ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ゲレーロ 中日ドラゴンズ > トピック一覧 > 2017年 情報(試合以外)&...

ゲレーロ 中日ドラゴンズコミュの2017年 情報(試合以外)&雑談■/30以降・・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(17)

ゲレーロ 念願のホームランダービー選出で“2カ国制覇”に意欲
7/11(火) 18:14配信  スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000152-spnannex-baseわーい(嬉しい顔)

 「マイナビオールスターゲーム2017」第1戦(7月14日、ナゴヤドーム)のホームランダービー出場選手に選出されたゲレーロが喜びを語った。

 かねてからホームランダービーへの出場を熱望していただけに「とても嬉しい。投票してくれた方に感謝したいし、ファンの皆様のおかげで出場できる。とても、本当にありがとう」と満面の笑顔。キューバ時代は3度、オールスターに出場し、11年にはセスペデス(メッツ)、グリエル(アストロズ)ら大物と対戦し「本数までは覚えていないが、勝ったことがあるんだ」。筒香、柳田、大谷と日本を代表する長距離砲との対戦での“2カ国制覇”に注目が集まる。
わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔)
ゲレーロ、ナゴヤの宴できっちり仕事
2017年7月15日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201707/CK2017071502000113.html

 竜の主砲が存在感を示した。ゲレーロが全セの「5番・指名打者」でフル出場。6回に一時は勝ち越しとなる適時二塁打を放った。そのまま逃げ切っていれば…。MVPの可能性も感じさせた一打でナゴヤドームをわかせた。

 1−1で迎えた2死二塁。オリックス・山岡の低めに沈む変化球にバットを合わせた。打球は左翼線に転がり、二塁走者の坂本勇が生還。「自分でも満足している。いい場面で回ってきて、いい仕事をできた」

 来日1年目で84試合を終え、セ単独キングの23本塁打。監督推薦で本拠地開催の夢チケットを手にした。期待されていた一発は、全セを代表する大砲として臨んだ試合前の本塁打競争で見せた。

 キューバの国内リーグ時代には球宴に3度出場。2011年にセスペデス、アブレイユ、グリエルとの本塁打競争を制したことは誇らしい記憶だ。「あれは思い出として残っているよ。良いスイングをすれば打つ自信がある。勝ちたいと思っている」

写真:全セ−全パ 6回裏2死二塁、ゲレーロが勝ち越しの適時二塁打を放つ=ナゴヤドームで(黒田淳一撮影)
中日ゲレーロ、右手の痛みで交代「明日は様子見て」
[2017年8月2日23時30分] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1866131.html

<DeNA4−4中日>◇2日◇横浜

 中日アレックス・ゲレーロ内野手(30)が6回の第3打席終了後、右手の痛みを訴えて交代した。「スイングすればするほど痛くなった。自分から言ったよ」と明かした。この日は3打席凡退だった。

 7月26日のヤクルト戦(神宮)で死球を受けた。3試合を欠場し、復帰した同30日の阪神戦(ナゴヤドーム)ではさっそく28号弾を放ったが、痛みは完全には消えていないと説明していた。「明日は様子を見て決めたい」と表情はさえなかった。

涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
「当てたら気をつけろ」中日・ゲレーロ威嚇!死球骨折のビシエド離脱で怒り頂点
8/16(水) 7:00配信 サンケイスポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170816-00000017-sanspo-base

 (セ・リーグ、DeNA−中日=雨天中止、15日、横浜)DeNA戦(横浜)が雨天中止となった15日、中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が、相手投手の執拗な内角攻めに警鐘を鳴らした。ダヤン・ビシエド外野手(28)が13日のヤクルト戦(神宮)で死球を受け、右腕の尺骨骨折で今季絶望に。今後、自身へのマークがさらに厳しくなることが予想される中、「俺はもう我慢の限界だ。当てたら気をつけろよ」と威嚇した。

 今度ぶつけたら、もう容赦しない。横浜スタジアムにたたきつける激しい雨を眺めていたゲレーロは、残り36試合、ビシエド抜きで戦わなければならないことへの寂しさと怒りを抑えきれなかった。

 「残念だ。自分の後ろ(5番)を打っていた彼がいなくなって、相手投手の攻め方も変わってくるだろう。(さらに)難しくなるね」

 ビシエドが死球によって今季絶望となったことは、3位・DeNAを7ゲーム差で追うチームにとっても大打撃だが、ゲレーロのショックも大きかった。

 リーグトップの30本塁打を放っているが、12死球もリーグ断トツ。これまで相手投手が中日打線で一発を警戒するのはゲレーロとビシエドの2人だった。だが、相棒がいなくなった。勝負の世界。相手投手が、打たれないために胸元を攻めてくるのは覚悟しているが…。

 「俺はもう、我慢の限界だよ」

 ゲレーロも7月26日のヤクルト戦(神宮)で右手に死球を受け、いまだに完治していない。超音波治療などで痛みをやわらげてプレーしているが、今回のビシエド離脱で怒りは頂点に達した。

 「当てられなければいいが、当てたら気をつけろよ」

 これからはもう黙ってはいない。ゲレーロが相手投手に“ブラッシュボール”を投げつけた。
.
波 波 波 波 波 波 波 波 波 波 波
中日、31発ゲレーロ流出阻止へ残留交渉本格化
[2017年8月25日8時43分 紙面から] 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1877249.html

 中日が、アレックス・ゲレーロ内野手(30)の流出阻止へ、残留交渉を本格化させる。

 来日1年目で31本塁打をマーク。単年契約のため今オフの去就が注目されている。ナゴヤ球場で取材に応じた西山球団代表は、ゲレーロとの残留交渉について「それは当然。チーム状況を見て話さないと」。ゲレーロは日本球界でのプレーを希望している。球団は複数年契約も含めて提示条件を詰めていく。
ゲレ、連発の予感 6戦4本塁打!大好き地方球場
2017年9月5日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201709/CK2017090502000097.html

 地方球場はオレの庭だ!! 中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が、5日からの巨人2連戦(松本、前橋)での連発を予感させた。今季これまで地方開催での6試合で、4本塁打と相性は抜群。生まれ育ったキューバと重なる風景に力をもらえるといい、キングの座を確たるものにする。

 原風景が、全身の血液をたぎらせる。ゲレーロは今季33号を放った3日の阪神戦(甲子園)を終えると、自然と次なる戦いに思いが及んだ。5日からの巨人2連戦は、いずれも地方開催。「もちろん知っているよ」とニヤリ。初見参となる松本、前橋の地が待ち遠しい。

 胸が高鳴るのも無理はない。今季は5カ所の地方球場で計6試合を戦い、倉敷以外で計4本のアーチを架けた。通算19打数10安打で打率は脅威の5割2分6厘。主要球場に比べ、単に狭いという理由だけでは片付けられないほどの数字だ。

 好相性の理由はいかに−。竜の主砲は、遠い目をしながらつぶやいた。「日本の地方球場と、キューバの球場の感じが似ているんだよ。内野、外野のスタンドの感じとか、雰囲気がね」。土のグラウンドに、時には老朽化も目立つ施設。そんな景色が、かつての記憶と重なる。
揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート 揺れるハート

写真:松本市野球場でダッシュを繰り返す投手陣(谷沢昇司撮影)
【中日】白井オーナー、ゲレーロ引き留め大号令「手放さないよ!」
2017年9月13日19時8分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20170913-OHT1T50180.html

 中日の白井文吾オーナー(89)が単年契約のゲレーロの引き留めに大号令をかけた。都内でオーナー会議後、本塁打王争いトップを走る助っ人について問われ「ゲレーロは手放さないよ!」と語気を強め、球団フロントに全力で残留交渉を進めるよう命じた。

 ゲレーロは昨オフ、推定年俸150万ドル(約1億5000万円)の1年契約で入団した。ただし、昨年解雇されたドジャースと4年総額2800万ドルの契約を締結しており、今季がその契約最終年。そのため、ド軍から推定700万ドル(約7億円)から、中日の支払い分を差し引いた推定550万ドル(約5億5000万円)が支払われているとされる。

 白井オーナーが「頑張っておカネを出すほどのゆとりはない」と言うように、唯一にして最大のネックは予算面。ゲレーロ側は、キューバの盟友・デスパイネ(ソフトバンク)と同条件の単年4億円前後を希望するとみられる。さらに昨オフ、ゲレーロの獲得競争に敗れた阪神など複数球団が争奪戦に参入する可能性もある。果たして竜の総帥の思惑通りに事は運ぶのか…。

 ◆白井オーナーに聞く

 ―シーズン終了後の補強に関わる予算は。

 「どれくらいカネがかかるか俺は聞いてないんだ。頑張っておカネを出すほどのゆとりはないからね」

 ―ゲレーロが本塁打王を獲りそうな…

 「(記者の質問が終わるのを待たず)ゲレーロか! ゲレーロは手放さないよ!」

 ―ゲレーロ慰留の予算は? 

 「それは、いわく言い難し(簡単には説明できない)、でね。彼だっていい球団に残りたいと思うでしょ」

 (続けて冗談めかして)

 「ドラゴンズってのは外から見ても、いい球団らしいな。大事にしてもらえる。働いておれば、みんなが褒めてくれる。そういう点では外国から来た人にとっては大変居心地が良い球団のようだな」

 ―残留させる自信は? 

 「私は交渉したことがありませんけど、当然、残るもんだという前提でやっとるからね」

 (問わず語りで)

 「(来季は)何か、すごくなりそうな予感がするだろ。良くしなくちゃ成績向上しないもんな。ハッハッハ。来季に乞うご期待を!」


中日ゲレーロ志願ロングティー「リズム崩していた」
9/15(金) 19:40配信 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201709150000712.html

 中日アレックス・ゲレーロ内野手(30)がラストスパートをかける。東京からの移動日だった15日、志願して甲子園に現れた。全体メニューをこなしたあと、左翼スタンドに向かってロングティーを打ち続けた。

 「最近少しリズムを崩していたから。疲れなのか何か分からないけど。もう12試合しかないけど、一生懸命に練習して、しっかりと終われるようにしたい」

 バレンティンに3本差の33本塁打。来日1年目でのタイトル獲得が近づいているが、気を抜く様子はなかった。

写真:ロングティーを行うゲレーロ(撮影・清水貴仁)
ゲレーロ、休日返上!原点回帰のロングティー50分 「あと12試合、いい形で終わりたい」
2017年9月16日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201709/CK2017091602000110.html

 さぁ、ラストスパートだ! 中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が15日、休日返上で甲子園球場での指名練習に参加した。3日の阪神戦(甲子園)以降、アーチから遠ざかる主砲はフリー打撃に加え、復調を目指してロングティーで汗も流した。どん底だった4月下旬にも、このロングティー練習で不振脱出のきっかけをつかんだ。原点に戻って、本塁打王奪取へ突き進む。

 フェンスを越えていく感覚を取り戻したい。ゲレーロが遮二無二バットを振り込んだ。フリー打撃を終えると、三塁ベンチ前に歩みを進めた。左翼ポールを的に見立てて約50分。上半身と下半身の動き、タイミングを確かめるようにロングティーで汗を流した。

 「ちょっとバランスというか、自分のリズムが崩れていたのでね。知らないうちに疲れが来ているのかも」

 本塁打王争いのトップを走り続けている。2位のバレンティン(ヤクルト)には3本差だ。だが調子は下降線を描いている。9月は1本しか打っていない。調子の落ちたときにこそ振り込むのがゲレーロのスタイル。開幕からわずか1本塁打しか打てていなかった4月24日の練習で、土井打撃コーチのアドバイスでロングティーをすると、翌25日のヤクルト戦(豊橋)で先制3ランをたたき込んだ。ロングティーは、トスをしてもらったボールを遠くに飛ばす練習。力だけでは飛ばせない。タイミングを合わせ、上半身と下半身を効率よく使って初めて遠くに飛ばせるのだ。よかったころの打撃フォームを思い出すには、最適の練習法といえるだろう。

写真:気迫のこもった表情で打撃練習をするゲレーロ=甲子園球場で(篠原麻希撮影)
ゲレ残留へ 竜短期決戦! 西山代表、保留者名簿提出期限の「11月末までが勝負」
2017年9月26日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201709/CK2017092602000100.html

 主砲の残留交渉は短期決戦だ。中日の西山和夫球団代表は25日、1年契約が切れるアレックス・ゲレーロ内野手(30)との再契約について「11月末までが勝負」と話し、球団側の契約意思を表す保留者名簿の提出期限となる11月30日が区切りとなる考えを示した。
ゲレーロ、来季契約は条件ファースト 「日本でもアメリカでも、世界中どこでも」
2017年9月27日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201709/CK2017092702000108.html

 中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が26日、自身の来季について条件ファーストの考えを明かした。中日への愛着も語りつつ、プロ野球選手として自分の価値を冷静に判断するつもりだ。

 この日、ナゴヤドームの全体練習に参加したゲレーロは自身の去就について口を開いた。「これはビジネスだからね。最終的には自分で決めることになる。日本でもアメリカでも、世界中どこでも」。条件面を最優先に交渉を進める考えを明かした。

 もちろん1年間戦ったチームへの愛着もある。「ドラゴンズが好きだし、コーチや選手とも仲良くやってこれた」。今季はここまで35本塁打を放ち、リーグトップを快走中。シーズン開幕当初、不振だったが粘り強く首脳陣が指導し、起用し続けてくれた恩義もある。当然、球団としても白井オーナーが「手放さないよ」と話すなど、残留を熱望している。

写真:練習中、上機嫌のゲレーロ=ナゴヤドームで(谷沢昇司撮影)
2017年9月28日
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙

    一軍出場登録抹消だがねぇ涙

涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
27日の巨人戦で左脇腹付近を痛めたらしいです。今季はもう・・・・・・泣き顔
中日、35本塁打のゲレーロらを抹消
2017年9月28日 産経WEST
http://www.sankei.com/west/news/170928/wst1709280065-n1.html

 中日のゲレーロが28日、出場選手登録を外れた。27日の巨人戦で左脇腹付近を痛めたとみられる。今季は130試合に出場して打率2割7分9厘、35本塁打、86打点で本塁打王のタイトルが有力となっている。

 また、来季はコーチ兼任で現役を続けるベテランの荒木、岩瀬も登録抹消となった。奈良原内野守備走塁コーチは「来季に向け、休んでもらう。若い子を試すという意味もある」と説明した。

涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙
【中日】ゲレーロ、本塁打王ほぼ手中で「バレを退場させた審判に感謝」!?
2017年10月2日21時7分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171002-OHT1T50186.html

 去就が注目される中日のアレックス・ゲレーロ内野手(30)が2日、ナゴヤ球場で調整。左脇腹痛の影響を感じさせず、フリー打撃などでサク越えを連発した。

 休憩中には、わざわざ報道陣を「俺の近くに座れ」と呼び寄せて“独演会”を開催。まずは「バレンティンは残念だったな。でも、そのおかげで俺の本塁打王が決まった。あの審判に感謝しないと」とニヤリだ。

 9月30日のヤクルト―中日戦(神宮)。バレンティンが32号3ランを放った直後の打席で、見逃し三振の判定を不服として本塁に足で砂をかける侮辱行為を働き、西本欣司球審(50)に退場処分を下された。その結果、翌10月1日の同カードは出場停止。貴重な1試合を空費したおかげで、残り試合は「1」となり、35本塁打のゲレ砲を逆転する可能性は限りなく小さくなったのだ。竜の主砲は「アリガトウゴザイマス」と、うやうやしく頭を下げてから「ハッハー!」と大笑いした。

 さらに遠征先の食事についても語り出した。「フクオカでは何を食ってもウマかった。トウキョウだってそうだ。オオサカもいいな」と“三都”で平らげた料理を思い出して舌なめずり。しかし、なぜか「ナゴヤの飯だけはなあ。ソーソー(まあまあ)だな。いや、ノーグッドかもしれない」。本拠地の食事に話が及ぶと苦虫をかんだような表情になっていた。
わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔) ぴかぴか(新しい) わーい(嬉しい顔)
写真:ナゴヤ球場で調整したゲレーロ
ゲレ流出ピンチ G首脳が獲得調査示唆
2017年10月4日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201710/CK2017100402000100.html

 中日がアレックス・ゲレーロ内野手(30)との再契約を目指すなか、ライバルの影がちらついてきた。巨人がリーグトップ35本塁打を放った大砲の獲得調査に乗り出す。3日、球団幹部が明かした。ともに今季Bクラス。中日は優先交渉権がある11月30日までに契約更新を目指すが、手ぐすねを引いて待つGの存在は何とも不気味だ。

 5年連続Bクラスからの脱出を図るうえで、欠かせないのが主砲の存在。来日1年目から35本塁打し、キングの座を確定的にしているゲレーロが来季もいるかどうかで、中日の再建構想は大きく変わってくる。

 白井オーナーも「手放さないよ。来季も残るという前提で(現場は)やっている」と残留を希望している。

 だが、にわかに竜の主砲の周辺が騒がしくなってきた。気になるのは中日同様、11年ぶりBクラスに沈んだ巨人の動きだ。長距離砲の獲得は欠かせない。フロントも現場へ大砲獲得を厳命。米国など海外調査を進めながら、ゲレーロの動向を注視していく。

写真:ロングティーで大声を上げるゲレーロ。来季もドラゴンズで活躍して欲しいところだが…=9月15日、甲子園球場で(篠原麻希撮影)
ゲレーロ争奪 日本優先!! 巨人と一騎打ち
2017年10月8日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201710/CK2017100802000096.html

 今季で1年契約が切れ、中日が残留を要請するアレックス・ゲレーロ内野手(30)が7日、中部国際空港から米国へ帰国の途についた。3年契約以上の条件をあらためて希望し、同条件なら大リーグ復帰より、日本球界を優先する意向を明言。竜で2年目を迎えるかどうかは、今季35本塁打の助っ人の動向に関心を示している巨人との一騎打ちになる可能性が高くなった。

 米国より日本−。帰国前に空港で取材に応じたゲレーロは「国内優先」の意向を明かした。

 「(米国と)同額なら日本。日本が好きだから…」。来日1年目で35本塁打を放ち本塁打王のタイトルを当確させたゲレーロだが、メジャー通算成績はドジャースの2年間で11本塁打。ゲレーロは、すでに3年以上の複数年契約を最低条件に挙げ、この日も改めて「条件の緩和? ノー、ノー、ノー」と譲る気はない。メジャーで希望する3年以上の契約を結ぶのは困難な背景もあり、その去就は日本球界に絞られたといっていい。国内に限ってみても他球団と同条件なら、残留を公言。これが竜党にとっては最高のシナリオだ。

 ゲレーロは米国への帰国を前に「シーズン最初は苦しんだけど、自分はできると信じていた。結果が残せてうれしい」と振り返り「来年はもっとやれる自信がある」と続けた。もちろん、最優先は竜への残留だ。「ドラゴンズに戻って来たい気持ちはある。僕にとっては(日本で)最初のチーム。愛着はある」。ただ、来季もドラゴンズブルーのユニホームに袖を通すかと聞かれれば、現段階ではYESでもなくNOでもない。ビジネスライクな姿勢は、崩さなかった。「今は全部(可能性は)ゼロ」。他球団も含めて白紙であることを強調した。

写真:帰国を前に本塁打を放ったときのポーズを決めるゲレーロ(谷沢昇司撮影)
中日ゲレーロ退団決定的に 複数球団で争奪戦へ
[2017年10月8日11時26分]  日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710070000847.html

 中日アレックス・ゲレーロ内野手(30)の退団が決定的になった。

 7日、自宅のある米国に向かうため訪れた中部国際空港で、中日の条件に譲歩する可能性を聞かれると、強く首を振った。「(希望額を)下げることはない。中日に戻りたい気持ちはあるがこれはビジネス。楽しみにしているよ」。あらためて3年以上の複数年契約を希望を示唆。3年なら総額15億円程度がゲレーロ側の希望とみられる。正式な交渉はこれからだが、中日も条件の上積みはしない方針で、決裂が避けられなくなった。

 複数の球団がゲレーロに興味を示しており、今後争奪戦が始まる見込みだ。米球界からのオファーも予想されるが「メジャーと日本が同じ条件なら日本を選ぶ。今年よりいい成績になる自信がある」と日本でのプレーを希望した。

写真:

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ゲレーロ 中日ドラゴンズ 更新情報

ゲレーロ 中日ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済