も救援打たれ…
2018年8月15日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201808/CK2018081502000105.html

 ハーラーダービートップに並ぶ12勝目は、ガルシアの手からするりと逃げた。ここまで11勝中9勝を挙げている得意のナゴヤドームで6イニングを3失点。「少しもたついたが、感覚は悪くなかった。チームのために何とかしようと踏ん張って、自分なりに精いっぱいなげたよ」と汗をぬぐった。

写真:6イニング3失点と好投も12勝目を逃したガルシア(中森麻未撮影)
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
ガルシア12勝 7イニング無失点!!
2018年8月22日 紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201808/CK2018082202000119.html

 粘りのガルシアが7イニングをゼロ封。5試合ぶりの無失点投球でチーム最多の勝利数を12に伸ばし、「最初から全力で飛ばした。状態も良かったし、制球も良かった」と同僚のロドリゲスに刈り上げてもらった頭髪を気分良さそうになでた。

7回表 2死一、三塁、代打ロサリオを三ゴロに打ち取りガッツポーズするガルシア(芹沢純生撮影)
富士山 ぴかぴか(新しい) 富士山 ぴかぴか(新しい) 富士山 ぴかぴか(新しい) 富士山 ぴかぴか(新しい) 富士山 ぴかぴか(新しい) 富士山 ぴかぴか(新しい)
連敗を止め初戦に勝利
<< 作成日時 : 2018/08/21 21:59 球団公式ブログより
https://dragons-camera.at.webry.info/201808/article_11.html

中日ー阪神16回戦、1回裏1死一、二塁、初回のチャンスでビシエド選手が放った打球はレフトスタンドへ!!
ビシエド選手の19号3ランホームランで初回に3点を先制します。
3回裏には1死から京田選手が右中間を破る三塁打で出塁すると・・・
大島選手が右前にタイムリーを放ち追加点、4−0とします。
先発のガルシア投手は阪神打線を無失点に抑えていきます。
ガルシア投手は7回を投げ無四球、7安打無失点に抑えるピッチングを見せ降板。
8回には今日登録された祖父江投手が登板、無失点に抑えます。
高橋選手のグラブトスからの463ダブルプレー、守備で見せた高橋選手、京田選手の二遊間コンビ
9回に佐藤投手が登板、しかし糸井選手から一発を浴びてしまい、その後も2死から満塁に・・・、最後は岩瀬投手が登板し、ピンチを抑えゲームセット、ガルシア投手と握手を交わします。
連敗を止め4−1で勝利!お立ち台でグーチタッチを交わす先制3ランを放ったビシエド選手と12勝目を挙げたガルシア投手。
富士山 * 富士山 * 富士山 * 富士山 * 富士山 * 富士山 * 富士山 * 富士山
連敗を止め初戦に勝利
<< 作成日時 : 2018/08/21 21:59 球団公式ブログより
https://dragons-camera.at.webry.info/201808/article_11.html
同点の場面で2被弾 悔しガル
2018年8月29日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201808/CK2018082902000116.html

 右腕を振り下ろして感情をむき出しにしたほど、ガルシアにとっては悔いの残る1球だった。2−2で迎えた7回2死、3ボール1ストライクからの5球目。ストライクを取りにいったツーシームを嶺井にバックスクリーン左へ運ばれた。

 「7回は打たれちゃいけない場面だった。とても悔しい。反省しなきゃいけない」。痛恨の勝ち越し本塁打を浴び、女房役の松井雅も「もうひとつ低くとか、ジェスチャーとかでしっかりやればよかった」とうつむいた。

 チームの勝ち頭は全力で腕を振ったが、派手な髪色のような輝きは放てなかった。初めての横浜スタジアム。ナゴヤドームと違って狭いだけに、警戒していたはずのアーチを2本も架けられた。そのうちの1本は、またしても天敵のソト。1回2死から左翼席への先制ソロを打たれた。今季、ソトには9打数7安打、4本塁打、7打点とカモにされている。なかなか相性を好転させることができず、「ソトに投げる時はもう少し考えないといけない」と複雑な表情を浮かべるしかなかった。

写真:DeNA−中日 8回、投手交代となり悔しがるガルシア。後方は森監督=横浜スタジアムで(北田美和子撮影)
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
ガルシア13勝 最多勝争い残った
2018年9月18日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201809/CK2018091802000103.html

 その姿が頼もしく感じるのは、巨体だけが理由じゃない。重要なマウンドを託されたガルシアが7イニング1失点。5回までは二塁も踏ませない好投でリズムをつくり、CSにも最多勝争いにも踏みとどまる13度目の勝ち名乗り。投の立役者は満足そうにうなずいた。

 「マウンドの固さも、高さも良いよね。ものすごく投げやすい。ボールもコントロールできていたし、自分でも納得できる投球だった」。巨人からは3勝目。東京ドームでは来日初完封をマークした5月12日に続く快演だった。

 最大の危機は7回。東京ドーム16イニング目で初めて1点を失い、さらに2死一、二塁と一発で同点の場面を招いた。しかし、慌てることはない。田中俊を丁寧に一ゴロに仕留め、残る2イニングは救援陣に託した。

写真:巨人−中日 来日初セーブのロドリゲス(右)を笑顔で迎えるガルシア(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
ナゴヤドームも今季残り2カードに
<< 作成日時 : 2018/09/23 17:43 >>  球団公式ブログより
https://dragons-camera.at.webry.info/201809/article_6.html

中日ーヤクルト23回戦、先発のガルシア投手、初回に1死満塁のピンチとなりますが、ここを123の併殺で切り抜けます。
初回のピンチを切り抜けたガルシア投手でしたが、3回に1点を失い先制を許すと、4回表にも1点を追加されてしまいます。
2回裏、4回裏と中前打を放ちマルチ安打の亀澤選手
守備でもみせた亀澤選手
ナイスプレーを連発
ガルシア投手は5回以降は失点を許さず、7回を投げぬき2失点のピッチングをみせますが・・・今日は打線が援護することができず。0−2での完封負けとなってしまいました。
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
ガルシア、流れ変えられず 気合空回り
2018年9月24日 紙面から中スポ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201809/CK2018092402000094.html

 決して責められる内容じゃない。だが結果が全て。「状態は悪くなかったんだけどね。いつも僕が投げる試合で打ってくれているから、この結果は仕方ない」。ガルシアは事実を受け入れた。

 CS進出に向けて大事なマウンド。「絶対勝つつもりで投げた」。気合が空回りし、初回は安打と死球などでいきなり1死満塁のピンチ。だが雄平を投ゴロ併殺打に。グラブをポンポンとたたいた。2回は三者凡退。落ち着きを取り戻した…かに見えた。

写真:中日−ヤクルト 先発したガルシアは7イニングを投げて2失点に抑え、天を仰いでマウンドを降りる=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙

ログインすると、残り6件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ガルシア 中日ドラゴンズ 更新情報

ガルシア 中日ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済