ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 中日ドラゴンズ 鈴木博志投手 > トピック一覧 > 2018年 今日の活躍(公式戦...

中日ドラゴンズ 鈴木博志投手コミュの2018年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(24)

博志、3人斬りデビュー 最速155キロ 朝倉コーチも絶賛!!
2018年4月2日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040202000108.html

 快速右腕が満点デビューを飾った。中日のドラフト1位・鈴木博志投手(21)は1日、広島戦で公式戦初登板。最速155キロの直球で押し、8回の1イニングを2奪三振の三者凡退に抑えた。チームは苦手のマツダスタジアムで開幕3連敗を喫したが、3日からは巨人と本拠地開幕戦。ナゴヤドームで躍動し、勝利に貢献するルーキーの雄姿が、きっと見られるはずだ。

 待ってました! とばかりに、ベンチを飛び出した鈴木博の顔は、確かに笑っていた。開幕3戦目に巡ってきたプロ初登板。敗色濃厚な5点ビハインドの8回、3番手としてマウンドに上がると、空振り三振、見逃し三振、二ゴロと、快刀乱麻の投球を見せた。「三振はしっかり腕を振った結果だと思います。緊張はしたけど、思ったところに投げられて、悪い緊張じゃなかった。次は勝ち試合で投げたいですね」。手応えもつかめた上々の公式戦デビューだ。

 試合前から「どんな場面でもいいので、マウンドに一度上がって落ち着きたい」とうずうずしていた。この2試合は、5回に肩をつくってスタンバイしていたが、出番はなし。その間に、社会人時代に対戦していたオリックスのドラフト1位・田嶋が前日(3月31日)、新人最速で初勝利。ニュースを見て「早いなぁ」とうらやんでいた。

 やっと回ってきた出番。真っ赤に染まるアウェー感満載のマツダスタジアムでも、動じなかった。「ブルペンから気持ちが上がっていたので、そのまま行きました。マウンドに上がった時はぐるっと見回して、看板の字がちゃんと読めてるな、落ち着いてるなと確認して投げました」。心はホットでも頭の中はクールだった。

写真:広島−中日 8回裏、プロ入り初登板のマウンドを三者凡退に抑えた鈴木博=マツダスタジアムで(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
2018年4月1日 広島戦(広島)8−3 負け涙
笠原、谷元、鈴木博−松井雅、木下拓
8回谷元投手に代わり登板
8回7安部 空三振 8石原 見逃三 9西川 二ゴロ 三凡 だぁ富士山
  投球回1 打者数3 投球数12 奪三振2
  防御率 0.00
富士山 ほっとした顔 富士山 ほっとした顔 富士山 ほっとした顔 富士山 ほっとした顔 富士山 ほっとした顔 富士山 ほっとした顔 
写真:球団公式HPより
博志、本拠地衝撃デビュー 8回3者三振 お待たせ竜初勝利
2018年4月5日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040502000119.html

 ようやく、中日が今季初勝利だ。投打がかみ合い4日の巨人戦(ナゴヤドーム)に4−1で快勝。新外国人のオネルキ・ガルシア投手(28)が5回まで無安打に抑えるなど6イニング1失点。2点リードの7回からは、救援陣が無安打リレーで締めくくった。特に、ドラフト1位の鈴木博志投手(21)は8回の1イニングを3者連続三振に退ける文句なしの内容。注目の松坂大輔投手(37)が先発する5日の巨人戦(同)へ弾みがついた。

 勝利を待ちわびた竜党の歓声がナゴヤドームにこだました。開幕からの連敗を4で止め、ようやく竜が勝った。終盤3イニングは盤石の完全リレー。会心の逃げ切り劇の中で、圧倒的な光を放ったのはルーキー鈴木博だ。

 衝撃の本拠地デビューは3点リードの8回だった。又吉からバトンを受けると、150キロ超の直球を連発。先頭の中井をこの日最速の153キロで見逃し三振に仕留めて波に乗った。続く吉川尚には149キロの直球、坂本勇にはカットボールでいずれも空振り三振。三者三振の快投で、この試合は勝負あり。守護神の田島につなぎ、勝利の方程式を完成させた。

 「最高です! かなり緊張しながらマウンドに上がりましたけど、自信になりました」。試合後に待っていたのは初お立ち台のご褒美。「勝ち試合なので気合も入りましたし、ファンも盛り上がってくれて本当にうれしかったです」。ガルシア、ビシエドと並んでも物おじしないマイクパフォーマンスで強心臓ぶりを見せつけた。

 2年連続で開幕5連敗以上となれば1966、67年の東京(現ロッテ)以来51年ぶり、プロ野球史上4度目となる負の歴史。そんな屈辱を寸前で食い止め、最高の歓喜に変えた。

 ドラ1右腕の原点は、疲労骨折を抱えた右肘にメスを入れた高校3年の10月だ。もう一度野球ができるのか、不安でいっぱいだったとき、病室のテレビに目がいった。映っていたのは同じ時期にリハビリに取り組むダルビッシュ(現カブス)の姿だった。

 野球をできなくても栄養学やトレーニングの知識を蓄え、復帰後を見据えるダルに感銘を受けた。「立ち止まっている時間がもったいない、と言われてる気がした」。その日から自分の将来だけを見て、過去を憂うのをやめた。そして今、「野球ができていることがすごくうれしいんですよ」。屈託ない笑顔を浮かべる。

写真:中日−巨人 勝利に貢献し笑顔を見せる(右から)鈴木博、ガルシア、ビシエド=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
博志、1イニング5球でピシャリ デビューから無失点継続中
2018年4月6日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040602000109.html

 敗戦の中でも存在感を発揮した。1点を追う9回からマウンドに上がったルーキーの鈴木博。プロ入り後初めての連投にも堂々とした投げっぷりを披露した。

 直球主体で3連続三振を奪った前夜とは違った姿を見せつけた。先頭の吉川尚は1ボールからのカットボールで二ゴロ、坂本を149キロの直球で遊ゴロ、ゲレーロは再びカットボールで三ゴロに。上位打線からの攻撃をわずか5球で料理した。

 「まだ裏の攻撃があったので、チームが勝つためにも3人で攻撃を終わらせることだけ考えてました。少ない球数で終えられてよかったです」とうなずいた。松坂、岩瀬、上原といったレジェンドたちが直前に投げたマウンドに立っても「全然気にしてませんでした。毎回感激してるわけにもいかないですからね」と話した。

写真:9回表を三者凡退に抑えた鈴木博=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
富士山 桜 富士山 桜 富士山 桜 富士山 桜 富士山 桜 富士山 桜
鈴木博志投手がプロ初登板
<< 作成日時 : 2018/04/01 17:50 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_1.html

カープとの3回戦、先発は笠原投手です。
緊張の立ち上がりを無失点に抑えますが、2回裏にソロ本塁打で1点を先制されます。
4回表無死、ビシエド選手の1号ソロホームランで1−1の同点に
4回表2死、平田選手もレフトへ今季1号のソロホームラン!!
ビシエド選手、平田選手のソロホームランで2−1と逆転
「状態は悪くなかったのですが、詰めの甘さがでてしまい悔しい・・・」と笠原投手、4回裏に本塁打で同点とされると5回裏には2点を勝ち越されてしまいます。
8回表2死、今日2本目となるソロホームランを放つビシエド選手。
8回裏に鈴木博投手がプロ初登板。
2奪三振、打者3人できっちり抑える投球をみせました。ビシエド選手から受け取った記念のボールを手にベンチへ引き上げます。デビュー戦も「緊張はしなかった」と鈴木投手、なかなかの強心臓っぷりです。
しかし、試合は3−8で敗戦となり開幕3連敗に・・・
4月3日はナゴヤドームで地元開幕戦、ここから出直しです!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
今季初勝利です!!
<< 作成日時 : 2018/04/04 22:24 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_3.html

1回裏1死一、二塁、ビシエド選手の右前タイムリーで1点を先制。
先頭打者、大島選手のヒットからチャンスを作り先制となりました。
先発はガルシア投手、ジャイアンツ打線をノーヒット、無失点に抑えていきます。
4回裏無死、福田選手が中越えの二塁打でチャンスを作ると
4回裏2死一、三塁、ガルシア投手の放った打球はサードへ、しかし一塁へ全力で駆け込みます。
判定は「アウト」でしたが・・・
リクエストの結果セーフとなり追加点、笑顔を見せるガルシア投手
6回表に1点を返され、なおもピンチが続きましたが後続を抑えグラブを叩くガルシア投手。
7回からはリリーフ陣が奮闘、まずは又吉投手がきっちり3人で抑えます。
7回裏2死二塁、高橋選手が今日も三塁打を放ちます、これがダメ押しのタイムリー三塁打に!
8回表には鈴木博志投手がナゴヤドーム初登板、ホームのファンが見守る中、三者連続三振にとる鮮烈デビューをします【写真】
9回は田島投手が抑えてゲームセット!!開幕からの連敗を止め4−1で勝利です!!【写真】
いやいや、良かった〜、さぁここから巻き返していきましょう!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
松坂投手が550日ぶりの公式戦マウンド
<< 作成日時 : 2018/04/05 22:15 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_4.html

ジャイアンツとの3回戦、先発は松坂投手です、550日振りの1軍登板となりました。
1回表に1点を先制されますが、その裏1死三塁、アルモンテ選手の左翼線へポトリと落ちるタイムリー二塁打ですぐに同点に追いつきます。
4回表2死二、三塁のピンチを切り抜け、大野奨選手とタッチを交わす松坂投手
松坂投手は打者26人と対戦、96球を投げ8安打3失点5奪三振、5回で降板となりました
6回裏1死一、二塁、高橋選手の右前タイムリーで1点を返し2−3
8回は岩瀬投手が登板、3人できっちり抑えます。
9回は鈴木博投手、今日も打者3人で抑えました。【写真】
9回裏無死、中前安打を放ち猛打賞の平田選手、チャンスをつくりましたが・・・あと一歩及ばず、2−3で試合終了
カードもかわり、明日からは京セラDで阪神戦、ローテも戻って先発は小笠原投手の予定です。
切り替えて今季初勝利といくように、初戦をとっていきましょう!!
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
博志、6戦連続無失点 7日ぶり登板もきっちり三者凡退
2018年4月19日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018041902000122.html

 逆転の望みは絶やすまい。2点を追う9回、鈴木博がマウンドに上がった。11日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)以来の登板。「早く投げたかった」とはやる気持ちを抑えながら、腕を振った。

 この日も球威は抜群だった。先頭の植田を内角高め147キロの直球で二ゴロに打ち取ると、迎えるのは糸井。カウント2−2とすると、最後は外角高めの149キロ直球で空振り三振。見逃せば明らかなボール球を振らせた。ロサリオは外角高めのカットボールで一邪飛の仕留め、三者凡退に。この日の最速は151キロ。「肩が軽くて、高めに抜ける球が多かった」と反省したが、これで6試合連続無失点だ。

写真:中日−阪神 9回表を三者凡退に抑えた鈴木博=ナゴヤドームで(河口貞史撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
博志完璧 7戦連続無失点
2018年4月21日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018042102000108.html

 揺れ動き続けた試合の流れを、がっちりと引き寄せた。逆転した直後の8回、3番手として登板したドラフト1位の鈴木博。しぶとい広島打線の勢いをきっちり止めた。

 先頭の西川はフルカウントから149キロの外角低めへの直球で遊ゴロ。次打者はこの日3安打と好調の安部。1ボール2ストライクから選択したのは、ほとんど見せてこなかったフォークだ。

 「投げた後にフォームが崩れて直球にも影響が出るんです」と試行錯誤していた球種を真ん中低めに落とし、空振り三振に。会沢には左前打を許したものの、続く松山を内角高めへの149キロの直球で捕邪飛に打ち取った。

写真:中日−広島 8回表を無失点に抑えた鈴木博=ナゴヤドームで(板津亮兵撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
大逆転で連敗ストップです
<< 作成日時 : 2018/04/20 22:59 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_10.html

中日ー広島4回戦、今日は昇竜デーです。先発は小笠原投手。
1回裏1死、今日誕生日の京田選手が右前打、バースデー安打で出塁。
京田選手が盗塁を決め1死二塁からアルモンテ選手の右前タイムリーで1−1の同点
1回裏2死二塁、平田選手の左前タイムリーで2−1と勝ち越します。
2回表に本塁打で追いつかれますが3回裏1死一、二塁、今日初出場のモヤ選手がバットを折りながらも右前に運びタイムリー、3−2と再び勝ち越します。モヤ選手は初ヒット初打点を記録。
5回裏無死二、三塁、平田選手がレフトへタイムリーを放ち4−2とリードを広げます。
6回表のピンチを切り抜けガッツポーズの小笠原投手、しかし・・・7回に広島打線に捕まってしまい逆転を許してしまいました。
4−7と3点差、7回裏2死から猛攻が始まります。2死二塁から高橋選手、福田選手の連続タイムリーで6−7
代打の藤井選手、亀澤選手がヒットでつなぎ満塁のチャンスを作ると・・・
7回裏2死満塁、大島選手が右前に逆転のタイムリーヒット!!
二塁から藤井選手が生還、逆転のホームを踏みます。
ダメ押しはモヤ選手、2死満塁からレフト前に2点タイムリー、今日は4安打3打点の活躍を見せました。
8回は鈴木博志投手が登板、今日も無失点に抑えて7試合連続で無失点に抑えました。【写真】
7回の猛攻で逆転勝利!!お立ち台で笑顔を見せる4安打3打点のモヤ選手と逆転タイムリーを放った大島選手です。
モヤ選手のデビュー戦は4安打3打点の活躍!身長がデカくてびっくりですが、笑顔はめっちゃ可愛いです!!
富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート
博志、プロ1勝 8回誠也斬り!初イニングまたぎ!!
2018年4月22日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018042202000102.html

 ドラフト1位ルーキーが快投でプロ初勝利をたぐり寄せた。中日は21日、広島戦で鈴木博志投手(21)が8回途中から1イニング1/3をパーフェクト。今季最多3万5818人が埋めたナゴヤドームで記念の1勝を手にした。登板した同点の8回2死二塁では、広島・鈴木誠也外野手(23)を真っ向勝負で空振り三振に仕留めるなど、チームの4位浮上へ流れを引き寄せた。

 重圧がかかる場面すら、鈴木博にとっては楽しくて仕方がない。同点の8回2死二塁。打席にはリーグを代表するスラッガー・鈴木誠也。イニング途中の登板は初めて。だが「誠也さんが代打で出てくる計算をして準備してました。すごい打者との対戦だったのでワクワクしてました」。湧き上がる思いを全てボールに込めた。

 1ボール2ストライクから投じた4球目。138キロの外角低めカットボールで空振り三振。小さくグラブをたたいた。ガッツポーズも出そうになり、「まずい」と帽子に手をやった。社会人のヤマハ時代に「隙ができる」と恩師・美甘(みかも)監督から戒められたことを一瞬忘れかけるほど、気合が入っていた。

 直後にモヤの本塁打で勝ち越すと、自身初となるイニングまたぎで9回のマウンドへ。「ブルペンから送り出されるときも言われましたし、僕もいくつもりでした」。広島が誇る上位打線「タナキクマル」を3人でピシャリ。自らの腕でプロ初勝利を引き寄せた。記念のウイニングボールはユニホームの右ポケットにねじ込み「両親に送ろうと思います」とはにかんだ。

写真:中日−広島 プロ初勝利をあげた鈴木博はウイニングボールを手に森監督(左)と笑顔を見せる=ナゴヤドームで(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
博志、プロ初の3連投 連続無失点試合9
2018年4月23日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018042302000095.html

 鈴木博が初の3連投。8回の1イニングを三者凡退に抑え、開幕からの連続無失点試合を9に伸ばした。初めてイニングまたぎした前日の影響は「全然いつもと変わらなかった」と頼もしかった。

写真:8回表を三者凡退に抑えた鈴木博(中森麻未撮影)
富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート
逃げ切って3連勝!!
<< 作成日時 : 2018/04/22 18:14 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_11.html

中日ー広島6回戦、ファンクラブスペシャルゲームの先発はガルシア投手です。初回三者連続三振にとる立ち上がりを見せます。
2回裏2死三塁、福田選手が左越えにタイムリー二塁打を放ち先制
2回裏2死二塁、大野奨選手が左越えにタイムリー三塁打を放ち2−0とします。
3回裏2死一塁、モヤ選手が放った打球はレフトへ・・・ここでカープの守備が乱れ
一塁走者の大島選手が一気に生還、追加点に沸くドラゴンズベンチ
4回表に2点を返され迫られますが、ガルシア投手が粘り、7回を4安打2失点、10奪三振の好投を見せました。
8回は鈴木博投手、今日もきっちり抑えます。【写真】
9回表1死、安部選手の大飛球を大島選手がフェンスギリギリでキャッチ!!ヒヤリとしました
最後を締めた田島投手、福田選手と笑顔でタッチを交わします。
ガルシア投手は負けなし3勝目、福田選手はファンクラブスペシャルデー、選手会長スペシャルの試合で先制タイムリーを放ちました!!
ナゴヤドームでカープに3連勝です!!
富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート 富士山 揺れるハート
博志ぼうぜん プロ初失点 「0」行進ついに止まった
2018年4月30日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018043002000099.html

 本塁を駆け抜けていく走者を、鈴木博はぼうぜんと見つめることしかできなかった。自分が登板した回のスコアボードに0以外の数字が刻まれる。練習試合、オープン戦でも経験のない光景。プロの洗礼を浴びた。

 2点リードの8回からマウンドへ。いきなり先頭の代打・神里に四球を許し、不穏な空気が漂い始める。続く大和にも四球。たまらず朝倉投手コーチがマウンドに駆け寄り一呼吸置いた。「二塁走者は気にしなくていい」。筒香は左飛に打ち取った。だが続くロペスの初球。ストライクを取りにいった外角低めの151キロ直球を狙い澄ましたかのように、はじき返された。中堅の頭上を越される適時二塁打。一気に同点に追いつかれた。

写真:中日−DeNA 8回表1死一、三塁、ロペスに同点の中越え2点二塁打を浴びた鈴木博=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
博志、お膳立て!雪辱の0封 岩瀬&田島も続いた
2018年5月1日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050102000096.html

 前日の悔しさを振り払った。松坂の復活星をアシストしたのは気合満点のリリーバーたちだ。2点リードの7回、2番手の鈴木博は1イニングを3人斬り。「救援に失敗したきのう(29日)は本当に悔しかったので自分の投球をして、絶対やり返す気持ちしかなかった」と無心で腕を振った。

写真:7回表、DeNAのクリーンアップを三者凡退に抑える鈴木博
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
ガルシア投手が好投も
<< 作成日時 : 2018/04/29 18:13 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_13.html

中日ーDeNA5回戦 先発はガルシア投手です、ウィーランド投手と投げ合いとなり0−0で試合が進みます。
好捕の大島選手を迎えるガルシア投手、バックも守ってピンチを切り抜けます
0−0のまま試合が進みますが、6回裏、ついに待望の先制点!!大島選手がライトへ今季1号ソロホームランを放ちます。
7回裏には福田選手にも一発、2−0とします。
8回表に登板の鈴木博投手、このまま・・・と思っていたのですが・・・今日は苦しいピッチングとなってしまい2点を失います。連続無失点もストップ、プロ初の失点になってしまいました。【写真】
リクエスト判定になりましたが判定はアウト、勝ち越しだけは阻止します。
自信の勝利が消えてしまっても、ベンチで声を出し、鼓舞し続けていたガルシア投手、同点で踏ん張った鈴木博投手を迎えます。【写真】
試合は延長戦へ突入しますが10回表に2点を勝ち越されてしまいゲームセット、2−4で敗戦に
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
博志、同点2ラン浴びる 悔し…またバレに
2018年5月4日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050402000110.html

 追いつき、追い越し、追いつかれ、追い抜かれた。今季最長4時間40分の乱戦。最後は田島がチームの負けを背負う結末になった。10回。1死一、二塁から荒木に投じた内角142キロが内野の頭を越え、今季初のサヨナラ負けを喫した。

 4連勝が手元からスルリと落ちた。「打てる手は打った。よく追いついたし、そこ(勝ち越し)までは成功したけどな。守り切れなかった」。森監督の表情にも悔しさがにじむ。5年ぶりとなる神宮での同一カード3連勝も失敗。「3連戦の最後、あそこで3点リードしたわけだからな」

 6回、7回と続けて打者9人の猛攻。相手の制球難にも助けられ、同点の3点、勝ち越しの3点を奪った。この段階で内野手はすべて使い切り、残る野手は工藤と木下拓の2人だけ。それでも、勢いは竜にある。あとは救援陣で逃げ切る−はずだった。

写真:ヤクルト−中日 7回裏2死一塁、鈴木博(手前)がバレンティンに同点2ランを打たれる=神宮球場で(平野皓士朗撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
金沢でヤクルト戦です
<< 作成日時 : 2018/05/09 22:21 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_2.html

金沢でのヤクルト戦です、石川県出身の京田選手にとって故郷への凱旋となりました!!
1回表2死一、二塁、守備で見せた京田選手を迎える吉見投手
2回表に1点を先制されますが、3回裏2死二塁、ビシエド選手の中前タイムリーで1点を返します。
1−1の同点に追いつき、笑顔を見せるビシエド選手。
5回裏2死、3回裏と同じように2死からアルモンテ選手の二塁打でチャンスを作ると
ビシエド選手が右翼線へタイムリー二塁打を放ち勝ち越し、2−1とします。
3回以降ノーヒットピッチング の吉見投手、6回表に3四球で満塁のピンチとなりますが、後続を抑え失点を許さず、2死満塁、坂口選手を三振にとりガッツポーズ、吉見投手はこの回で降板、6回を投げ2安打1失点のピッチングを見せました。
7回に1点を返され同点とされますが、8回裏無死、先頭の福田選手が右中間を破る三塁打を放ちビックチャンスを作ると
藤井選手がレフト前にタイムリーを放ちこれが決勝打、ガッツポーズを見せます
8回表を無失点に抑えていた鈴木博投手が2勝目を挙げました。【写真】
年に一度の金沢での試合、3−2で勝利です!!
わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)
同期の二人がヒーローです
<< 作成日時 : 2018/05/16 22:42 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_4.html

中日ー広島8回戦、1回裏無死、先頭の大島選手が四球で出塁、二盗を決め無死二塁のチャンスを作ります
1回裏無死二塁、京田選手が右中間を破るタイムリー二塁打を放ち1点を先制
先発は柳投手、1回表から2回表にかけ4連続三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せます。
5回までに9奪三振の好投、7回まで無失点に抑えた柳投手
7回裏1死二塁、左中間を破るタイムリー二塁打を放つアルモンテ選手
7回裏2死三塁、福田選手は中前にタイムリーを放ち5−0、福田選手は連日の猛打賞です
このまま完封、完投か・・・と思われた柳投手でしたが、8回に2点を返されてしまい降板。
ピンチが続きますが、二番手の鈴木博投手が後続をきっちり抑えると【写真】
9回は田島投手が締めてゲームセット!!
柳投手は2勝目、京田選手と笑顔でタッチを交わします。
「二人でお立ち台に上がる、この日を待っていました」と京田選手が話し、満面の笑顔を見せる京田選手と柳投手、ナゴヤドームでのカープ戦は負け無し5連勝です!!
鈴木博、プロ初黒星 9回誠也に被弾
2018年5月18日 紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018051802000110.html

 初球だった。白球が左中間スタンドのギリギリに飛び込むと、ナゴヤドームが悲鳴に包まれた。同点で迎えた9回。代わったばかりの鈴木博の149キロストレートは無情にも決勝ソロと化した。これまでの対戦、2打席とも空振り三振だった広島の4番・鈴木が見逃してくれるはずはなく、プロ初黒星を喫した。

 「外のコーナーを狙ったのに真ん中高めに入った。(救援として)つなげなかったというのは、会社で言えば仕事していない、サボったのと同じこと」

 猛省した鈴木博は、新人ながらチーム最多の19試合に登板。「社会人での2年分以上の試合数。9連戦の後は今まで経験のない疲れはあったけど、いい経験をさせてもらっている」。着実に経験値と信頼度を上げてきていた。

写真:中日−広島 9回表無死、広島・鈴木に勝ち越しソロを浴びる鈴木博(手前)=ナゴヤドームで(中森麻未撮影)
泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔
連勝がストップ
<< 作成日時 : 2018/05/17 21:54 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_5.html

中日ー広島9回戦、先発は吉見投手です。カープ、ジョンソン投手との投げ合いとなり、0−0のまま試合が進んでいきます。
均衡が破れたのは5回裏、1死一、二塁からビシエド選手が中越えにタイムリー二塁打を放ちます。
一塁走者のアルモンテ選手も生還し2点を先制
二塁ベース上でガッツポーズのビシエド選手
6回表に2点を返されてしまい同点、悔しがる吉見投手、その後は7回、8回とノーヒットに抑え勝ち越しだけは阻止、8回を投げ2失点で降板に。
しかし・・・9回表に登板した鈴木博投手、カープ・鈴木選手へ投じた初球でした・・・勝ち越しの本塁打を打たれてしまい2−3で敗戦、対広島戦の連勝も5でストップとなりました
泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔
カリビアンパワーで逆転です
<< 作成日時 : 2018/05/19 17:42 >>  球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_7.html

中日ー阪神10回戦、先発はガルシア投手です。初回に1点を先制されてしまいますが、その後は無失点に抑えいきます。
6回裏無死、京田選手が右前打で出塁、そして二盗も決めます。
6回裏1死二、三塁、ビシエド選手が左中間を破るタイムリー二塁打を放ちます
2点タイムリーとなり2−1、一気に逆転です。
6回裏1死二塁、モヤ選手も右前タイムリーを放ちます
ビシエド選手、モヤ選手の連続タイムリーで3−1
ガルシア投手は2回以降は三塁を踏ませず2安打1失点、7回でマウンドを降ります。
8回から鈴木博投手が登板、ピンチとなるも無失点に抑えました。【写真】
9回は田島投手が締めてゲームセット、ガルシア投手と抱き合います。
カリビアントリオの活躍で逆転勝利!!
逆転タイムリーのビシエド選手、5勝目を挙げたガルシア投手、貴重な追加点を挙げたモヤ選手
明日も勝ってカード勝ち越しを決めましょう!!
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
博志、新人一番乗り20試合登板 「最悪歩かせても…」8回大ピンチに糸井斬り
2018年5月20日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052002000113.html

 同じ轍(てつ)は踏まない。8回、好投したガルシアの後を受けて登板した鈴木博。四球と安打で2死二、三塁のピンチで打席に糸井を迎えたが、落ち着いていた。

 「ここで打たれてはいけないのは一発と長打。最悪歩かせてもいいから厳しいコースを突こうと思って投げました」。四隅を突き、フルカウントからの6球目。内角低めに切れ込むカットボールで空振り三振に仕留め、バトンをつないだ。

写真:中日−阪神 8回に登板し1イニングを無得点に抑えた鈴木博=ナゴヤドームで(高岡辰伍撮影)
富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山 富士山
博志、雪辱の13球 1イニング無失点
2018年5月27日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052702000102.html

 気迫がみなぎっていた。1点差で迎えた7回だった。広島の打順は3番から。17日には鈴木に本塁打を浴び、プロ初黒星をきっしている。再戦も鈴木博の頭をよぎる。「しっかり準備はできていた。自分の投球をするだけだった」。いきなりトップギアだった。

 バティスタをカットボールで追い込み、最後は高めの151キロ真っすぐで空を切らせた。そして打席には鈴木。今季4度目の顔合わせだ。雪辱のとき。ただ気持ちは高ぶるが、頭脳は冷静だった。点差を考え、チームの勝利を最優先させた。

 「慎重にいったのもあります」と結果は四球。続くエルドレッドを三振。その後は盗塁死があり、きっちり1イニングをゼロに抑えた。悔しい敗戦直後、すぐにやり返す決意を口にしていた。一方で、1球の重みも痛感した。だから、鈴木との力勝負にこだわらなかった。

写真:広島−中日 7回裏を無得点に抑えた鈴木博=マツダスタジアムで(小沢徹撮影)
わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔) わーい(嬉しい顔)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

中日ドラゴンズ 鈴木博志投手 更新情報

中日ドラゴンズ 鈴木博志投手のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済