ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > その他 > 象眼3rd > トピック一覧 > 010-1#天皇譲位・反対!(...

象眼3rdコミュの010-1#天皇譲位・反対!(1/3)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

まず、
小生は「長く続いている天皇制度は保持」である。
同時に「天皇マンセー!」とは言わない者である。

今生天皇は、見識は高いと思うし、活動内容など、
誠にご立派だと思う。
しかし、
小生は会った事もなく、徹底的に呑み語りあった事も
ない人間を尊敬するという無礼/失礼な人間ではない。
勿論、マスの情報から好意/ご立派レベルはあっても、
敬う事などない、というか、素朴に、情緒として、
そういう感情が起こらない。

★小生の畏敬/畏怖は、そんな易いものではない★

更に言えば、
小生が懇意にしている人は、すべて尊敬している。
因果としては、尊敬できる人だけと懇意にしている、
が正しい。
師匠ではあるが、弟子は尊敬している。
KIMは、尊敬している。
そして天皇は立派だが、マンセーとは言わない。

毎年、正月、「皇居で天皇マンセー」の大衆、ソレは
ソレで個人の自由だから「どうぞ、お好きに」だが、
個人的には「どうして、そんな感情が生まれるのか?」
不思議である。

そういう気持ちで天皇制度を大切にする、という者だ。
------------------------------------------

<譲位に関わる論点>

天皇の「私的会見」によって「ずっと問題だったが、
論じられる機会の無かった天皇の譲位」は、ほぼ確定
として法改正が進んでいる。
・生涯続く天皇の激務
・(医療発達による)高齢化
これら「今ある現実」として、譲位の選択はあろうし、
情緒的には「長い間、ご苦労さま。後はのんびりと、
お過ごしあれ」との「素朴な思いやり」がホンネだ。

しかし!
大衆/政治の大勢が(天皇を思っての)譲位賛成の今、

★大御心(おおみごころ)に反しているので反対!★

が小生の答えである。理由を以下3項で述べる

1)譲位が禁じられてきた背景
  →なぜ譲位を軽々に論じてはならないのか?
2)譲位の理由としての健康問題
  →高齢は譲位の理由になるのか?
3)天皇原理:天皇の私的発言と現行憲法の整合性
  →民主的天皇と天皇奥義の根本的矛盾
  →すべては大御心(おおみごころ)
------------------------------------------

<1、譲位タブーの歴史的背景>

昔(まあ、平安でも室町でも、いつでもイイが)、
天皇は、現在のような「象徴」ではなく国家運営における
権威と権能を有し、実質的に支配した。その頃は天皇譲位
は普通に行われている。
譲位禁止の法制度化は明治の頃からだから「譲位タブー」
は伝統でも何でもなく、ごくごく最近の「決まり事」だ。
では、何故、明治=大日本帝国憲法によって天皇譲位が
禁じられたのか?一見、矛盾する、興味深い背景がある。

・明治維新
 海外列強国の台頭に国内危機感が増す背景の中、国難に
 適切に対応しない(と、諸藩に見られていた)江戸幕府
 の劣化、ソレを打倒、天皇の元で国家体制を強化すべし
 の攘夷派(尊王攘夷)による天皇を頂点とした国家再建
・憲法による院政(譲位)禁止
 尊王派=天皇マンセーのハズの維新志士達による国家で、
 天皇権力を縛る院生禁止が法制化される、という矛盾。

あっさり「矛盾」と書いたが、そう安直ではない。
・天皇を敬って国家をまとめるという国政理念。
・院生を廃し、立憲君主国家(法で天皇を縛る)。

両者は矛盾しない。
象眼は基本、明治維新を「乱暴/粗暴に武力革命したのが
実態で、褒められるモノでも参考にするモノでもない」と
して今も同じだが、ソレでも当時の当事者達は海外列強の
脅威=日本が植民地化されるであろう近未来を、しっかり
自覚し、そうならない為の「日本近代化」を急いだのは、
リスクヘッジの面から「さすが」である(武力革命の手法
のまずさはあるが)。

つまり、
・西洋に対抗する近代憲法を持つ事。
 →日本の自存自衛
・日本伝統である天皇を国家の中心=背骨とする事。
 →変えるべきモノと守るべきモノの選択
この両者を実現する、その経緯で院生=譲位はタブー化
されたのである=立憲君主国家への道。
小生は、この点、ただちに「イエス/ノー」は言わない、
否、言えない。それは、

★天皇奥義と近代国家法は根本かつ致命的に相容れない★

からである。

西欧の近代国家は、非常にざっくり言えば、
・絶対強者の王 VS 奴隷化された大衆
の「対立構図」から因果の因が始まっている、
悪)横暴な王
善)王を打倒して大衆が勝利する
との根源的な命題がある。つまりは「革命」である。
革命から出発して、そうして民主主義がある。

対して日本では、君主に対する革命が起こった事は一度も
ない。明治維新の革命は江戸幕府=君主の下の実権権力に
対するモノ=今で言えば安倍政権打倒で、西欧のソレとは
構図も動機もまったく違う。
・西欧は絶対権力者(権力=権威)
・日本は既に国家権威と権力が別れていた。

よく言われるのが、
「天皇を破壊しようとすれば、簡単にできた織田信長すら、
天皇を権威の頂点で守り、己はその配下に甘んじた不思議」
がある。戦国武将らの軍事力なら微力な天皇など、一瞬で
消し去る事はできた。しかし、織田/豊臣/徳川、誰ひとり
も、ソレをしなかった、この不可思議にこそ、日本の独特な
国家観、ソレを守ってきた日本民族の特異性=西欧と異なる
精神性が内在されている。
だから、ひと口に民主主義と言っても、

★日本の民主主義と西欧の民主主義は実は根本から違う★

という点を、常におさえておく必要がある。

少々脱線したが「譲位タブー」は、こうした背景から、熟慮
に熟慮を重ねた上で「古代からの天皇と近代法を整合させる
ギリギリの思索」として法制度化されたモノである。だから
変えるな!という事ではなくて、必要に応じ、時代に応じ、
ソレはソレで変化していって結構だが、変えるに際しては、
コレだけ熟慮を重ねた明治維新、それに見合うだけの熟慮を
重ねた上で変えるのが作法だ!と言う事である。
象眼テッパン
「今日の晩飯なら5分、己の人生なら数年・・・」
「物事の重要性に比例して考察は長くなって道理」
である。
「天皇ガンバってるよね」
「もう高齢で大変だよね」
「じゃあ、隠居させてあげれば」
これではダメなのだ!
天皇は「アナタのおじいちゃんの話し」ではないのだ!

そもそも!
「激務で大変だよね」
などと言う「庶民感覚の感情論」で天皇を心配するなら、
・言論自由もない
・職業選択自由もない
・旅行の自由もない
・恋愛の自由もない
・日本で唯一「人権の無い一族」
ソレ自体がダメなんじゃね?と、天皇制廃止を言うべきで
それが辻元某など天皇廃止論者のスタンスである。
「庶民感覚の感情論」ならば、何をどう語ろうが天皇廃止
しか無い。

絶対的な不自由で皇族を縛っておいて「激務で大変だ」と
心配する?笑い話しだ。
牢獄にクサリでつないでおいて「痛いか?大変だな」と言う
様なものだ。
ホントに天皇を案じているなら、あの家族達を普通の人間
=民間人にすべきである。

小生は天皇制度保持なので、同じ人間として「申し訳ない」
と思いつつ、しかし「頑張って天皇をやってほしい」という
ものである。
------------------------------------------

<2、高齢は譲位の理由になるのか?>

結論から言うと「ならない」である。

Q「死ぬまで天皇をヤレってのか!」ってか?
A、その通り、天皇は死ぬまで天皇をやる。

天皇とは、そういうモノなのである。
「冷酷な!オマエは人間か!」ってか?
まあ「天皇制度はそもそも人間的な制度では無い」のだから、
「人間的でない」と文句を言われても困るが・・・。

★天皇は死ぬまで天皇地位にある★

こんな事は当然中の当然である。過去、歴代の天皇のすべてが
そうしてきた。勿論、
・病気などで公務ができない時
・天皇が急逝、次に即位した天皇が幼児で公務ができない時
様々な理由で公務が出来ない天皇も、過去に多くあった。
そういう時はどうしたか?

★天皇が諸事情で公務ができない時、公務はやらない★

ソレが伝統であり、答えである。
天皇にしか許されない神事=皇太子などが代替えできない神事
はあって、ソレこそが天皇の奥義でもある。しかし、

★神事ができなくなる、その為に譲位はしない★

のが天皇奥義である。つまり、

★神事云々(因)→譲位(果)はやってはならない悪手/悪筋★

なのである。
そして、それらの結論に至る原理=天皇本質を後述で述べる。

続く
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=83341220&comm_id=6304029

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

象眼3rd 更新情報

象眼3rdのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済