ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 一遍 (捨てるという生き方) > トピック一覧 > 大乗非仏説

一遍 (捨てるという生き方)コミュの大乗非仏説

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

始めに言っておきます。

大乗仏教は釈迦仏教ではありません。

そのことを念頭に置いて、

歎異抄にある親鸞の信心を得た訳を読み解きましょう。



「阿弥陀仏の本願が真実ならば、

それを説いた釈尊の教えが偽りであるはずがない。

釈尊の教えが真実ならば、

その本願念仏をあらわされた、

善導大師の解釈に偽りはない。

善導大師の解釈が真実ならば、

それによって念仏往生の道を明らかにされた、

法然上人のお言葉が嘘いつわりであるはずがない。

法然上人のお言葉が真実ならば、

この親鸞が申すことも無意味なことではないと、

言えるのではないでしょうか」

           歎異抄より


この一見、論理的な説明こそ、

親鸞が「念仏を信じた理由」です。

つまりお釈迦様が説いた教えだから、

私は念仏を信じる、

そう言っているのです。


しかし、浄土真宗の聖典といわれ「浄土三部経」が、

釈迦の教えではなかったとしたら・・

親鸞の論法は初めから間違っているという事になります。

実は大乗経典は、すべて釈迦とはなんの関係もない。

と、精密に検証したのが江戸中期の比較哲学者、

富永仲基で、富永の説は今でも焦れていないそうです。

大乗非仏説を間違いだと説明できる学者はいません。

最澄が重んじた法華経も、

法然・親鸞が所依の経典である阿弥陀経も、

みな後人の作であって仏教ではないと、

富永はいっていて、この論は今も覆されてはいません。



 考えてみれば釈尊が亡くなったのが西暦以前500〜900年も前、

真宗の経典・無量寿経が書かれたのが西暦後200年あたりと言われています。

経典が書かれたのは釈尊が亡くなって何と700年以上も後のこと。

文字もパソコンも携帯もスマフォもなかったころの話です。

口伝だけで本当に正しく伝わるでしょうか?

膨大なお経の数があるのも不思議です。

現在では釈尊の言葉を残しているお経は、

法句経と阿含経だけと言われています。


だとしたら・・?

法然・親鸞・一遍が伝えた南無阿弥陀仏は、

誰の教えなんでしょ?

釈尊の教えであるはずがない。

法然・親鸞・一遍もこのことは知らなかった。

釈尊の言葉と信じて学んでいたはずです。


たぶん、仏教界もこのことを知らない筈はありません。

仏教は「仏」の教えで、「釈尊」の教えでなくとも構わない、

きっとそう言うでしょうねえ。

信心が大事という真宗の信者たちは、

釈尊の教えでなかった念仏を唱えています。

阿弥陀より与えられた「信心」によってです。

しかし阿弥陀仏は仏教の発祥の地、インドに行っても見当たりません。

インド人はだれも阿弥陀仏を知らないのです。

このことを僧はは 知っているけど、

信者に知られるのは大変困るのです。

大乗非仏説を皆さんはどう思いますか?



コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

一遍 (捨てるという生き方) 更新情報

一遍 (捨てるという生き方)のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。