ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > テレビ番組 > プリンセス・プリンシパル > トピック一覧 > 11話感想

プリンセス・プリンシパルコミュの11話感想

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(6)

えっと…再整理。

物語のステージは「王国」側のロンドン。
アンジェたちは共和国側のスパイ集団。
リーダーはドロシー。

アンジェは実はプリンセスで
プリンセスは実はアンジェ。

2人が入れ替わった直前、アンジェがプリンセスに打ち明けた望みを
プリンセスは叶えようとしていて、逃げ出すチャンスを過去に見送った。

そもそも、プリンセス(と巻き込まれたベアト)をスパイ仲間に引き込む事になったのは
2話でチェンジリング作戦を………

えっと!
2話、再視聴して来ます!!(笑)
ラストのプリンセスはアンジェが変装しているプリンセスを装ってるプリンセスであってるよね(´・ω・`)
嘘つきはスパイの始まりやね。来週が待ち遠しい!
再視聴、、止まりません。
2話、3話、4話を、11話見終わった時点の脳みそで見ると
もう、、、たまらん。。悔しい、悔しい。。。

こんなことは、これから作品を見るひとにとって
毒にしかならないので、ここのトピックに書かせてもらいますが
ホント、「シャーロット」と「アンジェ」という「呼び名」一つ取っても

最初に「ノルマンディ公が、シャーロットと呼びかける」んですね。
で、その後、意識的に「姫様」という呼び名と共に、「シャーロット」が
あちこちで飛び交うことに、なっておりました。もちろん「アンジェ」も。

見始めて1ヶ月の、あの時点では正直「なんのこっちゃ」やったんですけど
今から見ると、ものすごい、こう、、刺さりますね!


あと、「チェンジ リング 作戦」は、もともと「アンジェがプリンセスになっちゃう」
作戦だった。。。けれど、それが実行できなくなって行く過程に
プリンセスを知りすぎた存在である、ベアトのこともあっただろうし。。。

そしてなにより
2話、、、
ずっと「ピンと来ない」ので流してた」んですが

「王国の王位継承権第四位であるプリンセス」は「共和国のスパイ組織に対し」て
「私を、女王にしてくれ」とリクエストして「了解」されているんですね。2話で。

うーーん。11話で「現プリンセスを始末した筈」の「実は元プリンセスであるアンジェ」は
「単にシャーロット様に似ているスパイ」ってことになってるけど
今、アンジェの格好をして戻ってきたのは「元アンジェだった現プリンセスが、現アンジェを装っている」

えええええええええっっっっと!!!

この状況、「アンジェに化けているプリンセス」にとって、どういう、状況?
「アンジェとして、ニセプリンセスになって、女王の暗殺後に、新女王になる」の?
それって、2話で当時のプリンセスが要求した約束が守られることになるの?

というか、そのプリンセスは「スパイ養成機関に居たこと」は無いけれど
「幼少期はアンジェだった本人で」。。。
「幼少期のシャーロットがやりたかったことを実現」したくて。。。

うがぁああああああ。わからん、わからん。オレの貧相な脳みそでは
もう、わけがわーらんですよ。。

再視聴、。、。まじでオススメっす。いや本当。
12話を観た後で、また、
11話を見返して居ます。

流れで見た初回には
洋装店に入って、出てきて、
大立ち回りして、飛行船で別れて、
ゼルダのところに戻って…

目まぐるしく変わる服装と「本人」

追えば追うほどややこしくなったんだけど
実は変わってるのは「上着」だけで、
いわゆるプラウスとチーフは交換しなかったんですね、アンジェとプリンセス。

一番大きな違いは、首元の地味な色だけど大きな石のプローチ。

もちろん、そんな大きな装飾品をつけてるのは、プリンセス方ですね。
洋装店から出てきた、赤い上着のアンジェ。その首元には…(^^;

しかし、ドキドキだ!やっぱりドキドキっす!プリプリ!

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

プリンセス・プリンシパル 更新情報

プリンセス・プリンシパルのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。