ログインしてさらにmixiを楽しもう

コメントを投稿して情報交換!
更新通知を受け取って、最新情報をゲット!

ホーム > コミュニティ > 映画 > 映画館へ行こう☆ > トピック一覧 > 最近どんな映画を観てきましたか...

映画館へ行こう☆コミュの最近どんな映画を観てきましたか?その3

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

コメント(88)

「四月の永い夢」2017年/ギャガ+/カラー/93分
監督・脚本:中川龍太郎 撮影:平野礼 音楽:加藤久貴 挿入歌:赤い靴『書を持ち僕は旅に出る』
出演:朝倉あき、三浦貴大、川崎ゆり子、高橋由美子、青柳文子、森次晃嗣、志賀廣太郎、高橋惠子

四月の夢は五月になっちゃったんだな(笑)(゜o゜)\(-_-)
「かぐや姫の物語」でも声が凛として印象的でしたがその声と透明感のある朝倉あきさんの存在感で今回も柔らかい時間を過ごしました桜桜桜

元町映画館
本日最終日に滑り込みセーフ手(おっはー)
《西宮市大谷記念美術館×映画館企画 高倉健 追悼上映》
「君よ憤怒の河を渉れ」1976年/永田プロ・大映/カラー/
監督:佐藤純彌
出演:高倉健、原田芳雄、中野良子、池部良

*原作は憤怒(ふんぬ)と読み、映画は憤怒(ふんど)と読む

元町映画館
《大映男優祭》
「座頭市血笑旅」1964年/大映/カラー/88分/第8作
監督:三隅研次 原作:子母沢寛 脚本:星川清司、吉田哲郎、松村正温 撮影:牧浦地志 音楽:伊福部昭
出演:勝新太郎、高千穂ひづる、金子信雄、加藤嘉、橋本力、勝村淳
子連れ狼ならぬ赤ん坊連れの座頭市赤ちゃん

シネ・ヌーヴォ
「ウィッチ・フウィッチ」2018年/VICE/カラー/78分
原案・監督・編集:酒井麻衣 脚本:大西雄仁 音楽:Vampilla 撮影:伊集守忠 照明:仲村逸平、米倉伸
出演:小川紗良、萩原利久、micci the mistake、辻凪子、洪潤梨、佐々木詩音、ぎぃ子、安田ユウ、松本卓也、藤田富、鳥居みゆき

魔女と狼男の恋ほっとした顔桜💕女性の監督らしいキュートな作品映画館
イオンシネマ大宮、イオンシネマ京都桂川にて6/7(木)まで
元町映画館にて6/8(金)まで上映中exclamation

出町座
初日舞台挨拶付き
「野球部員、演劇の舞台に立つ!」2017年/パンドラ/カラー/102分
監督:中山節夫 原作:竹島由美子 テーマ曲:『ユビノサキヘ』Good Coming 脚本:ハセベピロウィナー、鈴木一美、片島章三、山崎太基 撮影:岡雅一 音楽:小六禮次郎
出演:渡辺佑太朗、舟津大地、川籠石駿平、山田慎覇、柴田杏花、佐々木萌詠、山田杏奈、林遣都、宇梶剛士、宮崎美子

シネ・ヌーヴォで5週に渡りロングランされていた青春映画野球主演クラスに有名な俳優は出ていないがその分等身大の人間を描く佳編カチンコ
若手青春スターの出る映画もいいがこういう作品も見逃しできませんexclamation手(パー)ほっとした顔

シネ・ヌーヴォ
万引き家族


観た人たちが「・・・」となる、って聞いたけど。その通り。「・・・」あれこれ考えちゃうことばっかし、オンパレードだよ。


《午前十時の映画祭9》
ーカンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品ー
GROUP A

「オール・ザット・ジャズ」1979年/米/カラー/123分
監督:ボブ・フォッシー
出演:ロイ・シャイダー/ジェシカ・ラング/アイ・ラインキング

久々にスクリーンで観れましたexclamation手(パー)ほっとした顔
懐かしい電球
ジェシカ・ラングの天使が、綺麗でした天使

TOHOシネマズなんば別館
《社会派サスペンス映画劇場》
「証人の椅子」1965年/山本プロ/モノクロ/103分
監督:山本薩夫 脚色:井手雅人 原作:開高健 撮影:上村竜一 音楽:池野成
出演:奈良岡朋子、福田豊士、吉行和子、浜田寅彦、加藤嘉、佐野浅夫、下條正巳

実在の冤罪事件をテーマにした作品で人間が人間を裁く不条理を考えてみる冷や汗冷や汗冷や汗


「白と黒」1963年/東京映画=東宝/モノクロ/114分
監督:堀川弘通 脚本:橋本忍 撮影:村井博 音楽:武満徹
出演:小林桂樹、仲代達矢、井川比佐志、三島雅夫、淡島千景、大空真弓、岩崎加根子、東野英治郎、東野英心、近藤洋介、松本清張、山茶花究、稲葉義男

「黒い画集 あるサラリーマンの証言」では保身のために偽証してしまう気弱なサラリーマンを演じた小林桂樹さんがこの作品では事件の真相を解明しようとする検事を演じるカチンコ「黒い画集〜」に比べてあまり語られることのない映画だけどなかなかの佳編でした映画館

京都文化博物館フィルムシアター
>>[56] そうですね!6日偶々先行上映されていて。一足お先に。観ました☆
《午前十時の映画祭9》
ーカンヌ映画祭パルム・ドール受賞作品ー
GROUP B

「地獄の黙示録 劇場公開版〈デジタル・リマスター〉」1979年/米/カラー/147分
監督:フランシス・フォード・コッポラ
出演:マーロン・ブランド/マーティン・シーン/ロバート・デュバル/デニス・ホッパー/ハリソン・フォード

公開当時、ラストが二種類あって別の劇場で上映していたので梅田の三番街シネマで観てからシネラマOS劇場へ行ったのを覚えている電球今回は三番街シネマで観たバージョンカチンコ
エレノア・コッポラの日記も読んだが混迷を極めるこの作品の内幕がわかり興味深いほっとした顔
スティーブ・マックイーンがごねて降板した話やコッポラとマーロン・ブランドの確執など興味は尽きないexclamation手(パー)ほっとした顔
資金が底をついた時に日本ヘラルド映画が追加資金を出したことや映画と同じようにそしてベトナム戦争と
が一体となって泥沼化していく様をカメラは捉える映画
まさに現代の黙示録冷や汗表情(びっくり)げっそり
ドアーズの『ジ・エンド』ジム・モリスンの歌声が耳にへばりつく耳

大阪ステーションシティシネマ
「ホース・ソルジャー」

なんばパークスシネマ
最近、観た映画の感想を日記やつぶやきに書きました。
過去のも載せてあります。
読んでもらえたら、映画や今後の考えてに参考になると思います。
よかったら、一言残せてもらえるとうれしいです。

さらば青春 されど青春
男と女 モントーク岬で
パンとバスと2度目のハツコイ
四月の永い夢
ファントム スレッド
ラプラスの魔女
「ゼニガタ ZENIGATA」2018年/AMG/カラー/111分
監督:綾部真弥 製作・企画・脚本:永森裕二 撮影:伊藤麻樹 音楽:仙波雄基 主題歌:『Volcano』TSUKEMEN
出演:大谷亮平、小林且弥、佐津川愛美、田中俊介、玉城裕規、松浦祐也、八木アリサ、安達祐実、升毅、渋川清彦

闇金ものって結構作られてるんですね冷や汗
「あゝ、荒野」で印象的だった小林且弥さんもよかったし、渋皮さん出てるしカチンコ佐津川さんも「生きる街」などいろいろ活躍してますねあせあせ

シネマート心斎橋
《大映男優祭》
「瘋癲老人日記」1962年/大映/カラー/99分
監督・脚本:木村恵吾 原作:谷崎潤一郎 撮影:宗川信夫 音楽:小川寛興
出演:若尾文子、山村聰、川崎敬三
息子の嫁に翻弄されるまさに谷崎ワールド冷や汗


「女の勲章」1961年/大映/カラー/110分
監督:吉村公三郎 原作:山崎豊子 脚本:新藤兼人 撮影:小原譲治 音楽:池野成
出演:京マチ子、若尾文子、叶順子、中村玉緒、田宮二郎、森雅之
田宮二郎主演・山崎豊子原作といえば「白い巨塔」を思い出すが今回はファッション界を舞台に事業拡大を押し進める男を田宮二郎さんが熱演映画館



「『女の小箱』より 夫が見た」1964年/大映/カラー/92分
監督:増村保造 原作:黒岩重吾 脚本:高岩肇、野上龍雄 撮影:秋野友宏 音楽:山内正
出演:若尾文子、田宮二郎、川崎敬三、小沢栄太郎、江波杏子、岸田今日子
不倫現場を夫に見られた妻は・・・

シネ・ヌーヴォ
「レディ・プレイヤー 1」
監督:スティーブン・スピルバーグ

ガンダムも登場表情(びっくり)カチンコ

なんばパークスシネマ
《社会派サスペンス映画劇場》
「叛乱」1954年/新東宝/モノクロ/115分
監督:佐分利信、阿部豊 脚本:菊島隆三 撮影:小原譲治 音楽:早坂文雄
出演:細川俊夫、山形勲、鶴田浩二、藤田進、津島恵子、木暮実千代、香川京子、辰巳柳太郎、島田正吾、丹波哲郎、田中春男、宮口精二

有名な2.26事件の映画化カチンコ
監督は俳優の佐分利信があたっていたが病気で倒れ阿部豊監督が完成させた映画


「ペン偽らず 暴力の街」1950年/日本映画演劇労働組合・大映/モノクロ/111分
監督:山本薩夫 脚本:八木保太郎、山形雄策 音楽:斎藤一郎
出演:池部良、志村喬、原保美、宇野重吉、三條美紀、沼崎勲、船越英二、根上淳、三島雅夫、滝沢修

実際の事件の映画化カチンコしかもそこでヤクザの嫌がらせに合いながらもその街でロケしドキュメンタリータッチで撮影映画
ヤクザや暴力団に屈せずペンで立ち向かう新聞記者たちメモ現代ではマスコミもひとつの権力となってしまったがこんな気概を持っているのか、持って欲しいと強く願うexclamation

京都文化博物館フィルムシアター
「友罪」2018年/GAGA/カラー/
監督・脚本:瀬々敬久 原作:薬丸岳
出演:生田斗真、瑛太、夏帆、山本美月、富田靖子、奥野瑛太、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、忍成修吾、西田尚美、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研、佐藤浩市

瑛太さんが凄いなー表情(びっくり)あせあせ(飛び散る汗)
豪華キャストなんですが西田尚美さんと村上淳さんが同じシーンに出てたりすると「ナビィの恋」を思い出し萌えるハイビスカス

TOHOシネマズなんば別館
《高倉健 三回忌特集》
「網走番外地」1965年/東映/モノクロ
監督:石井輝男
出演:高倉健、南原宏治、嵐寛寿郎、丹波哲郎、田中邦衛

健さんの人気シリーズ第1弾人差し指
東映からは期待されてなかったためにモノクロで撮影されて悔しかったと語っていた健さんだがモノクロ画面だからこそよかった気がするexclamationカチンコ
後半のトロッコでのチェイスシーンはスクリーンで観るとシャープなモノクロ画面がなかなかの迫力映画



「暗黒街最大の決斗」1963年/東映/カラー
監督:井上梅次
出演:高倉健、鶴田浩二、梅宮辰夫、大木実、佐久間良子
日活無国籍アクション映画でならした井上監督だけにギャング映画とやくざ映画の折衷のような雰囲気銃銃銃

新世界東映
《シネ・ヌーヴォ 名画発掘シリーズ リクエスト特集vol.1》
「風流交番日記」1955年/新東宝/白黒/91分
監督:松林宗恵 原作:中村獏 脚本:須崎勝弥 撮影:西垣六郎 音楽:宅孝二
出演:小林桂樹、志村喬、宇津井健、加東大介


「風流温泉日記」1958年/宝塚映画=東宝/白黒/92分
監督:松林宗恵 脚本:須崎勝弥 撮影:鈴木斌 音楽:宅孝二
出演:団令子、三益愛子、水野久美、小林桂樹、加東大介、上原謙、仲代達矢、司葉子、宝田明

「零戦黒雲一家」1962年/日活/カラー/110分
監督:舛田利雄 原作:菅沼洋 脚本:星川清司、舛田利雄 撮影:山崎善弘 音楽:佐藤勝
出演:石原裕次郎、二谷英明、渡辺美佐子、浜田光夫、芦田伸介

「『されどわれらが日々』より 別れの詩」1971年/東宝/カラー/104分
監督:森谷司郎 原作:柴田翔 脚本:橋本忍、岡田正代、橋本綾 撮影:中井朝一 音楽:小野崎孝輔、多賀英典
出演:小川知子、山口崇、藤田みどり、木内みどり、高橋長英、北村和夫

シネ・ヌーヴォ
《シネ・ヌーヴォ 名画発掘シリーズ リクエスト特集vol.1》

「白昼の襲撃」1970年/東宝/カラー/89分
監督:西村潔 脚本:白坂依志夫、西村潔 撮影:黒田徳三 音楽:日野皓正
出演:黒沢年男、高橋紀子、岸田森、緑魔子、殿山泰司、出情児、レックス・ヒューストン、石井くに子

これは以前にすでに観ていたが久しぶりにスクリーンで観れましたexclamation
拳銃を手にすることで破滅していく若者を描く青春アクション映画銃高橋紀子さんて他であまり観た記憶がないけどいいんでするんるん
実は襲撃は夜夜高飛びしようとするけど罠にはまり警察から襲撃されるのが白昼か晴れ表情(びっくり)
日野皓正さんの音楽と相まってスリリング銃これもまたプログラムピクチャー映画館

「極道ペテン師」1969年/日活/カラー/93分
監督:千野皓司 原作:野坂昭如『ゲリラの群れ』 脚本:村井良雄、千野皓司 撮影:姫田真佐久 音楽:林光
出演:フランキー堺、朝丘雪路、梶芽衣子、曽我廼家明蝶、大辻伺郎、南利明、殿山泰司、伴淳三郎

大阪の釜ヶ崎を根城にするサギ集団がバカバカしくもきみょうな手口で権威をひっぺがえすびっくりマーク(アニメ)この作品も監督も知りませんでした表情(いー)日活っぽくない感じはキャストから来るのかな?うれしい顔

シネ・ヌーヴォ
「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」2018年/パラダイスカフェ/カラー/115分
監督:相原裕美
出演:鋤田正義、布袋寅泰、ジム・ジャームッシュ、永瀬正敏、山本寛斎、糸井重里、リリー・フランキー、ポール・スミス、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏、PANTA、是枝裕和

デヴィッド・ボウイ、YMO、忌野清志郎─時代を駆け抜けた天才たちの《永遠の時》を獲得した写真家・鋤田正義の軌跡をたどるドキュメンタリー映画映画館

京都シネマ
すごい存感の樹木希林。映画を観れば必ずそこにいる(って、ただの自分の傾向w)。ちょっと前は市原悦子だった。は、さておき。途中何気に入る懐かしのシーン。笑える。妖怪?の出現。なかなかに騒々しい作品w
《大映男優祭》
「黒の報告書」1963年/大映/白黒/92分
監督:増村保造 企画:藤井浩明 原作:佐賀潜 脚本:石松愛弘 撮影:中川芳久 美術:間野重雄 音楽:池野成
出演:宇津井健、叶順子、高松英郎、小沢栄太郎、神山繁、殿山泰司

「黒の試走車(テストカー)」に続く大映“黒”シリーズ第2弾手(チョキ)今度は宇津井検事対小沢弁護士という法廷劇でもあるがこれを90分前後に纏めちゃう増村演出メガホンツッコミどころもあるけど
後半ドンドン追い込まれていく検事とスピーディな展開に目が離せない目

シネ・ヌーヴォ
「見栄を張る」カラー/93分
監督・脚本:藤村明世 プロデューサー:今井太郎 撮影:長田勇市 録音・整音:杉本崇志 助監督:永井和男、磯部鉄平 美術:塩川節子 音楽:佐藤太樹、大石峰生、伊藤智恵 主題歌:ayU tokiO『恋する団地』
出演:久保陽香、岡田篤哉、似鳥美貴、辰寿広美、真弓、倉沢涼央、時光陸、吐山ゆん、辻凪子、月亭太遊、岡田有甲、平木慎司、赤松亮

藤村明世監督のデビュー作!
売れない女優の主人公が亡き姉に代わって『泣き屋』に挑む表情(びっくり)涙泣き顔
後味爽やかな好編映画館
観たら必ずペヤングが食べたくなるスパゲッティ

シネ・ヌーヴォ
こんにちは。試写室情報です(既に公開中、遅くなりすみません^^;)『アメリカン・アサシン』★★★半

久々に身体性を感じさせるスパイアクション映画の王道。CGや加工なし。アメコミでもない。

ワイルドになった『メイズ・ランナー』のディラン・オブライエンと、鬼教官のマイケル・キートンが熱演!テイラー・キッチュも出てます(^^)

既視感ある展開と、監督がテレビドラマ出身のせいか、スケール感に乏しいのが惜しまれる。

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂ければ幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967276958&owner_id=29763423&full=1
「孤狼の血」2018年/東映 他/カラー
監督:白石和彌 原作:柚月裕子 脚本:池上純哉 音楽:安川午朗 撮影:灰原隆裕
出演:役所広司、松坂桃李、真木よう子、江口洋介、滝藤賢一、駿河太郎、中村倫也、中村獅童、田口トモロヲ、ピエール瀧、石橋蓮司

見応えあり!白石監督の「彼女がその名を知らない鳥たち」「サニー/32」と立て続けにきて「孤狼の血」と全くテンションの落ちない仕事ぶりに脱帽演劇
役者さんたちもいいカチンコ

なんばパークスシネマ
「大和(カリフォルニア)」2016年/boid/カラー/119分
監督・脚本:宮崎大祐 撮影:芦澤明子 音楽:Cherry Brown
出演:韓英恵、遠藤新菜、片岡礼子、内村遥、塩野谷正幸、GEZAN、宍戸幸司(割礼)、NORIKIYO

焦燥感と閉塞感の中で足掻く痛い青春星何かを掴もうとするけど何も掴めず、何者かになりたいのに何者にもなれないそんな現実の中で、フェンスの向こうに揺れる星条旗自由の女神詩の朗読のようなラップに何故だか少しだけ泣いた涙その涙が何なのか?自分でもよくわからないままに・・・

シネ・ヌーヴォ
《続・新東宝ピンク映画 ラスト・フィルム・ショー in 神戸 vol.1 “A History of Pink〜昭和から平成へ〜” 》

「変態家族 兄貴の嫁さん」1984年/国映/カラー/62分
監督・脚本:周防正行/企画:朝倉大介/撮影:長田勇市/美術:種田陽平/音楽:周防義和
出演:風かおる、下元史朗、大杉漣、山地美貴、麻生うさぎ、首藤啓

周防正行監督(「ファンシイダンス」「シコふんじゃった。」「Shall we dance?」)のデビュー作映画館
小津監督へのオマージュ溢れる作品カチンコ撮影は「ウォーターボーイズ」「がんばっていきまっしょい」「水面のあかり」「見栄を張る」の長田勇市氏映画
大杉漣さん合掌お願い


「白昼女子高生を犯す」(プリントタイトル「欲望の海 義母を犯す」)1984年/新東宝/カラー/60分
監督:広木隆一 脚本:今成宗和 撮影:遠藤政史 助監督:富岡忠文
出演:首藤啓、甲斐よしみ、沖ようこ、野上正義、ひびき恭子、下元史朗
物騒なタイトルですが胸キュン映画「ストロボ・エッジ」「オオカミ少女と黒王子」「夏美のホタル」「ママレード・ボーイ」の廣木隆一監督の広木隆一名義の若き日の青春映画映画館

神戸映画資料館


《社会派サスペンス映画劇場》
「真昼の暗黒」1956年/現代ぷろ/モノクロ/124分
監督:今井正 製作:山田典吾 脚本:橋本忍 撮影:中尾駿一郎 音楽:伊福部昭
出演:草薙幸二郎、松山照夫、飯田蝶子、左幸子、加藤嘉、織田政雄、織本順吉、内藤武敏、菅原一郎、芦田伸介

冤罪は本当に怖いし不条理だなげっそり

京都文化博物館フィルムシアター
「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第五章 煉獄篇」
ついにデスラー登場!
あの戦場を生き延びたデスラーの過去が明らかにexclamation手(パー)ほっとした顔

なんばパークスシネマ



「仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判」
子供の頃『仮面ライダーアマゾン』は見てたので観てみたけどこういうお話でしたっけ?うれしい顔

なんばパークスシネマ
こんにちは。試写室情報です。『グッバイ、ゴダール』★★★★★

憂いある知的美少女だった憧れのアンヌ・ビアゼムスキーに負けず劣らず可愛いくてキュートなステイシー・マーティンに目が釘付け!

監督のアザナビシウス(『アーティスト』)が、敢えて軽みを持ってゴダールを描き、出色の仕上がりに。映画人生に大いなる影響を与えてくれたゴダールだから、ついお点が甘くなりました(^^;;

60年代のパリも「五月革命」もポップに再現され、必見です♪

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂けると幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967433796&owner_id=29763423
「おみおくり」2018年/エクセレントフィルムズ/カラー/
原案及び納棺師監修:永井結子 『今日のご遺体 女納棺師という仕事』 脚本・監督:伊藤秀裕 主題歌:2VOICE『YOU〜120歳のラブソング〜』
出演:高島礼子、文音、渡部秀、風谷南友、芳賀優里亜、井上奈々、藤田富、宮下順子、重盛さと美、加藤雅也
文音さんは志穂美悦子さんの娘さんなんで面影ありまするんるん
シネ・リーブル梅田、シネ・ヌーヴォで見逃した作品を高松で観れるなんて手(パー)うれしい顔

高松 ソレイユ2
こんにちは。試写室情報です。『インサイド』★★★★

安直な恐怖ではなく、題名からして「家の中」と「身体の中」を表すダブルミーニングになっている、大人のための知的スリラー☆

『マルホランド・ドライブ』のローラ・ハリングが、怖さと気品、哀切を感じさせて絶品の演技!

スペインと米国製作陣の力量が分かる。ホラー苦手な女子にもお薦めしたいです。

長文のため、宜しければ日記をご閲覧頂けると幸いです。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1967421147&owner_id=29763423&full=1
《シネ・ヌーヴォ 名画発掘シリーズ リクエスト特集vol.1》
「地上」1957年/大映/カラー/98分
◎監督:吉村公三郎◎原作:島田清次郎◎脚本:新藤兼人◎撮影:中川芳久◎美術:間野重雄◎音楽:伊福部昭
◎出演:川口浩、野添ひとみ、田中絹代、香川京子、佐分利信、滝沢修

川口浩、野添ひとみは後に実生活では夫婦になることを思うとなかなか興味深いアベック
香川さんが薄幸の娘を好演カチンコ


「血とダイヤモンド」1964年/宝塚=東宝/白黒/96分
監督:福田純 脚本:小川英、間藤守之 撮影:宇野晋作 音楽:沢田駿吾
出演:宝田明、佐藤允、夏木陽介、水野久美、志村喬、石立鉄男

和製フィルムノワールの傑作でした銃
フィルムノワールはモノクロ画面が似合いますexclamation手(パー)ほっとした顔


「絶唱」1975年/東宝/カラー/96分
監督・脚本:西河克己 原作:大江賢次 撮影:萩原憲治 音楽:高田弘
出演:山口百恵、三浦友和、辰巳柳太郎、吉田義夫、菅井きん、大坂志郎、初井言栄、花沢徳衛、木内みどり

山口百恵+三浦友和のゴールデンコンビによる文芸作映画館懐かしく観ましたよわーい(嬉しい顔)


「喜劇 男の子守唄」1972年/松竹/カラー/88分
監督:前田陽一 脚本:田坂啓、満友敬司、前田陽一 撮影:竹村博 音楽:山本直純
出演:フランキー堺、倍賞美津子、生田悦子、ミヤコ蝶々、森川信、田端義夫

前田陽一監督による人情喜劇映画館

シネ・ヌーヴォ
「蚤とり侍」
監督:鶴橋康夫
出演:阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、大竹しのぶ、斎藤工、三浦貴大、堀内正美

イオンシネマ高の原
「ごはん」
監督・脚本・撮影・編集:安田淳一
出演:沙倉ゆうの、源八、井上肇、福本清三、紅壱子、鈴木ただし、小野孝弘

米作りエンタテインメントムービー稲穂稲穂稲穂
米作りって大変ですあせあせ大切にごはんを食べたくなりますご飯

イオンシネマ久御山
《文句なし! 厳選傑作二本立て》
「まむしの兄弟 お礼参り」1971年/東映/カラー/89分
監督:本田達男 脚本:高田宏治、鳥居元宏 音楽:菊池俊輔
出演:菅原文太、川地民夫、工藤明子、安藤昇、菅井きん

「二匹の牝犬」1964年/東映/白黒/91分
監督:渡辺祐介 脚本:下飯坂菊馬、渡辺祐介 撮影:西川庄衛 音楽:渡辺宙明
出演:小川真由美、緑魔子、杉浦直樹、沢村貞子、宮園純子、北村和夫、宮口精二

新世界東映
「50回目のファーストキス」
監督・脚本:福田雄一 原案:「50回目のファースト・キス」
出演:長澤まさみ、山田孝之、ムロツヨシ、佐藤二朗、太賀

ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーの「50回目のファーストハイビスカスキス」のリメイクカチンコ
なぜ今頃、リメイクしたのかはよくわからなかったけど長澤まさみさん山田孝之くんもよくて太賀くんの快演に爆笑です、二朗さん(笑)ウッシッシ

イオンシネマ高の原



「恋は雨上がりのように」
監督:永井聡 原作:眉月じゅん
出演:小松菜奈、大泉洋、清野菜名

小松菜奈さんの走る姿がなかなか美しい走る人ダッシュ(走り出す様)後味爽やかな一品カチンコちなみにななさんふたりが親友を演じている顔(笑)

TOHOシネマズなんば
「少女ピカレスク」2018年/東北新社/カラー/79分
監督・脚本:井口昇 撮影:平見優子 音楽:福田裕彦 主題歌:椎名ぴかりん『確認事項:しあわせとかについて』 アクション監督:カラサワイサオ
出演:椎名ひかり、長澤茉里奈、神門実里、松永天馬、上埜すみれ、武田玲奈

ちょっと悪趣味かなあ冷や汗それこそ井口ワールドとも云える表情(びっくり)あせあせ冷や汗

「さらば青春、されど青春。」2018年/ジャンゴフィルム/カラー
監督:赤羽博 音楽:水澤有一 製作総指揮・原案:大川隆法
出演:大川宏洋、千眼美子(清水富美加)、石橋保、芦川よしみ、野久保直樹、ビートきよし、大浦龍宇一、高杉亘、木下ほうか

ほうかさんの名前を見つけて鑑賞したけどほんのちょっとしか出ていなかった冷や汗冷や汗

シネマート心斎橋

ログインすると、残り48件のコメントが見れるよ

mixiユーザー
ログインしてコメントしよう!

映画館へ行こう☆ 更新情報

映画館へ行こう☆のメンバーはこんなコミュニティにも参加しています

星印の数は、共通して参加しているメンバーが多いほど増えます。

人気コミュニティランキング

mixiチケット決済