ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > ステラのまほう すたーくらすた > トピック一覧 > 【『ステラのまほう』の思い出】

ステラのまほう すたーくらすたコミュの【『ステラのまほう』の思い出】

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

皆さんが、『ステラのまほう』という作品と出逢った経緯とか、出逢ったことにより、何かが変わったとか、何かを始めたとか、そんな皆さんの『ステラのまほう』に関するエピソードなんかを募集するトピです。

コメント(4)

今回(第5話「カウントダウン」)の放送観て、思い出しました。
ボクが『ステラのまほう』という作品に惚れ込んだ理由。

“青春を全心で感じたから”なんですよね。
自分で作っといてなんですけど、このトピックの存在、忘れかけてました。
でもまぁ、最終回も終了したことですし、また書いてみようかな なんて。

そもそも、ボクが『ステラのまほう』と出逢うことができたのも、アニメ化が決定したからなんですよね。
アニメ化決定記念に、きららキャラットにゲスト掲載されてるのを読んで、そこで初めて知ったんですよ。

あの時の衝撃は、今でもよく覚えています。 「こんな面白い作品が、この世に存在していたなんて!?」って。
まるで、脳天から爪先まで、雷でブチ抜かれたかのような衝撃でした。

そして、『ステラのまほう』と出逢ってから半年ちょっと(約8ヶ月)経って、アニメの第1話を観て、あの時の衝撃の再現……とまではいかないにしても、出逢った当初の気持ちを、また思い出すことができました。
なんだか、すごく嬉しかったです。

アニメが始まる前は、正直、不安が全く無かったというと嘘になるかもしれません。
でも、先行上映会行って、第1話観たら、それが不要な心配だったと知れました。

先行上映会の会場で、DVD全巻予約してきちゃいましたが、それが間違いではなかったと確信しています。
アニメになって、動きとか声が付くと、今まで特に気にしてなかった場面とかが、すごく印象に残るようになってたりしました。(特に裕美音ちゃん関連。)

思い返してみれば、アニメの『ステラのまほう』で、ボクが大いに笑ったシーンって、かなりの確率で裕美音ちゃんが絡んでたんですよね。
アニメがキッカケで、あの子のことも大好きになりましたよ。 これは嬉しい誤算かな。

気づけば、相当長々と書き続けちゃいましたけど、本当に言いたいことは一つです。

ボクは『ステラのまほう』という作品と出逢えて、本当によかったと思ってるし、これからも思い続けて生きていきます。
これからの人生で、どんなことがあって、どんな風に変わっていくのかなんてまだ分かりませんが、この気持ちだけは絶対に変わらないし、絶対に忘れません。
この気持ちを胸に抱いて、「いつの日か、『ステラのまほう』と肩を並べられるだけの最高の作品を自らの手で創り出す。」という、ボク自身の夢を叶えてみせます。
忘れたころに更新されるのが、このトピです。

「ほんばん!」から、かれこれ1週間経とうとしてるので、こっちにも書いとこうと思います。
メインキャストの皆さんが言ってたことの要約です。

『ステラのまほう』は創作活動の辛さも、その先にある感動も、全部しっかり伝えてくれる、「創作って、楽しいよ。」って伝えてくれる、そんな作品なんです。

そう、だからこそ、ボクは惚れ込んだのです。 完全に心奪われたんです。
他の作品では、決して感じることのできない、この感覚。 これがあるから、『ステラのまほう』という作品は特別なんですよね。

この気持ち、いつまでも忘れませんよ。 「ほんばん!」のことも、絶対に忘れたりしません。
一生の思い出です。
私事ではありますが、ボクが『ステラのまほう』という作品と出逢えてから、約1年と4ヶ月経過しました。

……いやね、昨日気付いたんですよ。 とっくに1年過ぎてたってことに。

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

ステラのまほう すたーくらすた 更新情報

ステラのまほう すたーくらすたのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。