ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 平和の集い【思想哲学】認識論 > トピック一覧 > メディアを哲学的思考で考える

平和の集い【思想哲学】認識論コミュのメディアを哲学的思考で考える

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体


メディアを媒介した時事ニュースについて哲学的思考で語る場を作って見ました。

*取り上げた時事ニュースに関して、9レス以上のコメントが寄せられた場合、専用トピを作ることで、当トピ内において不得意分野での混乱を強いられる事態を回避してもらえるように努めていただけると幸いです。


メディアはメッセージである
http://www2.gsis.kumamoto-u.ac.jp/~media/2000/book/13/key1.htm

《 Marshall McLuhanがその著書「UNDERSTANDING MEDIA The Extensions of Man」(和訳:メディア論)において「メディアはメッセージである」と定義した.これは,「情報を伝達するメディアそのものが,また情報である」と解釈することができる.即ち,同等の情報が与えられたとしても,その情報を与えたメディアによって,受容者が情報に対して得る感覚がことなる,ということである.

しかしマクルーハンによると,メディアはテレビや電話や書物と言った類いのものだけではない.それら装置に含まれる電気音や電気光や活字もまたメディアである,ということになる.
総じてメディアは,内容以前にそれを運ぶ媒体が人間や社会に影響を与えるものであり,いわばメディアそのものが本質的なものである,という事ができる.この理論では,例えばテレビが何を映そうともその影響力は同じである,ということになる.

マクルーハンはまた,「メディアはマッサージである」とも言っている.もちろんこれは「メディアはメッセージである」をもじったものであろうが,それ以上に深い意味があると思われる.メディアは,我々の社会の至るところに存在している.つまりメディアは常日頃から我々の五感を刺激を与えている,ということになる.メディアはマッサージの如く,我々人間を揉みほぐしてくれる動的なものであると言えよう.事実,メディアは人々をつかみ,揺すぶり,転がしまわしマッサージしている.

従来のメディア論や情報化論議では,メディアの「メッセージ性」は多く語られてきたが,「マッサージ性」についてはあまり語られていなかったという.しかし,生活,特にレジャーにおけるメディアの役割を考えると,今後十分注目するに値する観点であるといえる.》



参考文献

メディア論,M.マクルーハン,みすず書房,1987
マクルーハンの世界,竹村健一,講談社,1967
http://juce.shijokyo.or.jp/LINK/rinri/chap4.htm(8/7,2000)
http://www.asahi-net.or.jp/~HI8K-AKO/riki33.htm(8/11,2000)
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/~yamaguci/inet_lec/lec02/McL05.html(8/11,2000)》



コメント(82)


スー・チー氏のノーベル賞取り消しを!請願運動に36万人超の署名
http://www.afpbb.com/articles/-/3142119


《ミャンマー西部ラカイン(Rakhine)州では、ロヒンギャの武装集団による襲撃事件が起きたことで大規模な掃討作戦が実施され、激しい怒りを巻き起こしている。署名サイト「チェンジ・ドット・オーグ(Change.org)」で行われている請願運動には、すでに36万5000人以上の署名が集まっている。

 署名者の一人は、「事実上の支配者であるアウン・サン・スー・チーは、自国内での人道に対する犯罪を止めるために何の手だても講じていない」と述べている。》
>>[43]

融合を使うなら『調合』の方が私にはすんなりとした心のイメージに切り替えられます。

何故ならば『調合』は試作を作るイメージがあり、それが『昇華』につなげることへ移行するからです。
もう一点は『調合』以前の意識を残せるからです。
意識は根っからの弁証法なんです。それを誰もが認識してないだけです。
>>[47]

不必要な権利まで主張して人に迷惑になると言う概念を考えると融合の場当たり的主張との類似性が認識できる。
権利は利権ですか?
権利が矛盾ですか?

矛盾は利と一致しない意味合いだと思っています。
矛盾は利と一致しない。

マスコミも色々な角度で情報化する事で 人間の意識や認識の成長に関わる意味を持っている。


土星探査機カッシーニ、衛星タイタンに「別れのキス」
http://news.livedoor.com/article/detail/13603158/

《米航空宇宙局(NASA)の土星探査機カッシーニが米東部時間11日夕方(日本時間12日早朝)、13年間にわたる観測を終える前に衛星タイタンに接近し、「別れのキス」をした。タイタンにはこれまで100回以上接近してきたが、今回が最後の「デート」だ。タイタンの引力を利用して軌道を修正。15日に土星に突入し、燃え尽きる。

 カッシーニは、1997年に打ち上げられ、2004年に本格的な観測を開始した。土星の輪や表面のしま模様の詳細な画像などを地球に送ってきた。》

松坂牛? 松板牛? 中国で農産品ブランドのパクリ横行 農水省苦慮
http://www.sankei.com/politics/news/170907/plt1709070011-n1.html

《中国の業者が日本の農産品のブランド名を勝手に商標登録する事例が相次いでいる。栃木県が開発した「とちおとめ」の後継となる苺「スカイベリー」が商標登録されたことが判明。また、日本を代表する「松阪牛」に対する「松板牛」は権利取り消しが却下されており、農林水産省は対応に苦慮している。》


人型ロボットに市民権を与えた最初の国家が登場
http://gigazine.net/news/20171027-citizenship-humanoid-robot/


《サウジアラビアで世界で初めてロボットが市民権を取得しました。ロボットに人権を与えるべきか否か?という問題が議論されている最中に下された決定に、多方面からの批判や疑問の声が噴出しています。

Robot Sophia speaks at Saudi Arabia's Future Investment Initiative - YouTube
https://youtu.be/dMrX08PxUNY

ソフィアは香港に本拠を置くHanson Roboticsが作り出したロボット。壇上でソフィアは「私はこのユニークな特例を得られたことを大きな誇りに思います。歴史の中でもロボットに市民権が与えられたのは初めてのことですから」と語りました。

サウジアラビアでは広範囲に及んで男性が女性を支配することを認める「後見人制度」があり、女性は結婚・勉学・就労・旅行といったさまざまな事柄に関して後見人である男性からの許可が必要で、公共の場に向かう時の男性の同行が必要とされています。しかし、ソフィアは頭部を布で覆う必要がなく、後見人も存在しないことから「なぜ?」と疑問の声が上げられているとのこと。

また、サウジアラビアの女性という観点を抜きにしても議論が起こっています。中東では外国人労働者に職を提供し、ビザを供給する代わりにパスポートを取り上げる「カファラ制度」が問題視されています。カファラは「現代の奴隷制度」とも言われており、雇用主が雇用者を支配するため労働者が母国に帰ることもできなくなるというもの。ジャーナリストのMurtaza Hussain氏は「カファラたちがこの国で一生を過ごさなければいけないという状況が改善される前にロボットが市民権を得た」という点について指摘しました。

湾岸諸国は外国人労働者によって支えられていますが、一方で雇用主から逃げ出したものの国に帰ることができない移民による闇市も溢れています。市民権が得られない人々が国に多く存在する中で、人間の形をしたロボットがいち早く市民権を得たという状況は、多くの人にとって非常に矛盾したものとして映ったというわけです。》
>>[74]

経済を簡単に言うと【経済=交換】

生物を簡単に言うと【生物=交換システムを備えている物】



ハウステンボス、金本位制に基づく仮想通貨創設へ実証実験開始ー円やビットコイン等とも両替可能に
https://bitpress.jp/news/etc/entry-6765.html

《ハウステンボス株式会社(長崎・佐世保市)は、独自の電子通貨「テンボスコイン(仮称)」を利用した決済システムの実証実験を12月中旬から約3ヶ月間、1300名の従業員を対象に開始。電子通貨の導入により、キャッシュレス化によるサービス向上を図ることで、来場者の利便性を高め、より楽しめる環境づくりを目指すとのこと。

将来的には「テンボスコイン」を円やドル、ビットコイン等との両替可能な「仮想通貨」とすると同時に、世界初の「金本位制に基づく仮想通貨※」とする計画。》


NASAがチェインメイルのようなタイヤを開発 岩石が多い火星をスムーズに走行できる
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1711/24/news097.html

《NASA(米航空宇宙局)のグレン研究センターは、火星探査機のための新しいタイヤを開発。テスト装置による使用の様子を動画で公開しています。

新しいタイヤの表面は向こうが透けて見える網目状で、まるで防具のチェインメイルがタイヤになったような見た目をしています。そして目の前に岩のような障害物がくると、それに軽くめり込むように形が変化しつつ回転して乗り越える様子を確認できます。その後丸い形にすぐ戻っていますが、岩に対応して変わる柔らかそうな動きが印象的です。

ちなみに最近では今回開発されたような空気を使わない“エアレス”のタイヤを、地球上の車やトラック向けの代替タイヤとして使う研究・テストなども行われています。》


TREC rig at Glenn Research Center
https://m.youtube.com/watch?v=mX1y_HQx1kY

ログインすると、残り71件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

平和の集い【思想哲学】認識論 更新情報

平和の集い【思想哲学】認識論のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。