ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > JASRACは僕らの町役場 > トピック一覧 > 私的録音補償金のホント

JASRACは僕らの町役場コミュの私的録音補償金のホント

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

デジタル記録メディアに私的な録音<複製>またはCDなどのレンタルが行われることで、当然のことながら作詞、作曲、編曲家などの音楽クリエイター・権利者の利益にも大きな影響が発生します。

その影響・不利益を補てんするために政令で指定された制度により、録音機器、記録媒体の製造メーカー、輸入業者が補償金を支払うことになっています。

この補償金は、商品代金に上乗せされていることが明示されている場合もありますので、そういった録音機器、記録媒体を購入した消費者も、補償金の一部を負担しているという認識で間違いはありません。



ただし、この私的録音補償金をJASRACが有無を言わさず総取りしていると思っているのは大間違いです!



実際には日本レコード協会、日本芸能実演家団体協議会、そしてJASRACの三者によって、およそ三分の一ずつに分配されています。

日本レコード協会からはレコード製作者に分配をしますが、実際に分配を受けているのは協会加盟の大手レコード会社数社のみであり、星の数ほどあるであろうインディペンデント・レーベルには残念ながら1円も分配されていません。

日本芸能実演家団体協議会からは、いくつかの実演家団体に細分され、それらの団体に加盟することができている実演家には分配を受けることができます。

JASRACに関しても同様の状況で、信託者に分配されるわけですが、作詞・作曲家・音楽出版社が権利を有する音楽作品が、どの程度録音物に収録されるのか?あるいはどの程度レンタルされるのか?どの程度放送で採用されるのか?の実態調査により分配比率を算定します。

コメント(0)

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

JASRACは僕らの町役場 更新情報

JASRACは僕らの町役場のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。