ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > PC、インターネット > 何が何でもLINUX! > トピック一覧 > トラブルシュート体験共有(誰で...

何が何でもLINUX!コミュのトラブルシュート体験共有(誰でも)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(1)

■事象
VMwareを下記条件のマシン上にインストールしたのに、VM上のCentOS(64-bit用)から32bit CPUであるため、起動できないというエラーが返される。
 Windows OS:64-bit、CPU:64-bit(“Intel(R) Virtualization Technology”対応)

■エラーメッセージ
This kernel requires an x86-64 CPU, but only detected an i686 CPU.
Unable to boot – please use a kernel appropriate for your CPU.

■原因
BIOSで“Intel(R) Virtualization Technology”(通称:VT-X)が無効(Disabled)になっている

■対応
BIOSで“Intel(R) Virtualization Technology”(通称:VT-X)を有効(Enabled)に変更する。

<注意点>
“Intel(R) Virtualization Technology”がBIOS上でどこにいるかは製品ごと違っていたりする。
 例1) BIOSのConfigタブのCPUを開いたところにある場合
例2) BIOSのSecurityタブのあたりにある場合(Lenovo製品)

<参考サイト>
・同件で困っていた人のブログ
- http://tomoyamkung.net/2014/08/11/linux-x86os-install-vmware/
- http://d.hatena.ne.jp/nowokay/20120328
・Lenovoのサポートサイト
 https://support.lenovo.com/jp/ja/solutions/ht500006

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

何が何でもLINUX! 更新情報

何が何でもLINUX!のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済