ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 笠原祥太郎投手 ドラゴンズ > トピック一覧 > 2018年 今日の活躍(公式戦...

笠原祥太郎投手 ドラゴンズコミュの2018年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(6)

笠原、5回痛恨 粘りきれず6イニング4失点
2018年4月2日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040202000104.html

 何とか白星をつかんで名古屋に戻りたい。強い思いで笠原はコイ打線に挑んだ。しかし、小笠原、ジーと同じように2年目で初めて開幕カードのマウンドに立った左腕もつかまった。

 「早く1勝したかった。チームとしても、自分としても。その気持ちで行ったけどダメだった」

 2回2死、下水流に逆球をとらえられ、先制ソロを浴びた。1点リードの4回1死では丸に同点ソロを被弾。それでも直球にカットボールやチェンジアップなどを交えて後続を打ち取っただけに、失点はこの回まででとどめたかった。同点の5回、1死二塁で磯村に中前打を許して一、三塁と好機を広げられた。続く大瀬良がバントを失敗して捕邪飛で2死。行きかけた流れを止めた−かに思えた。しかし、田中に左越えの2点適時二塁打を浴びた。

 「(5回を)ちゃんと抑えていれば試合をつくれたと思う」。終わってみれば6イニングを8安打、4失点と悔しさの残る今季初登板となった。先発の役割を果たせず、2年連続で開幕カード3連敗は初めてという不名誉な記録まで付いた。森監督は「3試合とも同じようなことをやってしまった」と振り返る。先発の3人はいずれも6イニングを投げ、失点はそれぞれ5、6、4。「この経験は次に生かしてもらって」と奮起に期待した。

写真:広島−中日 5回裏2死一、三塁、田中に勝ち越しの2点適時打を許す笠原=マツダスタジアムで(中嶋大撮影)
涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 涙 
笠原、キッチリ1失点 白星つかずも「チームが勝てたので全然OKです」
2018年4月9日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040902000009.html富士山

 今季初勝利はならなかったが、課題をきっちり修正できた。傷口を最小限で防ぐことは、先発ローテの一員として戦っていく上でも大事な要素。笠原が粘り強く耐え、勝ちに値する投球をみせた。

 「よく1点で粘れたと思う。カーブが結構しっかり投げられた。うまく使えたことが収穫」

 思い描いた投球はできた。1点リードの3回1死三塁。高山の適時二塁打で同点にされた。「長打は全体的に球が高かった」。それでも慌てなかった。2死二塁で迎えた糸井にはカーブでカウントを稼ぎ、内角を突く直球で見逃し三振に仕留めた。

 今季初先発した1日の広島戦(マツダ)では、勝負どころで粘れなかった。それでも、「家に帰ったらすぐに切り替えられました」と、6イニング4失点で敗戦投手となったその日のうちに視線を次の登板に向けた。「最少失点で抑えられるように」。4、6回も得点圏に走者を背負いながら後続を打ち取った。テーマを有言実行し、6イニングを5安打1失点でまとめた。

写真:阪神−中日 阪神打線相手に先発し6イニング1失点の笠原=京セラドーム大阪で(小沢徹撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
鈴木博志投手がプロ初登板
<< 作成日時 : 2018/04/01 17:50 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_1.html

カープとの3回戦、先発は笠原投手です。【写真】
緊張の立ち上がりを無失点に抑えますが、2回裏にソロ本塁打で1点を先制されます。
4回表無死、ビシエド選手の1号ソロホームランで1−1の同点に【写真】
4回表2死、平田選手もレフトへ今季1号のソロホームラン!!
ビシエド選手、平田選手のソロホームランで2−1と逆転
「状態は悪くなかったのですが、詰めの甘さがでてしまい悔しい・・・」と笠原投手、4回裏に本塁打で同点とされると5回裏には2点を勝ち越されてしまいます。【写真】
8回表2死、今日2本目となるソロホームランを放つビシエド選手。
8回裏に鈴木博投手がプロ初登板。
2奪三振、打者3人できっちり抑える投球をみせました。ビシエド選手から受け取った記念のボールを手にベンチへ引き上げます。デビュー戦も「緊張はしなかった」と鈴木投手、なかなかの強心臓っぷりです。
しかし、試合は3−8で敗戦となり開幕3連敗に・・・
4月3日はナゴヤドームで地元開幕戦、ここから出直しです!!
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
笠原、自己ワースト6失点 志願の続投…力負け
2018年4月16日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018041602000097.html

 今季初勝利どころか、試合すらつくれなかった。笠原は打ち取りにいったところを痛打され、6イニング1/3を9安打、自己ワーストの6失点と踏ん張れなかった。

 「感覚は悪くなかった。決め球が甘くなってしまった。ちゃんと次までに修正したい」

 今季3度目の先発マウンド。過去2度、ゼロに抑えた立ち上がりからつかまった。1回2死一、三塁で昨季の首位打者・宮崎の適時二塁打で2点を献上した。それでも「2回からは良くなっていった」と、ストライク先行の内容でDeNA打線を抑えていった。

 6回を投げ終えた時点で球数は105球。2点ビハインドの7回も、左腕は続投を志願した。しかし先頭の倉本を出塁させ、1死二、三塁で筒香との力勝負に屈した。外角を狙った直球が中に入り、中越えへ2点二塁打などでこの回3失点。「最後の最後で良くなかった。自分でいけると言った以上は抑えないといけなかった」。悔やまれたイニングだった。

写真:DeNA−中日 7回裏1死二、三塁、笠原は筒香に2点二塁打を打たれる=横浜スタジアムで(平野皓士朗撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
笠原代打「めちゃめちゃ緊張…」 送りバント二塁封殺
2018年5月4日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050402000108.html

 前日(2日)先発で98球投げた笠原が、まさかの代打で登場した。総力戦で迎えた同点の9回1死一塁、控え野手は外野の工藤と捕手の木下拓しか残っていなかった。笠原がネクストに出てきたところで、すでにスタンドはざわざわ。鈴木博への代打が告げられた。

写真:9回表1死一塁、バント失敗した代打笠原(平野皓士朗撮影)
ほっとした顔 涙 ほっとした顔 涙 ほっとした顔 涙 ほっとした顔 涙 ほっとした顔 涙 ほっとした顔 涙
代打に投手笠原もバント失敗…中日3点差逃げ切れず
[2018年5月3日22時58分]  日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805030000878.html

<ヤクルト7−6中日>◇3日◇神宮

 投手を含めて選手21人を動員の総力戦も実らず、中日が4連勝を逃した。6−6で迎えた9回1死一塁で打席に立ったのは、前日2日の先発投手・笠原。4回1/3を投げた左腕を、バント要員で代打起用したのだ。

 だが、打球は三塁手の前に転がり、一塁走者は二塁封殺。延長10回に守護神田島をマウンドに送り、1死二塁から申告敬遠で塁を埋めて代打荒木と勝負も、無情のサヨナラ打が左前に弾んだ。

 「よくつないで(一時は)勝ち越した。負けているから先手を打っていかなければならない」と森監督は、投手2人、野手2人を残すだけだった4時間40分の激戦を振り返った。

 6回、福田の2点打で1点差に詰め寄った。左腕中尾に対し、右の代打を4人続けて送り込んで同点に。7回には3点を勝ち越した。

 だがその裏、岩瀬が山田哲に今季初失点となる8号ソロ、鈴木博がバレンティンに、この日2本目となる9号の同点2ランを打たれた。「3点リードしたから任せる人に任せる準備はした。しかし、それができなかった」。岩瀬、鈴木博、田島をつぎ込みながら逃げ切れなかったことを、指揮官は悔やんだ。4月30日の松坂の復活勝利から始まった連勝は、3で止まった。

写真:ヤクルト対中日 9回表中日1死一塁、代打笠原(左)は送りバントの打球が強く三ゴロとなり一塁走者平田(右)が二塁で封殺となる(撮影・小沢裕)

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

笠原祥太郎投手 ドラゴンズ 更新情報

笠原祥太郎投手 ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済