ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > いつもある精神統一 > トピック一覧 > 導かれし者たち

いつもある精神統一コミュの導かれし者たち

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(14)

思い出したこと

わたくしが

故郷の河内長野に生まれた家についてですが

家のすぐよこに

送電線をつなぐ巨大な

鉄塔

(小さな山と小さな山をつなぐ家庭へ電気を送るための送電線をつないでいる大きな鉄塔)

がありました

いま思えば

これも運命なのでしょう

やがて

PLの白い塔にむかう人生 だったのです

生まれ落ちたときから

すべてはパーフェクトだったのです

奇跡のコースにめぐりあうことも
(引っ越した富田林の図書館ではじめてコース関連の「神の使者」の本をみつけたからです。
それはキリスト教に縁が深い福井県から帰省してからの、北海道をはじめとするイタリアなど:ハートの旅行から帰って図書館で出会うことになりました)

すべては

偉大な力が
はたらいていたのです(私だけでなく)
今夜
NHKの鶴瓶の家族に乾杯という番組を見終わりました

砂時計という映画に主演でてくる松下奈緒さんがロケのゲストでした

松下奈緒さんは

(わたくしが出会った)すべパー映画に関連している女優さんです。
(北川景子さんや中山美穂さんもそうです。)

わたくしは

兵庫(戦い・楠正成の父と息子の親子が戦死した地)

北海道「抽象」

(信州・富山は中間地点の「ハート」)

のながれで

すべパー映画シリーズを紹介してきました

それは
中山美穂さん主演
の映画
「LOVE Letter」や

ノルウェイの森
という日本映画

としてあらわれています
松下奈緒さん(すべパー映画「砂時計」)は

兵庫県出身の女優さんです

彼女は

「島根」
すなわち
すべパー地図では北欧(北極圏)に象徴としては
縁があるのです

今夜の番組のなかでは

前回(鶴瓶の家族に乾杯)のロケでも
北欧のフィンランドのロケだったとのことです

今夜の番組では
北海道の石狩の樽川のロケでした

最後に

砂浜(実相世界の象徴)にいってくれました
すなわち孤独ではない世界です

そこには介護ではたらいていた北海道の労働者もあらわれました

今夜も
すべパー世界の実況放送でしたね

お楽しみいただけたでしょうか
^^

ではおやすみなさい

ああ
そうそうq(^-^q)
松下奈緒さんは兵庫県出身(育ち)ですが
生まれた
のは奈良県の生駒です
Wikiにかいてました。

わたくしは大学のころ
神秘的体験(ライフ:命の体験)をして
大学の図書館で宗教哲学に没頭してましたが
(大学の親友とは河内長野市の三日市の出身!?の彼女の登場で離れてしまいました)
その舞台となった大学は
奈良県の生駒にある
奈良産業大学なのです

なんという偶然でしょうか

ドラクエのゲームじゃないけど

目覚めのための
すべてパーフェクトの世界を
演じている

すべて導かれし勇者たち

ですね

人類などすべてが

「一人は皆のために、皆は一人のために」

いつもある精神統一(ハート)
に感謝です

松下奈緒さんが北海道のロケでたべてたハート(イチゴ)♪♪

それではおやすみなさいグッドナイト〜♪
^^
(補足)
松下奈緒さんは女優ですがピアニストでもあります

NHK大河ドラマ『義経』の
エンディングの解説「義経紀行」の
音楽でピアノ演奏を担当しました
『義経』のサントラCDにも収録されています。

(以上Wikiより)

わたくしは以前申しましたように

長野県木曽(きそ)郡の

(清和天皇の子孫である)
源氏の
源義仲(よしなか)
:朝日将軍と名乗り源義経に打たれた武将。

が先祖のルーツ
と以前のべました

この点についても

なんらかの因縁がはたらいていると思われます

わたくしは

大阪の
河内(かわち)源氏
(楠正成:くすのきまさしげ)に縁した土地に生まれました

その楠正成は兵庫において

後醍醐天皇のため戦死しました(息子もです)

兵庫
から
信州(ハート)
そして
北海道(抽象:愛:完全なさとり)

すなわち

わたくしの出会う
すべパー映画は
必然だったのです
わたくしはいま

いつも介護の送迎で

富田林駅の
駅前の

楠公道り(楠木正成に縁のある通り)を車でとおっています

かつては奇跡のコースのヘレンさん似の老婦人を送迎していましたが。おなくなりになりました。今は北海道出身の歌手である安倍なつみさんがファンだという御客さまの送迎しています。

わたくしは楠木正成のゆかりの道をとおるとき
ときどきおもいだします

楠木正成を吟う有名な歌です


「楠公の歌」 落合直文 作詞、奥山朝恭 作曲、明治36年

―桜井(兵庫)の訣別―

1.青葉茂れる桜井の 里のわたりの夕まぐれ
  木(こ)の下陰に駒とめて 世の行く末をつくづくと
  忍ぶ鎧(よろい)の袖の上(え)に 散るは涙かはた露か

2.正成(まさしげ)涙を打ち払い 我が子 正行(まさつら)呼び寄せて
  父は兵庫に赴かん 彼方(かなた)の浦にて討ち死にせん
  汝(いまし)はここまで来つれども とくとく帰れ故郷へ

3.父上いかにのたもうも 見捨てまつりてわれ一人
  いかで帰らん帰られん この正行は年こそは
  未だ若けれ諸(もろ)ともに 御供(おんとも)仕えん死出の旅

4.汝をここより帰さんは 我が私の為ならず
  おのれ討死為さんには 世は尊氏(たかうじ)の儘(まま)ならん
  早く生い立ち大君(おおきみに:後醍醐天皇)仕えまつれよ国の為

5.この一刀(ひとふり)は住(い)にし年 君の賜いしものなるぞ
  この世の別れの形見にと 汝(いまし)にこれを贈りてん
  行けよ正行故郷へ 老いたる母の待ちまさん

6.共に見送り見返りて 別れを惜しむ折からに
  またも降りくる五月雨の 大空に聞こゆる時鳥(ほととぎす)
  誰か哀れと聞かざらん あわれ血に泣くその声を
わたくしは兵庫にいった生き別れの父をおもいだします

お母さんをたのむぞと

そして神につかえよと
松下奈緒さんは
今夜の鶴瓶の家族の乾杯
の北海道のロケで

映画 砂時計のエンディングの歌を担当している

いきものがかり(すでに活動を終了したミュージックグループ)


「ありがとう」という感謝の歌を

ピアノ即興演奏
してくださいました(ハートのひらめきにで)

感謝いたします

すべてはパーフェクトです。
そして
もう1つすべパー事項があります

お気づきでしょうか?

わたくしは映画「ライムライト」をご紹介いたしましたが
映画のなかで
道化師が最後の舞台のなかで
生まれ変わったら
すぐ海の底にかえりたいニシン(魚)になりたい(波にはもう影響されずに)

と演じています


今夜の鶴瓶の乾杯では

鶴瓶さんが
*「何度もつぶやいて歌っていた」

以前わたくしもご紹介した
歌手
北原ミレイさん



の北海道の歌
石狩挽歌

それは北海道のニシンたちがでてくる歌です

人生のすべてのタイミングはパーフェクトなのです
わたくしが以前ご紹介した
北原ミレイさんは図書館で「北」というインスピレーションで借りたアルバムです

「忘れないで」

という曲のすばらしい歌詞をご紹介いたしました


なぜこれを今書いたかというと彼女は
作詞家の阿久悠さんに見出された歌手だからです

1975年には「石狩挽歌」がヒット。小樽の石狩挽歌記念石碑になかにし礼、浜圭介らとともに名を刻む。とネットのWikiにあります
松下奈緒さんは先日の24時間テレビ・愛は地球を救うの番組で

作詞家の阿久悠のドラマで妻を演じました

その因縁
をかかせていただきました

鶴瓶の家族に乾杯の今夜の
北海道(抽象)の石狩のニシンがでてくる石狩挽歌という歌

そして
「ライムライト」の道化師のさいごのShow(舞台)
の海(抽象)のニシン(神の子たち)

映画「砂時計」

*すべてはパーフェクトでつながっているのです
偉大なる力は
いつも働いてくれております

わたくしは宇宙天使というmixiネーム(全体性への憧れをイメージ:静寂への観念のこだわり)

から

いつもある精神統一へと

ネームがかわったとき

それは

今年のはじめ頃のことでしたが

NHK大河ドラマ

女城主 直虎(柴咲コウさん主演)

がはじまりました。

彼女は赤い衣(ハート)をまとい馬に乗っていました

わたくしは感じました

彼女もまた導かれし者であり

一人は皆のために、皆は一人のために
です

彼女は
すべパー映画(厳選版)
「そのときは彼によろしく」のエンディング曲であるプリズムを唄っています
そして

「そのときは彼によろしく」は
幼い子供たちの湖(ハート)での交流から
初恋がうまれ
そして父の愛(いつもあるもの)をさいごにしるというストーリーです

映画のなかでは
ヒロインが初恋の人である主人公が経営しているお店の水草の水槽たち:神の子たち(ハート:湖)の店内で寝ているとき
おおきな光の体験をします
これはわたくしもロバートモンローさん(体外離脱者)の本をよんでいた頃にも
似た体験をしたことがありました

ですから
すべての出来事は
どこかでパーフェクトにつながって
いるのです

今年の大河ドラマ
女城主 直虎
も幼なじみと初恋、そして変わらぬ愛がテーマです

柴咲コウさんは
わたくしが*いつもある精神統一(愛・統合)の導入としてコメント投稿した

「思い出だけではつらすぎる」(北海道出身の中島みゆきさん作詞作曲)
を唄ってくださいました
http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=B04584

https://m.youtube.com/watch?v=fR1gxz79zF4

彼女にも感謝いたします

彼女は映画「氷の轍」(こおりのわだち)

も主演しており

それは母親がすすめてくれた小説が映画化したものです

それは
アニメーション映画
新海誠監督
「雲の向こう、約束の場所」(すべパー映画:厳選版のラストの映画)

と同じ青森〜北海道が舞台の映画でした。

神の救済の計画(真の赦し)に感謝いたします














(オッチョコチョイ書き忘れ)

「氷の轍」のラストシーンは

スケート場

「雲の向こう、約束の場所」の最初のシーンもスケート場

ではみなさん\(_ _) ♪ラブ

*スケート場は氷った湖を意味し、ハートにきづくまえの
兄弟との出会いの
軌跡(轍:わだち)をいいます

じつは軌跡(きせき)は奇跡(きせき)へと変貌するのですが

冬のソナタでも
主人公が死んだとき
まず
氷の湖
がでてきます

以上でございます〜 ^^ゞ
たった今mixiニュースをみました


北朝鮮からのミサイルが
日本の東北地方を通過して
北海道・襟裳岬東方の太平洋上に落下と政府が発表しました。

専門家の間では、中距離弾道ミサイル「ムスダン」や新型の弾道ミサイル「北極星2」とではないかといわれています。

これは愛への呼び掛けであり

愛と平和への真実の赦しを求めています

われわれが学習者すべきことは
第一にそれに応えることですね

真実の赦しの力をしんじましょう。
すべパー映画
(感謝)

さて

昨日わたくしはTSUTAYA(レンタルSHOP)に行き

眉山
ライムライト
ノルウェイの森

などを返却してきました

ここには紹介していないものもありますが
スピリチュアルの気づきにどれもすべパーで役立ちました

さて
夏のクーポン券がさいごだったので
昨日も
帰りに多目にレンタルをしました

店の棚でDVDを選んでるときに1本
花火にかんする映画を借りたくなったのでレンタルしました

今朝見終わりそうました

感動しました

見たあと
ハッと気づきましたが

今日
8月(パーフェクト・リバティ:PLの花火芸術の月)が終わるんですね。

観たタイミングもすべパーでしたね。

朝日新聞(わたくしが毎日読んでる新聞)のノベライズ
「おにいちゃんのハナビ」
が原作なのかもしれません。

事実にもとづいている
映画です

象徴となるkeywordをかいておきます(直接関係していない象徴もありますが間接的に関係があるものも含みます)

雪だるま(抽象の子:神の子)

新居

藤沢(神の子の記憶):富田林の前の自宅「藤沢台」:「雲のむこう、約束の場所」の主人公

オレンジ(太陽:無条件の愛:富田林の太陽に向かう町:わたくしの新居)

実相世界
神の子たち(無条件の愛:オレンジ)の
無数の彗星

以上です

興味のある方だけもし機会があればご覧ください

今日もよい一日を^^♪






ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

いつもある精神統一 更新情報

いつもある精神統一のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。