ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 平和の集い【思想哲学】認識論 > トピック一覧 > イオン交換とは価値の等価交換を...

平和の集い【思想哲学】認識論コミュのイオン交換とは価値の等価交換を意味している。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

※科学哲学的核心

元素の世界の【本能】では等価交換をしているにもかかわらず、それが私達の世界では等価交換と価値観の両方と【嘘】をもって考えるのが【本能】です。

これも科哲的に考える事も面白いと思います。

それは人類の文化文明の出来事の歴史でも隠れているけど伴立しながら存在していると思えるからです。それがむしろ【空=認識論】としての一つの方向をもった※科学哲学的核心。

※科学哲学的核心とは有機物と無機物と大まかに言う事に非ずという意味を伴立している。

コメント(5)

【煩悩】=【矛盾】=【価値観】は必要であるし、ルーツの認識も必要(=不必要ではないと言う意味です。)だと思います。

例えば、【煩悩】=【矛盾】があることが進歩や満足を求める【本能行動】に結びつきます。
【価値観】は【本能行動に一定の安心感をもたらします】。そして死も【本能の一つです】
意識のルーツは常に二つ以上があり、其の根拠が脳の53ある部位の双方向にあると考えると無限に存在するというように認識をもって考えたほうが良いようです。人心思想哲学です。
【認識力と科学的分析】は近い関係。

そういう意味から、ギリシャの哲学者エピキュロスの持ち出した『クリナメン(clinamen)』という物の本質は揺らいでいる事にあるとした認識になるようである。むしろ認識力と科学的分析は違和感がないのかもしれないと思います。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

平和の集い【思想哲学】認識論 更新情報

平和の集い【思想哲学】認識論のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。