ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > 西郷どん 2018年NHK大河ドラマ > トピック一覧 > 第十四話「慶喜の本気」(4/1...

西郷どん 2018年NHK大河ドラマコミュの第十四話「慶喜の本気」(4/15放映分 西郷どん感想トピ)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

第十四話「慶喜の本気」(4/15放映) の感想などお願いします。

※こちらは大河ドラマ「西郷どん」が好きな人のコミュですので、脚本、役者への批判は、
↓真田丸「西郷どん」トピ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6201998&id=84756362
↓冒険コミュ「テレビドラマ」トピ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=890518&id=81437337
などにどうぞ(*^^*)

※こちらはネタバレ禁止のトピックですので、歴史の話がしたい人は
↓歴史トピ
http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=6320680&id=84797943
へお願いします(*^^*)

※感想以外のコメントが入ると削除・ブロック依頼が殺到するので、ルール違反には気を付けましょう。管理人は皆さんほど、このコミュを見ていませんので、要望コメントなどはIDブロック依頼や投稿削除依頼で知る事となり、内容は読めません。mixiやコミュへの要望はメッセージでお願いします(あまりにルール違反が目立つ人は退場していただきます)。

▽▼↓関連コミュ(昔からmixiの関連コミュ機能は壊れてるので)▼▽
↓冒険コミュ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=890518
↓マッサン
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6188746
↓説明が分かりにくい。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=200275
↓半分、青い。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6325564
↓あさが来た
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6253587
↓真田丸
http://mixi.jp/view_community.pl?id=6201998
↓どこでもドアがあったらな〜
http://mixi.jp/view_community.pl?id=797751

コメント(64)

仁義なき戦いって言われて気づいたのだが、『翔ぶが如く』では金子信雄さんが、『徳川慶喜』では菅原文太さんが斉昭公なんですね。完全に悪相面枠。ぜいたくを言えば、本寿院サマには、水戸のうえるせえのが防衛費のために大奥は緊縮財政しやがれとか言って来たらどうすんのとか、セリフに書き足してほしかった・・・。
◎敵の本丸に連れて来られた吉之助、 大丈夫か?!

左内と別れた帰り道。男の一味に囲まれた! そして、
“吉之助どの、ご同行願おう、当家の主が、貴殿を呼んでいる”と

場所は江戸・彦根藩邸の茶室。静寂の中、茶を点ててくれているのは
井伊直弼。

〜茶を口にした吉之助〜
吉之助:『! うまか・・』
直弼:【茶が解かるのか】 傍らにはあの腹心・長野主膳が・・。そして、

直弼の第一声、
直弼:【わしの見るところ、逃げてばかりの男に、次の公方様が務まるとは
    到底思えぬがの】

吉之助:『じゃっどん、別の見方をすれば、あん一筋縄では行かんお人なら
     異国が相手でも、易々と異国の言いなりにはならんとでは
ごわはんか!』
〜正に決死の反論です〜 更に、長野主膳から斉彬の事を愚弄された!

吉之助:『お殿様は、まっこて、こん国を守るために、こん国を変えようち
     なさってられもす!』

直弼:【変えるじゃと? この国には変えてはならぬものがある。今、我らが
    守るべき国は徳川の御家そのものじゃ、異国が迫っておる今だから
こそ、何も変えてはならぬのじゃ。世を乱してはならぬのじゃ』
直弼:【ところで、西郷、お前なら、薩摩守殿の動向や書状をつぶさに知っておろう?】

〜吉之助の「出世」と「西郷家の貧しい生活」の“面倒を見る”と言う
 懐柔作戦に出て来た!〜

吉之助:『そいは、おいに、お殿様を裏切れち言っちょっとでごわすか?』

吉之助:『井伊掃部守様ともあろうお方が、こげな脅しをかけっとで
     ごわすか? こげな腐った連中に守られちょ将軍家も危なかで
     ごわんどなぁ』
〜裂ぱくの反論です!〜

カッとなった長野が刀に手をかけた! 待て、ワシの客じゃ・・
直弼:【西郷、面白かった。じゃがのう、いつまでそんな綺麗ごとを言って
    いられるか。世間の泥水をたっぷり飲むがいい。 茶の旨さが
    判るであろう】

〜吉之助が出て行くのを不敵に見送りました〜
>>[25]
金子信雄さんに菅原文太さん!
正に東映ヤクザ映画。(^ ^)
◎遂に出した斉彬の「建白書」! 篤姫の動きや如何に!

島津斉彬は幕府に対して「建白書」を提出しました。
趣旨は勿論、「国難を乗り切る為に、次の将軍には一橋慶喜が相応しい」と
書かれている。

これで、慶喜を推す一橋派と、慶福擁立を計る紀州派の対立は表面化!
それは承知の上での建白書。まさに“賽は投げられた”と言う訳です。

「対立」を心配したのは意外にも本寿院。
慶喜が将軍になったら何かと評判の悪い父親の徳川斉昭(伊武雅刀)が
大奥に災厄を齎すのではないかと心配した。(大いにあり得るねわーい(嬉しい顔)

それよりもっと懸念されるのは斉彬の「建白書提出」を篤姫が未だ知ら
ない事。
幕閣が両派に分かれて対立しているのに、篤姫はまだ御台所として家定に
「慶喜推挙」の話をしておらず、焦った。

そこへ家定が現れ、【御台、息災か?】〜これはチャンス!〜
篤姫:『上様、幾久しい友好の為に、お願いしたき儀がございます。
    お許しがあれば一橋慶喜様をご養子に迎えられ、次の公方様に
    据えられては如何でございましょう?』

家定:【嫌じゃ。一橋は好かん。聞きとうない】
〜顔をしかめて出て行こうとした。 焦ったね!〜
篤姫:『一橋様はこの国を守ってくださいます。この国の民も、無事息災』

家定:【姫も、ずっと息災で居られると言う事か?】〜立ち止まった〜

そこに本寿院が来ました。顔を見るなり、唐突に

家定:【一橋にする。余の次は、一橋じゃ】〜これが宣言となった〜
驚きにのあまり泣き出す本寿院を無視して、家定はそそくさと帰った。

幾島:《御台様、あっぱれにございます》〜篤姫の手をとりました〜

これで判りましたねぇ、家定の気持ちを捉える「キーワード」は
“無事息災”の言葉であることが・・・。
◎将軍・家定から次期将軍は“お前に”と言われた慶喜、どう動く!?

慶喜はいつもの通り「磯田屋」にいたが、何者かに襲われた!
よく見ると、あの「神楽面」の男・・、彦根藩の手先の男だ!
この男が逃げ出した慶喜を追い詰め、そして刀を振り下ろした!

その時、吉之助が脇の短刀を抜いて男に体当たり!
短刀はこの男の胸に深々と突き刺さり、動かなくなった!・・。

彦根藩主・井伊掃部守の指令で動いているこの男! 刺客であるが、
それにしても執念深かった。

吉之助は初めて人を殺めた事に気付き、戸惑った!
吉之助:「あん男にも、命を懸けた主君がおらるっ。帰りを待っちょる
     親兄弟もおらるち思うと・・・」と泣きながら手を合わせた。

一橋慶喜:【だから、俺は天下国家に関わりたくないって言ってんだ。俺が
      将軍になったら、もっともっと血が流れる。世が乱れるぜ】

吉之助:「あん男の命と、一橋様の命は同じじゃ。じゃっどん、あなたは
     国を変え、多くの民を救える。そいでも未だ逃げるち言われる
っとじゃったら、あん男も浮かばれもはん」
  〜左内と共に、また手を合わせます〜

〜・・これからも、こんなに狙われ続けるとなれば、慶喜としても逃げ
回ってばかりはいられないでしょう・・〜

慶喜:【おい、立て。行くぞ。ついて来い!】

〜慶喜、遂に彦根藩邸で井伊掃部守直弼に対峙! この場面、圧巻です!〜

〇井伊は慶喜に“将軍職を断るなら、55万石の紀伊を差し上げる”と
来た! 慶喜、まんざらでもない顔をした! しかしすぐに、

慶喜:【お前はいつからそんなに偉くなった? どうしてお前から紀州に
    行けなどと言われねばならぬ? そんな弱みは俺にはないぞ!
    つけあがるな! 徳川はお前のものではない!】
    〜激怒・裂ぱくの声! 更に、
慶喜:【お前の言葉には、命が籠っていない! ただただ、今のこの幕府を
    守れば良い、それが忠義だ、それが政だと、くだらねえ思い込み
    をしているだけだ。今のこの幕府で、この世の太平が守られると
    本気で信じているのか? この大馬鹿野郎!】

   〜そして、遂に〜
慶喜:【わかったよ、俺が将軍になるさ。なるしか、しょうがねえじゃ
    ねぇか】

〜唖然としている井伊と長野を残して、慶喜は悠然と屋敷を出て行きました。
そのあとを、吉之助と左内が従って行きました〜

〇下級武士吉之助の井伊直弼に対する命がけの直言! そして、篤姫の
 家定への愛も含んだ働きかけ! 正に“思いの強い方が勝つ”と言う
 場面が描かれたと思いましたねぇ〜。

次回第15話は「殿の死」! “お前は今からワシになれ!”
目まぐるしく変わる展開になりそうです。

鈴木どん、再び江戸へ!!

ハリスが又吉定家に会いに来たらしく
そんな必要ないという流れもありつつ
余りにしつこいもんだから
とうとう又吉も会うことに。
まぁ人様の国に来る時はもう少し礼儀を身につけてきてな!
とりあえず靴脱げや!

なにやら又吉、きーたんと練習したみたいで
心はこもってないが
まぁ仲良くやろーやと適当にあしらう。
なるほど!
きーたんと上手くいってそうでなによりだな!

この件を巡り
伊武は相当なイケイケなもんだから
どうにも納得がいかないらしく
アメちゃんに乗り込んでやろうかとか言っている。
まぁバカで行動力のある奴は本当に始末悪いな!

そんな中
鈴木どんと風間くん
頭のいいフヌケを次の将軍にという考えは変わらず
宣伝活動しようとしてる。

そこへ頭のいいフヌケ登場。
色々良いこと書かれてるみたいだが全部パチらしく
頭のいいフヌケはそれを破り捨て
外人とケンカなんて自分にはできないとのこと。
なるほど!
伊武と違って現実が分かってしまってるんだな!

謙さんから将軍どうするか決めたらと建白書。
頭のいいフヌケにしたいのとしたくないのとで対立。
まぁ確かに外様が口を挟む話ではないな!

そういや堀田はまた伊武にどっちにつくんだとか責められてるな!

そんなある晩
鈴木どんの元に神保がやって来て
なにやら井伊からお呼び出し。
鈴木どん
今この国は変わる必要があるとの見解。

すると井伊
自分に意見するなんて生意気くらいの態度。
そいうや神保もいちいち絡んできてうっとーしいな!

井伊としては
変えてはいけないものもあるとのことで
泰平の世は徳川が築いたものだから
徳川にたてつく奴は敵らしい。
まぁそれは分からなくもないな!

さらに鈴木どんにスパイになれとか言ってきて
神保が脅しをかけてきた。
というか神保がマジで癪に障る!

鈴木どん
井伊がこんな汚い男だとは
こんな腐った連中に守られてる将軍家はたかが知れてるとのこと。
確かに!
去年の井伊とは大違いだな!

建白書の写しはコピー大奥にまでまわり
又吉のお袋さんの幸楽としては
伊武は大奥的には災い以外の何物でもないから
頭のいいフヌケが後継者なんて絶対ダメらしい。

そしてきーたんがとうとう動き始め
又吉に頭のいいフヌケを勧めてるが又吉は嫌らしい。

ならばときーたん
頭のいいフヌケならこの国を守ってくれ
みんな無事息災に暮らせると説得。
又吉はコロっと心変わりした模様。
おいおい、早っ!!!

そんなある晩
頭のいいフヌケが狙われる。
おいおい、鈴木どんに任せて一人で逃げてるし!

鈴木どんが刺客を始末。
なんじゃこりゃ!!!

鈴木どんとしては
一人の人間の命を奪ってしまったとそのことについて自責の念がある模様。
なるほど!
人を殺めるというのは本来そういう感覚であるべきだわな!

そして鈴木どん
どんな悪い奴にも家族や待っている人がいるわけで
頭のいいフヌケの命も他の一人の命と価値は変わらない。
ただ国を変えて多くの国民を助けることができる
それでもヘラヘラしてるなら
さっきのあいつも浮かばれないとのこと。
確かに!
いつまでも逃げてる場合ではないからな!

そして頭のいいフヌケが鈴木どんと風間くん引き連れて井伊のところへ。

すると井伊、いい案があるらしく
将軍諦めてくれてら紀州くれるらしい。

頭のいいフヌケ
井伊にそんなこと上から言われる筋合いはないわけで
舐めてもらっては困ると強気。
おっ!
そうこなくっちゃ!

そして頭のいいフヌケが本気になった。

さてさて殿の死の展開は如何に?!
>>[32]
頭のいいフヌケ、超期待出来そうになってきましたねゞ(^キスマーク^ゝ)
>>[30]
それぞれのシーンを思い出しますね。
>>[21]
地響きのような笑い声でしたねゞ(^キスマーク^ゝ)
一橋慶喜って
遊郭にいりびたりだったのですか?
昨日の井伊直弼の言葉を聞いていると直虎様を思い出しました。
徳川様の世の中。
それが終わりに向かっているのですね。
今は安政の大獄より桜田門外が早かったらなぁ なんて歴史が変わる事を考えてたりw

吉田松陰は誰がやるの?

風間左内様(´・ω・`)
風間くんの演技が大好きです・д・;
>>[33]
がっちゃんさん曰く
“頭のいいフヌケ”ですが、今回からエンジンがかかってきた感じなので“頭のいい元フヌケ”に昇格でしょうか?(^ ^)
>>[33]

頭のいいフヌケがようやく本気になってくれましたね 笑

これから出番多くなりそうで
楽しみです!
>>[37] 、そう・・徳川幕府がいよいよ終焉に向かって来ましたね。

ちょっと歴史を振り帰って見ましょうか・・、
昨年のドラマ「女直虎」が、これぞと見込んだ徳川家康に、育てた井伊直政を1575年(天正3年」に小姓として託し、自分は46年の生涯を終えました。
直政は才能を発揮し、ご承知のように、彦根藩主となり徳川家譜代筆頭家老まで上り詰めました。

爾来、時は経過し、今、登場の彦根藩主が直政の末裔、井伊直弼ですね。
ハリスが13代の家定に謁見したのは1857年10月21日ですから、
あの時、直政の小姓の時から、255年の経過です。

そして、1867年の大政奉還まで、残り10年・・と言う訳です。

井伊直弼が暗殺や吉之助の実家の調査までやっていた・・・・のが新機軸。。。吉之助は心ならずも刺客を殺してしまう。。きれいごとではすまない世界。。。。ヤルかヤラレルカの謀略の幕末。。。。素直な家定もニュータイプ。。。。主役はヒーサマみたいだが。。。w
今回は吉之助初の刃傷沙汰です。たしか『新選組!』の近藤勇も、第2話ではこんな感じでしたっけ。「斬られた奴の身になってみろ」。
>>[3] 吉之助と大老ホンマに接点あったんですかね。
>>[32] 冬彦大老これから出番ですね。安政の大獄では冬彦さんみたいに暴れて欲しいです。
>>[46]

これから見せ場ですね!
木馬には乗りそうにないですが
冬彦さん並みの執念深さに期待です 笑

それから堀田役の人
あの人、ライバル布施博に見えて仕方ありません 笑
>>[42]

井伊直弼が出るたびに「直虎」をどうしても思い出します。

ひょっとして「西郷どん」放送が先に決まっていて
物語をより深く楽しんでもらうために
その前の年に「おんな城主直虎」を放送したのかな?
なんて事まで考えてしまいます。
「新選組!」の慶喜と今回のヒー様が同じ人物を描いたとはとても思えない。
慶喜は物語によっては聡明であったり、優柔不断な臆病者だったりするから面白い。
鈴木亮平くんと松田翔太くんと風間俊介くん
3人で立った芝居の時、
風間くんちっちぇ〜って思いました。

特に小さい訳でもないんだろうけど。
>>[39]
私もです。
化粧や表情も変えているのかもしれませんが、自信がついてきたように思えました。
>>[38]
いかにも頭が良さそうですよね。
演技力にも存在感にも拍手したいです。
篤の願いが聞き入れられた時は、
自分でも驚くほど嬉しかったです。
西田さんが三人の名前を呼ぶとは思いませんでした。

チェストー(ァ●ャ^o^✿カ)
>>[44]
ハッとさせられる台詞でしたよね。
>>[48]  鋭い視点ですね指でOKわーい(嬉しい顔) NHKに於いて、次の「大河のドラマを何にするか!」がテーマになるときには、視聴者の人気や期待度を検討していますから、次を時代劇にするか、現代劇にするかは重要な検討課題でしょう。
私も、次回の「オリンピック関係」が控えている中で、同じ時代劇の「直虎」を先に、維新の「西郷どん」を最後に廻そう・・と検討されたのではないだろうか・・と思っています。
井伊直弼は初回大河の「花の生涯」の主人公でもあった。。。。視点によって人間像が大きく変わることも興味深い。。。茶道を究めたという側面もあった直弼だが、ダークな面が今回フィーチャーされている。主人公吉之助の敵。幕府絶対主義者。外様大名の介入阻止。次期将軍問題が当面の争点。。。幕末はいまだ謎も多く面白い。。
ヒー様の覚醒、テンション上がりましたね。
吉之助も風格出てきた気がするヽ(^^)バンザイ

西田さんに同感。
3人ともチェストーヽ(^^)バンザイ
>>[58]
これはおそらく

支持者である一橋派の人たちに対して、ヤル気が無いとさんざん言っているのにもかかわらず、反対派の南紀派が刺客をおくって来たことでアタマにきちゃったわけでしょうネ。

本心「お前ら南紀派なんか余が将軍になって一人残らずコテンパンな目に合わせてヤルからな」

よせばいいのに刺客をおくるなどの余計なことをして、ヤル気の無い人間にスイッチが入ると、あとが恐ろしいようですね。
西田さん、ヒー様にだけ、
様つけてましたね。

どうしても西田さんの方が格上に感じて違和感でした…(^^;)(;^^)
>>[60]
今宵はここらでよかろうかい、のくだりですね。(^-^)/
井伊の屋敷で井伊の旗がかなり目立ったのは、直虎へのエールそして時代の流れを絵で表した感じで良かった

冬彦さんの演技も、なかなか見応えあった

しかし、緊迫した、のっぴきならない相手である吉之助を、あんな間近な距離の茶席に招くのであろうか?
しかも案の定、吉之助は感情を露わにした。
ハラハラと言うより、非現実的な場面を見せられた思いがして、あのシーンはドラマに入り込めなかったでござるよ
最近、吉之助どんが主役ぽく無い感じになっちゃってるのは、大河のあるある悪い癖の一つだと思うー

やっぱあくまで常に西郷目線で行って欲しいわ。歴史上の重大出来事を毎年何度も何度もなぞる必要は無い。
一週遅れでこっちの感想からw

しっかし前回の大河と違ってこの大河は井伊をワルモノに描くなぁw

西郷どんが刺客を殺したのは史実?創作かもだが刺客の命とヒー様の命は同じ重さだ!みたいにうまく描いてたな〜

てか板挟みになってた堀田っていうおっさんw

あれ朝ドラ「ひよっこ」で三男の父ちゃん役と、同時期にやってた大河「おんな城主直虎」で龍雲丸に反撃された武将やってたおっさんじゃんwwwwwwwww

多分気づいたのはこの世で俺だけだろうなw

朝ドラと大河に同時期に出て大河2年連続出演とはやるなぁw表情(嬉しい)
https://twitter.com/enjoy_letitgo/status/901873975516467200?s=21

ログインすると、残り27件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

西郷どん 2018年NHK大河ドラマ 更新情報

西郷どん 2018年NHK大河ドラマのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。