ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > スポーツ > オリックス 山岡泰輔投手 > トピック一覧 > 初完封!球宴で大谷、千賀と球種...

オリックス 山岡泰輔投手コミュの初完封!球宴で大谷、千賀と球種交換

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

オリックスのドラフト1位・山岡泰輔投手が12球団のルーキー一番乗りで完封勝利を挙げた。
強打のライオンズに9安打を許しながら自己最多140球の熱投だった。2桁奪三振、無四死球での新人完封は14年マリーンズ・石川に続くプロ5人目。度胸満点、明るい性格のエース候補が球団では史上初の快挙を成し遂げた。
9回2死満塁で、山岡は10個目の三振だけを狙っていた。「一生のうち、無四球で2桁三振の完封なんて何回もできない。やれる時にやりたかった。最高の結果。うれしい」。140球目はサインに何度も首を振り、同学年の森からチェンジアップでシーズン100個目の空振り三振。捕手・伊藤に抱きかかえられた。
8回終了時で既に自己最多115球を投げていたが、福良監督に続投を直訴。前回6月のメットライフドームは8回無失点で降板していた。「今回はいってやる」と最初から完封を狙った。無四球でやり抜いた。「それが一番うれしい。やっぱり打者に向かっていく気持ちが大事」。シーズン序盤、四球で悩んだ姿はもうない。
内向的な選手が目立つオリックスの中で、奔放なキャラクターは異彩を放つ。球宴に監督推薦で出場。「とことん楽しんで、全員と話をする」と目標を定めた。ファイターズ・大谷からフォークを教わり、ソフトバンク・千賀にはスライダーを教えた。世間話も含め、可能な限り交流を深めた。
ビジターの先発前日は、チーム宿舎で静かに休息する投手が大部分。ただ山岡はしばしば外に夕食に出掛ける。「これまでの習慣を打破しようかなと思って」。登板当日に報道陣に話しかけられる球界のタブーも嫌がらない。自然体でいるのが山岡流。投手としての才能はもちろん、長年低迷するチームの“色”を変える可能性も感じさせる。
チーム内の勝ち星は金子、ディクソンに次ぐ6勝目だが、防御率3点台前半の安定感は、もはやエース級の内容。初の9回完投で規定投球回にも再到達。球団新人で達成なら06年平野以来となる。172センチの小柄な右腕は言った。「こんなにうまくいくことない。ここは忘れて、また1イニングずつ」。この切り替えの早さも大きな武器だ。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

オリックス 山岡泰輔投手 更新情報

オリックス 山岡泰輔投手のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済