ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 自作小説置場 > トピック一覧 > パチプロシリーズ3《婆ちゃんの...

自作小説置場コミュのパチプロシリーズ3《婆ちゃんの愛》

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

パチプロシリーズ3《婆ちゃんの愛》 2016年11月10日 18:55
mixiユーザーmixiユーザー

本文はコメント欄にあります。


パチプロシリーズ第2弾。

【登場人物】
・マダンテ……私。平打ちのプロ。
・婆ちゃん……常連客。

コメント(1件)

[1]2016年11月10日 19:00

《婆ちゃんの愛》



その日私はハマっていた。

確率1/180の台。

開店からいきなり千回ハマりである。

甘デジコーナーでの千回ハマりは非常に目立ち、観客が出来てしまった。

現金投資中にハマるのは痛いが、一日打っていればこんなハマりは想定内。
28回回っているのだ。
4万円近く入っているが、ヤメるわけにはいかない。

この店では1箱およそ4千円になる。
元を取るには10箱必要だ。

甘デジコーナーで10箱出すのは難しい。

しかし、私は知っている。
この台が甘デジではないことを。

確率だけを見て1/150〜250の台を甘デジコーナーに置く店は多い。

だが実はミドルとたいして変わらない仕様なのである。

絶対にプラスにできる。

私は確信していた。



程なくしてようやく当たり、3連チャン、下1箱。
爆発を期待していた観客は散っていった。

ふ〜、やっと静かに打てる。


そこへひとりの婆ちゃんがやってきた。


「いくら入れたんだい」

え?
4万ぐらい。

「もうヤメときな」

いやまだこれから……。


困惑している私に婆ちゃんは厳しく、そして優しく言った。

「その1箱飲ましたら帰んな。そしてもう二度と4万円も入れるんじゃないよ。」

婆ちゃんは去っていった。



1箱飲ましたら帰んな、か……。

それは無理かもしんないな。
でも絶対プラスにしてみせるよ!


なんとか1箱以内に次の当たりを引き、出玉は増えていった。

下5箱ぐらいになった時、また婆ちゃんが来た。

「それ以上は出ないよ。」

いやいや。
(^_^;)

「元取ろうなんて考えるから失敗するんだ。アタシゃ何人も見てきたんだよ。」

婆ちゃん……。

「わかったね。アタシゃもう帰るよ。アンタも暗くならないうちにお帰り。」


……ありがとう、婆ちゃん。
本当に心配してくれてるんだ。


でも、ごめん!
アタシは続けるよ!




結果、26箱出て無事プラスに。

ありがと。
またね、婆ちゃん。



ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

コメントを書く (*の項目は入力必須)

自作小説置場のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

メンバーが参加している他のコミュニティを自動的に算出して表示しています。星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

自作小説置場

人気コミュニティランキング