ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > いつもある精神統一 > トピック一覧 > ※究極の真理

いつもある精神統一コミュの※究極の真理

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

パパジとの問答(覚醒の炎20ページ)

パパジ
…私があなたに尋ねなさいと言った質問は何だったかね?

質問者
「誰か?」ということです

パパジ
そうだ。質問全体はどういうものだっただろうか?

質問
「考えているのは誰か?」です。

パパジ
そのとおりだ。それがあなたに与えた質問だ。



(笑)

考えるまでもない


存在(オレ)


「私」?
は存在半分という空想


大和田菜穂さんいわく

「私は経験者ではなく経験です」

私というのは考え(経験)

存在が空想者(経験者)

楽しんでる

大和田菜穂さんの「私は経験者ではなく経験です」

の意味は

あなたは、私が感じる無常の五感、とか
私という無常の考え、
でしかない、と混乱させているのではなく

存在してる
という無条件の基盤のことをいっているのである


パパジ(覚醒の炎253ページ)


パパジ
あなたは、「私はこの世界であらゆる活動を行っている」と考えている。だが真実は、この気づき(*分割不可能な気づきのこと・真我)がすべての活動を維持しているのだ。

すべての活動を行うのは「あなた」ではなく気づきであることを知れば、記憶に足跡は残らず、プラーラブダ・カルマを蓄積することもなくなる。次の誕生を生み出すカルマはもはや存在しなくなり、こうしてサンサーラ(輪廻のこと)は終焉するのだ。


これを

いつも精神統一があることに気づいたとき


と私の世界
はとけさる

そのとき

一者
が実在し

実在と遊び(夢)はオートマチックであることもしる

といいかえているのである

コメント(4)

(補足説明)

聖霊にたずねたいとき

それは

「私」自我の思考体系にはまっていて

ぬけだしたいときです

そのとき

“心”の選択力をつかって (「」と‘ ’の中間)

‘心’を選択するのです

*ハートの記憶ですね



ですが気づいてください

*まだ‘心’(記憶)を選択したということを

選択した‘心’(主体)がいるのです

その状態は

ふたつのいしき(意志)を想定した状態です

神と‘心’ですね

ですが

ふたつのいしきはあるのでしょうか

ないことに気づいたとき

いつもある精神統一の状態になります

しかし
いつもある精神統一の状態でも

神と‘心’の状態はあります(実相世界)

しかし
二つの意志(いしき)は存在しないと気づきにより精神統一がおこっているので

一つの意志によるオートマチックなのです

そしてこの世界で活動が可能なのです

分割不可能な気づきの状態
いつもある精神統一があらわれたのです




ハート

何も変わらないことに

気づくのは

すべてを受け入れているときだけ

どうしてかというと

想像が起きているときには

そのエナジーもふくめて

いしきは変わらない量だからである

かんたんなはなし

なのだが

水上にある泡(わたし)

が自分だと勘違いすると

それがわからなくなる



水は泡もふくめて

変わらない量なのである
夢が起きてるときは。



なぜこういうことをかくかというと

気づいたことは

朝起きた私が

なにか悟り(ほんとの自分):観念に向かってもどらなくちゃならないと

はじめから思い込んでいるからである

なぜかというと

朝起きたと感じてる

こと自体


(自我として起きたということだから)

(自我として寝た:休んだ)

ということであり

真我として
目覚めていた(熟睡のたき)わけではないからだ

熟睡と愛は同じだから

愛(熟睡)に気づいていなかったということである

ただ真我を信頼して寝たのだろう

(べつにいいが)
その際には
寝るまえの状態と同じで

朝起きたらその状態(私として起きた)にもどってしまう

真我は

すべてをつつみこんでるから起きるという感覚ではない

朝夢があらわれたという感覚である

起きないし

寝ない

そして

熟睡のとき

泡はなく

泡のない愛だけである


朝からYouTubeをみたり
しても意味はない(最終段階)
私が静かにしようと
私がやってると

‘私’がコントロールしてる


‘私’がじつはコントロールしているものではない
ということがわからない

いつもある精神統一の催眠によって
そう思い込んでいるからである

‘私’ではなく

もう一段深いところ(非個人的)‘わたし’
でもなく


深いところから(一人じゃない、さらに孤独じゃない)

にコントロールされているのである

その深層(基盤:ハート)

に気づけば

深い
いつも精神統一があるのである



わたし

からみてる

いしき

とおもってる世界は

いしきではない

想いからみている世界

はまだいしきそのものではない

※想いにはチット(いしきの要素)があるから

※いしきそのものだと勘違いしてしまう

それはまだ

閉塞感のない

それではない

精神統一は
努力とは
関係ない

それはいつもある

コントロールさえもしている

絶対者

である
いつもある精神統一と似て*非なるもの



‘私’はいないと

探して居なかった

ことに安心しているのは

‘わたし’である
(探求エナジー)

これは大和田菜穂さんも本でいってることである

おそらくそれは

個人に近いレベルの‘私’はなかったという探求の成果であり

非個人的レベルの‘わたし’はいない

というものではない

非個人的レベルの‘わたし’(探求エナジー)がいないとわかるのは

いつもある精神統一・愛である

それは努力とは関係なく存在できるものである

しかし

努力とは関係なく存在できるものである

とかくと

では努力しないようにしようという
‘わたし’を信じる場合がある

努力しないようにする‘わたし’はいないのである

努力‘わたし’はいないのである

あらためてコントロールする
‘わたし’はいないのである

すでにコントロールはあるのである

いつもある精神統一
あるいは
いつもあるコントロール
(夢の場合は)
があるのである

すでに

ではなく

いつもある

という書きかたをなぜするのかというと

すでに



正しいのだが

それを読む人のなかに

‘じぶん’で読む人がいて

じゃあ

すでにだから

もどらなくちゃならないと

レベルの混同をするからである

レベルは存在しないとい
うのが要点なのだが

それを読みそこなうので

いつも



かいているのである

すでに



いつも

もた正しい

それは努力とは関係ないからである

だが

すでに

の意味は

いつも

である

もどる

ととらえつづけると

(努力)自分という錯覚の非実在の立場を維持することとなる

わざわざそこからやりつづける必要はない

そこは非実在である

そして想いは夢のなかでは‘起こる’

ものだから

じぶんでしてるのではないから

じぶん‘わたし’も

じぶんで起こしてるものではないから
(じゅんころさんのいうように)

それを

とめようとしないことである

日中は

いつも精神統一があることに気づいていれば十分である

それが
通り過ぎるものであれ
という意味である

催眠‘わたし’がコントロールをしてる

がなければ十分なのである
(いつも精神統一があることに気づいてる)

パパジが覚醒の炎で述べているように

ジーバンムクタ(最終解脱)
は真我を決して忘れたりすることのない状態だといわれている

‘じぶん’がコントロールしなければならないとおもってると

忘れてることは確実である(初心者・中級者の場合)

実例でいえば

たとえば朝おきて

悟りの動画を見ようとか

したりしている時点で

‘わたし’(探求エナジー)がしているのである

?朝起きて

ということ自体

休んでいた自我と一体化して
寝て起きた

ということである

起きる‘夢’と一体化し
ていくら修行しても(夢のなかでいくら修行しても)

催眠自体はとけていない
もちろん

催眠自体がとけるまでは

必要な夢の修行である


それに

催眠がとけても

起きることはかわらないのである

しかし催眠がとけているかどうかで
通りすぎるものであれ
となっているかどうか
すなわち
いつもある精神統一・コントロール
があることに気づいているかで

癒し・あるいは最終的な目覚めも決まることになる

今日は意図を働かしている
第二方便の歌を紹介する
(中島みゆき)

このプロセスはだれもがとおる道かもしれない


そのまえに同じ内容を
わたくし自身の言葉でかいていこう




なにかをしようとするとき

なにかをしようとしている

じぶんは(自我より前は)

サハジャ(自然)である

この認識があれば

なにかをしようとしなくていいとわかる

なにかをしようとすると

かえって夢という遊びを抱えることになるのである

よりくわしくいえば

最後には

なにもしなくていい

ということまでを

しようとしはじめる
(真似ようとする)
それは

今のじぶんがだめだと思っているからなのである(爆)

中島みゆき Tell Me,Sister 歌詞

http://j-lyric.net/artist/a000701/l00f4a4.html

中島みゆきさんの詩の最後の

微笑み

いつもある精神統一である



「あなたはすでに自由だ。何もしなくていいのだ(笑)」 by パパジ



いつも精神統一があることに気づいたとき


と私の世界
はとけさる

そのとき

一者
が実在し

実在と遊び(夢)はオートマチックであることもしる

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

いつもある精神統一 更新情報

いつもある精神統一のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。