ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 化学物質過敏症完治の研究  > トピック一覧 > セクハラを考え直そう!

化学物質過敏症完治の研究 コミュのセクハラを考え直そう!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

セクハラを考え直そう! 2016年11月05日 13:55
mixiユーザーmixiユーザー
セクハラを考え直そう!

胸、お腹、みぞおち、うちももを施術するとセクハラを訴える方が多い。
セクハラを訴えられると、莫大な慰謝料を請求される恐れがあります。だから患者さまが本当に治る為に胸、お腹、みぞおち、うちももの施術体験を説明して本当に治る為にセクハラについて考えを改める必要を訴えたいと思います。
女性の胸を施術して著しい効果があった例を紹介します。

勤めて二ヶ月以上経つと勤務が続けられない方を施術しました。色々原因を探しましたら乳房の打撲後遺症が見つかりました。乳房を摘まむと最初は激痛を訴えました。足の小指と薬指の間の毒だしのツボ(以後、毒だしのツボ)を交互に施術するとやがて痛みは感じなくなりました。すると二ヶ月以上経つと勤務が出来ないという症状は治ってしまいました。地震が起こると大声で叫んで玄関を飛び出す方が乳房を摘まむと激痛を訴えましたが毒だしと交互に施術すると治りました。さらに50年来の書道の作品や家財道具がかたずけられ捨てられるようになったと喜ばれました。
電車に乗れない方を施術しました。原因は胸、みぞおち、腹部、うちももにありました。これらを摘まむと激しい痛みを訴えましたが毒だしと交互に繰り返すと摘まんでも激痛は無くなりました。治る為であればセクハラは感じないと申しました。
何日も一睡も出来ない主婦の施術を依頼されました。乳房を摘まむと激しい痛みを訴えました。毒だしのツボと交互に施術を繰り返すと全く普通に眠れるようになりました。
息苦しさを訴える方は胸の一部に打撲後遺症がありました。
このように胸、みぞおち、お腹、うちももに症状の原因があることは明白です。
これらの訴えがある方には以前から胸の施術の許可がないと治らないと伝えてから施術してきました。しかし間違って胸の施術が必要の場合があることを知らずに施術を受けた場合、セクハラの訴えを起こされるかもしれないので集客に不利になることを覚悟でホームページであえて告知しました。セクハラに
ついての考えを改めていただけば完治出来る病気がたくさんあることをご理解下さい。

コメント(0件)

コメントを書く (*の項目は入力必須)

化学物質過敏症完治の研究 

人気コミュニティランキング