ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 柳裕也投手 ドラゴンズ > トピック一覧 > 2018年 今日の活躍(公式戦...

柳裕也投手 ドラゴンズコミュの2018年 今日の活躍(公式戦)・・・

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(16)

柳、小笠原と笠原に続きKO… 2年連続開幕4連敗
2018年4月4日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018040402000120.html

 若竜が次々と火だるまに…。中日・柳裕也投手(23)は3日、本拠地開幕の巨人戦の先発マウンドに立ったが、3イニング2/3を投げ4失点でKOされた。打線も援護できず3−10で敗れ、森政権下で2年連続開幕4連敗。その指揮官が、開幕投手に起用した小笠原、同じくローテに抜てきした笠原、そして今度は柳と若手先発陣が結果を出せない。中継ぎも火に油で開幕4戦で計30失点。投壊現象は止まらない。

 竜党の吐き出すタメ息が深く、重く、ナゴヤドームに沈んだ。2年連続の開幕4連敗。まだ白星がないのは12球団で中日だけ。初勝利に7試合を要した昨季の“逆噴射”も頭をよぎる。3万4164人が詰めかけた本拠地初戦は落胆のままにゲームセットを迎えた。

 「(開幕4連敗で)選手がつらいのは分かっているし、それよりも一番はファンだよな。これだけお客さんが入ってくれている。早く1勝してあげたい」。森監督の表情が曇るのも当然だ。

 敵地マツダではオール逆転負けでの同一カード3連敗。名古屋に帰り「出直し」を誓った。この日の試合前のミーティングでも、白井オーナーの激励に続いて、森監督も「今日が開幕の開幕と思ってやろう」と再出発を呼びかけた。

 しかし、先発のマウンドに送った柳は4点を失い、4イニングもたずに降板した。制球と配球が命の右腕が5四死球。「僕みたいな投手があれだけ四死球を出したらダメ。自分の仕事をできなくて申し訳ないです」と唇をかんだ。指揮官も「本拠地開幕の緊張もあっただろうが、次に生かさないと意味がない」と成長の糧とすることを求めた。

 先発が早い段階で崩れれば、救援陣の起用も後手に回る。鈴木博、又吉の勝ちパターンの投手をつぎ込む執念も見せず、今季初の2桁失点。開幕から4試合連続で2桁安打を許し、ナゴヤドームでは07年7月25日の阪神戦以来となる18安打を浴びた。

写真:1回表に2点を失った柳(小沢徹撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
本拠地開幕戦です
<< 作成日時 : 2018/04/03 22:31 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_2.html

本拠地開幕戦、ジャイアンツとの1回戦です。
本拠地開幕戦の先発は柳投手【写真】、しかし、初回に2点を先制されてしまいます。
1回表1死満塁、長野選手の右飛を捕球、バックホームをする平田選手。
タッチアップし、本塁を狙った坂本選手でしたが平田選手、松井雅選手の好プレーでタッチアウトに
先発の柳投手、4回表にも2点を失ってしまい降板、4回表2死から伊藤投手が登板し巨人打線を抑えます。
6回裏1死満塁、高橋選手が放った打球は右中間を破ります。
一塁からは福田選手も生還。
走者一掃のタイムリー三塁打となり3−4と1点差に詰め寄り、ここから反撃を・・・と思ったのですが
試合終盤に守備のミスなどから失点を重ねてしまい3−10で敗戦、ナゴヤドーム初戦で連敗を止めることができず。
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
柳、プロ初完投初完封 明大伝統ガッツポーズ締め
2018年4月11日 紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018041102000100.html

 今季12球団一番乗りだ。中日・柳裕也投手(23)が10日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)で、今季初白星をプロ初完封でつかんだ。好調ツバメ打線をわずか2安打。今季両リーグ最短2時間18分で片付けた。ドラフト1位右腕がプロ2年目でブレークしそうな投げっぷりで、首位まで2ゲーム差の混戦に持ち込んだ。

 投げても、投げても、制球がほとんど乱れない。生命線ともいえる武器を発揮した柳がプロ初完封で今季初勝利を手にした。12球団一番乗りで完封した右腕はお立ち台で喜びを爆発させた。

 「最高でーす!!」

 圧巻だった。今季初登板だった3日の巨人戦(ナゴヤドーム)で「うまく投げようとし過ぎた」と3イニング2/3を4失点で降板した反省を踏まえ「一球、一球腕を振ることを意識した」。球を低めに集めてツバメ打線を翻弄(ほんろう)し続けた。1回と3回から7回まで走者を出さなかった。

 唯一のピンチは8回。2四球などで2死一、三塁と初めて得点圏に走者を背負っても動じない。代打・大村を、オフから磨きをかけてきたチェンジアップで空振り三振。自信を持って投げた球でピンチを切り抜け、プロで初めて9回を投げきった。「投げているうちに体の感じも変わってくる。終盤になるに連れて難しさも感じた」。バットでも3回無死一、二塁でスリーバントを成功。この回3得点に貢献した。

 地元にも吉報を届けた。昨年末、故郷の宮崎県都城市から同市をPRする「みやこんじょ大使」を委嘱された。同市によると、プロ野球選手では初の大役。「地元にいいニュースを届けられるように」。そう話していた思いをシーズン早々から実現し、大使の名に恥じない投球をみせた。

 明大から中日と同じ道を歩み、1月に70歳で亡くなった星野仙一さんへの弔い星にもなった。昨春のキャンプでケガを気に掛けてくれたが、昨季は広背筋痛などで悔しい1年を過ごした。「頑張って、結果を出してということが一番」と思いを語った。

写真:ヤクルト打線を相手にプロ初完封し、雄たけびを上げる柳=ナゴヤドームで(中嶋大撮影)
富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔) 富士山 わーい(嬉しい顔)
柳投手がプロ初完封勝利!
<< 作成日時 : 2018/04/10 21:39 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_5.html

ナゴヤドームに戻って中日ーヤクルトの1回戦、先発は柳投手です。【写真】
序盤の3回まで1安打無失点に抑えていく柳投手。【写真】
先制はドラゴンズです。3回裏1死二、三塁、大島選手の右前タイムリーで1点を先制。
3回裏2死二、三塁、アルモンテ選手のタイムリーで2点を追加し3−0とします。
危なげないピッチングでヤクルト打線を無失点に抑えていく柳投手。【写真】
9回表2死一塁、最後の打者、バレンティン選手を打ち取りゲームセット、ガッツポーズの柳投手。【写真】
プロ初完封勝利でナインからの祝福に笑顔を見せる柳投手【写真】
「最高でーす!!」柳投手の叫び声がドーム内に響きます。【写真】
アルモンテ選手も打撃好調、柳投手は12球団で完封勝利一番乗り!!チームも連勝です!! 【写真】
富士山 わーい(嬉しい顔) ハート達(複数ハート) 富士山 わーい(嬉しい顔) ハート達(複数ハート) 富士山 わーい(嬉しい顔) ハート達(複数ハート) 富士山 わーい(嬉しい顔) ハート達(複数ハート) 富士山 わーい(嬉しい顔) ハート達(複数ハート) 
柳投手がプロ初完封勝利!
<< 作成日時 : 2018/04/10 21:39 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_5.html
柳投手がプロ初完封勝利!
<< 作成日時 : 2018/04/10 21:39 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_5.html
あと一歩及ばず。
<< 作成日時 : 2018/04/18 22:00 >> 球団公式公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201804/article_8.html

中日ー阪神4回戦
1回裏に大島選手、京田選手の連打などで満塁のチャンスを作ります。
1回裏2死満塁、亀澤選手が放った打球はサードへのゴロ、一塁へヘッドスライディングをしセーフとなりタイムリー内野安打に
先制のタイムリー内野安打にVサインの亀澤選手
先発の柳投手は5回まで3安打、無失点に抑えていきますが・・・ 【写真】
わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔) * わーい(嬉しい顔)
6回表、阪神打線に捕まってしまい4失点、勝ち越しを許しイニング途中での降板となってしまいます。 【写真】
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
6回裏2死一、三塁、右前にタイムリーヒットを放つ亀澤選手、1点をかえし2−4。
二番手で6回表途中から登板したガルシア投手、7回表に満塁のピンチとなりますが無失点で切り抜けます。
9回裏無死、内野安打を放ち猛打賞の亀澤選手
9回裏1死三塁、藤井選手が左犠飛を放ち3−4としますが、あと一歩及ばず・・・  
柳無念 4失点降板 5回までほぼ完ぺきが…6回暗転
2018年4月19日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018041902000124.html

 ちょっと前まで昇り竜だったのに、元のもくあみとは…。中日は18日の阪神戦(ナゴヤドーム)に3−4で敗れ4連敗。先発・柳裕也投手(23)は6回に味方失策も絡んで一気に4点を失った。打線もチャンスに主軸が不発。開幕4連敗から何とか勝率5割まで戻した直後に連敗街道で、巨人と並んで最下位になった。

 ビシエドの悪送球で逆転を許した6回。なおも1死一、三塁のピンチ。したたり落ちる汗。マウンド上で肩で息をする柳。まさに踏ん張りどころだった。だが、梅野にスクイズを決められると、投手のメッセンジャーには痛恨の右前適時打を許してしまった。

 ここでたまらずベンチからタオルが投げられた。5イニング2/3で4失点。前回10日のヤクルト戦(ナゴヤドーム)でプロ入り初完封勝利。ルーキーイヤーの昨年とは変貌した投球を見せた。今回はDeNA戦で3連敗したチームを救うべく、雨天中止の17日からスライド登板して臨んだが、2戦連続快投とはいかなかった。

 「今日は打たれてはいけないところ、打たれてはいけない人に打たれてしまった。5回まではいい形だったのに、ビッグイニングを作られてしまった」

 投手に打たれたことは痛かった。森監督も「たらればだけど、ピッチャーに打たれると自分のリズムもなくなる。得点圏にランナーがいれば当然そうなる」と言う。だが、指揮官はその前段階の投球のほころびを指摘するのを忘れなかった。

写真:中日−阪神 6回表2死二塁、メッセンジャーに右前適時打を浴びる柳=ナゴヤドームで(板津亮兵撮影)
柳、また投手に打たれた 今季屋外球場7連敗
2018年4月25日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201804/CK2018042502000117.html

 またも屋外球場で負けた。中日は24日の巨人戦(長野)に1−3で敗れ、4連勝はならなかった。先発・柳裕也投手(24)が2試合連続で投手に適時打を浴びるなど精彩を欠き、味方の失策にも足を引っ張られた。今季は屋外球場7戦全敗。これでは上位進出も見えてこない。

 小雨が降りしきるマウンドで、柳がもがいていた。2回2死一塁、7番からの下位打線に3連打。投手の山口俊にまでスライダーを左前に運ばれ、決勝点を奪われた。4回も5番からの連打に味方の失策が加わって、下位から上位に打席が回り、2死満塁のピンチを招いて押し出し四球。もったいない失点に「下位打線に打たれ攻撃がつながってしまった。なくしていかないと」と、肩を落とした。

 デジャブのような悪夢だった。前回登板の18日阪神戦(ナゴヤドーム)でも、投手のメッセンジャーに適時打を含む2安打を打たれている。朝倉投手コーチは「何のための下位か。そこで切らないと、上位につながってしまう。それが一番きつい。本人が一番わかっているだろうが、対策できなければわかっていないのと同じこと」と、厳しい言葉で奮起を促した。

 苦しい投球になった要因の一つが、今季から実戦配備している新球チェンジアップがうまく制球できなかったこと。緩急が使えないと、投球の幅が狭まる。「高めに浮いて使えなかった」が、サインに首を振るという決断はできず、それが勝負どころで裏目に出た。4回2死満塁、フルカウントからの6球目、押し出し四球になったのは、内角高めに浮いたチェンジアップだった。

写真:巨人−中日 2回裏2死一、二塁、山口俊に勝ち越しの左前適時打を浴びる柳=長野オリンピックスタジアムで(平野皓士朗撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
柳、KO プロ初神宮のマウンド 松坂先輩に続けず
2018年5月2日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050202000111.html

 明大時代に慣れ親しんだ神宮のマウンドにプロ入り後初めて上がった柳だったが、5回途中降板。4イニング1/3、6安打、4失点で先発責任を果たせず、朝倉投手コーチは「いい球を投げていても、点を取ったあとで必ず点を取られる。それも下位打線から。それが何試合も続いている。気持ちなのか何なのかわからないけど、このままじゃ勝てない」と怒り心頭だ。

写真:ヤクルト−中日 5回裏1死三塁、柳は山田哲(後方)に中越えの勝ち越し二塁打を打たれる=神宮球場で(平野皓士朗撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
柳、遠い2勝目 無念…6イニング1/3で4失点
2018年5月9日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018050902000117.html

 また白星が手からこぼれ落ちた。自分が残した走者が本塁を踏む姿を柳はベンチから見つめることしかできなかった。

 「投げきりたかった」。悔いたのは2点リードの7回だ。先頭の8番・中村に左前打。四球も絡んで1死一、二塁。ここで交代した。救援陣がつかまり、試合をひっくり返された。下位打線からピンチをつくる悪い流れ。6イニング1/3を6安打4奪三振3四球で4失点、112球の熱投は報われず「あんな形でマウンドを降りることになってしまったことが悔しい」と唇をかんだ。

写真:中日−ヤクルト 1回表2死満塁、広岡を左飛に打ち取る先発の柳=福井県営球場で(中森麻未撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
福井で11年ぶりのゲームです。
<< 作成日時 : 2018/05/08 22:46 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_1.html

11年ぶりとなった福井でのゲーム、先発の柳投手が初回に1点を失いますが、その裏2死二塁、ビシエド選手のタイムリーで同点とすると【写真】
1回裏2死一塁、福田選手がライトへタイムリー二塁打を放ち2−1と勝ち越します。
先発の柳投手、3回表にも1点を失い2−2の同点とされてしまいますが・・・
3回裏1死二塁、ライトスタンドへ勝ち越しの2ランホームランを放つビシエド選手
追いつかれてもすぐさま勝ち越し、笑顔のビシエド選手。
7回表に途中降板となってしまった柳投手、「あのような形でマウンドを降りてしまい悔しい」と悔しさをにじませます。【写真】
この後、4−6と逆転を許してしまいますが・・・
8回裏1死二、三塁、高橋選手のタイムリーで6−6の同点に追いつきます。
延長戦へと入りましたが雨が激しくなり、10回表途中、雨天コールドのため6−6の引き分けで試合終了に。
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
同期の二人がヒーローです
<< 作成日時 : 2018/05/16 22:42 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_4.html

中日ー広島8回戦、1回裏無死、先頭の大島選手が四球で出塁、二盗を決め無死二塁のチャンスを作ります
1回裏無死二塁、京田選手が右中間を破るタイムリー二塁打を放ち1点を先制
先発は柳投手、1回表から2回表にかけ4連続三振を奪うなど上々の立ち上がりを見せます。【写真】
5回までに9奪三振の好投、7回まで無失点に抑えた柳投手【写真】
7回裏1死二塁、左中間を破るタイムリー二塁打を放つアルモンテ選手
7回裏2死三塁、福田選手は中前にタイムリーを放ち5−0、福田選手は連日の猛打賞です
このまま完封、完投か・・・と思われた柳投手でしたが、8回に2点を返されてしまい降板。【写真】
ピンチが続きますが、二番手の鈴木博投手が後続をきっちり抑えると
9回は田島投手が締めてゲームセット!!
柳投手は2勝目、京田選手と笑顔でタッチを交わします。【写真】
「二人でお立ち台に上がる、この日を待っていました」と京田選手が話し、満面の笑顔を見せる京田選手と柳投手、ナゴヤドームでのカープ戦は負け無し5連勝です!!【写真】
同期の二人がヒーローです
<< 作成日時 : 2018/05/16 22:42 >> 球団公式ブログより
http://dragons-camera.at.webry.info/201805/article_4.html
柳、マツダ投壊連鎖止められず 2回に一挙6失点 
2018年5月26日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201805/CK2018052602000117.html

 もう勘弁してくれ! と叫びたくなるような負け方だった。中日の先発・柳裕也投手(24)は25日の広島戦(マツダスタジアム)の2回、打者一巡の猛攻を受け一気に6失点。3−6で敗れ、今季マツダスタジアムで4戦全敗となった。

 魔物が潜んでいるのか…。そうとしか思えないほど、広島で勝てない。竜は今季、ナゴヤドームでコイを5勝1敗と圧倒しながらも、マツダスタジアムに来ると一変して4戦全敗。開幕カード以来となった敵地で漂い続けた重苦しい雰囲気は、最後まで振り払えなかった。

 「6点も取られてしまってチームに申し訳ないです。ストライクを取るのに精いっぱいの投球になってしまった」

 反省の弁を並べた柳が役割を果たせなかった。2回。先頭の鈴木にソロを浴びた。「ホームランは割り切れるかどうか」。そう朝倉投手コーチは振り返ったが、マウンド上の右腕は引きずったようだった。1死から野間を歩かせて歯車が狂いだす。「ビッグイニングをつくってしまっているので、そこ(四球)だと思います」。全体的に高かった球をことごとくはじき返された。会沢からの5連打を含め、この回打者一巡で一挙6点を失った。

写真:広島−中日 6回表、ベンチでうつろな表情を見せる柳=マツダスタジアムで(小沢徹撮影)
涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙 * 涙
柳、最短KOで2軍降格 1イニング0/3の6失点
2018年6月2日 中スポ紙面から
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201806/CK2018060202000111.html

 大炎上だ。中日・柳裕也投手(24)が1日、日本生命セ・パ交流戦の日本ハム戦(札幌ドーム)で先発すると1イニング0/3を7安打6失点。プロ最短KOで今季5敗目(2勝)を喫し、試合後に2軍降格が決まった。打線もわずか2得点に終わって大敗した。

 苦しんだ。生命線といえる制球が乱れた。ベンチに腰を下ろした柳は、ぼうぜんとグラウンドを見つめるしかなかった。プロ最短となる1イニング0/3を7安打、自己ワーストタイの6失点。2試合連続で序盤に炎上し、4番手で1イニング4失点を喫した岡田とともに2軍降格が決まった。「これが僕の実力なんで。そこに向き合ってやるだけです」。そう言い残して、視線を落としたままバスに乗り込んだ。

 ボール先行の苦しい展開だった。先頭の西川に四球を与えると、続く大田に中越え二塁打を許してあっという間に二、三塁。「初対戦なので全力でぶつかりたい」。闘志を燃やしていた横浜高の1学年先輩・近藤こそ三ゴロに打ち取ったが、中田に左前適時打を許して先制点を与えた。

 直後に味方が同点に追いついてくれた。しかし、立ち直るどころか、歯車はさらに狂った。先頭の岡に内野安打で二盗も許してピンチを招くと、その後は火だるま。直球、スライダー、チェンジアップと投げる球をことごとくはじき返された。下位打線に打たれる今季の「悪癖」で先頭から5連打されたところで交代。森監督は「1点差でも10点差でも負けは負けなんだけど、他の人に迷惑が掛かる」と序盤でのKOに苦言を呈した。

写真:日本ハム−中日 2回裏途中、降板する先発の柳=札幌ドームで(平野皓士朗撮影)
泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔 * 泣き顔

ログインすると、みんなのコメントがもっと見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

柳裕也投手 ドラゴンズ 更新情報

柳裕也投手 ドラゴンズのメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済